当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

ワイドからの借入を考えていた人必見!社名が変わっています!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/06/12

ワイドという消費者金融は、規模はあまり大きくなかったものの、あの大手消費者金融アイフルの傘下であったことから、知名度はそこそこありました。

しかし、実は「ワイド」という会社は、現在「アペンタクル」という社名に変わっているのです。

今は、大手の傘下という枠から外れ社名だけでなく、サービスも大きく変わっているのでご注意ください。

今回は「ワイドからの借入を考えていたのに、社名もサービスも変わってしまっていて困った!」という方必見です!

今後の借入先を探す上でのポイント等をまとめてみましたので、ご参考になれば嬉しいです。

貸金業を取り巻く環境変化が鍵!ワイドが社名変更したワケ

ワイドは2009年にアペンタクルという社名に変更しました。

ワイドが社名変更したのには理由があります。

そこには貸金業を取り巻く環境が時代と共に変化していったことが理由に挙げられます。

これは、ワイドに限った話ではありません。

「大手」に分類される消費者金融でも一昔前と名称を変えているところはいくつもあるのです。

グレーゾーン金利の廃止

「グレーゾーン金利」という言葉を聞いたことはありますか?

金融に関して詳しい人ならば、一度は聞いたことのあるこの「グレーゾーン金利」という言葉。

簡単に言うと「高額な金利だけれども、刑罰対象とはならない金利」とお考えください。

かつて、バブル景気崩壊後、不況に陥ってしまった為、消費者金融を利用する人が増えたのです。

当時の消費者金融は刑罰対象にはならない高い金利で利用者に融資していました。

もちろん、その金利は消費者金融の「儲け」となったのです。

しかし、その高額な金利故に「返せども返せども金利分ばかりの返済にとどまり、一向に完済に至らない苦しい状態」の利用者が増えたのです。

返済できない消費者に対し、脅迫めいた電話や訪問で督促する消費者金融も増え社会問題にまで発展しました。

その結果、貸金業法・出資法が改正となり、グレーゾーン金利は撤廃され、金利の上限も20%までに引き下げられることとなったのです。

今まで「儲け」であった部分の金利上限がガクっと下がってしまったのですから、消費者金融の営業に打撃がないわけありませんよね。

総量規制の導入

「消費者金融からお金を借りたい」と言っても、いくらでも借りられるわけではありませんよね。

そこで目安となるのがこの「総量規制」です。

貸金業者から借入れできる額は「年収の3分の1まで」と定められています。

この総量規制が法律で定められたのは2006年のことでした。(施工は2010年)

規制が導入される前までは、消費者金融にとって「利用者に貸すお金=必ず金利付で戻ってくる(であろう)お金」だったので、利益と言える部分だったのですが、その部分が「規制」されてしまったのですから大きな痛手となったのは間違いありません。

このように、貸金業者はグレーゾーン金利撤廃や総量規制導入等、法律の改正により経営を圧迫され、業界での生き残りをかける為、他社との吸収・合併や大手の傘下に入るなどしていき、その都度社名を変更していくところも多かったのです。

ワイドも貸金業をとりまく環境の変化によって社名を変えた消費者金融の1つでした。

かつては大手アイフルの傘下だったワイド

貸金業者を取り巻く環境の変化によって経営を圧迫されたのは、中小に限ったことではなく、大手も同様でした。

もちろん、アイフルも例外ではありませんでした。

アイフルの傘下であったワイドは、アイフルから他社の大手グループに売却されたのですが、その売却先であるグループも現在は破産となり、現在はグループから離れ「アペンタクル」という社名になっているのです。

ここ10年で、金融業界を取り巻く環境が、如何に激しく変化しているか、厳しいものかが分かりますね。

新社名アペンタクルから借りたい!でも新規受付停止!?

社名が変更したのであれば「新社名であるアペンタクルから借りたい!」と思う人も当然いますよね。

かつて「ワイド」と取り引きがあった方なら、尚更そう思うはずです。

一度利用したところであれば、申し込みや審査等もスムーズに行われる場合もありますし。

ところが、アペンタクルの公式ウェブページを見ても「申し込みについて何も書かれていない」と困惑する人も多いでしょう。

実は、現社名のアペンタクルでも新規申し込み受付は停止しているのです。

アペンタクルの利用も厳しい状態

アペンタクルは現在、既に利用ある顧客からの返済のみで営業しているという状態でしょう。

今後、どのような形で営業していくのかはわかりませんが(他社との吸収・合併等)、借入を考える時というのは「手元にまとまったお金がない時」ですよね。

できるだけ早く借入れたいのが利用者の本音です。

新規利用停止中ということであれば、すぐに借入れることは不可能でしょう。

このようなことから、「ワイド」の新社名「アペンタクル」から借入れを考えるのは、現実的ではなく、厳しい状態と言えます。

どこから借入れ可能?ワイドを考えていた人にお勧めの借入れ先!

