当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

イギリスが元植民地の教育カリキュラムを導入するはめに…

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/02/11

OECD(経済協力開発機構)が行った2012年のイギリスの数学的リテラシーの成績は65か国中26位でした。

イギリスの学力低下は改善するか?

また、最近のイギリスの15歳の2割が基礎的学力さえ身に付けていないとも言われています。11歳で行われる全国統一テストでも、2015年に貧困層の非英語ネイティブの生徒が1位になり、大ニュースになりました。

学校別の調査結果でも、イギリス全体の学力を押し上げているのは、貧困層である非英語ネイティブだということが明らかになり、英語ネイティブの生粋のイギリス人が、成績を下げていることがわかりました。

この結果に対し、イギリス政府も頭を痛めているようです。

学力向上させるには…

イギリスガーディアン紙は、「ケンブリッジ大学とUCL教育研究所の研究チームにより、シンガポールの教育プログラムが、イギリスの生徒の学力向上にも効果があったと証明された」と報じました。

この研究チームは、イギリスの小中学生10,000人以上に1年間、シンガポールと同じ教育プログラムを適用しました。

1年後、通常のイギリスの教育プログラムを受けていたグループと比較すると、シンガポールの教育プログラムを受けていた生徒は、算数のテストにおいて、スコアのわずかな増加が見られました。

このプログラムは5年間のプログラムであるため、4年後にはさらに明確な差が出ると予想されています。

ある研究者は、これまで「シンガポール、上海、香港の子供達がハイスコアの成績を維持しているのは、文化的要因が原因ではないか」という仮説を立てて研究をしていました。

しかし、上位国の全ての子供達が、算数において優秀な成績を納めていることが証明されている以上、文化ではなく、アプローチの問題だという結論に至りました。

このニュースに対して、イギリス中からコメントが寄せられました。

私は10年以上香港に住んでいたけど、イギリス人は、シンガポール人や中国人よりもはるかに高い給料をもらっていたわ。それは、イギリス人が、自ら学ぶ「セルフスターター」だから。

シンガポール人や中国人は詰め込み教育を受けているだけ。中国人だって、お金があればイギリスやアメリカに留学するのがその証拠よ。

↑今時の子供は、どこの国でも試験漬けさ。そもそも、海外で仕事をしようって思う時点で、彼らは全員セルフスターターに決まってる。
↑数学への創造的なアプローチは、会計では必須のスキルだよ。
↑記事の中に、文法の誤りがあるぞ。イギリスは、そもそも英語教育をしないといけないんじゃないか?
↑それな‼まちがいないww
「東アジア」のやり方は、答えをひたすら暗記させるものだ。それなのに、国際的なテストでスコアがどんどん伸びてるのは驚き。
↑ああ、驚きだな。ってアホか。一生夢でも見てろ。
↑あなたの文法、間違ってるわよ。もう少し、まじめに勉強する必要があるわね。
私は、アジアの学生はたくさん勉強するからだと思うけど。
学生が本当に何かを学びたいと思ったら、学校は正しく機能するよ。何の問題もないね。
俺達が英語の文法を間違えるのは、悪魔のような中国のせいだー‼
これはシンガポールの教育プログラムではなく、中国の教育プログラムをコピーしようとしているだけに見える。それでも、今のイギリスのままよりはマシ。やってみる価値はある。
うちの息子は最初優秀でスキップしたけど、途中で停滞して、結局普通の高校、大学に行ったよ。まあ、大人になるにつれ、自分の本当のレベルがわかるもんだ。
中国のカリキュラムのダンスや演劇はやらなくてもいいんじゃない?
↑俺達は4万字の漢字を学ぶ必要はない。
↑ちょっと、二人とも中国人じゃないでしょ?普通は3,000字わかれば大学を卒業できる。学部によっては50,000字必要よ。
みんなシンガポールの幸福指数は世界的に低いって知ってる?韓国人は毎日夕方4時以降に、家庭教師に大金を払ってる。東南アジアの親は暗記さえできればいいと思ってる。でも、連立方程式を覚えていることが大事なんじゃないわ。連立方程式が必要な時に、そこにたどり着くことが大事なのよ。
95%の子供は連立方程式を知る必要はないね。基本的な算数で十分だよ。他にアートや人文科学とかの幅広い教育を受けたらいい。
↑全くその通り。中国人の子供は1日1文字学ぶんだ。毎日100回写して、100回唱えてね。
本当に必要なのは英語と算数だ。算数のレベルで給料が決まる。中流階級から上流階級に行くことができる。
教育システムは文化的要因も関係している。中国は1,000年も前から実力主義の公務員試験があったんだから。これが、古代中国が大国だった理由だ。韓国と日本はこれを真似したにすぎない。イギリスでは縁故主義や推薦状がメインの時代にね。

日本の順位は??

