当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

専業主婦のあなたでも借入可能!三島信用金庫のカードローン解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/06/11

専業主婦のあなたは、これまでに家計のやりくりで困ったことはありませんか?

思わぬ時期の冠婚葬祭、子どもの部活の遠征費、衣料品の買い替え…。

特別贅沢なんてしていないのに、お金に困ることは誰にでもありますよね。

そんな時、お金を借りようと思っても、専業主婦であることが壁となって、借りられないことがあるというのをご存知ですか?

なぜなら、法律によって専業主婦への貸し付けが制限されているからです。

そう言われると、不安になる方もおられると思いますが、ご心配はいりません。

借入先をきちんと選べば、専業主婦だって借入ができるんです!

その選択肢の一つとして、三島信用金庫のカードローンがあります。

では、どのような商品なのか、本当に専業主婦でも借入ができるのか、解説していきましょう!

銀行・信用金庫を借入先に選べば専業主婦の借入は制限されません

専業主婦の場合、法律の影響で借入ができないこともあります。

しかし、実は、銀行や信用金庫などを借入先に選べば、専業主婦の借入は制限されないのです。

では、なぜそう言えるのか、理由を確認したいと思います。

専業主婦の借入を制限しているのは『総量規制』です

『総量規制』という言葉を、あなたは聞いたことがありますか?

総量規制とは、貸金業法という法律の中に定められている決まりで、借入残高が申し込み者の年収の3分の1を超えると、新たな借入ができなくなるという内容です。

簡単に言いかえると、お金を貸す業者は、新たな融資をする際に、申し込み者がこれまでに借入をした金額も含めて、年収の3分の1以内におさまるようにしなければならないということです。

これが、専業主婦の借入を制限する、法律上の決まりなのです。

この決まりによって、貸し付けができるのは申し込み者の年収の3分の1までとなっていることが、専業主婦の借入を制限している理由です。

なぜなら、専業主婦は自身に収入がありません。そのため、年収が0と見なされます。0の3分の1は、やはり0です。

だから、専業主婦は借入ができないということになるのです。

だったら、専業主婦はどこからも借入ができないんじゃないかと思われるかもしれませんが、そうではありません。

なぜそう言えるのか、総量規制の位置づけについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

『総量規制』を守らなければならないのは貸金業者のみです

総量規制は、先ほども確認したように、貸金業法に定められているものです。貸金業法は、貸金業者が守るべき法律です。

ということは、貸金業者でなければ、貸金業法に従う必要はないということになります。

貸金業者とは、お金を貸すことを業務として行っていて、都道府県か財務局に登録している業者のことを言います。

また、よく貸金業者と間違えられる、お金を貸すことを業務の一部として行っている業者もあります。

では、どのような業者が貸金業者なのか、そうでないところとはどこなのか、確認していきましょう。

融資することが業務の貸金業者

貸金業者に当たるのは、下記のような業者です。

  • 消費者金融
  • クレジットカード会社

消費者金融は、個人に対して無担保で融資を行うことを仕事としている業者です。

また、クレジットカード会社の場合、ショッピングでの利用は総量規制の対象にならいのですが、キャッシングを利用する場合は対象となります。

つまり、消費者金融から借入をしたり、クレジットカードのキャッシング機能を使ったりすると、総量規制の制限を受けるわけです。

このことから、専業主婦は消費者金融では借入ができないことがわかります。

また、クレジットカードでも、専業主婦が利用する場合にはキャッシング枠がつかないのが一般的です。

このように、貸金業者は総量規制の影響を受けるため、専業主婦を融資の対象としていません。

業務の一部で融資を行っている、貸金業者ではないもの

一方、業務の一部としてお金を貸している業者も確かにあるのですが、メインとなる業務が別のものの場合、貸金業者には当たりません。

例えば、下記のような業者は、融資を行っていても、貸金業者ではありません。

  • 銀行
  • 信用金庫
  • 労働金庫
  • 信用組合

貸金業者ではない銀行・信用金庫などからの借入は、総量規制による制限を受けません。

三島信用金庫は、分類上は信用金庫です。だから、三島信用金庫では専業主婦も借入ができるというわけです。

総量規制の例外とは?

ここまで読まれて、貸金業者からお金を借りる時には、配偶者の年収を合わせて考えてもよかったのでは?と思われた方がいらっしゃるかもしれませんね。

実は、貸金業者から借入をする場合、配偶者の収入と合わせて年収の3分の1におさまればいいという例外措置があるので、そのような疑問を持たれた方がいらっしゃるもの当然です。

ただし、配偶者の年収を合わせて考える場合は、下記のような条件を守らなければいけません。

  • 配偶者の同意書を提出する
  • 配偶者と婚姻関係にあることを証明できる書類を提出する(住民票など)
  • 借入金額によっては、配偶者の収入証明を提出する

どうでしょうか?これを全て用意するとなると、大変ですよね。

実際のところ、総量規制の例外として定められているように、配偶者の収入と合わせてお金を貸している貸金業者があるのでしょうか?

