当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

クラウンってどんな会社?中小消費者金融の安全性に迫る!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/06/10

皆さんは『クラウン』という名称の消費者金融を聞いた事がありますか?恐らく、その答えは大多数が同じだと思います。

これを読んでいる方の大半が「聞いた事が無い」と答えるでしょうし、中小消費者金融というのはそもそも調べない限りはなかなか見かける事は無いのです。

金融業者で情報が少ないとなると、はっきり言ってしまえば心配な存在であり、まともに借りられるかどうかすら判別が難しいでしょう。

しかし全ての中小消費者金融が危険とは限りませんから、この機会にクラウン、そして中小消費者金融についても正しい知識を身につけておきましょう。

クラウンはもう無い!?中小消費者金融が無くなった理由

まずはクラウンという消費者金融について、その噂及び特徴を確認していきましょう。

  • 正規の中小消費者金融である
  • ブラックリストにも貸付をしてくれる
  • 関西方面でのみ営業していた

クラウンは京都に店を構えていた中小消費者金融で、知名度こそ低いものの『ブラックリストにも融資をしていた』として、該当する方としては非常に有り難い存在でした。

また規模が小さな消費者金融は特定地方のみで活動している事が多いですが、クラウンも京都や大阪など関西方面の方にのみ融資を行っていたのです。

小さな消費者金融だと闇金を疑われる事が多いものの、クラウンにはそうした噂は無く、健全に営業していたという事実もまた魅力の一つでした。

ただ、残念な事にクラウンはすでに廃業しており、今はもうお金を借りる事は出来なくなっているのです。

そしてこれはクラウン以外の中小消費者金融にも当てはまる事であり、何故多くの中小消費者金融が姿を消してしまったのでしょうか?

中小消費者金融廃業に追い込んだ貸金業法改正の裏側とは?

クラウンを含めた多くの中小消費者金融を廃業に追い込んだ理由として、貸金業法の改正は真っ先に挙がるでしょう。

具体的な内容を記載するとしたら、以下の通りです。

  • 純資産が5000万円無いと貸金業者にはなれない
  • 執拗な内容や夜間の取り立ての禁止
  • 総量規制の導入
  • 上限金利引き下げ

どれも規模が小さな消費者金融にとっては厳しく、特に『総量規制の導入』と『上限金利の引き下げ』は、中小消費者金融に大きな影響を与えました。

☆総量規制について
貸金業者が個人相手に融資を行う場合、例外を除き年収の三分の一までしか貸せない。
☆上限金利の引き下げについて
融資額によって最大金利が異なり、10万円未満なら20%、10万円以上100万円未満が18%、100万円以上は15%となりました。

総量規制により貸し付けられる金額が減る事、そして金利の引き下げは利息収入が減る事に直結しており、企業体力が無い中小消費者金融の廃業ラッシュは自然な事でした。

クラウンはまだ存在する?ネットで見かける業者の正体

正規の中小消費者金融であるクラウンが廃業し、今では利用する事が出来ないのは揺るぎない事実です。

しかしながら、ネット上には廃業後もクラウンに関する情報が残っているだけでなく、今も尚営業していると思わしき同名、もしくは酷似した名前の業者がヒットする事もあります。

中小消費者金融の数は激減したとはいえ、今も日本には2000ほどの消費者金融が存在していますので、名前が被る事自体は珍しくありません。

しかし、かつて存在した正規業者の名前を偽って営業する闇金が大変多く、特に中小消費者金融のような小規模な業者に紛れ込むケースは今もあります。

闇金融業者とは違法な営業を行っている金融業者であり、正規業者と違って犯罪行為も平然と行ってきます。融資を受けるどころか連絡するだけで被害に遭うケースも多く、今も多くの人が恐怖しています。

闇金融業者なんて引っかかるわけがない…そう油断している人こそ、比較的優良な中小消費者金融を偽るなどの手口に引っかかりやすいのです。

そして仮に闇金融業者を使ってしまった場合、大変な事になるのは確実でしょう。

闇金を使うとどうなるの?その恐るべき手口を紹介

闇金融業者というのはテレビドラマや漫画の題材になる事も多く、融資を使った事が無い人でも、その手口は大体想像ができます。

しかし、闇金融業者に対して一切の知識を持たない人もいらっしゃるので、復習の意味も込めてその手口を確認していきましょう。

  • 異常な金利を設定している
  • 返済できないと家まで押し掛けてくる
  • そもそもお金を取るだけで融資をしてくれない

異常な金利と言われても融資の経験が浅いと分からないかもしれませんが、酷い場合はトイチ(十日で一割の利息)もあり得ます。

闇金は返済のスパンが短く、一週間や二週間毎にこの利息を要求してくるので、完済する事は最初から不可能なのです。

そして返済ができないとなると家まで押し掛け、大声で怒鳴ったりドアを壊したりなどもあり得ます。

極めつけは、『先にお金を振り込ませて融資は行わない』という、そもそも融資の形にすらなっていない事を要求するケースもあります。

信用を身につける為など色々言い訳してきますが、融資で先にお金を要求する事はまずあり得ないので、絶対に払ってはいけません。

中小消費者金融と闇金は違う?良くある勘違いを正そう!

