当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

本当に便利?朝日信用金庫のカードローンのメリットとデメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/12/30

低金利のカードローンをお探しの方なら、朝日信用金庫のカードローンはいかがでしょうか?

朝日信用金庫は、東京都台東区を中心に、古くから地域の皆さんに愛されてきた信用金庫なので信頼性も抜群ですよ。

しかし、他のカードローン会社と比べると、多少なりとも不便な点があることも事実です。

メリットとデメリットを両方知って、朝日信用金庫があなたにとって最適なカードローンかどうかしっかりと判断してみましょう。

どちらも低金利!2種類ある朝日信用金庫のカードローン

まずは、朝日信用金庫のカードローンの種類を知っておきましょう。朝日信用金庫のカードローンには2種類あります。

気軽に申し込みオッケーの朝日カードローン

まずは、「朝日カードローン」です。

朝日カードローンは、なんといっても気軽に申し込みしやすいことが特徴のカードローンです。

朝日カードローンの情報をまとめました。

限度額 金利 借りられる職業
10万・30万・50万 年率14.6% パート・アルバイト・主婦も可能

このように、パートやアルバイト・主婦でも借りられるということが大きなポイントです。

しかも、14.6パーセントという金利は、さすが信用金庫という低金利です。パートやアルバイトでも、低金利で借りられるのはありがたいですよね。

利用限度額には3種類ありますが、自分の希望通りのものになるかはわかりません。あなたの年収によって利用限度額が決められるからです。あなたの希望も出せますが、正式には保証会社による審査で決まります。

もっと低金利の朝日カードローン「きゃっする」

利用限度額によって、朝日カードローンよりも低金利の「きゃっする」がお得です。「きゃっする」の詳細をみてみましょう。

利用限度額 金利
50万円・100万円 年率14.6%
150万円・200万円 年率12.0%
300万円 年率9.80%
400万円 年率7.50%
500万円 年率5.50%
600万円・700万円 年率4.50%
800万円 年率2.60%

利用限度額が最大の800万円だった場合、年率はかなり低くなります。とはいえ、800万円という限度額は非現実的ではあります。最初に申し込みした時には、融資限度額は低めに設定されるのがふつうだからです。

ただ、融資限度額は利用状況によって変わります。「この人は信用できるぞ」と、朝日信用金庫が思ったお客さんは、限度額をアップさせていきます。

ですので、長期間、低金利を目指して利用する場合は、朝日カードローンよりも「きゃっする」の方がお得といえるでしょう。

また、この「きゃっする」は、主婦でもアルバイトでも融資の対象です。専業主婦の場合は、配偶者に安定した収入があることが条件です。また、利用限度額は50万円までと決められています。

大手消費者金融・銀行との比較

金利や限度額を、大手消費者金融会社や銀行のカードローンと比較してみましょう。

銀行の比較表です。

銀行名 カードローン名 金利 最大限度額
三菱東京UFJ銀行 バンクイック 1.8~14.6% 500万円
三井住友銀行 三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 800万円
りそな銀行 プレミアムローン/クイックカードローン 3.5~12.475% 800万円/100万円
みずほ銀行 みずほ銀行カードローン 3.0~14.0% 1000万円

続いて、大手消費者金融会社の比較表です。

提携銀行 カードローン名 金利 最大限度額
三菱東京UFJ銀行 アコム 3.0~18.0% 800万円
三井住友銀行 プロミス 4.5~17.8% 500万円
三井住友銀行 モビット 3.0~18.0% 800万円
アイフル 4.5~18.0% 500万円