ごく一部の中小企業の消費者金融では、専業主婦も借入ができると案内しています。

しかし、大手の消費者金融は、どこも専業主婦を貸し付けの対象とはしていませんし、中小企業の消費者金融でも、多くのところが本人に収入があることを利用の条件としています。

したがって、専業主婦が貸金業者から借入を考えると、借入先がかなり限定されますし、準備も大変なため、貸金業者は選ばない方がいいという結論が出ます。

三島信用金庫のカードローンはどんな風に使える?基本情報の確認

専業主婦でも三島信用金庫から借入ができる理由を確認しましたので、ここからは三島信用金庫のカードローン商品の詳細をご紹介します。

三島信用金庫のカードローン商品は、下記の2種類です。

  • さんしんカードローン「きゃっする」
  • カードローン

2種類の商品のうち、専業主婦でも借入ができるのは、さんしんカードローン「きゃっする」の方です。

さんしんカードローン「きゃっする」の商品案内には、専業主婦でも利用できることが明記されています。

しかし、三島信用金庫の商品である『カードローン』の方には、専業主婦が利用できるとは書かれていません。

基本的には、カードローンは本人の収入を元に融資を行うものなので、専業主婦が利用できる商品は限られています。

そのため、専業主婦が利用できる商品には、商品案内にその旨が明記されています。

三島信用金庫の商品で言えば、専業主婦も借入ができると明記されているのは、さんしんカードローン「きゃっする」の方なので、『カードローン』は専業主婦が利用できない商品だと言えます。

そこで、専業主婦の方に向けて、さんしんカードローン「きゃっする」について、詳しく見ていきたいと思います。

さんしんカードローン「きゃっする」の基本情報

さんしんカードローン「きゃっする」の基本情報は、下記の通りです。

利用限度額 金利 契約期間
500万円(専業主婦は50万円) 4.8~14.5% 3年間

利用限度額は、最大で500万円までと、まとまった融資を受けることができる商品です。

ただし、専業主婦が申し込む場合は、利用限度額は50万円までとなりますので、注意しましょう。

金利は、利用限度額によって変動します。専業主婦の場合、利用限度額が50万円までなので、金利は14.5%となります。

契約期間は3年間ですが、その後自動更新されます。ただし、原則自動更新と案内されていることから、更新ができない場合もあることがわかります。

更新できない理由として考えられるのが、返済を滞納することです。

返済してくれない人にお金を貸すことはできませんから、滞納していると契約が更新されないことがあります。

契約を打ち切られないためには、借りたお金をきちんと返済することが大切です。

さんしんカードローン「きゃっする」の借入方法

さんしんカードローン「きゃっする」の場合、以下の場所で借入をすることが可能です。

  • 全国の信用金庫
  • コンビニATM

様々なところで借入ができるので、便利ですね。

さんしんカードローン「きゃっする」の返済方法

さんしんカードローン「きゃっする」の場合、返済用の預金口座からの自動引き落としで返済をします。

返済日は、毎月10日です。

返済金額は、返済日前日の利用残高によって決定されます。

専業主婦の場合は、50万円以上の借入をすることはないので、返済日前日の利用残高が50万円以下の場合を見てみると、毎月の返済額が1万円になることがわかります。

さんしんカードローン「きゃっする」申し込み時に必要なもの

さんしんカードローン「きゃっする」に申し込む際には、下記のものが必要です。

  • 本人であることを確認するための書類(運転免許証・健康保険証・パスポートなど)
  • 収入証明書類(申し込み時の希望利用限度額が300万円を超える場合)
  • 印紙代200円

