当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

働きたくない!人間やめて山羊になる夢を叶えたイギリス人が本当に痛い

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/09/25

w632
大都市で競争社会に生きていると、誰しもふと「もっと素朴な暮らしをしてみたい…」と思う事がありますよね。そうもいかず日常に戻るのが常ですが、そんな願いを実現させてしまったイギリス人がいます。

アルプスの大自然の中で山羊として生活したい—その熱い思いに共感して支援する団体も現れ、念願かなって一週間の山羊暮らしを体験した彼ですが、イギリスの反応は熱いものではありませんでした。

01

もっと素朴な暮らしをしたい

35歳のロンドナー、トーマス・トゥエイトさんもそう望んだ一人でした。失業して個人的な問題も抱え、毎日ストレスを貯め込んでいたトーマスさんは、ある日友達の犬を散歩に連れて行きます。

無邪気にはしゃぐ犬の様子を見て、一日で良いから犬のように心配事もなくただ幸せに過ごしてみたいと思い始めます。しかし、肉を食べないトーマスさんは肉食の犬になるのを諦め、今度はベジタリアンの象になるのを思いつきます。

でも心的外傷後ストレス障害に悩まされる象もいると聞き、それなら人間とあまり変わりがないと気付きます。そんな風にいろいろな動物の暮らしを妄想して落ち着いた結論は「アルプスで山羊になりたい」でした。

着々と進むサイボーグ山羊計画

トーマスさんの「山羊になりたい」という願望を知ったイギリスの医学・生物学助成財団ウエルカム・トラストは、奨学金4万ポンド(約635万円)を払うことに合意。

資金を得たトーマスさんは大学で「山羊の心理学」を学び、スイスで夏の間の1週間、彼を山羊の仲間として受け入れてくれる山羊飼いを見つけました。

イギリスはマンチェスターにある義足を専門とする病院が、四足でアルプスの斜面を上り下りできるよう「山羊になる義足」作りを手伝ってくれました。

次なる問題は消化器官です。トーマスさんは草だけ食べて一週間を過ごさなければなりませんが、人間の胃では草を消化しきれません。そこでウェールズにあるアベレストウィス大学が「山羊の人工胃袋」を開発してくれました。

体に「山羊の人工胃袋」を巻き付けたトーマスさんは、自分の口で噛んだ草を人口胃袋に吐き入れます。この中には山羊の胃にあるのと同じバクテリアが入っており、しばらくすると人間が消化できるスムージーのようなドロドロの液体となるのです。

人間だと悟られず山羊に見せかけると同時に、アルプスの坂からの落下に備えた特製のヘルメットも調達したトーマスさん、いよいよサイボーグ山羊としてスイスに旅立ちます。

02

山羊暮らしも楽じゃない

アルプス山麓で山羊としての暮らしを始めたトーマスさんの最初の難関は、四足で急斜面を歩き回る事でした。特に下り坂が難しく、しょっちゅう転がり落ちて傷だらけだったそうです。

義足の完成から一週間でスイスに来てしまったため、まだ義足に慣れていない手足はひどく痛み、夏とは言えアルプスの夜は耐えられないくらい寒いものでした。

けれど、そんな苦痛も、山羊たちに自分が仲間であると思い込ませる労力に比べたら比較にはならなかったそうです。山羊たちはトーマスさんをすぐに仲間として受け入れてはくれませんでした。

「山羊たちは僕のことを嫌いみたいだった。いつも必死で群れを追いかけなくてはならなかったし、僕を攻撃する山羊も居て怖かった」

最初はそう思ったトーマスさんでしたが、徐々に、山羊の世界にもヒエラルキーがあって、新参者の彼はルールに従えと諭されているのだと気付きます。

山羊の群れと四日間を共にしたトーマスさんは、残りの三日間をたった一人で山羊としてアルプスの斜面を彷徨います。

人間であることから一週間の休暇を取り山羊となって暮らしてみて、山羊の暮らしも楽じゃなく、彼らはただ生き延びるだけでも大変なんだという事がわかったそうです。

どうしてそんな苦労をしてまで山羊になりたいのかと聞かれて、トーマスさんはこう答えます。

「だって人間であることは、とても難しくて憂鬱で、ストレスが多いからじゃないかな。山羊の暮らしも楽じゃないけど、人間暮らしよりも単純でリラックスしていて、我々も学ぶべき事があるんじゃないかと思えるんだ」

