当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

どれを選ぶ?磐田信用金庫のキャッシングローン9つをご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/08/18

キャッシングローンの商品選び。数ある消費者金融や銀行の公式サイトをチェックして、自分にピッタリなものを探すのって一苦労ですよね。

そんなときには信用金庫が役に立ちます。フリーローンとカードローンを数種類用意している所が沢山あるので、年齢や収入などの状況に合わせた商品探しが可能です。

磐田信用金庫もフリーローン5種にカードローン4種の合計9種類を取り揃えています。これだけあると、他の銀行や消費者金融はいらないのではないかと思えるくらいですね。

今回は9種のローンにスポットをあて、わかりやすく相違点をご紹介していきます。ご自分にあったローンはあるのか、是非チェックしてみて下さい。

自分に合ったローンの絞り込みを!全9種類のローン一覧

では、それぞれの簡単な条件を説明しましょう。どれが適しているか絞り込んでいただくと、どの見出しへ飛べば良いのかが分かります。

番号 ローン名 種別 年齢等
1 しんきん個人ローン フリー 20歳以上
2 いわしんカードローン カード 20~64歳
3 いわしんきゃっする カード 20~65歳
年金収入のみは不可
4 フリーローンモア フリー 20歳~完済時76歳未満
5 フリーローンきゃっする フリー 20~65歳
年金収入のみは不可
6 ライフサポートローン フリー 20~70歳
7 +Oneカードローン カード 20~62歳
年収300万以上
勤続2年以上
8 いわしんシルバーきゃっする カード 60~69歳
年金受給者専用
9 シニアライフローン フリー 60歳~完済時80歳以下
年金受給者専用

フリーローンとカードローンが混ざっていますが、見極め方は簡単です。年齢と最低限求められている条件を使えば最初の絞込みが可能になっています。

フリーローンとカードローンの違いは、「繰り返し借り入れができるか」です。フリーローンの借入れは契約時の1回だけで、あとは契約期間に従って分割返済をすることになります。また、目的が明確な代金の支払いなどの場合は売主へ直接振込みなどを行なうこともあります。

一方のカードローンは契約期間内ならば何度でも借りることができます。急な出費のお財布代わりに重宝するのはカードローンの方と言えるでしょう。

ローン選びは年齢と最低条件で絞り込んでみると話が早い

1~6までは老若男女、正規雇用か否かに関係なく申し込める一般的なローンです。年齢も65歳前後のものが多く、現役向けのローンであることが分かりますね。

7の「+Oneカードローン」のみ、年収と雇用年数による制限を設けています。正規雇用以外でお勤めの方には、この条件をクリアすることは難しいでしょう。ワンランク上のカードローンを希望する方向け、とも言えますね。

また、年齢が62歳までと短めの設定になっていることから、キャッシングとしては大口の取引になることが見て取れます。どの銀行や消費者金融でもそうですが、年齢設定が短めのローンは最低契約額が多めに設定されているものなんですよ。

8と9は年金受給者専用のカードローンとフリーローンです。1~6でもシニアOKなローンはありますが、年金受給のみの皆さんはこちらの2つに絞り込んだ方が話は早いでしょう。

それでは、1~6、7、8~9の3つに分けて内容をご紹介していきましょう。利用可能額や細かな条件で、それが適しているかの絞込みが行えるように説明をしていきます。これがいいかなと思われたローンに注目してお読みになって下さい。

主婦もパートもアルバイトも利用できるローンは多数あり!

