当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

病院の予約に2週間!イギリスの深刻な医者不足。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/07/24

_shutterstock_156022646
イギリスでは医者不足が問題になっており、かかりつけの医者に診てもらうのに平均で2週間以上かかることがわかりました。

500人の医者にアンケートを取ったところ、5分の1もの医者が、緊急を要しない診察の待ち時間は平均2週間以上かかると答えたそうです。

しかし、来年からはより予約が取りにくくなる模様で、アンケートに答えた医者の4分の1がそのようになるだろうと予測しています。英国医師会の役員はこの調査結果を受けて以下のように述べています。

「この結果はイギリスの医者が危惧していることをよく表しています。医者の仕事量は劇的に増えているのにも関わらず、質の高いサービスを提供できる源、医者が不足しているのです。予算の削減ではなく、もっと医者を増やし医療環境を向上させるためには長期間にわたる実のある投資が必要なのです。」

この状況を受けて英国医師会はイギリス国民保健サービス、そして保健医療省に現状の問題を訴えると同時により多くの投資を求めキャンペーンを行っています。

しかし別の調査機関が調査した結果によると、何百万もの患者が3週間以上先まで予約が取れない状況にあることがわかり、また3人に1人しか同日診察を受けられないということも判明しました。

医者の育成や医療の向上に使われる資金は大幅にカットされるなかで人口は増え続け、医者たちは今年、5年前とくらべ4千万人もの多くの患者の診察に当たっています。彼らは患者一人ひとりに質の高い医療を提供したいと願っていますが、予約がとれない状況では癌といった重大な病気の診断が遅れてしまうのではないかと恐れています。

ある医者は、「イギリス国民保健サービスの予算の8.39%しか医者たちにまわらない。よりよい医療を提供し、病院の負担を減らすにはこれを11%まであげないといけない。」と語っています。

※イギリスでは医者にかかるときまずGP(General Practitioner)という、無料のかかりつけ医に診察してもらい、特別な治療が必要と診断された場合にのみ専門医にかかります。

この記事に対しイギリス国内からはもちろん、他国からもコメントが寄せられていますので、一部を紹介します。

“来年からより取りにくくなる”だって?もう何年間も同じような状況が続いているじゃないか!
もう何年もこういう状況だよ。このせいで外来の医者も大変になっている。
2週間待つなんてここでは当たり前だよ。かかりつけ医の予約を2週間以内に取れることはほとんどないね。でもかかりつけ医がいるだけでラッキーだよ。この国でかかりつけ医をもつことは本当に難しい。ほとんどの人は予約なしで診療所に行くか、近くの病院に緊急外来としていくしかない。私はこの前車で1時間のところに引っ越したけど、かかりつけ医はそのままにしているよ。だから100kmも車を運転しないといけない。深刻な病気だったら運転できない距離だよ。それでも家の近くでかかりつけ医をみつけることができないからしょうがないんだ。
これは全部ブレア元首相のせいだよ。彼はいつでも医者に診てもらえるだろうけど、実際に苦しむのは一般市民だ。昨日病院に行ったら外国人だらけだったよ。
国境を封鎖するしかないな。今はこの国に来たい人だれでも迎え入れている。EU加盟国のどの国もこんなことしていないのに。
僕の住んでいる地域の医者はみんな外国人だよ。だから開業医を紹介してもらってそこで診てもらっている。
この国の人口が増えすぎだってことの証明だね。
保守派のせいで資金はもっと減ってしまうよ。誰も使わない個人保険に入らされるのだから。泥棒で嘘つきな人たちだよ。
2週間も待てば症状はよくなっているか、もう助からないか、死んでいるよ。
無料のサービスはイギリスに税金を払っている人だけに限定しようよ。他の人はお金を払って個人経営している医者に診てもらえばいい。
そんなに待っていたらもう治っているか死んでいるかのどっちかだよ。
本当にばかげているよ。みんな自分で自分を診察するようになっているよ。これで薬局は大儲けだな。
もう当たり前のことになっているよな。人が多すぎなんだよこの国は。
私はこの国に生まれて幸せだよ。かかりつけ医に診てもらうのに予約しなくてもいいし、素早く適切な処置をしてくれる。
ハンプシャーでは6週間まったよ。
私は1か月待たないといけなかったよ。馬鹿げている。
もうすでに3週間ぐらい待つのが当たり前になっているよ。
2週間よりも長く待たないといけないって?それでも4週間待っている今よりはましだよ!
女性医師の割合が増えるほど待ち時間が増えるらしいよ。
こうなっている一つの理由は、症状が軽くて自分で診断して薬局にいけばいい人たちまでも医者にかかろうとしているということにあるよ。
2週間だなんて、今待たないといけない時間の半分だよ!
ここでは4週間、5週間待つのがあたりまえだよ。それにお金も払わないといけない。
僕は過去6年間で2回しか医者に掛かっていないけど、両方とも緊急外来だった。2週間も待っていたら死んでいるよ。
スウェーデンでは電話診察してもらう予約だけで2週間待たなければならなかったよ。一番早くても18日先でないと普通診察の予約はとれなかった。
僕はいつも3週間以上またないといけないよ。他にもっといい制度があるはずだよ。
緊急外来が忙しくなるのも無理ないな。本来ならかかりつけ医が処置できるものまで外来の医者が診なければならないのだから。
2週間しか待たないでいいところってどこなんだ?ここでは1か月はまたないといけないよ。
アメリカの友達も医者に診てもらうのに1か月待ったと言っていたよ。この問題はこの国だけの問題ではないようだね。

(参考)http://www.dailymail.co.uk/health/article-2634812/Two-week-wait-GP-norm-doctors-warn.html#comments

日本は健康保険料が高いとは思うけど2週間も待つことは絶対にない。年配世代と比較すると若い世代は本当に医療費のコスト負担が高いとは思うけど。。

海外の医療精度ってあまり見聞きする機会ないけど、イギリスはGPに見てもらった後に治療だから本当に二度手間で大変そう。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.