当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

【スイスの子供は大変だ!】教育はいったいどの言語で行うの?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/11/23

11222
OECDの学習到達度調査の英語力ランキング(2012)で、韓国、香港、台湾、ベトナム、中国などのアジア諸国を下回る12位となった日本。TOEFLスコア(2012)を比較してみても、日本はアジア19カ国中カンボジアに次ぐワースト2となっている。

英語力の低い日本

中学生のころからほぼ毎日英語の授業を受けているにもかかわらず、それでも英語力が低いとされる原因は、ライティング、リーディング、文法重視の英語教育にあるといわれる。

今、2020年東京オリンピックの開催が決定し、ホスト国としての準備がハード・ソフトの両面で求められる中、「つかえる英語」の重要性がますます声高に叫ばれている。

政府の英語教育改革実施計画によれば、2011年度からは既に小学校5、6年生で導入されているコミュニケーション重視の「外国語活動」は2020年までに正式な教科として格上げされ、「外国語活動」のスタートについては小学校3年生に前倒しされるという。

しかし外国語力が低いという事実は、裏を返せば、日本が、外国語ができなくとも生活するのに何の不便もなく、学問的にも多くの分野が進んでいるため高等教育の場でさえ自国語で全てを学ぶことができるということを表している。

世界文学を読みたければすぐ翻訳が手に入り(日本は世界でもめずらしい翻訳大国である)、特殊な職種をのぞいては外国語ができなくても就職にまったく困らないという、そんな実に恵まれた環境にあるのです。

逆に言えば 、多くの言語をつかえるというのは、それなりの背景と事情、そして苦労がある、ということだ。

同じ国でも話す言葉が違う!!

たとえば四方をドイツ、フランス、イタリア、オーストリア等の国々に囲まれた小国スイスは、同じひとつの国のなかでもどの隣国に近いかという地理的な位置によって、使用言語が違う。

フランス寄りの西部はフランス語圏、イタリアと国境を接する南部はイタリア語圏、オーストリアに近い東部の小範囲はレトロマン語圏(ドイツ語と併用)、そしてそれ以外の約7割の地域はドイツ語圏だ。

よってスイスは4つの公用語(独・仏・伊・レトロマン語)をもつため、公的文書はすべて(話す人口の少ないレトロマン語を除く)独・仏・伊に国際語の英語を加えた4言語で発行され、役所ではこの4言語のいずれででも対応しなければならない。複数の公用語を持つスイスでは、どの公用語を話す国民も、自分の言語で公的サービスを受ける権利があるからだ。

スイスでは公的サービスのほかにも、高速列車の車内放送は独・仏・英、独・伊・英といった3ヶ国語で流されることがほとんどだし、食品のパッケージひとつをとっても、原材料や調理方法などの説明は必ず3言語以上で記載されている。

一般の会社の募集要項では、最低でも、公用語である独・仏のうちどちらかひとつと、さらに英語の両方が求められていることが多い。

スイスの子供は大変だ!

そんなスイスの言語教育だが、例えばドイツ語圏スイスの子どもたちは幼稚園までは「スイスジャーマン」というドイツ語方言で教育され、両親や友達とはこの方言を話すようになるが、小学校にあがると「ハイジャーマン」(標準ドイツ語)で授業を受け始める。ハイジャーマンでの授業に慣れてくると、5年生(9-10歳)から第2公用語であるフランス語の授業が始まる。

伝統的には、初等教育を終えてギムナジウムに通うようになると、初等教育から学習している第2公用語のほかに、国際語である英語が加わり(最近では第2公用語より先に小学校3年生から英語教育を始める州も増えてきているが)、さらにもう一つの外国語(ラテン語、イタリア語、スペイン語、ロシア語等)を選択して学習する。

このように多言語教育を受け多言語の中で生きているスイス人ではあるが、とはいえ、生活に必要な会話くらいはできても、第1言語以外でビジネス交渉や政治的議論ができるレベルにある人は、実際には少ない。

そんな中、スイス最高の読者数を誇るある全国紙が、スイスの大臣たるもの最低でもドイツ語とフランス語の両公用語を完全に使いこなせるべきで、そうでない場合は、今からでも大臣に語学コースを課すべきでは?との記事を出した。

