当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

赤ちゃんのハイハイでお掃除モップ!?日本の冗談がビッグビジネスに!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/01/22

W405
アメリカではハイハイをしている幼児向けに「ベビーモップ」という驚くべき商品を発売しています。この突拍子もない商品のアイデアは日本のお笑いコマーシャルだったのです。

赤ちゃんがモップになっちゃった!?

このコマーシャルは食品メーカーが1990年代に日本で放送したものです。ズボラな若い主婦が、床をハイハイしている赤ん坊の服をモップにして、床を掃除させるシーンがあるのです。

2004年、このコマーシャルをインターネットの動画で観たアメリカ人が、赤ちゃんを掃除マシーンに変えるベビーモップを本当に商品化してしまったんです。

発売元によるとアイデアは日本のコマーシャルであっても、実際に商品化された例はなく、コピー商品でないことを法的に確認済だそうです。

以下が実際に日本で放映されたコマーシャル動画です。※CMはリアルに作ってありますが、あくまでもジョークです。

01

02
2012年の商品化以来、アメリカでは結構人気があるようで、現在でもブルーとレッドのモデルが販売されています。通販サイトのアマゾン(アメリカ版)などでも購入することができるんです。

ユニークなのがこのベビーモップの使用マニュアルです。「赤ちゃんを着せたまま洗濯をしてはいけない」とか「取っ手を付けて本物のモップのように使ってはいけない」などと説明してあるんです。

日本人にとっては、どこまで本気なのか、ジョークなのか分かりません。

03

赤ちゃんも親も大満足??

また、発売元はこのベビーモップの5つの利点を強調しています。

    ①幼児期の段階から労働の価値を教えられる。
    ②汚れた床を自分で清掃することで、食べ物を床に落としたり、無駄にしないことを学べる。
    ③十分な運動ができて体力が付き、ぐっすり眠ることができる。
    ④床掃除の時間が節約できて、その時間を別の楽しいことに使える。
    ⑤家の掃除代が節約できる。

値段は日本円で5000円ほどです。これが高いのか、安いのかは、判断が分かれるところでしょう。

素材にはヨーロッパの高級コットン100%と吸水性の高いマイクロファイバーが使われています。またドイツ製(またはアメリカ製)のハンドメイドだそうで、品質はかなり良いようです。

対象年齢は8~12ヶ月なので、赤ちゃんに床掃除をして貰えるのは実質4~5ヶ月ですね。

べターザンパンツ・ドットコムのホームページでは「床がピカピカになった」「前屈になる姿勢の苦痛から開放された」などと商品を絶賛する購入者コメントが紹介されています。

しかし、メディアや通販サイトのコメント欄などには賛否両論のいろいろな意見が寄せられています。

なんと素晴らしいアイデアね。一石二鳥とはこのこと!赤ちゃんが部屋を掃除してくれる間に私はゆっくり風呂に入れるわ(笑)
う~ん、一部の人々にしか笑えないユーモアね。
アダルトモップって商品も販売しているのか!?妻にプレゼントしたいけど。
妻へのプレゼントよりも旦那へのプレゼントの方が多いと思うわ。
赤ちゃんが将来アレルギーにならないことを願っています。
赤ちゃんは床を這うことで免疫力がつくのよ。むしろ小中学生用のキッドモップを作っても良いと思います。
こんな悪趣味な商品を笑っていられるのが理解できない・・・
素晴らしい商品だよ。もし家に双子がいれば、部屋中があっという間に綺麗になるね。
ベッドの下にももぐれるようにヘルメットの着用も忘れずに。
やっぱりアメリカ人は低レベルだw
赤ちゃんの動きをリモコンでコントロール出来ないの。
笑いすぎて涙が出てきた。本気でベビーモップの活用を考えている人もいるんだねw
こんなズボラな嫁(母親)はいらない!
こんな商品を開発するなんて完全にイカれている。幼児虐待ですよ。
日本人は頭がいいのか、馬鹿なのか・・・(※日本人は商品化していません!!)
息子が赤ちゃんの時にこれを使っていれば、もっとキレイ好きになったかもしれないが。
掃除してくれる赤ちゃんはモップとセットで販売されていないのね。赤ちゃんが生まれるまで9ヶ月も待てないです(^^)
メーカーは商品の紹介文に「赤ちゃんは含まれていません」と書いておくべきですね。
かわいい!ひと目見て気に入りました。
でも赤ちゃんが掃除をしてくれるのは、ほんの一時期ですよ。
なんでモップなのに取っ手が付いていないのよ。アタッチブルな取っ手があれば、もっと効率的に掃除ができるわ。
素材もしっかりしていて、とても役立っています。すべての親におススメの一品です。
友人の子どものクリスマスプレゼントとして検討中です。
新米ママさんまたは妊婦さん向けの素晴らしい商品です。シンプルだけど画期的なアイデアです。
赤ちゃんは喜んで掃除をしてくれるので、私も幸せです。とても良い商品を開発してくれてありがとう!
うわ~この商品はただのジョークかと思ったけど、生地も縫製もしっかりしています。デザインもかわいらしいです。
温かく伸縮性があるので、赤ちゃんは気に入っているようです。当然ですが、赤ちゃん本人は掃除をしている意識は全くありません。
縫製が丁寧で丈夫に作られています。どんどん洗って大丈夫ですよ。
モップとしての機能としてではなく、あくまでもファッションとして楽しんでいます。
赤ちゃんも一緒に洗濯機で洗えるので便利ですね(笑)
親が怠けて、赤ちゃんを働かせるってどういうこと!?
働かせるって言っても、赤ちゃんは勝手に動いているわけで・・・
こんな小さな子どもを働かせるのは違法でしょうw笑える!
モップの部分を霧吹きで湿らせると、効果的ですよ。

05
なお、日本のテレビコマーシャルがきっかけで開発されたベビーモップですが、日本では販売されていないようですね。たぶん、カワイイと思う日本人はいても、実際に掃除に使う人はいないでしょうし、使っていたら相当の非難を浴びるでしょう。

アメリカでの販売はともかく、世界からこれが日本の文化だと誤解されるのは避けたい気がします。

日本のテレビコマーシャルって日本人の独自の視点で作られたものが多く、海外では日本人とは違う感覚で受け止められることが多いようです。

(参考)http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2226731/Now-baby-help-
housework-hilarious-floor-mop-babygro-goes-sale.html
http://newsfeed.time.com/2012/11/05/mop-romper-lets-your-baby-clean-
while-it-crawls/
http://www.amazon.com/BABYMOP-Cleaning-Rompers-Babymop-Original/
dp/B00F99WO2Y/ref=lp_9266631011_1_1?srs=9266631011&rps=1&ie=
UTF8&qid=1441506373&sr=8-1

さすがアメリカ!日本では冗談レベルでも本気でビジネスに結びつけるなんて。商品化にいくら費用かかったんだろう?ちゃんと回収できたのかな?

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年1月24日 9:08 AM

    CMが先かどうかわかりませんが、unuseless japanese inventionsという日本の珍道具の本が元ネタなんじゃないですかね。未だにアメリカで発売されてる有名なネタ本なので、赤ちゃんモップは日本のアイデアとして知名度高いと思います

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.