当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

大手じゃなくても即日融資OKな消費者金融、「アスト」に迫る!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/08/20

お金を借りようと思う時に選ぶ消費者金融会社は、どうしても大手に偏りがちですよね。やはり大手ではない消費者金融は「安全かどうかがわからない」ことが大きなネックになってしまいます。

ですが、大手ではない、いわゆる中手の消費者金融でも安心・信頼出来るところはあります。しかも、大手よりも低い金利でお金を借りることが出来ると言われたら、少し興味がわきませんか?

今回は、そんな中手の消費者金融である「アスト」という会社をご紹介したいと思います。

「アスト」って一体どんな会社?怪しくない?

いきなり「アスト」…と言われても、一体どんな消費者金融会社なのかわからない!という反応をする方がほとんどだと思います。。

もちろん怪しい消費者金融ではありませんが、正直いって大手の消費者金融以外はあまり名前を聞く機会もなく情報を集めにくいところがありますよね。

そこでまずは、「アスト」は信頼出来る安全な会社なのかどうか?という点を、しっかりと根拠を含めて解説したいと思います。

「アスト」は愛媛県を中心とした複数店舗を持つ消費者金融

キャッシング「アスト」は、愛媛県の松山市を本店に持つ消費者金融です。

なんと、全部で9店舗がり、四国だけにとどまらず、以下のように九州地方や沖縄県にも店舗があるんです。

松山本店・高知店・四万十店(高知)・高松店(香川)・ローンプラザ宮崎・延岡店(宮崎)・鹿屋店(鹿児島)・ローンプラザ久留米(福岡)・那覇店(沖縄)

これだけエリアが広いので、西日本の中手消費者金融といってもいいかもしれません。

複数の支店で営業が続けられているということは、経営的には安定していると言えそうです。

消費者金融としてのキャリアもしっかり!

いくら店舗が多いからといって、ヤミ金だっていっぱい店舗を作れるかもしれないし…とまだまだ疑いのまなざしを向けているあなた!大丈夫です。「アスト」はきちんと消費者金融としてのキャリアを積んでいる会社なんです。

そのヒミツは登録番号。消費者金融などのお金を貸す事業を行う場合、必ず都道府県知事、または財務局に会社を登録しなければなりません。

アストの登録番号は「四国財務局長(3)第00091号」。ポイントはこのカッコの中の数字です。貸金業者は3年に一度、登録を更新する必要があります。1回更新するごとにカッコの中の数字が増えていくシステムになっており、長く経営している消費者金融ほどこのカッコの中の数字が大きくなっていくというわけです。

アストの場合は3。つまり、3×3=9年間営業を続けているんです。大手の消費者金融(プロミスやアコムなどは最大数である「10」です)にはかないませんが、堅実な営業を続けてきた証明になるのではないでしょうか。

また、アストは「日本貸金業協会」の会員でもあります。日本貸金業協会とは、消費者金融などの貸金業者の自主規制機関で、ここの協会であれば安心、信頼できる業者であると言ってもいいくらいです。

どうでしょうか?アストはあまり名前を知らなくても、怪しくない安全な消費者金融ということがおわかりいただけたのではないでしょうか。

どんな用途で借りられる?アストのローン商品をチェック!

信頼出来る消費者金融なら、ちょっと候補に入れてもいいかも…。そう思った方のために、「アスト」の商品を簡単にご紹介します。

「アスト」のローン商品は以下の5種類。

  • キャッシング(アストローン)
  • 自動車ローン
  • 個人事業者ローン
  • 不動産担保ローン
  • 不動産リフォームローン

個人向けのキャッシングや、個人事業者向けのキャッシングは他でもよく見ますので目新しいものではありません。自動車ローンも扱っているところはたまに見かけます。

しかし、不動産に関するローンを扱っているのはなかなか珍しいのではないでしょうか?大手消費者金融でもさすがに不動産のローンまで扱っているところは記憶にありません。なかなか利用する機会はありませんが、銀行で住宅ローンを利用できなかった場合など、候補に上がることもありそうですね。

アストの「キャッシング」を徹底チェック!他社と比べてどんな感じ?