このOECDの調査は日本でも非常に有名で、日本は2000年の調査で数学的リテラシーが世界1位でした。しかしそれ以降6位、10位、9位と低下し続けます。学力低下の理由は2002年に始まった「ゆとり教育」でした。

これに危機感を感じた日本は2007年に「脱ゆとり」に向けて動き出しましたが数学的リテラシーについては、2012年(最新)も7位のままです。

日本より上位の国(地域)は、上海、シンガポール、香港、台湾、韓国、マカオとなっています。韓国と日本以外、上位は全て中華系が占めています。

子供の可能性を信じて、自ら学びたいと思うように教育するのか、アメとムチで強制的に暗記させるのか。どちらが正しいのかは、世界中で大きく意見が分かれるところです。

子供の学力は将来に影響する

しかし、その国の子供の学力レベルは、将来の政治・経済・文化など様々な点で大きな影響を与えると考えていいでしょう。

日本が過去に急速な経済発展を遂げることができたのも、江戸時代からの寺子屋による識字率の高さ、その後も教育を国策として強力に推し進めたからだと言われています。

イギリスは移民を受け入れていなければ、今頃は更に順位が下がっていたのは間違いありません。それに気がついたイギリス政府が何とかしようとしていますが、コメントを見る限り、東アジアの教育プログラムに懐疑的な人が多いようです。

賢さとは何か、将来国を支える人材はどのように教育され、どの程度の成績を求められるのか。それは、まさしく各国のアイデンティティそのもののようです。

シンガポールのように完全実力主義で国を構築するのか、中国のように才能ある子供を徹底的に各分野で鍛えるのか、韓国のようにひたすら詰め込み続けるのか、イギリスのように移民を受け入れ、教育方法も輸入するのか。

私達日本の教育は、子供達にどんな能力や成績を期待して行われているのでしょうか。改めて考えさせられる記事でした。

(参考)https://www.theguardian.com/education/2015/jun/18/english-
pupils-maths-scores-improve-under-east-asian-approach
http://www.nier.go.jp/kokusai/pisa/

ゆとり世代が先輩面して脱ゆとりの後輩もダメにするから、ゆとり世代が全滅しないと日本は変わらないだろうな。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2017年2月11日 10:38 PM

    今更ですが、こちらのブログの内容は面白くてためになるものが多いのに、最後の管理人の雑なコメントにがっかりさせられることがとても多いです。

  2. 日本の名無しさん
    2017年2月11日 10:43 PM

    いつものアジア人は創造性がないか。
    お前日本人の前でそれ言えよ。

  3. 日本の名無しさん
    2017年2月11日 11:20 PM

    お前等ブリカスは何も取得がなくて他国から盗んで生活してたもんな
    骨董も食事も糞 霧は出るわ寒冷地だし
    インドパキスタン 中東の争いも全部お前等のせいだし それを学ばず自分達だけ責任逃れする
    世界のけーさつ作ったのもアンタらですもんね
    ほんとブリカスってどうしようもねぇわ 滅びろ

  4. 日本の名無しさん
    2017年2月11日 11:21 PM

    流石に社会に出てから先輩に影響されて数学、科学的思考や読解力が低下することは無いだろw

  5. 日本の名無しさん
    2017年2月11日 11:26 PM

    基礎の部分はある程度は詰め込んで叩き込む
    創意工夫はその基礎の上から出てくる
    ゆとり教育はこの基礎部分から緩めてしまった

  6. 日本の名無しさん
    2017年2月12日 12:24 AM

    ある程度詰め込んで覚えさせなければ、次の応用も出来ないからな。
    詰め込まなくても応用が出来ると思っている方がおかしい。

    日本が大変なのは、全てをやらせようとするから。
    欧米は数学なら数学だけ、化学なら化学だけとんでもなく出来るが、英文法も単語もアヤフヤ、自分の生活のコントロールも上手く出来ないという極端なお魚くんさんタイプの人間がゴロゴロいるし、それでも良いとされている。
    日本も将来的な競争力を維持する為には、エキスパートに育てる方向性にした方が良いと思うんだがな。