それに対するスイス人読者の反応は…

(ドイツ語圏) 一昔前のスイスなら、第2、第3の言葉でしゃべれるなんて、普通に学校を出た人にとっては当たり前のことだった。

それが、かつてのような実践・会話優先の言語教育が廃れてきて、最近の子どもたちは、高尚な文学作品を読んだり細かな文法法則を学んだりしなくならなくなって、ヒイヒイ言ってる。そんな勉強の仕方じゃ、面白くもないし、結果が伴わないのも当然じゃないか。

(ドイツ語圏) 天下のスイス銀行に勤めるためには、今は、フランス語じゃだめだ。やっぱり英語だよ!この国じゃ、フランス語圏から遠ざかれば遠ざかるほど、英語の重要性をわかってちゃんと優先的に勉強している人が多い。逆にフランス語圏に近づけば近づくほど、フランス語に変に固執して英語を学ばないんだ。
(ドイツ語圏) フランス語圏の人間にとっては、ドイツ語を学ぶなんて、沽券にかかわるようなことなのさ。だけど少なくともスイス人の70%はドイツ語圏スイス人だってことを彼らは理解したほうがいい。同じスイスだってのに、フランス語圏ではフランス語さえできればいいなんて、いかれてる。
(フランス語圏) みんなフランス語圏の人間をかなり馬鹿にしてるけど、ドイツ語圏スイス出身の政治家や社長が話すフランス語だって、テレビのインタビューなんかで見る限りは、まったくひどいもので、お笑いぐさだよ!

おかげでフランス語圏スイスでは、ドイツ語圏スイス人は馬鹿だってイメージがすっかり定着してしまってるよ。無理して下手なフランス語を話すより、某政治家のように堂々とドイツ語一本で受け答えするほうがずっといいんじゃないか?

(ドイツ語圏) いや、ドイツ語圏スイス人の話すフランス語は、フランス語圏スイス人の話すドイツ語なんかよりずっとましだとは思うけどね。まあ、とはいえ有名な学者やトップマネージャーがビールを注文するくらいしかフランス語ができないのを見てびっくりしたりしたこともあるけどさ。

英語に関しては、スイス人は自分が話せると勝手に思い込んでいるけど、そんなに上手いわけでもない。何語でも、ある程度のクオリティを要求する場合、スイス人は中途半端でダメだね。本物のドイツ人やフランス人にはとてもかなわないよ。

(フランス語圏) ビールといえば、ドイツ語圏スイス人はフランス語圏スイスの店でビール注文するとき、フランス語でビールが男性名詞か女性名詞かわからないのをごまかすために複数形で言おうとして、わざわざビール2本注文するんだぜ(笑)。
(ドイツ語圏) おい、ドイツ語だ、いやフランス語だって下らない喧嘩するくらいなら、いっそのこと英語で話せば解決するじゃないか。一番簡単なんだし。
(ドイツ語圏) 何を言うんだ、簡単とかそんな問題じゃないだろ。俺は少し前に英語書籍の老舗本屋にいったんだけど、店員まで英語のネイティブの奴を使ってて、そいつがまともにドイツ語で対応もできない奴でさ。

まるで外国にいるのかと思うくらい、ドイツ語が通じないんだ。結局、あの本屋は最近つぶれたよ。本屋のオーナーは、なんで自分の店が閉店に追い込まれたか、今でも分かってないんだろうな。公用語に対する誇りの問題だよ。