03

雌山羊と心温まるひと時

そんな大変な経験をしたトーマスさんですが、一匹の雌の山羊が彼の事を気に入った様子で、顔を寄せて匂いを嗅いだり、どこでも付いてくるようになった事が一番の思い出になったそうです。

「山羊飼いは、この群れはいつか僕を仲間として受け入れてくれるだろうって言ってくれたんだ。最高の気分だったよ」

04

精神病を美化してはいけません。
僕はハワイの海辺で日光浴だけする生活を研究したいです。奨学金ください。
私は亀がいいな。奨学金お願い。
私は私の猫になりたいです。毎日熱心に食べてテレビ観てうたた寝します。奨学金ください。
山羊だって35歳の無職男と仲良くするほど馬鹿じゃないって。
その雌山羊ちゃんとその後どうなったのか気になる…
こいつも馬鹿だけど奨学金を出した方がもっと馬鹿だな。
いや、こいつは1週間山羊になっただけで4万ポンド(約650万円)をゲットしたんだぞ。バカなのは真面目に働いている僕らだよ。
マジかよ。エイプリルフールじゃないの?
可愛い山羊の彼女ができて良かったな!
俺は今何を読んだんだ?!
こいつが失業したのも不思議じゃないね。
そしてその頃、イギリスでは馬鹿が一人減った。
そして俺の国で馬鹿がまた一人増えた…
こいつは人間に生まれたのが間違いだったんだ。
戸籍も山羊にしてやれよ。
奴を笑うべきか、この国が情けなくて泣くべきか…
イギリス人よ、もう二度とアメリカ人には変な奴が多いなんて言うなよ。
これで今後、君が職にありつけなかったら、山羊に対する差別だと訴えれば大丈夫!
結局、今でも失業者で個人的な問題を抱えている状況に変わりないんじゃない?
今までに読んだニュースの中で一番バカバカしいニュースだ。
この記事は新聞じゃなくて精神科医の専門書に書かれるべきじゃないの?
私も疲れてるわよ。でも、山羊になれば救われるなんて思えないけど。
こいつはさっさと隔離すべきだ。
次はライオンの群れと共生してくれよ。
今時は、ロンドンから逃げ出すためだったら何でもやるんだな。

人間やめてつかの間の山羊体験をしたトーマスさんですが、さすがシニカルで有名なイギリス人、その情熱と努力に対する反応は思いのほか冷たいものでした。日本だったら称賛されたのではないでしょうか。

因みにトーマス・トウェイツさんはデザイナーで、彼が手作りで一からトースターを作る「ゼロからトースターを作ってみた」という本は日本語でも出版されており、この内容で2011年にTEDで講演もしている才人です。

(参考)http://www.dailymail.co.uk/news/article-3612748/Why-decided-life-
London-goat-Switzerland.html

馬鹿なのはマジメに働いている僕らってコメントが面白いw全く山羊に見えないけど、しばらく頑張れば山羊だって認めてくれるなんて、山羊に外見は関係ないのか?研究結果を詳しく知りたい。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年9月25日 10:22 PM

    あかん雌山羊ちゃん可愛い
    同族として受け入れてくれるなら人間じゃなくてもいいような気がしてきた

  2. 日本の名無しさん
    2016年9月26日 12:04 AM

    所詮人間は人間でしかないというのに…
    来世に期待するほうがよっぽど健全だわ

  3. 日本の名無しさん
    2016年9月26日 12:17 AM

    山羊のあそこは絶品だそうで、中世ヨーロッパでは戦場での下半身処理に利用されていたそうな

  4. 日本の名無しさん
    2016年9月26日 12:38 AM

    爆笑記事をありがとう

  5. 日本の名無しさん
    2016年9月26日 12:50 AM

    山羊になる前の経緯が草

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.