かつての「ワイド」という社名やサービスはなくなり、新社名の「アペンタクル」でも新規申し込みを受け付けていないとなると、どこから借入れを考えて良いのか…と悩んでしまいますよね。

今後の借入先を考える上では、なぜ「ワイド」から借りたいと思ったのかがでポイントとなります。

ワイドの「安心感」から利用を考えていた人向け借入れ先

ワイドという会社についての情報が「アイフルの傘下時代」で止まっており、その安心感からワイドの利用を考えたいた方は、アイフルを利用してみてはいかがでしょうか。

東証一部上場企業ということでの安心感はありますし、お笑い芸人さんを起用したコミカルなCMも好印象ですよね。

一定の収入があれば、正社員でなくともアルバイトやパートでも利用は可能です。

新規で利用する方はもちろんですが、かつてワイド利用歴があり、返済なども滞りなく行っていた方にもアイフルはおすすめです。

アイフルは審査において独自の与信システム(簡単に言うと、相手のことを信用できるか否かを判断するようなシステム)を用いています。

その詳細は明らかになっていませんが、かつて系列であったワイドでの利用が良好であった方なら、アイフルでの利用もスムーズでしょう。

アイフルでなくても、安心感のあるところから借入したいのであれば、やはり大手の消費者金融をお勧めします。

アイフルは独立系の消費者金融ですが、他の大手消費者金融は、メガバンクの子会社化となっているところもあります。

テレビCMをしているところは「大手」です。

やはり「大手」と呼ばれるところは、企業イメージもありますので対応がとても丁寧です。

なので、安心感を重視するのならやはり「大手」の消費者金融がおすすめです!

ワイドの「借入れやすさ」を重視していた人向け借入れ先

大手消費者金融に対し、中小の消費者金融は「利用しやすい」というイメージがあります。

それはあながち間違いではりません。

大手に比べると審査の敷居は低く、中小の消費者金融の中にはブラックリストに載ってしまった人にも融資してくれる所があります。

ヤミ金ではなく、れっきとした正規貸金業者です。

「何としてでも借りたい!」「審査に落ちたくない!」

ということを重視するのであれば、中小の消費者金融をお勧めします。

事故歴のある人にも融資実績のあるような消費者金融は、基本的に店頭(対面)での申し込みを受付ているところも多いのですが、中には郵送物や電話・ウェブだけで申し込みから融資まで済ませることのできる金融機関もあります。

大手と違い「即日融資」の可能性は店頭に足を運ばない限り、ガクっと落ちますが「借入れの可能性を重視」するのであれば、中小の消費者金融利用をおすすめします。

店舗を1店舗しか構えないようなところであっても、「優良」消費者金融と呼ばれるようなところも多いですし、今やコンビニをはじめとする全国のATMを利用できるところがほとんどです。

ネットで口コミを参考にするのはもちろんですが、不安な点を直接電話で聞いてみるなどして対応を見るのもよいでしょう。

結論!ワイドという名の消費者金融は現在存在しません!

ワイドという名称で貸金業を行っている消費者金融は現在ありません。

なので「ワイド」という名称を名乗った勧誘などを受けた場合は「怪しい」と思って良いでしょう。

ワイド利用歴を悪用したものかもしれません。

以前、「ワイド」という社名で貸金業を営んでいたところは、現在「アペンタクル」という会社名に変更していますが、アペンタクルでは新規の申込受付を停止しています。

また、アペンタクルは確かにワイドが社名変更したところではありますが、かつての大手消費者金融の傘下時代のワイドとは異なり、どこかのグループに属していたり、子会社化しているわけではありませんし、サービス内容も異なっていますのでご注意ください。

いずれにせよ、新規での利用は現状厳しいと考えましょう。

ワイドの利用を考えていた人向けまとめ

最後に、ワイドの利用を考えていた人用に、今後の借入先を考える上でのヒントとなるようなものを簡単にまとめてみました。

区分 借入先 メリット
どこからも借入の経験がない人 テレビCMしているような大手消費者金融がお勧め 大手ならではの安心感があり、対応も良く、利用者のニーズに対応した充実のサービスがある
ワイドからの借入歴がある人(返済も滞りなく済ませている方) かつてグループだったアイフルがお勧め アイフルは大手である為、安心感がある。また、ワイド利用歴があることから与信基準をクリアしやすいと思われる
金融事故歴のある方や、とにかく借入れの可能性にこだわる方 中小の消費者金融がお勧め 大手と比較すると審査基準が低めに設定されているところが多く、事故歴のある人に対しても、融資実績のある会社も存在する

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.