専業主婦の場合、利用限度額は50万円までと定められているので、収入証明書は必要ありません。

そのため、本人確認ができる書類を用意しておきましょう。

また、契約の時には、印紙代として200円必要です。

カードローンの基本情報

さんしんカードローン「きゃっする」ではなく、もう1つのカードローンという名前の商品があります。

しかし、先ほども確認したように、こちらの商品の案内には専業主婦が利用できるとは書かれていません。

三島信用金庫にはこのような商品もあるということで、簡単に基本情報だけ見てみましょう。

利用限度額 金利 契約期間
300万円 変動金利(詳細は問い合わせにて) 2年間

利用限度額は300万円までで、限度額は10万円単位で決定されます。

この商品の金利は、金融情勢などの影響で変動するので、金利の幅がここからここまでの間とは決まっていません。

そのため、実際の金利が知りたい場合は、店頭かサポートセンターに問い合わせをしましょう。

契約期間は2年間で、その後は自動更新です。

申し込みはどうするの?方法と申し込み時の注意点

三島信用金庫の商品、さんしんカードローン「きゃっする」の基本情報を見て、利用したいと思われた方に向けて、申し込み方法を見ていきたいと思います。

また、申し込みの際には注意すべき点があります。そこで、申し込みがスムーズにできるよう、注意点も合わせて確認しましょう。

さんしんカードローン「きゃっする」の申し込み方法

さんしんカードローン「きゃっする」は、下記の方法で申し込むことができます。

  • 電話
  • インターネット
  • ファクス

電話で申し込む場合は、フリーダイヤルの番号にかけます。受け付けは平日の9時から18時までとなっています。

12月31日~1月3日、土曜・日曜・祝日は受け付けをしていませんので、注意しましょう。

インターネット・ファックスで申し込む場合は、24時間365日申し込みをすることが可能です。

ただし、この場合申し込みはできても、審査は人がいる時にしかできませんので、すぐに返事をもらえない場合もあることを知っておきましょう。

インターネットの場合、三島信用金庫のホームページから仮審査の申し込みをすることができます。

ファックスの場合、三島信用金庫のホームページ上にある仮審査申し込み書を印刷し、必要事項を記入したうえで、案内されている番号にファックスしましょう。

さんしんカードローン「きゃっする」の申し込み時の注意点

さんしんカードローン「きゃっする」の申し込みをする時には、下記の点に注意しましょう。

  • 申し込みの際に記入を求められる項目に全て答えられるようにしておく
  • 利用できる人の条件に合っているか確認する
  • 利用できる地域が限られているのでそこに住んでいるか確認する
  • 即日融資はできないため早目に申し込みをする

カードローンを申込む時に聞かれる項目は、かなりの数がありますので、申し込む段階になってわからないとなると、調べ直さなければいけません。

そこで、どのような項目を記入しなければならないのか、事前に知っておくと便利です。

また、カードローン商品には、利用できる人の条件があります。

そこで、さんしんカードローン「きゃっする」を利用するために求められる条件に合っているかどうかを確認してから、申し込むことも必要です。

さらに、さんしんカードローン「きゃっする」の場合、利用できる地域に限りがあります。

そのため、自分が利用できる地域に住んでいるかどうかを確認しておくことも大切です。

最後に、さんしんカードローン「きゃっする」は、即日融資を受けることができないカードローンとなっていますので、その点にも注意が必要です。

では、それぞれの注意点について、詳しく見ていきたいと思います。

さんしんカードローン「きゃっする」申し込み時に聞かれること

専業主婦がさんしんカードローン「きゃっする」を申し込む場合、申し込み用紙に下記の内容を記入する必要があります。

この項目は、専業主婦が申し込みをする場合に聞かれる内容です。自身が働いている人の場合は、項目が違います。

  • 取り引き希望の店舗・これまでの取り引きの有無
  • 申し込み者の氏名・性別・生年月日・運転免許証の有無(あれば免許証番号)
  • 自宅の住所・住居の種類(持ち家・借家などの区別)
  • 電話番号(自宅・携帯のうち、持っている番号)
  • メールアドレス
  • 家族構成
  • 配偶者の氏名・生年月日
  • 配偶者の勤務先名称・住所・電話番号・業種・社員数
  • 配偶者の入社年月・就業形態・職種・年収・健康保険証の種類
  • 配偶者の最終学校卒業年月

専業主婦が申し込む場合、配偶者の情報が多く求められることがわかりますね。

配偶者の職場に関する情報は、あまり知らないと言われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このような項目の記入が求められますので、わからないところがあるようでしたら、あらかじめ調べておきましょう。

実は、これらの項目にどのように答えているかによって、審査結果に大きな影響があります。特に、間違えて記入すると印象が良くありません。

なぜなら、故意に嘘をついたのか、単なる間違いなのか、書類や申し込みフォームに入力された内容からは判断できないからです。

また、単純に間違えただけだったとしても、間違えたために連絡がもらえなかった、信用できない人だと思われて審査に通らなかったなど、本来通るはずだったのに審査に落ちてしまったら、困りますよね。

そのため、これらの項目は、きちんと調べて正確に記入することが大切です。

さんしんカードローン「きゃっする」を利用できる人の条件

さんしんカードローン「きゃっする」を利用できるのは、下記の条件に当てはまっている人です。

  • 年齢が20歳以上、65歳以下である
  • 安定した収入がある(パート・アルバイトでも可、専業主婦も可)
  • 保証会社である「信金ギャランティ株式会社」の保証を受けることができる

