当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

便利で安心!カードローンなら地元に強い京都中央信用金庫で!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/08/24

京都中央信用金庫は、京都府内で2番目の規模を誇るメジャーな金融機関ですが、地元密着型の信用金庫として地域に根差した運営を信条としているようです。

金融機関として、地元民の様々な暮らしの水準・様々な場面に有った手助けができるよう、豊富な種類のカードローンを商品として揃えていることもその一環ですね。

そんな地元の人はぜひ知っていただきたい京都中央信用金庫のご紹介と、様々なカードローン商品の特徴などを細かくご説明していきたいと思います。

京都では規模が2位の大手金融機関

京都中央信用金庫は京都市下京区に本店を置く信用金庫で、京都では、京都銀行に次いで第2位の規模を持つ金融機関です。

2番手とはいえ、資本金216億円、総資産4兆5985億円という規模であり、信用金庫の中では全国1位の規模を誇る大手信用金庫なんですね。

信用金庫は地域活性化のために存在する

「銀行と信用金庫の違いって何なの?」っていう疑問をもったことはないでしょうか?仕組み的な違いも有りますが、一番大きな違いは作られた目的です。

銀行と同じように経済の活性化をする為に作られた金融機関ですが、信用金庫とは、「その地域を金融を通して活性化していくこと」を主な目的として作られたものです。ですので地域活性化に力を入れることはいわば必然ということになります。

信用金庫は融資や預金できる対象も中小企業や、地元企業であったり、地域住民であったりと限定されています。だからこそ地元の人、その地域に住む人にとっては、信用出来て、相談のしやすい「地元の金融機関」でもあるんですよね。

地域密着型金融としての使命

京都中央信用金庫は地域密着型金融として、様々な取り組みを通じて地域活性化を後押ししています。例えば、平成2年より年1回行われている「中信ビジネスフェア」では、地元企業を集めた大商談会として人気を博しているようです。

地元企業を一同に集め、普段は中々できない「多種多様な業種との商談をできる場」を設けているんですね。それ以外にも金融機関という立場からいろいろな企業支援を行い、「地域密着型金融」を目指しているようです

個人対象ローン商品も充実

もちろん起業家や企業だけでなく、個人に対しての融資も積極的に行っています。住宅ローン・カーローンなど様々な生活の場面に合わせて借りれるローンが多いようですね。

カードローンのラインナップも充実しているので、次項ではカードローンについて、どんな商品が有るか説明をしていきましょう。

京都中央信用中央金庫のカードローンの内容は?

京都中央信用金庫はカードローンについても力を入れていますが、何といってもその種類の豊富さが特徴です。

まずその前に、いろいろなローンの中でも「カードローン」の特徴についておさらいをしておきましょう。

カードローンとは、次の二つの特徴を持つローン商品のことです。

  • 無担保・無保証人で契約が可能
  • 借入上限金額までの再借入が可能

銀行のローン商品では、カードローンだけが持つ特徴と言って良いでしょう。その為、金利が他のローンに比べると高めの設定になるというのがカードローンのデメリットです。

カードローンのラインナップ

では、そのカードローンのラインナップを見ていきましょう。それぞれ特徴が有りますが、金利・限度額・契約条件を表にして比較してみましょう。

商品名 金利 限度額 条件
プレミアムカードローン 5.0~7.0% 300万円 勤続年数5年、年収500万円以上
ちゅうしんきゃっするカードローン 3.0~14.5% 800万円 在職中の方
ちゅうしんきゃっする60カードローン 14.5% 50万円 年給を受給している方
カードローン 13.9% 70万円 口座が有り年収150万円以上の方
ミニカードローン 8.0~13.9% 50~100万円(プランによる) 口座のある方(1部、住宅ローン加入の方)
教育カードローン「学びの道」 3.9% 500万円 在学している子供の親権者

どうでしょう?種類がすごく豊富なことがわかりますよね。契約条件や金利・限度額などの内容の種類の豊富さからわかることは、様々な生活スタイルに合わせたカードローンを用意しているということでないでしょうか?

それぞれのライフスタイルに合わせたカードローン

プレミアムカードローンは金利が低いの特徴ですね。5.0~7.0%は他のカードローン並みの低金利ですよね。しかし条件的には年収が500万円以上の方と厳しめになっています。

特徴的なのは、ちゅうしんきゃっする60カードローンと教育カードローン「学びの道」ではないでしょうか?ちゅうしんきゃっする60カードローンは年金受給者専門のカードローンになっています。

年齢も60~69歳の方という条件になっていますね。数あるカードローンの中でも年金受給者専門にやっているカードローンはとても珍しいですね。

教育カードローン「学びの道」は学校納付金を使用目的としているカードローンですね。教育ローンは多くありますが、カードローンとしているところは少ないのではないでしょうか?

何人も子供のいる方は納付金も分けなければいけないので、限度額まで借りれる仕組みは有りがたいですよね。また金利も3.9%とカードローンの中では格段に低い金利になっています。

種類・内容ともに、地域住民たちのライフスタイル・生活事情に合わせたカードローンを扱っていると言えるのではないでしょうか?