1つ目は1~6のローンを一気に比較します。多くの方が利用できるローンの数々ですが、細かな条件や利用可能額はどうなっているのでしょう。

最初の比較では年齢と基本条件に分けたためフリーローンとカードローンが混ざっていましたが、ここで種類別にまとめてしまいます。フリーローンは4種、カードローンは2種となりますね。

表で見るフリーローン4種の比較

まずは種類の多いフリーローンから見てみましょう。

1.しんきん個人ローン

項目 内容
契約額 500万円以内(1万円単位)
契約(返済)期間 3ヶ月以上10年以内
使い道 投機性・事業用以外は自由
保証会社 (一社)しんきん保証基金
契約手続き ネット申込み可。本契約は窓口で
その他 カードローンもセットで申し込みが可能

4.フリーローンモア

項目 内容
契約額 10万円以上500万円以内(1万円単位)
※主婦・パートは30万円以下
契約(返済)期間 10年以内
使い道 事業用以外は自由
保証会社 (株)オリエントコーポレーション
契約手続き ネット申込み可。本契約は窓口で
金利 審査により年5.0~14.0%の範囲で決定

5.フリーローンきゃっする

項目 内容
契約額 10万円以上500万円以内(1万円単位)
※専業主婦は50万円まで
※カードローンのきゃっすると合わせて900万円まで契約可能
契約(返済)期間 6ヵ月以上10年以内
使い道 事業性資金以外は自由(借換えも可)
保証会社 信金ギャランティ(株)
契約手続き ネット申込み可。本契約は窓口で
金利 契約金額により年5.5~14.0%の範囲で決定

6.ライフサポートローン

項目 内容
契約額 10万円以上300万円以内(1万円単位)
契約(返済)期間 6ヵ月以上10年以内
使い道 自由。個人事業主の事業性資金も可
保証会社 静銀セゾンカード(株)
契約手続き ネット申込み可。本契約は窓口で
金利 審査により年5.0、7.8、14.5%の中から決定

全てに共通しているのは、契約期間が最長で10年であることと、契約手続きは支店の窓口にて行なうことの2点です。フリーローンは契約手続きと同時に融資を受けます。そのため、窓口へ出向く必要があるわけですね。

返済期間は借入金額に応じて最長10年まで設定することができます。毎月いくら返すのかをきちんと計算して契約することが求められます。

相違点としては「主婦についての言及があるものとないもの」がある点を挙げておきましょう。主婦の取扱い可能と記載があるのが4と5の2種類。他の物は記載がありません(安定継続した収入のある方が条件になっています)。

専業主婦の皆さんは4の「フリーローンモア」か、5の「フリーローンきゃっする」を選択するのが無難ということになりますね。また、それぞれに契約上限額も設定されていますから、希望額に合った方を選択することも必要です。

カードローン2種も表で比較してみよう

続けてカードローンを見てみましょう。フリーローンと違うのは「繰り返し借り入れができること」に尽きます。ちょっとした出費に備えるお財布代わりから、まとまった融資を必要に応じて受けたいときまで、長期間に渡って活躍してくれるのが特長です。

それでは、幅広い層の方が利用できるカードローン2種を比較してみましょう。

2.いわしんカードローン

項目 内容
契約額 10万円以上100万円以内(10万円単位)
契約期間 3年ごとに自動更新(69歳まで)
使い道 事業性資金以外自由
保証会社 (一社)しんきん保証基金
契約手続き ネット申込み。本契約は窓口で
返済方法 自由に随時返済。利息は3月と9月に口座引落しされる

3.いわしんきゃっする

項目 内容
契約額 50万円以上500万円以内(10万円単位)
※専業主婦は50万円のみ
契約期間 3年ごとに自動更新
使い道 事業性資金以外自由
保証会社 信金ギャランティ(株)
契約手続き ネット申込み。本契約は窓口で
返済方法 自由に随時返済。利息は3月と9月に口座引落しされる
こちらも専業主婦に関しては片方(3.いわしんきゃっする)のみに記述があります。もう片方の2.いわしんカードローンは返済方法が特徴で、毎月の返済がないんですね。元金の返済は随時でOK。利息のみ毎年3月と9月に口座引落しされます。

どちらも契約手続きは窓口で行なうことになっています。これはフリーローンとも共通している部分ですね。ただし、カードローンは後日カードが郵送される点が異なっています。

年収300万円以上ならワンランク上のカードローンも狙える

次にご紹介するのは、年収・勤続年数に条件があるワンランク上のカードローン、「いわしん+One(プラスワン)カードローン」です。先に書いた通り、年収300万円以上で勤続年数2年以上の両方をクリアしている方が申し込めます。

