当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

【動画あり】美少女すぎる!ロリコンじゃなくても惚れるホリー・スティールの魅力

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/01/22

W742
天使の歌声を持つ天才少女がインターネット上で話題になりました。彼女の名はホリー・スティール。歌声はもちろんガッツやルックスに魅了される人も沢山います。

これぞ天使の歌声

ホリー・スティールは1998年にイングランド・ランカシャー州のバーンリーに生まれます。彼女は5歳年上の兄ジョシュアの影響を受けて、4歳の頃から歌に関心を持つようになりました。しかし、重度な肺炎にかかり、肺の1/4を切除したのです。

01

歌手やパフォーマーにとってのハンディを持ちながらも、彼女は兄と共にダンス学校に通い始めました。

その間、地元バーンリーの劇場でミュージカル「アニー」に兄と出演。また同じ劇場でミュージカル「オペラ座の怪人」も兄と共演しています。2人とも本当に上手ですね!

ブリテンズ・ゴット・タレントで一躍有名に

2009年、ホリー・スティールが10歳の時にイギリスの人気番組「ブリテンズ・ゴット・タレント」に出場します。

この番組はアメリカの人気オーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」のイギリス版で、4人の審査員によるガチの公開オーディションが行われます。

パフォーマンスの途中で不合格ブザーが鳴らされると、その場で落選。審査員全てから認められると更に上の段階に進めます。

ホリー・スティールは「ブリテンズ・ゴット・タレント」でミュージカル「マイ・フェア・レディ」の歌を披露。

この時の審査委員長はイギリスの敏腕プロデューサーで出演者を酷評するサイモン・コーウェルでした。彼は平凡なバレー衣装でステージに現れた彼女にあきれ、歌う前から不合格ブザーを鳴らそうとします。

しかし彼女の意表を突いたパワフルな歌声に審査員を含む全観衆は魅了されます。彼女はスタンディングオベーションと審査員の最高の称賛を受けたのです。

02

辛口審査員も認めるその実力

セミファイナルに進んだホリー・スティールですが、ここで彼女はとんでもないミスをしてしまいます。何と緊張のあまり「エーデルワイス」の歌詞を途中で忘れてしまったのです。

彼女は最後まで歌い終えると再挑戦を願い出ますが認められませんでした。しかしサイモン・コーウェルの裁定で再挑戦が認められます。そして合格してファイナルに進出したのです。

03

ファイナルでは「オペラ座の怪人」の曲をノーミスで歌い終え、最終6位となったのです。ファイナル期間中に11歳になった彼女に対して7000人の観衆はハッピーバースデーを歌い祝福しました。

この番組で注目を浴びたホリー・スティールはプロとしての歌手活動を始めます。2009年にはファーストシングル、2010年にはデビューアルバム「ホリー」をリリース。

「サンタが街にやってくる」や「さやかに星はきらめき」などクリスマスソングのカバーし、ニューヨークの音楽の殿堂カーネギーホールを含め世界各地でコンサートを行います。

04

05

それでは今や伝説となっている2009年の「ブリテンズ・ゴット・タレント」の最初の公開オーディションとセミファイナルの様子を続けてご覧ください。

審査員のサイモン・コーウェルは完全に彼女を見くびっていたわね。
歌い出す前に失格ブザーを押そうとするなんて、ひどいわ!
驚きの歌声!!
彼女はもう18歳を超えている。本格的にバレリーナや歌手を目指しているのでしょうね。
天才ね。ため息が出るほど素晴らしい・・・
サイモン・コーウェンを非難する人も多いけど、私だって彼女がステージに出てきたときにまともにパフォーマンスができるか疑わしかったわ。あんなに細くて小さな女の子なのに・・
素晴らしい歌声と度胸!最初のオーディションで歌っている曲は何かね?
↑「マイ・フェア・レディ」の中の「I Could Have Danced All Night」。
彼女にはディズニー映画の曲を歌って欲しい。
サイモン・コーウェンはホリー・スティールの歌の才能を知っていて、あんな嫌がらせをしたのでは??
↑あんな嫌がらせを受けても堂々と歌える彼女は凄い!
TVによる公開オーディションは普通のオーディションよりも遥かに緊張するだろうね。
もし天使がいるとしたら、ホリー・スティールのような歌声だろう。
わずか10歳の女の子が緊張のあまり歌詞を忘れることはあるかもしれない。でも私なら再挑戦をアピールせずにステージから逃げ出してしまうかも・・・
彼女のパフォーマンスには惚れ惚れしてしまったわ(笑)
心にとても響く美しい歌声ね。ルックスもかわいいわ。
私は「ブリテンズ・ゴット・タレント」を長年観ているが、2009年は特にハイレベルだった。もし当時のホリー・スティールが今年の「ブリテンズ・ゴット・タレント」に出ていたら優勝したと思う。
私もこの番組のファンだが、ホリー・スティールのパフォーマンスはTV史に残る名シーンだ。
私は彼女と1歳違いだが才能の差を感じるなぁ。
私は同じホリーって名前なのだけどね(^^;)
ダンスは10歳並だけど、歌声は凄い~!!
どうしてこんな子供からあんなに美しい声が出るのかが不思議だ。
今のホリー・スティールの歌はもっと上手くなっている。
サイモン・コーウェンは最初のオーディションでは失礼なことをしたけど、セミファイナルでは見事な采配をしたわ。とても感動的!!
オーディション番組でこんなに涙を流したのは初めてかも。
私は過度なストレスを10歳の子供に与えることには賛成しないな。
↑全く同感だよ。
↑いやいや、年齢なんて関係ない。彼女自身の目標を達成したことに意義を見出すべきだ。
この動画は何度見ても感動するわ!!

さらに歌に磨きをかけて成長中

ホリー・スティールは年相応の魅力を発揮しながら、確実に成長を続けているのです。

12歳の時にはアンドルー・ロイド・ウェバー率いるイギリス版ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」にルイーザ・フォン・トラップ役で抜擢されています。

13歳時の動画を観ると思春期の少女特有の輝きを放ちながら、さらに上手なっている様子が分かります。

中学を卒業したホリー・スティールはロンドンにある名門ダンススクール、アーダング・アカデミーに進学。歌はもちろんダンスや演技を学んでいます。

学生としての日々を送りながらチャリティーイベントや音楽活動を継続中です。17歳でカバーしたホイットニー・ヒューストンの曲も大人の魅力に溢れています。

(参考)http://www.holliesteelmusic.com/
https://www.thesun.co.uk/living/1659704/remember-hollie-steel-the-girl-
who-bawled-her-eyes-out-on-britains-got-talent-you-wont-believe-what-she-
looks-like-now/

この番組はどこまで脚本があるんだろう?初登場のシーンはどう見てもやらせっぽいけど。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2017年1月22日 10:46 PM

    エーデルワイスの最後の高音は本当にすごいね。
    今でもあの清らかな高音は出るのかな?
    17歳のホリーは上手いけどなんか普通って印象かも。。

  2. 日本の名無しさん
    2017年1月23日 12:42 PM

    スーザンボイルの一件もそうだが、本気で脚本がないと思っている人が一定層いることに驚き。

  3. 日本の名無しさん
    2017年1月25日 1:05 AM

    ホーリー嫉妬!

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.