以上でわかる通り、銀行の金利と、朝日信用金庫の金利はほぼ同じくらいの低金利ですね。

消費者金融会社は、最低金利は低いですが、借りる時は最大金利からのスタートが普通なので、およそ18パーセントと思っておいた方がよいでしょう。

朝日信用金庫のカードローンには、「朝日カードローン」と「きゃっする」の2種類があります。極度額が大きく、その分金利も低くなるのが「きゃっする」です。

「朝日カードローン」「きゃっする」どちらのカードローンも、大手金融機関にも劣らない低金利です。

あなたは当てはまる?朝日信用金庫で借りるための条件

朝日信用金庫を始めとする信用金庫は、消費者金融会社や大手都市銀行とは違い、借りるために条件が多くあります。

細かな条件をよく知っておかないと、あなたの大切な時間もお金も無駄にしてしまうことになりますので、申し込みする前に頭に入れておくことが重要です。

朝日信用金庫カードローンを利用できる地域

最も限定されるのは、地域です。朝日信用金庫の営業区域内でしか借りることはできないということはよく覚えておきましょう。

営業区域内は、東京都台東区を中心として、東京区内一部と関東の一部です。

支店やATMのある場所が営業地域です。あなたの地域が当てはまるかどうかは、朝日信用金庫のホームページを見て検索してみましょう。

また、その地域に住んでいなくても、勤めている会社があったり、働いていたり通学していたりすれば申し込みオッケーです。

借りられる年齢や職業

カードローンには年齢制限があります。また、正社員ではなくても、パートやアルバイトでも借りられるかというのは、カードローンを選ぶ時の大きなポイントです。

朝日信用金庫の2種類のカードローンにおいて、年齢と職業を比較しました。

朝日カードローン カードローン「きゃっする」
契約可能年齢 満20歳以上65歳以下 満20歳以上65歳以下
職業 パート・アルバイト・主婦等も対象 パート・アルバイト・専業主婦も対象
その他条件 社団法人しんきん保証基金の保証を受けられる 信金ギャランティ株式会社の保証を受けられる

よく似ている両者ですが、保証会社が別です。一般的に、融資額が大きい方が審査が厳しめになります。

「きゃっする」で大口の融資を希望するなら、それなりに審査は厳しめになると予想されます。

専業主婦でも融資可能となっているところが、「きゃっする」のメリットです。ただ、専業主婦の場合、配偶者が69歳以下で、年金受給者・パート・アルバイト以外の職業ということが条件です。

審査に落ちてしまう条件とは

カードローンは、すべての人が借りられるわけではありません。審査に落ちてしまった場合、残念ながら利用はできません。

審査基準は、どの会社においてもだいたい同じではありますが、朝日信用金庫には信用金庫ならではの審査ポイントがあります。

朝日カードローンは低金利なので、審査は甘いとは言えません。以上で見てきた条件を満たすとともに、出来る限り安定した収入のあることが、審査に通りやすいポイントです。

一方、かなりの確率で審査に落ちてしまうのは、過去に、カードローン・キャッシングなどで、延滞などの事故を起こしたことのある場合です。

専業主婦でも、パート・アルバイトでも融資対象者になるのが朝日信用金庫のカードローンのメリットです。ただ、安定した収入がなければ審査には落ちてしまいます。

また、朝日信用金庫の営業地域内に住んでいる・働いていることが、融資条件になります。

知って安心。朝日信用金庫の「不便なところ」一覧

低金利で安心感のあるカードローンでも、他社と比較してみると、不便な点も多々あります。その内容をわかりやすくまとめました。

即日融資できない

お金が急に必要!明日までに!今週中に!そんなふうに急いでいる時、あなたの強い味方になってくれるのがカードローンです。しかし、残念ながら朝日カードローンは即日融資ができません。

仮審査はインターネットから申し込めるため、時間も場所も気にせずにオッケーなのですが、それ以外が時間がかかってしまいます。

本審査には、数週間要すると思っておきましょう。

審査に通ってから契約ですが、契約も、無人契約機やインターネットではできないので、直接来店したり郵送したりと、時間がかかります。

契約が済んでからようやくカードが手元に入ります。それまでは借り入れができないため、そうなると、急な出費では間に合わないかもしれませんよね。

インターネットでの契約ができない

上記でも触れましたが、インターネットでの契約ができないことは、消費者金融会社や都市銀行と比較すると、デメリットです。

大手消費者金融会社や都市銀行では、インターネットを通じて、365日24時間申し込みができます。

忙しいあなたでも、携帯電話やスマートフォン・パソコンなどを通じて申し込みや契約がすべてできるのです。一方、朝日信用金庫では、仮審査のみの対応です。

仮審査というのは、本審査を受ける前の、「私でも通るかな?」と気軽に受けられるお試し審査のようなものですから、本審査は書類など様々揃えて、基本的には来店しなくてはなりません。

