当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

日本とトルコの絆が深い!命をかけて助け合う95年前のある事件とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/09/20

w627
日本とトルコの絆を深めるきっかけとなった2つの事件がありました。遠く離れた両国は95年の時を超えて、命がけで窮地に陥った相手国の人々を救出したのです。この強い友情は今も生きています。

知られざるトルコと日本の関係

1889年、オスマン帝国(現:トルコ及び周辺地域)は日本へ親善使節団を軍艦エルトゥールル号で派遣して明治天皇に謁見します。

翌1890年にオスマン帝国への帰国の途中、エルトゥールル号は嵐のために和歌山県沖で座礁してしまいます。乗員618人の内、500人ほどが亡くなるという大惨事でしたが、地元、串本の人々は危険を顧みずに救命活動を行なったのです。

また明治天皇の指示の下、政府と国民が一丸となって救援・義援金活動を行ないました。そして生存者は日本の軍艦、比叡と金剛でイスタンブールに送り届けられたのです。

04

当時のオスマン帝国と日本は国家存亡の大問題に直面していました。極寒の地の帝政ロシアは不凍港を求めて虎視眈々とフィンランドやトルコ、東アジアへの侵略の機会を伺っていたのです。

そして遂に日本とロシアは支那と朝鮮を戦場にして激突。旅順攻防戦や日本海海戦などを経て日本は辛勝します。この勝利をトルコの自分たちのことのように喜んだのです。

トルコの恩返し

それから永い月日が経った1985年、イラン・イラク戦争中のイラクのサダム・フセイン大統領は突然、イラン上空の航空機の無差別攻撃を宣言したのです。その猶予は僅か48時間。各国は緊急に自国民救出のために航空機をイラクに派遣します。

日本政府は日本航空に救援便を依頼しますが、JAL労働組合が危険との理由で拒絶(救出を志願した自衛隊出身のJAL機長もいました)。一方、自衛隊機による邦人救出は法整備ができていなかったのです。

この窮地にトルコは国営航空機を派遣して日本人215名をタイムリミットぎりぎりで救出。代わりに残された500名のトルコ人を陸路で脱出させたのです。日本人を優先的に救出した背景には95年前のエルトゥールル号遭難事件がありました。

エルトゥールル号遭難事件やテヘラン在留救出についてはトルコのみならず、旧オスマン帝国のトルコ系の人々からたくさんのコメントが寄せられています。

月(トルコのシンボル)と太陽(日本のシンボル)は兄弟のようなものです。
我々は永遠に兄弟姉妹の関係!!
日本のことが大好きです!
この映画『海難1890』を観てきました。物凄く感動しています!!
私もこの映画を観て泣きました。
なんと深い友情関係なのでしょうか・・・日本の皆さん我々イスラム教は平和を愛します。ISISなどはイスラム教ではありません。誤解されないように。
トルコと日本の間には最高の友情があり、その関係は永遠です。
トルコの人々は日本人への恩義を忘れません。
日本国内でトルコ人とクルド人が衝突する事件に関連して、欧米や中韓のメディアは日本とトルコの分断を煽っていますが、我々の関係に傷がつくことはありません。
日本人が大好きだし尊敬もしています。日本のアニメも好きです。特にドラゴンボールはね(笑)
難しいけど、今日本語を勉強しています。いつかは日本に行きたいです。
映画がトルコと日本の関係を更に発展させるきっかけになることを祈っています。
日本語で伝えられないのは残念だけど、日本の事が心から好きです!
トルコから見れば日本はとても遠い国ですが、多くのトルコ人は日本人が好きで信用しています。私の街で困った日本人観光客がいると私はできる限りのサポートをしてあげています。
私はトルコ系ウクライナ人ですが、日本とトルコが素晴らしい歴史を持っていることを誇りに思います。この映画を観てとても感動しました。
言葉を失うほど感激しています。ただ言えることは”日本のみなさん、ありがとう!!”だけです。
アメリカに住むトルコ人ですが、この映画がアメリカで公開されていないのが残念・・
日本人はとても親切な人々だということを知っているよ。
この映画を作ってくださった日本の皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
私も日本に親近感を持つと同時に、トルコ人であることを誇りに感じました。
ドイツに住むトルコ人ですが、日本にはとても親近感があり、日本の文化が大好きです。
日本にはもっと頑張って欲しいです。戦後の日本は経済力ばかりで、政治的なパワーはありません。
我々は地理的に離れているにも関わらず、100年間友情を保ってきたことに感動しました。
トルコ国内のトルコ人だけなく、同じ民族のトルキスタンやウズベキスタン、カザフスタン、カザフスタン、その他の国々に住むトルコ人にもこの映画を観て欲しい。
トルコにとって日本は永遠の友。我々は痛みや勝利を共有する仲です。
トルコ人にとって日本は最も重要なパートナーです。
学校の教材に使うべき価値の高い映画!!
切っても切れない強固な同盟国!!
トルコも隣国から不当な圧力を受けていますが、日本も中国と韓国、そしてアメリカから不当な圧力を受けています。プロパガンダ戦に負けるな!応援しているぞ!!トルコも日本も情報を正しく理解する能力を持っています。
私はアメリカに住むトルコ人です。日本にはとても感謝しています。1985年にテヘランからの脱出の時はトルコのパイロットはこの危険な任務に全員志願しました。日本人を優先して救出した当時のオザル首相の英断を支持します。