まず、年齢ですが、未成年の人および66歳以上の人は申し込むことができません。

次に、安定した収入に関してですが、本人に収入がある人の場合、アルバイトやパートでも融資してもらえます。

また、専業主婦の場合、配偶者がいることから、安定した収入があると見なしてもらえます。

そのために、申し込みの際に配偶者についていろいろ聞かれるとも言えますね。

保証会社の保証を受けるためには、やはり安定した収入が求められます。

さんしんカードローン「きゃっする」の場合、もともとアルバイトやパート、専業主婦も融資の対象としていますから、それに準じた形で保証会社も審査をします。

さんしんカードローン「きゃっする」を利用できる人の居住地

さんしんカードローン「きゃっする」を利用するためには、三島信用金庫の営業区域内に住んでいることもしくは勤務先があることが求められます。

専業主婦の場合、仕事はしていないので勤務先はありませんから、自宅が三島信用金庫の営業区域内にあることが必要です。

営業区域内とは、以下の地域を指します。

静岡県(三島市・富士市・沼津市・裾野市・御殿場市・伊東市・熱海市・下田市・伊豆市・伊豆の国市・賀茂郡・田方郡・駿東郡)

神奈川県(足柄下郡)

この中に自宅がある人は、三島信用金庫のカードローンを利用することができますが、そうでない人は利用できませんので、注意が必要です。

さんしんカードローン「きゃっする」の審査は即日回答です

さんしんカードローン「きゃっする」の案内には、平日15時までに申し込みをすれば、即日審査の回答が聞けると案内されています。

しかし、審査の回答が即日なだけで、実は借入はその日のうちにすることができません。なぜなら、借入にはカードを利用する方法しか無いからです。

カードを利用しないと借入ができないということは、即日振り込みなどの方法が利用できないことを意味しています。

つまり、カードが手元に届くまで、借入はできません。そこで、さんしんカードローン「きゃっする」を利用するのなら、早目の申し込みが必要です。

専業主婦でも借入できる三島信用金庫カードローンのメリット

ここまで、専業主婦でも借入ができる三島信用金庫のカードローン商品、さんしんカードローン「きゃっする」について見てきました。

最後に、専業主婦の人がより便利にこの商品を利用できるように、さんしんカードローン「きゃっする」のメリットをまとめたいと思います。

さんしんカードローン「きゃっする」のメリット

この商品のメリットは、以下の通りです。

  • 借入が全国の信用金庫・コンビニのATMでできること
  • これまでに取引が無い人でも利用できること
  • 平日15時までに申し込めば、審査結果がその日のうちにわかること
  • 金利が消費者金融に比べて低いこと

さんしんカードローン「きゃっする」に申し込めるのは、三島信用金庫の営業区域内に住んでいる人のみですが、借入は全国の信用金庫やコンビニATMでできます。

一度契約しておけば、例えば家族旅行などで出かけた先でお金に困ったとしても、外出先でお金を借りることができるため、外出時にローン用のカードを持っておくと心強いですね。

銀行や信用金庫のカードローン商品の中には、その銀行や信用金庫と取引があることをカードローンの利用条件としているものもあります。

しかし、三島信用金庫のさんしんカードローン「きゃっする」は、これまでに三島信用金庫との取引が無い人でも、馴染みが無いから申し込みにくいなどと気にせず、気軽に申し込むことが可能です。

銀行や信用金庫のカードローン商品の中には、審査結果が出るまでに時間がかかるものも多いのですが、この商品は審査結果が早く出るのもメリットです。

さんしんカードローン「きゃっする」は、上限の金利が14.5%ですが、大手の消費者金融の場合、上限の金利は多くが18.0%、低いところでも17.8%です。

中小企業の消費者金融の場合、最大で20%の金利となっています。比較してみると、さんしんカードローン「きゃっする」の金利は、消費者金融よりも低いことがわかりますね。

専業主婦は、法律の関係で消費者金融からは借入ができませんが、万が一借りることができたとしても、金利のことを考えると、さんしんカードローン「きゃっする」を利用した方がお得だとわかります。

どちらにしても、専業主婦が借入を考える場合、消費者金融よりもさんしんカードローン「きゃっする」を選んだほうがいいということですね。

三島信用金庫のカードローンの特徴を知って上手く使おう

以上のように、さんしんカードローン「きゃっする」にはメリットが多くありますが、先ほど確認したような申し込み上の注意点もありました。

特に、利用できる人の条件に合っていなければ申し込んでも審査に通りません。

そのため、指定された年齢に合っているか、営業区域内に住んでいるかなど、条件をきちんと確認してから申し込みをしましょう!

一度カードが発行されれば、全国で借入ができますし、返済も自動引き落としなので返済日を忘れる心配もありません。

さんしんカードローン「きゃっする」は、専業主婦にとってはとても便利なカードローンなので、申し込みの際に聞かれる項目の記入を間違えないようにして、審査に落ちないように気をつけて下さいね。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.