5種類のローン商品を持つ「アスト」。その中でもやっぱり気になる商品と言えばキャッシングである「アストローン」ですよね。

自動車を頻繁に購入することはよほど車が好きな方でないとそうそう機会はありませんし、不動産に関しては一生に3回あるかないか、くらいのレアなケースです。個人事業者の方は事業のための資金として「個人事業者ローン」の利用を考えるかもしれませんが、ほとんどの方は利用するとすれば「アストローン」ではないでしょうか。

そうなると「アストローン」の金利や利用限度額…一体どのくらいなのか気になりますよね!

そこで、ここではアストの「アストローン」を徹底調査しちゃいます!

利用限度額は基本100万円まで。希望があればそれ以上も

「アストローン」の融資可能金額は最低5万円から最高100万円までで、借入金額は5万円単位で可能です。

大手消費者金融は最高で500万円くらいまで借り入れが可能ですので、それと比べると少し控えめな「プチカードローン」と言われる商品と同じくらいの利用限度額といえるでしょう。

ただ、それでは終わりません。アストでは、どうしても100万円以上借りたいときはその旨を事前に伝えることで100万円を超えて借りることが出来る場合があります。

ただし消費者金融ですから、総量規制の範囲内の借り入れとなります。年収の3分の1を超える金額を借りることは出来ませんので注意しましょう。

加えて、100万円を超える借り入れをする場合は連帯保証人が必要になりますので注意しましょう。

金利は大手消費者金融とほぼ変わらず!

続いては金利です。やっぱりここが気になるポイントだと思います。どうしても規模が小さければ小さいほど金利が高くなっていくイメージがあるため、大手のよりも金利が高いのではないか…?そう思ってしまいますよね。

でも安心してください!「アストローン」の金利は「14.9285%~17.9215%」と、ちょっと細かいですが(笑)大手消費者金融と変わらない金利なんです!

参考までに大手消費者金融との金利を比較してみましょう。

会社名 最低金利 最高金利
アスト 14.9215% 17.9215%
アイフル 4.5% 18.0%
プロミス 4.5% 17.8%
アコム 4.7% 18.0%
モビット 4.8% 18.0%

どうでしょうか?最低金利は、他の会社は利用限度額が最高500万円とアストの5倍なのでこの低さになっていますが、最高金利を比較するとアストよりも低い金利なのはなんとプロミスのみ!

かなりの僅差ではあるものの、大手消費者金融よりもちょっと低いくらいの金利設定になっているんです。

審査の結果によっては、15%程度で借りることも出来ると考えると、もしかしたら大手の消費者金融に比べるとかなりオトクに借りることが出来るかもしれません!

事前にチェック!アストローンの申し込みから借り入れまで!

それでは次に、アストから実際にお金を借りるにはどうすればいいのかを順を追って解説していきたいと思います。

ここを読めば、始めて消費者金融からお金を借りるという方でも問題なく、スムーズに借りることができちゃいますよ!

申し込みをする前に、まずは申し込み条件をチェック!

一番最初にしなければならないのは申し込み…ではなく、申し込み条件のチェックです。

消費者金融は銀行などと比べると間口が広く、より多くの人がお金を借りることが出来るようになってはいますが、それでも無条件で誰にでもお金を貸すことが出来るわけではありません。

ちゃんとその商品に対して、自分が利用条件を満たしているかをまずは確認しないといけないんです。

さて、そんな「アストローン」の利用条件ですが、非常にシンプルです。

満20歳以上で、安定した収入があること

これだけです。年齢を満たしていればアルバイトやパートでも問題ありません。いくら働いていても、満20歳以上じゃないと申し込みが出来ないので注意しましょう。例外として、自動車ローンのみ未成年の方であっても、親権者の同意があれば利用することが出来ます。

また、年齢を満たしていても専業主婦のような自分で働いた収入がない方はお金を借りることが出来ません。先ほども触れましたが、消費者金融での借り入れ金額の上限は、自身の収入の3分の1です。専業主婦の方は0円なため、3分の1をかけても0円、つまり借りられないわけですね。

収入があればOKなので、大学4回生で内定をもらっている人(=就職していない人)であっても、アルバイトをしていて収入があればお金を借りることが可能です。内定が決まっているだけでは借りられませんので注意してくださいね。

申し込みに必要なものを用意しておこう!