銀行・信用金庫のカードローンは金利でお得

さあ、ここまでは京都中央信用金庫のカードローンの内容についてお話をしてきましたが、そもそも他社・他銀行のカードローンと比較してどうなのか?ということも解説していきましょう。

まずはカードローンの基礎知識として、カードローンは、系統によって大きく二つ分けられるという話をしていきましょう。

銀行・信用金庫系と消費者金融系

カードローンには銀行・信用金庫系と消費者金融系の2種類が有ります。どこが扱っているかによって分けられるわけですが、この系統によって特徴が大きく異なってきます。

もちろん個々の銀行・信用金庫・金融業者によって個性や特徴は変わってきますが、大きいくくりで特徴を分類して比べてみますと次のようになります。

  • 銀行・信用金庫系=金利が低いが審査が厳しい
  • 消費者金融系=審査が通りやすいが金利が高い

銀行・信用金庫系は金利が消費者金融系に比べ低いというのが特徴ですね。ではどのくらい金利に差が出るのか、ということを検証してみましょう。

検証材料として、一番わかりやすい例で三菱東京UFJグループの例を出してみましょう。わかりやすい理由としては「全ての系統のローン商品がグループ内で存在する」ので系統別の比較がしやすい為です。

三菱東京UFJ銀行の普通のローン商品とカードローン商品、グループ会社の消費者金融カードローンの金利比較をしてみます。

商品名 系統 金利
三菱東京UFJ銀行ローン 銀行多目的ローン 5.475%(変動有)
バンクイック 銀行カードローン 4.6%~14.6%
アコム 消費者金融カードローン 4.6%~18.0%

銀行のカードローンもやはり普通のローン商品と比較すると金利が高いということがわかりますが、消費者金融系と比べると低金利になっています。

最大金利の差がバンクイック14.6%、アコム18.0%ち3.4%の開きがあることがわかります。

京都中央信用金庫のカードローンは他と比較してどうなの?

では、京都中央信用金庫のカードローンは他と比較してどうなのでしょうか?金利についてはカードローンの中で一番高い金利が「ちゅうしんきゃっするカードローン」の14.5%です。

たくさん種類が有りますが、それ以外は、14.5%未満の金利設定ですし3.9%が上限金利というカードローンも有ります。非常に良心的な金利設定と言えるのではないでしょうか?

京都中央信用金庫のカードローンは他との比較においても「良心的な金利と選択肢の豊富さ」という点において優れている、と言えそうですね。

自分のライフスタイルに合わせて商品を選ぼう

 
京都中央信用金庫のカードローンについて、いろいろ説明をしてきましたが、大切なことは自分に合ったカードローンを選ぶということです。

せっかくいろんな種類のカードローンが有っても、自分に合ったものを見つけれなければ意味が有りません。では「自分に合ったカードローン選び」について必要なことをお話ししていきましょう。

金利と返済期間の関係について理解しよう

まず選ぶ前に、これだけは知っておきたいカードローンの基礎知識について解説していきましょう。それは金利と返済期間の関係についてです。これは、どういう契約をするか?を考える際の基本事項となってきますので、しっかり覚えておきましょう。

カードローンの金利とは通常「年利」になっているので、「元金×金利」額を1年間という期間で支払わなければいけません。1年以上の返済期間になれば、次年度については新たに残金に対しての金利を支払う必要が有ります。

つまり返済期間が延びればその分、支払う額は増えていくということですので、なるべく短い返済期間にした方が得ということになります。しかし期間が短ければその分毎月の支払額が増えるので毎月負担額は厳しくなります。

この毎月支払いの負担額と返済期間の長短によって変わる総金利支払い額のバランスが難しくなるわけです。

長期継続して支払いできる返済額にしよう

毎月の支払額を決定すれば、自動的に返済期間も決定するわけですが、返済期間を短くするために毎月の負担額を高くしすぎると結局途中で返済できなくなるという事態になりかねません。

一番大事なことは、自分の生活設計の中で、毎月の返済を計画通り長期継続できるか?ということです。

カードローンはとても便利なものですが、便利さ故に使いすぎたり、計画から外れた使い方をしてしまいがちです。

必要以上の金額設定をしない

京都信用金庫のカードローンではたくさんの種類を用意してもらっています。せっかくこれだけの種類があるわけですから自分の身の丈に合ったカードローンを選ぶことが重要ですね。

例えば、ちゅうしんキャッスルカードローンは上限800万円まで借入可能ですが、金利は14.5%と一番高い設定です。比べてカードローンでは上限が70万円ですが、金利は13.9%と低めの設定です。

70万以上必要で無ければ、やはり低金利のカードローンを選ぶべきでしょう。カードローンは生活を豊かにする手助けを行うものです。だからこそきちんと自分の生活スタイル・収支バランスを見極めた利用を行うことが重要なんですね。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.