2015年、エルトゥールル号遭難事件から125年を記念して、日本とトルコの合作映画『海難1890』が製作されました。内容はエルトゥールル号遭難事件とテヘラン邦人救出劇を2部構成で仕上がっています。

製作にあたっては日本とトルコの両国政府の強力なバックアップを受けて、完成した映画は安倍首相やトルコのエルドアン首相も揃って鑑賞し、両国の関係の発展に寄与しました。

05

日本とトルコは深い関係があるのはまぎれもない事実ですが、近年では中国や韓国のトルコへの経済進出が著しく進んでいます。

日本の製品が素晴らしいことは知られていますが、良い物やサービスは高くても売れるとは限りません。トルコの国情にマッチした提案を柔軟に進めて行くことが、両国の互恵関係の発展につながるはずです。

(参考)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%
88%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%AB%E5%8F%B7%
E9%81%AD%E9%9B%A3%E4%BA%8B%E4%BB%B6
http://asianwiki.com/125_Years_Memory

2つの事件がうまくストーリーでからみ合っていて面白そう。トルコと日本を月と太陽と表現するところがかっこいい。

今日の人気記事

まだデータがありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年9月20日 11:30 PM

    当時のトルコ政府および陸路で脱出したトルコ人には感謝
    本当は自国民優先にしたいだろうにっつーかそれが当たり前なのにね

  2. 日本の名無しさん
    2016年9月20日 11:47 PM

    当時は、イランイラク戦争は、
    イイ(良い)戦争とかダジャレみたいに言って批判していた
    左翼の先生がいて、そういう左翼思想に影響されていた。
    トルコが助けてくれた意味は知らなかった。

  3. 日本の名無しさん
    2016年9月21日 12:10 AM

    >トルコも隣国から不当な圧力を受けていますが、日本も中国と韓国、そしてアメリカから不当な圧力を受けています。プロパガンダ戦に負けるな!応援しているぞ!!トルコも日本も情報を正しく理解する能力を持っています。

    ガチじゃん。

  4. 日本の名無しさん
    2016年9月21日 12:12 AM

    トルコ風呂なんて言って御免なさいね。

  5. 日本の名無しさん
    2016年9月21日 4:55 AM

    申し訳ないけど今の日本にいるトルコ人にいいイメージ無いわ。なんつーか、調子ばっかこいてチャラチャラしてる。日本の女チョロいっつってナンパばっかしてるやつ知ってるし。エヴァの作詞家の例もあるし、日本人なめてるやつ多い。真面目なのもいるんだろうけどあったことないからなぁ。

  6. 日本の名無しさん
    2016年9月21日 10:30 AM

    コメ欄汚しの意見ですみません(メールフォーム見あたらなくて・・)
    管理人さん解説文もうちょっと頑張って・・
    言いたい事や訴えたい事は(知ってる俺らには)判るけどさ
    嘘や勘違いは無いけど「気持ち」が強すぎなところがちらほら・・
    もうちょい淡々と構成した方が、より強く伝わるんじゃないかと思うよ
    上から目線で失礼しました
    この話は後世に伝えたい史実だから忘れない様にこうして記事にして下さる姿勢には感謝しています

  7. 日本の名無しさん
    2016年9月21日 11:47 AM

    映画観たけど、感動作ってより教材っぽくて逆に良かったな。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.