比較的規模が小さく、目立たない金融業者…実はこうした特徴は、中小消費者金融と闇金融業者に共通してしまうのです。

なので、中小消費者金融=闇金融業者と思い込んでしまっている人が多いのですが、それは間違いです。

かつてのクラウンと同じく、真面目に融資を行い、きちんと営業している中小消費者金融もきっちり存在しています。

中小消費者金融と闇金を分けるポイントとしては、『登録貸金業者情報検索』にて簡単に調べる事ができます。

登録貸金業者情報検索とは、きちんと国の認可を受けた登録番号を持つ金融業者かどうかを調べられる方法です。専用のサイトが存在しており、名前や電話番号からでも検索が可能です。

中には巧妙に騙す為、貸金業者としての登録番号をそれっぽく書いている闇金もありますが、落ち着いて先に調べるとすぐに分かるのです。

規模が小さな中小消費者金融は、宣伝にもなかなか予算が回せないものの、こうした決定的な違いがあるという事は忘れないで下さいね。

安全な中小消費者金融はココだ!厳選したおすすめ業者紹介

闇金と中小消費者金融が違う事は前述の通りですが、そうは言っても「具体的にどこなら安全なのか分からない…」と感じるのも、無理は無いでしょう。

中小消費者金融が激減したと言ってもまだまだ多く、同時に闇金も紛れ込んでいる事を考えると、不安が残るのは当然です。

そこで今回は、現代も営業を続けていて、特に中小消費者金融の中でも評価が高くて安全な会社を紹介します。

  • フクホー
  • アルコシステム
  • スペース
  • ビアイジ
  • ビーンズ

こうした中小消費者金融は、小規模の金融業者についてある程度調べている人の場合、一度は耳にする事も多い会社ばかりです。

つまりは、『中小消費者金融の中でも比較的知名度もある存在』とも言え、かつてのクラウンのように安全に利用する事ができます。

では、そんな中小消費者金融たちの特徴とは、どのようになっているのでしょうか?

中小消費者金融ならではと言える2つの魅力

後述する大手消費者金融に比較すると、中小消費者金融の特徴であり魅力的とも言えるポイントは、2つに絞られます。

  • ブラックリストでどこも貸してくれない場合でも希望がある
  • 相談しやすい環境が整っている

ブラックリストにも度合いがあり、延滞でそうなった人もいれば、債権整理にて重度のブラックとも言える状態の人も居ます。

度合いによって可能性は変わるものの、そうしたブラックな人たちでも融資を受けられる可能性があるのが、やはり最大の魅力です。

これはクラウンが健在だった頃からの特徴で、おそらく中小消費者金融を選ぶ人の多くが、この一点だけでも価値があると評価するでしょう。

また、少し言い方が悪くなりますが、大手消費者金融となると毎日膨大な数の契約希望者との相談があり、ある程度はマニュアル対応で効率化をしなくてはいけません。

そうなると望みが無い人はやんわりと、そしてすぐに断る事になりますが、中小消費者金融は顧客の数が少ない分、一人一人を大事にしています。

顧客との距離が近い消費者金融というのは大変相談しやすく、その結果として柔軟な対応や判断もしてくれやすいのです。

迷ったら比較を!大手と中小消費者金融の違いまとめ

それではいよいよ今回の締めとして、大手消費者金融と中小消費者金融の違いを確認していきましょう。

業者名 限度額 金利
フクホー 最大200万円 7.30%~20.00%
アルコシステム 最大50万円 10.950%~20.000%
スペース 最大500万円 8.0%~20.0%
アイフル 最大500万円 4.5%~18.0%
アコム 最大500万円 4.7%~18.0%
プロミス 最大500万円 4.5%~17.8%

上3社が中小消費者金融、下3社が大手消費者金融となっています。

それなりに大手と中小でも数を絞って表にまとめたのは、『消費者金融は比較的横並びの条件が多い』からです。

数を絞ったとしてもこうした表にしてみれば、明確に分かる事がありますね。

やはり大手には敵わない!?中小消費者金融が使いにくい理由

比較表からでもお分かりになると思いますが、中小消費者金融というのは、大手消費者金融に比べると『基本的に』使いにくいです。

  • 大手の方が大金を借りられる
  • 大手の方が少ない利息負担で返済できる

限度額と金利というのは、融資を使う上で最も基本的であり、そしてどんな人でも欠かせない要素となっています。

最大限度額が少ないと、自分に必要な金額が用意できない事もあり得ます。また、金利負担が高いと完済までが難しくなります。

一応例外としてはスペースの限度額のように、大手消費者金融にも部分的になら負けない中小消費者金融が、一切存在していないわけではありません。

ただ、総合力で大手に勝る中小消費者金融となるとやはり存在しているとは言いにくく、中小消費者金融はほぼ『ブラックリストの人向け融資』に特化していると言えます。

もしも今この記事を読んでいる人がブラックリストでも無い限り、まずは大手消費者金融から検討される事を強く推奨いたします。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.