申し込み条件がクリア出来ているならば、次は契約に必要なものを用意しておきましょう。審査に可決しなければ無駄ではあるのですが、できるだけスムーズにお金を借りたいと思うなら、事前に用意しておくのがオススメです。

こちらも必要なものは非常にシンプルで、

  • 運転免許証
  • 収入証明書類(必要な場合)

の2つでOKです。運転免許証を持っていない場合は、健康保険証やパスポートなどの身分証明証があれば問題ありません。ただし、それらに記載されている住所が現在住んでいる住所と違う場合、現住所を証明するために公共料金の領収書が必要になります。

収入証明書類は、

  • 他の消費者金融から借りているお金を含めて100万円を超える場合
  • アストローンで50万円を超える金額を借りる場合
  • アストが審査上必要だと思った場合

のいずれか3つの理由ので必要になります。借り入れ金額によっては身分証明証だけで借り入れが出来るというわけですね。

申し込みは電話あるいは来店で。インターネットは不可

アストローンに限らず、アストのローン商品を利用するための申し込みは、電話あるいは来店でのみ受け付けています。以前は受け付けていたのかもしれませんが、現在はインターネットからの申し込みは受け付けていません。

申し込みをしてからの流れは、他の消費者金融と大きく変わることはありません。書類の確認をし、在籍確認をして審査に可決すればお金を借りることが可能です。在籍確認も大手と同様、個人名での連絡となりますので簡単にバレてしまうことはありません。

在籍確認の電話を会社にしてほしくない、という場合は他の方法で在籍確認の代わりとすることが出来ます。サイトに詳細は記載されていませんが、給与明細書や確定申告書といった、自身の勤務先がわかる書類の提出が必要になると考えられます。どうしても在籍確認がイヤ!という方は、申し込みの際にその旨を伝えましょう。

審査結果は電話で申し込んだ場合は電話(連絡先)に、店頭にて申し込んだ場合はその場で伝えてくれます。もちろん忙しいなど審査結果を待っていられない場合、店頭申し込みであっても電話にて審査結果を伝えてもらうことが可能です。

ただし、契約は店頭のみとなります。ネット上・郵送・電話といった店舗の外での契約は行えませんので注意しましょう。

なんと即日融資にも対応!?大手とくらべて使い勝手は?

アストローンの大きな特徴として、規模が小さい消費者金融でありながらも即日融資が可能なことが挙げられます。

加えて返済方法や借り入れ方法など、実際にアストローンを利用する場合、大手と比べると使い勝手はどうなのでしょうか?

即日融資も可能!なんと時間は16時までOK!?

大手消費者金融での「即日融資可能!」という宣伝文句はよく目にするかと思います。お金を借りたい、そのタイミングで借りることが出来るので非常に便利なのですが、意外と厳しい条件を満たさなければならないことはご存知でしょうか。

多くの場合、午後14時までに即日融資の申し込みが完了…。つまり、既に審査を終えて契約し、お金を借りることが出来る状態まで持っていかなければその日のうちにお金を借りることが出来ません。

会社の昼休みに申し込んで間に合ったらラッキー、というくらいでしょうか。確実にその日のうちに借りたいなら、出社前に申し込む方が確実と言われています。

しかし、アストの場合はその時間が大手と比べると非常に遅いのが特徴。なんと、16時までに申し込みを行い、18時までに契約のための必要書類を店頭にて提出することが出来る場合は即日融資を受けることが出来るんです!