(ドイツ語圏) 他言語の修得は、教養の一つだ。大臣が教養をもっているのは当たり前のことだし、大臣なら教養に基づいて仕事をするべきだ。他の公用語が話せないということは、他の文化も理解できないということ。第2公用語すら流暢に話せない大臣なんて、馬鹿の無能といってもいいだろう。
(ドイツ語圏) そうだよな。大臣みたいな大学を出たエリートがフランス語さえ流暢にできないだなんて、我々の税金のかかった教育システムの結果がこれだとは、がっかりだよ。
(フランス語圏) いや、他言語取得の得意不得意は、なんでも人によって向き不向きがあるのと同じくらいのことで、1人の人間の学識の高さとかインテリジェンスとかとは全く関係ないことだと思いますよ。大臣の仕事は自分の政治的課題をよく理解しその解決を探ること。1つの言語でその仕事をなすか2つの言語でなすかなんて、まったくどうでもいいことじゃないですか。
(ドイツ語圏) 僕はドイツ語圏とフランス語圏のちょうど中間に住んでいたから、フランス語はかなり早くから学校で習った。でも、その後フランス語圏で働いて、そのとき初めて、言語だけじゃなくて、言語と表裏一体の文化みたいなものを学んだ気がする。今の時代は他言語を学ぶことが手軽になったんだし、文化を理解するためにも大臣に現地で他言語を学んでもらうことに賛成だ。
(ドイツ語圏) 大臣に語学コースを課すって、悪くないアイデアだと思うよ。自分のことを振り返れば、1960年にドイツ語圏からフランス語圏に引っ越したんだが、そのときは自分も妻も6歳の娘もフランス語なんてまともに話せなかった。それが住んで3ヶ月後には、何の問題もないほどフランス語に慣れてしまった。基礎さえあれば、あとは外国語の海に飛び込んでしまえばいいんだ。
(ドイツ語圏) 僕の第1言語はドイツ語なんだが、学校でフランス語を習うのは好きだったな!文法が大切なのは当然だけど、言葉の美しさに対する好奇心が根幹にあれば、他の技術は後からついてくる気がする。
(ドイツ語圏) 大臣として大切な事は、他の言語でも、人に伝わりやすく誤解のない表現をすることじゃないか。流暢さというより、とにかく人に訴えかける伝わりやすい話し方を習うことが、大切だと思う。本当は、大臣になる前にそうすべきだったとは思うけどね。
(フランス語圏) 外国語で医学用語がすらすら言えれば、医学を修めたことになるのか?フランス語を話せば、フランス人というものを理解できていることになるのか?

文法がわかり単語を多く知っていたら、ゾラや、ボードレール、ボルテール、ルソー、ラ・フォンテーヌ、デカルト、モンテーニュなんかも理解したことになるのか?パレスチナ問題の根本を全く理解できず、理解しようともしないアメリカ人が、たとえアラビア語を習ったところで、それに一体何の意味があるっていうんだ?

(ドイツ語圏) 自分の国の大臣に、公用語であるドイツ語もフランス語も両方、せめて英語と同程度くらいには上手く話せるようになって欲しいと望むのは、当然のことじゃないか?大臣という職務の格からいえば、レベルは最低でも一般人のそれを上回るものであってほしいね。
(イタリア語圏) みんなすっかりイタリア語のことを忘れてしまってるけど、イタリア語だってれっきとしたスイスの公用語だぞ。子どもたちには英語なんかより、まずはイタリア語を含めた公用3言語を修得させるべきじゃないか。英語なんか最後でいいだろ。
(フランス語圏) 私は、大臣には自分の第1言語でしっかり発言してもらって、それをプロの通訳にきっちり訳してもらうほうが、意味があると思う。パーフェクトにできない言葉で無理して話したって、100%自分の意図する伝わり方になっていなければ意味が無いじゃない?

(参考)http://www.tagesanzeiger.ch/schweiz/standard/
Bonjour-Monsieur-le-maitre-Bundesraete-
im-Sprachkurs/story/27162180

日本の英語力が中国や韓国に負けて、アジア圏でワースト2位だったなんて少しショックに思える。中学から大学まで合わせるとほぼ10年英語を勉強しても、まだ話せない日本人は多言語を学ぶ難しさを身を持って理解している。その日本人から見るとスイスの子供達は尊敬してしまうぐらい努力していると思う。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2014年11月23日 11:22 AM

    絶対にこんな国は嫌だな
    同じ国民でさへ地域が違えば会話できないとか..
    方言は沖縄とか特殊なの除けば楽だしな

  2. 日本の名無しさん
    2014年11月23日 4:38 PM

    英語は読めるんだけど、いざ喋れないんだよな?

  3. 日本の名無しさん
    2014年11月23日 7:13 PM

    >生活に必要な会話くらいはできても、第1言語以外でビジネス交渉や政治的議論ができるレベルにある人は、実際には少ない。

    問題はこれだよね。
    日本語を何十年と使っていても、たまに難しくて知らない単語を目にする。
    色んな言語をいっきに習ったら、言語の奥深さを学べなさそうな気がするよ

  4. 日本の名無しさん
    2016年2月3日 10:22 AM

    難しい国だなぁ
    学術的な話やビジネスはどうするんだろう
    流石に第三言語で議論とか出来んだろ

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.