利用できるATMが少ない

カードローン契約すると、一回だけの借り入れで終わる場合は別ですが、継続して利用することがあるはずです。

その場合、追加で借りるためには、できるだけ手軽に借りられるのがうれしいですよね。

気軽に現金を引き出すといえば、町中に多くあるATMです。カードローンの追加借り入れや返済はATMを利用すると便利です。

ところが、朝日信用金庫が利用できるATMは、あまり多くはありません。

大手消費者金融会社や都市銀行では、どこのコンビニでも24時間365日利用することができますし、町中にもたくさんありますが、朝日信用金庫を始めとする信用金庫は、比較するとそこまで多くはないのです。

朝日信用金庫のカードローンには、即日融資できない・ATMが少ない・インターネットで契約できないという点があります。これをデメリットと感じる方も多いかもしれません。

このような、大手に比べると不便な点を理解した上で、朝日信用金庫カードローンを利用しましょう。

朝日信用金庫カードローンで借りるべき人はこんな人

ここまで、朝日信用金庫カードローンのメリットとデメリットを見てまいりました。低金利で魅力ですが、比較すると不便さもあるのが朝日信用金庫のカードローンです。

申し込みするべきか迷ったあなたのために、朝日信用金庫を利用すると便利な場面をご紹介します。

継続的に利用したい時

低金利のカードローンは、継続的に利用したい時に大変オトクになります。

カードローンは、お給料日前などちょっとお金が必要な時に気軽に借りられて便利なので、一度契約したら、継続的に利用する人は大変多くいます。

長期間使えば使うほど、また、たくさんのお金を借りれば借りるほど、低金利はお得度が増します。

たかだか3~4パーセントの差・・・と、借りる当初は思うかもしれませんが、ちりも積もれば山となるの言葉通り、利用するごとに金利は重なって、総額はバカになりません。

一回限りの利用は消費者金融の方がお得

一方、結婚式など冠婚葬祭の費用や自動車修理代など、目的が決まった一回だけの利用で、かつ、急いでお金が必要な場合は、朝日信用金庫カードローンよりもサービス充実の消費者金融会社の方がお得かもしれません。

大手消費者金融会社は、「30日間無利息期間」などのサービスがある会社もいくつかあります。無利息期間を利用すれば、0円でお金を借りられることになり大変オトクです。

また、大手消費者金融会社や都市銀行は当日申し込みして当日借りられるので、急いでいる時にもピッタリです。

アルバイトやパートで低金利で借りたい時

アルバイトやパート・主婦では、低金利の銀行ではなかなか借りられないものです。

しかし、信用金庫なら、大手都市銀行に比べて、お客さんの数が絞られるので、ライバルが少なく審査にも通りやすいといわれています。

審査基準は各信用金庫によって異なるため、信用金庫なら絶対に大丈夫というわけではありませんが、申し込みしやすいことは事実ですので、パートやアルバイト・主婦の方は、申し込みしてみると良いかもしれません。

比較的審査が甘いと言われている消費者金融会社は、基本的にパートやアルバイトの方は最大金利18パーセントでの借り入れになりますので、朝日信用金庫の金利はかなりお得ですね。

金利が高くても他の会社の方がお得になる場合もある

カードローンは低金利の方がお得感がありますね。それはそうなのですが、カードローンのサービスは、金利だけで決まるのではありません。

スピーディーさや、他人へのバレにくさ、各種キャンペーンなどを比較して、多少金利が高くても消費者金融会社の方が使いやすいという場合もあります。

カードローンを選ぶ時は、あなたの一番の目的をよく考えて、あなたが大切にしたいことを満たす会社を選ぶとよいでしょう。

朝日信用金庫のカードローンには2種類あります。限度額や金利が異なるため、比較して選びましょう。パート・アルバイトや専業主婦でも安定した収入があれば融資対象です。

都市銀行や大手金融機関に比べると、即日融資できないなどのデメリットもありますが、条件さえあえば便利で低金利なのが朝日信用金庫のカードローンです。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.