  7. 日本の名無しさん
    2017年2月12日 12:57 AM

    30年位前だけど、イギリスにホームステイした知り合いが言ってた。
    滞在先の家庭の中学生の数学の教科書を見せてもらったら、めっちゃ幼稚だったので驚いたって。
    小学生の算数かと思ったって。

  8. 日本の名無しさん
    2017年2月12日 4:09 AM

    日本の力は基礎がしっかりしている事だよね。それを怠ったら、いくらタネを蒔いたってなにも成長しないし。
    まあ結局は、バランスよく学ばせることだろうな。負荷がかかりすぎない程度に詰め込ませるのがいいんじゃないか?

  9. 日本の名無しさん
    2017年2月12日 4:19 AM

    だから、もうゆとり言うのやめればいい
    なぜに余計な一言を言う?

  10. 日本の名無しさん
    2017年2月12日 5:00 AM

    シンガポールが教育のモデルにしたのは、日本だよ
    中国ではない
    イギリスは中国中国うるさいこと

  11. 日本の名無しさん
    2017年2月12日 8:25 AM

    詰め込み暗記のジャップとか言ってる左翼がよくいるけど
    日本人ノーベル賞受賞者の多くはその詰め込み教育で育った世代なんだけどな。

  12. 日本の名無しさん
    2017年2月12日 11:41 AM

    というかそれでも上位を維持してるんだから立派なもんでしょ
    大袈裟にネガりすぎ。どうせこの手の人は世界一位でもそれを理由にグチグチ言うに決まってる

  13. 日本の名無しさん
    2017年2月12日 12:01 PM

    はいはい、ゆとりのせいゆとりのせい

  14. 日本の名無しさん
    2017年2月12日 1:07 PM

    確かに東アジア人は理数得意だ。
    読んだ本にも日本人の子供が英米行った時英語はからきしダメだったけど数学がよくできたため虐められなかったという話もある。後オーストラリアとかの学校も楽で首席で卒業したり。
    英米の金融関係などで数字を扱う部門は中国人やインド人が独占してる。イギリス人やアメリカ人はディベートとか心理学とか口を巧く使って騙。。。の方に磨きをかける。
    暗記ばかりというが隣に競争激しい地域があって自分の地域は放任主義でノンビリさせたら差が出るのは当たり前。

  15. 日本の名無しさん
    2017年2月12日 8:38 PM

    全滅って極論すぎるだろw
    とりあえず管理人の頭が残念なのはわかった

  16. 日本の名無しさん
    2017年2月14日 5:46 AM

    最後のコメント読むにイギリスは歴史の教育もやらなきゃダメみたいだね
    中国の科挙制度は賄賂とコネの世界で腐敗して200年毎に国が滅んで統治する民族が変わってたんだよ
    西洋は中国に夢見すぎだし白人に逆らった日本人を嫌いすぎw
    シンガポールも日本式教育だし、領地民を飢えさせたら左遷される武家政治やってた日本の方が滅茶苦茶シビアだよ
    真面目な話しするとイギリスは日本の教育を入れた方がいい
    日本は寺子屋教育を土台に明治時代にイギリスの教育制度ミックスさせたからイギリスの教育制度に入れやすい

  17. 日本の名無しさん
    2017年2月14日 8:38 PM

    いわゆるゆとり教育で順位を下げたと言っても世界的にはまだまだ上位に位置する日本。なんだかんだ言っても日本人は優秀なのだろう。GHQが日本を占領し日本の教育を大きく転換させたのは民主主義を日本に根付かせようとする善意(あくまでアメリカ人の考える善意だが)と白人が世界を支配する中で独立を保ち強固に抵抗した日本が2度と刃向わないようにする日本民族の作り変えの意味があったと思う。日本がこの先どうなっていくかは教育次第。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.