当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

【動画あり】キティちゃんに840万つぎ込む!彼氏に見せたい部屋ナンバー1

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/05/26

W294

ここ十数年で、一気に世界進出を果たしたキティちゃん。『Kawaii』が世界共通語になった立役者と言えるでしょう。

少女から大人までを魅了する、不思議な中毒性を含んでいるキティちゃんのコレクターは、ハリウッドスターを中心に数えきれないほど存在していると思われます。

コレクター気質である日本ではそんなに珍しくないかもしれませんが、海外のメディアでは29歳のイギリス人女性が話題になっています。まずはどんな方なのかご覧ください。

キティちゃんに魅せられた女性

イギリス、エクセターに住む29歳のナターシャは、恋人を見つけるのが難しいようだ。彼女の猫ちゃん・・・ハローキティのコレクションたちに気持ち良く挨拶してくれるようなデート相手はなかなかいないらしい。

ナターシャは、元々、馬のトレーナーをしていた。10代の頃から白い猫を飼っていた。そして、15歳の頃にプレゼントされたハローキティのノートから、彼女のコレクションが始まった。

それから、彼女は一万点以上のハローキティグッズに84000ドル(約840万円)を費やし、今ではそれらが小さなフラットを埋め尽くしている。ハローキティの人形から宝石、エプロン、手袋、寝具まで・・・

彼女は自分のコレクションを誇りに思っており、周囲の人たちも彼女の風変わりな趣味に感動している。しかし、男性たちにとっては難しいようだ。

「男性たちは、とても居心地が悪いみたい。私の部屋に来ても、どこに座って、どこを見ていいかも分からないのよ」とナターシャは言う。

しかし、それでも彼女の忠誠心はこの猫たちと共にある。「過去のボーイフレンドたちは、私にハローキティを諦めさせようとしたわ。だから、別れたの。だって、これが私の一部だし、他の誰かになる必要はないでしょ」と彼女は言った。

確かに変わってはいるのですが、日本のテレビにはこういった人が良く出てきますよね。彼女は日本に来たらいいのに!と思います。キティちゃんの本場だし、このコレクター癖には寛容な人も多いのではないでしょうか。

では、海外の反応を見てみましょう。

彼女の趣味は確かに変。でも、自分が好きなものをやめさせようとするような恋人なら、それは間違った相手なのだと思う。本当に大切な人なら、奇妙な嗜好も含めて愛せるはず。
↑あなたに100万回の「いいね!」をあげたい。
多くの女性たちの男性の選び方より理性的だ。
自分もアニメやヒーローたちに夢中になって、ガールフレンドを失った。でも、明日結婚するんだ。どんな趣味を持っていようとも、自分と一緒にいたいと思ってくれる人を見つければいい。
キティちゃんが彼女を幸せにしてくれるなら、それが彼女の選択。
彼女は、ハローキティが好きな男性を見つけるか、何も気にしない男性を探すしかない。
女性より酒を選ぶ男だってごまんといる。彼女は、自分の好きなことをしていればいい。
未だに多くの人が結婚や子供、セックスがなければ幸せになれないと思っていることに驚かされる。もっと様々な方法があるのに。
自分もハローキティが大好きで、山のように持っている。
人形どころかお金に執着しまくっている人間だっている。自分のことを見返したほうがいい。理想や方法は、大抵自分が育った環境から影響を受けているだけ。幸せの形は、人それぞれだ。
自分は、元彼女によくハローキティのグッズをプレゼントしていた。自分でもそうすることが好きだったな。
彼女は子供のような幻想を抱いている。コレクションと執着には違いがある。きっと、彼女は過去にハローキティが救世主だと感じるような出来事があったのかも。このコレクションが、彼女の人生に支障を与えるようになったら、何らか治療が必要になる。
私が男だったら走って逃げだすでしょうね。ハローキティの良さが分からない。
彼女はまだ、本当の恋をしたことがないだけ。
人間より人形!素晴らしい決断だ。
個人の部屋でハローキティを収集している分には構わないけど、家中がハローキティだらけで、それなしでは誰とも口をきかないということであれば問題。
彼女はほんとうに辛かったら、誰かを見つけているはず。私は、スターウォーズに夢中な大人の男も知ってるし。
女性にも趣味があるって知らないの?
自分は趣味をあきらめてなんて決して言わない。たとえ趣味が一番、自分が二番手でもね。
自分にとっては筋の通った生き方のように感じる。
イケメンがキティちゃんのようなドレスを着て、キティちゃんの歌を歌って、彼女をデートに誘ったら・・・凄くカワイイと思う!
自分は男だけど、ディナーにプレステを持っていったら、女性はなんて言うだろう?家族と一緒に過ごし、必要なことはやっているのに、ゲームというだけで怒られる。
彼女は2,3年もしたら、自分は独りぼっちだと嘆くようになる。
ワッフルとハローキティがあれば、誰が彼氏なんて欲しがるの?
↑でも、ハローキティは君にサンドウィッチは作ってくれないよ。
↑男性だって作らないでしょ。
お幸せに。

さて、いかがでしたでしょうか?彼女を擁護する人が多かったですね。「自分だったら批判されるのに・・・」と不満そうな男性もいらっしゃいましたが。

脅迫的にモノを溜め込んでしまうという、精神的疾患などがあるらしく、それを心配する声も聞こえましたが、彼女の場合は本当に好きでコレクションをしているので問題はなさそうです。

趣味も全部受け入れるのが本当の愛!?

彼女は金髪美女ですし、ボーイフレンドも複数いるみたいなので選んでいるだけだと思います。「自分を変えようとする相手は、運命の相手ではない」というコメントには大きく頷けました。これはコレクターか否かに関わらず言えることです。

暴力や健康に関わる事以外で、「相手を変えよう」と思うこと自体、相手を否定していることになります。それは、愛とは呼ばないでしょうね。

反対に、彼女がキティちゃん以上に愛せる人とめぐり合い、ピタッとコレクションが止まる可能性もあります。おばあさんになってもキティちゃんと過ごしているのか、家族に囲まれているのか、何十年後かにまた見てみたいなと興味が湧きました。

(参考)http://www.huffingtonpost.com/2014/06/11/natasha-goldsmith-
hello-kitty-boyfriend_n_5485591.html?ncid=fcblnkushpmg00000022

キティちゃんはサンドイッチ作ってくれないに一票!ゲームばっかりして宿題しない小学生が大人になった感じじゃない?宿題やらなく将来困るのは自分だけどゲームが楽しいうちはそれが見えてこない。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.