当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

【動画あり】930万再生超え!スパイダーウーマンがリアルで恐い

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/09/24

w631
ウクライナのバレエ・ダンサー、ミレナ・シドロヴァが踊る蜘蛛のようなダンスが注目を浴びています。才能と情熱、そして独創性にあふれた彼女のダンスはとても印象的です。彼女のキャリアや受賞などについて紹介していきましょう。

YouTube上に公開されたミレナ・シドロヴァのダンスは『The Spider』(蜘蛛)と名付けられています。その名の通りまるで本物の蜘蛛のような不思議な動き。特に手足や関節のバネの柔らかさと動きはそっくりです。

もし彼女が目の前で突然踊りだしたら、思わず逃げたす人も多いでしょう。初めて観る方にはちょっと衝撃的かもしれませんね。

類まれなる才能

ミレナ・シドロヴァは1987年にウクライナの首都、キエフに生まれます。キエフはあまり日本人には知られていませんが、東ヨーロッパ最古の都市で、文化・芸術の中心地として発展してきました。

彼女はこの街の名門、ウクライナ国立バレエ学校でバレエを学びます。若い時から才能を開花させます。

13歳の時にアルテック国際コンクールで2位、14歳の時にモスクワ国際バレエコンクールで3位(史上最年少)、15歳の時にローザンヌ国際バレエコンクールでスカラーシップ賞に選ばれています。

この賞の副賞として世界で一流のロイヤル・バレエ・学校(ロンドン)への入学と約180万円の奨学金を手にします。

07

若きダンサーたちの登竜門

特にローザンヌ国際バレエコンクールはトップを目指すダンサーたちの登竜門と言われています。スイスのローザンヌで開催されるコンクールで、15~18歳の若手のみを対象。

才能を秘めた若いバレリーナたちが集まるので、その結果は世界で注目されているのです。ファイナリストにはスカラーシップ賞やプロ研修賞などが与えられます。

建前上はファイナリストの点数は非公開ですが、得点の高い入賞者ほど後に名前が呼ばれ、得点の高い受賞者から優先的に好きな学校や研修先を選ぶことができます。

日本人も累計で70人以上がこの賞を受賞しており、その中にはイギリスのロイヤル・バレエ団で22年間もプリンシパルを務めた吉田都や、東洋人として初めてロイヤル・バレエ団に入団してプリンシパルを務めた熊川哲也なども含まれています。

近年では1位を獲得した菅井円加や二山治雄などがよく知られています。

話は少しそれますが、日本は本家ヨーロッパを凌ぐバレエ熱心な国です。日本のバレエ人口は推定40万人で、大小含め1万のスクールがあるとされています。

残念ながら若い才能がどんどん育つ割に、まだ国内で実力を発揮できる場は多くありません。一流のバレエ・ダンサーは活躍の場を求めて世界中に羽ばたいていくのです。

さて、ミレナ・シドロヴァの『蜘蛛』の動画は930万回以上再生されていて、世界中から多くのコメントが寄せられています。

最高のダンスを披露してくれてありがとう!!
彼女の才能は凄いね。美しい動きです。
これが良いのか、悪いのか判断できないぐらいに異次元のダンス。
私がこれまでに観た最高の演技です。素晴らしい!!
彼女は蜘蛛の親玉だ(笑)
こんな不思議な振付を発想する能力が凄い。
瞬きをするのを忘れるぐらいに夢中に観てしまった。ブラボー!
彼女はウクライナを代表するダンサーの一人です。
これもバレエなの?
コンテンポラリー・ダンスじゃないのかな。
素晴らしいダンスだね。この振付とダンスはミレナ・シドロヴァで、音楽はノルウェーの作曲家、エドヴァルド・グリーグの作品だ。
凄い再生回数だね。こりゃ~驚きだ!
不思議な動きをどうしてあんなに素早くできるんだ!?俺には絶対に無理・・・
私は彼女の演技を舞台で観たことあるけど、動画で観るよりも遥かに迫力があった。
俺がやったら、体壊れちゃうよ(笑)
私もやってみようとしたけど、絶対にできない・・・
再生回数が900万回超えてるよ。世界中が彼女のダンスに夢中になっている。
そこらの蜘蛛の顔が人間の顔だったら・・・つい変なことを想像してしまった。
ブラボー!ブラボー!美しい!!
そうかしら、私は思わず笑い出してしまったわ^_^
スパイダーマンじゃなくて、スパイダーウーマンね(笑)
あ~すご~い!!開いた口がふさがらない・・
子どもの時に彼女の蜘蛛のダンスを観ました。その時の衝撃は今も忘れません。ビデオに録画して毎日繰り返してみていました。
彼女は本物の蜘蛛のように見えるぜ。
凄いのは認めるけど、好き嫌いが分かれる演技かも。
歌手のシーアのプロモーションビデオのダンスに似ている感じがする。
俺の姉貴はこのダンサーに夢中だよ。
とても個性的でユニークなダンスだね。
人間が蜘蛛から進化したという証拠だ(笑)
素晴らしい!五つ星クラスの芸術だ!
う~ん身の毛もよだつ動き・・・・
彼女に白いロープが付いているともっと蜘蛛っぽくなるかも。
無茶苦茶気持ち悪い・・・
うん、気持ち悪いけど、同時にクール!
夜中に悪夢をみそう(^_^;)
あんな風にベッドでダンスしてもらえる彼女の旦那さんが羨ましいなぁ。
この動画を私の全ての友人に紹介したわ。
私は12年のキャリアがあるダンサーだけど、このダンスはとっても難しいのよ。
思わず人間が踊っていることを忘れてしまうぐらいの演技力だ!
個人的に蜘蛛は大っ嫌いだけど、このダンスは気に入ったわ。
赤いコスチュームを着てカニのダンスもして欲しい。
偶然この動画に辿り着いたけど、ハマってしまって繰り返して観ている。

ミレナ・シドロヴァはロイヤル・バレエ学校を卒業後も世界的なバレエや振り付けの賞を受賞し、ヨーロッパのバレエ専門誌でも高い評価を受けています。現在はアムステルダムのオランダ国立バレエ団に在籍し、着実にキャリアを高めています。

もちろん、彼女のダンスは蜘蛛だけではありません。ローザンヌ国際バレエコンクールでみせた長い髪を獅子舞のように使うダンスも魅力的でした。プリンシパルやソリストとして舞台に立つ日もそう遠くないでしょう。

08

ミレナ・シドロヴァはインタビューの中であの『蜘蛛』のダンスについて、子どもの頃に好奇心が強く、蜘蛛の動きを熱心に観察したことがこの作品の振付に結びついたと語っています。

一流のダンサー・振付師には、天性の身体表現力や自身の才能を信じられる情熱に加え、強い好奇心や豊かな感受性が不可欠なんですね。

(参考)http://www.prixdelausanne.org/winners/milena-sidorova/
https://www.facebook.com/MilenaSidorovaOfficial/info/?tab=page_info
https://balletthebestphotographs.wordpress.com/tag/milena-sidorova/

こんなダンス、正直ちょっと考えればできそうだけど、多分何か大きなバックグラウンドもあって、有名になったんだろうな。無名のダンサーが蜘蛛のマネしたって失笑しか生まれないかも。

今日の人気記事

まだデータがありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.