最高金利は年9.8%!ハードルが高い分だけ内容が優れている

年収と勤続年数に条件があるということは、それだけローン内容が優れていることを示しています。それではその内容を確認してみましょう。

7.+Oneカードローン

項目 内容
契約額 100万円以上500万円以内(100万円単位)
※年収の50%以下
契約期間 3年ごとに審査更新(64歳まで)
使い道 事業性資金以外自由
保証会社 (株)オリエントコーポレーション
契約手続き ネット申込み。本契約は窓口で
金利 年6.50%か9.80%

契約金額が最低100万円となっていることも特徴ですが、魅力は何と言っても金利でしょう。高い方でも年10%を下回るのは見逃せないですね。

2年以上の勤務歴で税込年収が300万円以上の皆さんは、ワンランク上のカードローンでお得な借り入れを目指すことも視野に入れると良いでしょう。借りるときになってから慌てるのではなく、将来困ったときの為に予め契約だけしておくのも処世術です。せっかくの低金利、見逃す手はありませんよ。

年金受給者専用ローンも2種類あり!借入れ条件はいかに?

ここまでは現役世代の皆さんが幅広く利用できるローンをご紹介してきました。ここで対象者を変えて、60歳以上で年金受給をされている方向けのローンもご紹介しましょう。磐田信用金庫には専用ローンが2種類存在します。

「シニア」と「シルバー」の言葉どおり年金受給専用のローン

ローン名に「シニア」と「シルバー」の言葉が含まれているとおり、利用対象者は60歳以上で年金を受給されている方となります。1つはカードローン、もう1つはフリーローンです。

8.シルバーきゃっする(カードローン)

項目 内容
契約額 10万円以上50万円以内(10万円単位)
契約期間 3年ごとに自動更新(69歳まで)
使い道 事業性資金以外自由
保証会社 信金ギャランティ(株)
契約手続き 窓口で申込み
金利 年14.50%

9.シニアライフローン(フリーローン)

項目 内容
契約額 100万円以内(1万円単位)
契約期間 3ヶ月以上10年以内
使い道 投機性・事業性資金以外自由
保証会社 (一社)しんきん保証基金
契約手続き 窓口で申込み
その他 年金を磐田信用金庫の口座で受け取ることが条件

両方とも申し込みの時点から窓口へ出向く必要があります。年金受給が条件であるため、それを証明しなければいけないと考えれば納得ですね。

さらに、借入額は他のローンに比べると少額になっているのがお分かりいただけるでしょうか。カードローンは最高50万円、フリーローンでも最高100万円までとなっています。

理想のローンを見つけるためのポイントは?ローン案内の賢い見方

9種類のローンを簡単にご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。1つ1つをじっくりと見ていくことも重要なのですが、その作業に入る前に自分に向いているかをいくつかの条件で絞り込むと楽になりますよ。

年齢と最低条件の2本立てで使えるものをピックアップ

筆者お勧めのチェック方法は、利用可能年齢と年収、雇用形態、勤続年数などの最低条件で絞り込むことです。特に50~60代の方には役に立つ分別法になること間違いなしですよ。また、磐田信用金庫のようにシニア限定のローンもあるので、全世代で活用が可能ですよ。

その他、年収が何百万円以上とかパート・アルバイト、専業主婦、年金生活について明言しているものがあるかをチェックしていきましょう。

細かな商品内容は絞り込みが済んでから

最初の判別が済んだら、具体的な内容を比較します。契約金額や金利、保証会社、契約期間といった内容で比較をすると良いでしょう。今回は磐田信用金庫のみでご紹介しましたが、複数のローンを調査する際もこの方法で大幅な時間節約ができるようになります。

まずは基本条件をチェック。クリアしていたら細かな点もチェック。ふるいにかけてから内容を見るようにすれば、比較する項目も少なくなって分かりやすくなってきますので、是非お試し下さい。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.