当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

砂漠の真ん中に軍用機が4400機!エアフォースワンやF-16などお宝いっぱい

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/04/27

W484
アメリカのアリゾナ州にはモスボールと呼ばれる軍用機を保管する用地があります。ここでは現役を離れた軍用機が錆びないように特殊加工されています。これにはしっかりした役割があるのです。

壮観!砂漠に並ぶ軍用機のまゆ

アメリカ・アリゾナ州の砂漠の中にあるデビスモンサン空軍基地では異様な光景を目にします。なんと4400機ほどの軍用機が真っ白な姿で草原に保管されているのです。

それはまるで繭(まゆ)に包まれたか、エジプトのミイラのように包帯で巻かれたかのような感じがします。窓も排気口もすべて白い素材(腐食防止剤)で覆われています。

これがモスボールと呼ばれる兵器の保存法なのです。繭のように覆うことで、機体の経年劣化を抑えるようにしているのです。また、乾燥地帯であるアリゾナは機体の保管には絶好の場所なのです。

22
ここにある飛行機は通常の軍用機と共に空軍に属する大統領専用機、通称エアフォース・ワンも保管されています。第二次世界大戦直後の1948年頃に生産が始まった軍用機から現役で活躍しているF-16やF-22まで保管されています。

古くたってお宝です

これだけの飛行機を保管しているのはいくつかの理由があります。情勢が代わって、一度退役した機体が再び現役復帰する場合もあります。その他、部品取りや海外への中古機の輸出にも使われています。

意外かも知れませんが、何十年も前の軍用機でも欲しい国は結構あるんです。軍用機は非常に高価なので、新品を購入できない場合もあるのです。

例えば、ファントムの名前で親しまれるF-4戦闘機は1960年に運用を開始していますが、2015年現在でも現役です。もちろん、F-4が名機であったことは間違いありませんが、50年以上も現役で活躍できるなんてすごいですね。

また、ある国が運用を続けていても、生産国や開発国では既に生産を停止して、部品の供給ができない場合もあるのです。

そんな機体への部品提供もモスボールの重要な役割です。復帰や売却、部品取りに使われてない機体は、現役機の訓練用の標的機や鉄くずとなります。

アメリカのモスボールの様子はアメリカ軍の広報部隊によって紹介番組が作成され、ユーチューブ上で紹介されています。世界中の人々がこのユニークな保管法に関心を示しています。

なんだ??この白い飛行機は!!
私の国にもモスボールの施設はありますよ。規模はかなり小さいけど。
アフリカには飢えている人がたくさんいるのに、武器に大金を使っていいのか。
↑面白い事を言う奴がいるな・・・10分ほど笑いが止まらなかったぜ。
敵に一発の弾も撃たずに、この戦闘機の墓場にいる機体もあるんだろうな・・
経済的に貧しい国に武器や部品を提供するためにはこのような仕組みは役立つ。
えっ!B1爆撃機もここで保存されているの??あれはまだ現役の素晴らしい爆撃機さ。
その通り、私も同様にショックを受けたよ。1987年にダイエス空軍基地に配属になった時はほとんどのB1はそのまま使える状態だったよ。
戦闘機はピース(平和)メーカーと呼ばれているけど、ここはピース(部品)メーカーだね。でも、平和のための殺戮する武器ってやっぱり変。
私はダイエス空軍基地の近くに住んでいるよ(^^)
↑じゃあ、飛行機の部品を郵送してくれ!
納税者の立場としては、武器を無駄なく使ってほしいね。
ここをボーンヤード(飛行機の墓場)と呼ぶ人がいるけど、ほとんどの飛行機はモスボールされているだけで、ちょっとメンテナンスするだけで、再び現役に復帰できます。
なんてことだ!SR-71ブラックバードもこの飛行場にあるぞ。
ここにある武器はISISのテロリストたちにも送られているんじゃないの??
北朝鮮は非常に古い飛行機しか使っていない。アメリカで退役した戦闘機を北朝鮮に売却したら、北朝鮮は空軍の近代化(?)ができて、アメリカは旧世代の戦闘機を売却してお金儲けができる。最終的には北朝鮮空軍は戦闘機の墓場になるのさ。
旧ソ連の有名な爆撃機アントノフもあったぞ!!
いや、違うね。真っ白で紛らわしいけど、アントノフはもっとサイズが大きいよ。
すごい場所があるんだね。次の休暇に行ってみようかな。
これは飛行機の墓場のお話だね。
違うよ。ここは墓場じゃない。保管する場所だよ。この場所の戦闘機は部品取りしたり、後進国への輸出に使われたりするのさ。
アメリカ軍は自前の広報・娯楽番組を持っていますね。
アメリカはまだ病院を爆撃したり、テロリストに武器供与したりしているのかね。
アメリカ空軍の規模は世界最大です。
F-22もあるの??あれは最先端の戦闘機じゃないのか。もう退役させて保管しているんだ・・・
ここは巨大な兵器のリサイクルセンターなのだ!
保管してあるC-5などのような長距離輸送機は海外でも人気の機体ですよ。
この場所は飛行機の墓場じゃない。48時間以内にほぼ完璧な状態で実戦配備できるようにしてあります。
第二次世界大戦中のおじいちゃん世代の飛行機をここで保管してどういう意味があるんだ・・おじいちゃんには悪いけど、そんな機体はビール缶にでもリサイクルされてしまっているよ。

最後まで無駄なく利用

モスボールは兵器を保存する仕組みなのです。だから保存されているのは軍艦や戦闘車両なども含まれます。軍事大国であるアメリカには多くの軍艦も保存されていています。最終的には鉄くずとなりますが、現役復帰する場合もあるのです。

例えば、1944年に完成した戦艦ミズーリは日本の降伏調印式が行われた場所として有名ですが、1955年に一度退役し、1986年に再就役しています(1992年に退役し、現在は記念艦として保存)。

アメリカほど大規模には行なっていませんが、航空自衛隊をはじめ、各国の空軍も同様の保存を行なっています。航空自衛隊の現役の偵察機・RF-4EJ改は一度退役してモスボールにしてあったF-4EJ改(F-4Eの日本仕様)を改造したものです。

また、海上自衛隊が2014年から配備をしているC-130輸送機も、アメリカ空軍がモスボールした機体をオーバーホールして購入したものです。

兵器の開発や製造には多くの税金が使われています。モスボールを上手に活用して税金を上手に使って欲しいですね。

(参考)http://www.dailymail.co.uk/wires/ap/article-3092346/PHOTO-ESSAY-
Arizona-site-holds-bones-4-000-planes.html

アメリカ空軍が保有している戦闘機の数がすごい。1機でもかなり高そうだから、これだけあったらかなりの額になりそうだ。そりゃ簡単には捨てられないな。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年4月27日 10:34 PM

    日本じゃ絶対無理な保管方法だよな。湿度、土地。
    アメリカの凄い所はいざ戦争になったら、ここから現役復帰させるところ。

  2. 日本の名無しさん
    2016年4月27日 10:45 PM

    ※1日本の自衛隊でもF-4をモスボール保存したりしてましたけど……
    この手の記事って適当言う奴の多いこと多いこと

  3. 日本の名無しさん
    2016年4月29日 8:51 AM

    ※2
    日本だと相当金食うんだよ。常にエアコン掛けっぱなし状態。
    こんな風に大量に屋外に置いておくなんてことはできん。
    そのことを言ってるんだ。
    モスボールの知識くらいで得意気に語られてもな。w

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.