もちろん審査に時間がかかった場合など、100%即日融資を保証できるわけではありませんが、かなり時間に余裕を持ってお金を借りることが出来るのは嬉しいですよね。

ただし借り入れ方法は店頭のみ。カードローンではないので注意

一点、アストローンを利用するにあたって、注意しておきたいところがあります。それは、お金の借り入れは店頭でしかできない、という点です。

アストローンはカードローンではなくキャッシングなので、カードが発行されることはありません。今では一般的と言えるカードローンの場合、カードさえあれば提携ATMを利用すればどこでも現金を引き出すことが可能ですが、アストローンの場合はそれが出来ません。

このあたりはやはり規模の小さい(それでも消費者金融の中では十分大きいと言えますが)ところの弱点、と言えるところなのかもしれません。

返済方法は店頭または銀行振込。返済日は自分で決められる

お金を借りるのは店頭でしか出来ませんが、お金の返済は店頭だけではなく、銀行振込でも可能です。ただし、振込手数料は自身の負担となりますので、どうしてもお金をかけたくない!という方は店頭にて返済しましょう。

返済日は珍しいことに、指定されていません。とはいえ返済日がないタイプの返済方法(随時返済)というわけではなく、契約時に自分の好きな日を返済日として指定することが出来るんです。多くの消費者金融は返済日が会社によって決まっているので、場合によっては給料日直前が返済日になって大変!なんてこともありますが、アストローンなら自分の給料日後に返済日を設定することが出来ます。

しかも、返済日を後から変更することも可能です。変更したい場合は、アストローンを契約した店舗に連絡を入れるだけでOKという手軽さです。

特殊な返済についても触れておきましょう。アストローンでは

  • 繰り上げ返済
  • 追加返済
  • 一括返済

のいずれも可能です。

繰り上げ返済(返済日前に返済)は当月分のみで、先行して数ヶ月分の返済を行うことは出来ません。例えば6月に7月・8月分の返済も行い、その2月は返済を行わない…というのは不可能です。追加返済として2ヶ月分を多く返済することは可能です(7月・8月分はそれぞれ決められた返済額を返済することになります)。

一括返済はそのまま、借りているお金を利息分も含めてまとめて返済する方法ですね。一番かかる利息が少なく、オトクにお金を借りることが出来る返済方法と言えるでしょう。

この3つの特殊な返済方法、いずれを取るにしても必ず事前にアストへ連絡を入れなければ受け付けてくれませんのでご注意を。

大手と比べると不便なところもあるが、十分許容範囲

利便性の面で見ると、やはり大手の消費者金融に比べたらちょっと劣るところがあるのは否めません。

カードローンではないので、「思い立ったらすぐ借りる」という行動が出来ない点は特に不便さを感じる方が多いかもしれませんね。

ただ、契約はアストの店舗でしか出来ないというシステム上、契約出来ればその場でお金を借りることが出来ますし、即日融資も夕方までに契約が終了すれば可能です。返済の面から見れば、自動引落しは出来ないものの、大きく利便性が変わることはないでしょう。

どうしても不便な面はありますが、十分許容できる範囲ではないかと思います。

サブのキャッシングとしてもおすすめ!西日本の方は要チェック

今回は「アスト」の商品、主にキャッシング(アストローン)について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?

「大手のカードローンのような使い方がしたい」という方にとっては物足りない部分も多いかもしれませんが、金利面から見ても大手と遜色ない、むしろほんの少しではありますが低いのは大きな魅力です。

メインのカードローンとは別にサブに利用する、メインはアストで借りてもしもの時のためにカードローンを契約しておくなど、カードローンとセットで使えば弱点も補えて、より便利に使うことも出来ますよ。

残念ながらアストの店舗に行ける距離に住んでいないと利用をするのはなかなか難しいですが、該当地域に住んでいたのに知らなかった!という方は、これからはお金を借りる候補先としてアストを加えてみてはいかがでしょうか?

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.