当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

信頼される7つの理由があります!ビジネクストのローンの魅力

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/08/13

たいてい、金融機関から融資を受ける際のお金の使い道は「事業資金を除く」という形になっていませんか? こうなると、会社を経営されている方には困る場面も多いんですよね。

今回は、会社の運営などを頑張るビジネスパーソンを7つのメリットで力強くサポートする「ビジネクスト」のローンについて耳寄りな情報を持ってきました。

審査時の条件次第で最大1000万円まで融資を受けられ、その際に保証料や年会費などは一切不要、金利は8,0~15,0パーセントで固定という形なので、事業資金の融資に慣れていない方でも利用しやすいローンです。これは見逃せませんよ!

ビジネクストのカードローンは、借入れ・返済どちらも楽々!

ビジネクストは、主に事業資金を必要としている方に向けて、数々の魅力的なローンを展開していますが、他社とは違うポイントとして、カードローンを利用する際にも七つのメリットが考えられます。

細かい部分についてはのちに改めて解説を加えるとし、ここではざっと、ビジネクストのカードローンが誇る七つのメリットをリストアップしてみましょう。

なお、ここで挙げるメリットに関しては、ビジネクストが展開する他のローンサービスでも同様に当てはまるものがありますので、ご自身が検討されているローンに合わせてその都度ご確認ください。

◆ビジネクストのローンが信用される、7つのメリットはこちら!

  • ローンの申請に際しては、原則として来店不要
  • 原則として、保証人や担保は不要(例外あり:のちに詳述)
  • あくまで事業資金に充てるという原則で、使途は自由
  • 保証人や担保無しでも、最大で1000万円まで融資可能
  • 審査の結果は、決算内容だけに左右されるわけではない
  • カードの発行に際し、年会費や手数料は無料
  • カードローンでの融資なら、」提携先のATMを利用可能

ビジネクスト・カードローンのご利用に際して

ビジネクストのカードローンは、他社が展開している多くのサービスとは異なり、主に事業資金を必要としている人たちに向けたローンであることは、先述の通りです。

新規の借り入れ時には、カードローンで融資可能な上限額は500万円に設定されていますが、初回の借り入れについて、その後の返済に至るまで特に問題がなければ、最大で1000万円まで融資を受けることが認められます。

カードの発行に際し、手数料や年会費などはかかりません。認められた融資の限度額の範囲内であれば、借入額やその頻度などは自由です。

借入金の利息についてですが、認められた限度額が100万円以上なら、金利は8,0~15,0パーセント。限度額が100万円未満なら、13.5パーセント~18パーセントとなります。

カードローンを申請できるのはどういう人?

カードローンを申請できるのは、申込時の満年齢が20歳以上~69歳未満の法人・個人の事業主です。カードローンの申請に際して手数料や年会費などは一切かかりませんので、必要な諸経費は印紙代のみということになります。

借入金の返済には、元金定率リボルビング方式が採用されます。つまり、借金の残高に応じて返済すべき額が変動するというわけです。ローンが適用される期間は最長で五年間、そして分割払いの限度は60回までという設定がなされています。

ローンの申請に際して、必要な書類などは?

カードローンの申請に際して必要な種類は、他のローンサービスを申請する際に必要なものと共通する場合も多いのです。

ただ、一つだけ留意していただきたいことは、法人の事業主さまがローンを申請する場合と、個人の事業主さまがローンを申請する場合とでは、必要とされる書類に若干の違いがあるということです。

以下に、必要書類の詳細をリストアップしておきましょう。

◆法人の事業主さまがローンを申請する際に必要なもの

  • 代表者ご本人様を確認できる書類
  • 登記事項証明書
  • 決算書 原則2期分
  • その他、必要に応じて提出を指示された書類

◆個人の事業主さまがローンを申請する際に必要なもの

  • ご本人さま確認書類
  • 確定申告書 原則2年分
  • その他、必要に応じて提出を指示された書類

ビジネクストのカードローンを申請する流れを見てみましょう

ビジネクストのカードローンを申請する流れは、それほど複雑ではありません。初心者でも気後れせずに申請できるところが、ビジネクストが展開するサービスの大きな魅力であるといえるでしょう。

以下に、ビジネクストのカードローンを申請する際の流れをリストアップしますが、この手順は、ビジネクストが展開する他のローンサービスを申請する際にも原則として適用されるものだということを押さえておけば、なにかと便利でしょう。

◆ビジネクストのカードローンを申請する流れ

  • まずはwebサイトへアクセスし、申込フォームに必要事項を記入
  • 来店不要で仮審査
  • 仮審査をパスしたら、必要書類を郵便orファックスにて送付
  • 来店不要で本審査 結果はメールor電話で連絡
  • 本審査の結果に応じて限度額が決定。融資・利用開始

圧倒的なプランの立てやすさで信頼を得る「ビジネスローン」

ビジネクストが展開するサービスの魅力は、カードローンだけにあるのではありません。ビジネクストでは「ビジネスローン」という名義で、一般的なローンによる融資も行っています。

ビジネスローンで融資可能な限度額は一千万円です。その他、ローンの基本事項について、カードローンと共通している部分が多いことも留意しておいてください。

利用者自身がどのようなローンを望んでいるかよって、申請するプランを設定することができるのです。

ビジネスローンの申請に際して、留意しておくべきこと

ビジネスローンの申請に際して、利用者が留意しておくべきことは次の通りです。

  • 融資可能な額は、50万円~1000万円(初回の借入時は500万円)
  • 融資額が100万円以上なら、金利は8,0~15,0パーセント
  • 融資額が100万円以下なら、金利は13.5パーセント~18パーセント
  • ただし、借金の返済期限を遅延したときは、金利が20パーセントとなる
  • ローンの申請期間は最長で5年。分割払いは最大で60回まで

ビジネスローンの申請資格を持つ人は?

ビジネスローンを申請できるのは、申込時の満年齢が20歳以上~69歳未満の法人・個人の事業主です。カードローンの申請に際して手数料や年会費などは一切かかりませんので、必要な諸経費は印紙代のみということになります。

借入金の返済には、元金定率リボルビング方式が採用されます。つまり、借金の残高に応じて返済すべき額が変動するというわけです。ローンが適用される期間は最長で五年間、そして分割払いの限度は60回までという設定がなされています。

ビジネスローンの申請に際して、必要な書類などは?

ビジネスローンの申請に際して必要な種類は、他のローンサービスを申請する際に必要なものと共通する場合も多いです。この点については、先述の通りですね。

ビジネスローンに関する記事を集中的に確認している利用者のために、情報を抜粋の上、再掲いたします。

◆法人の事業主さまがローンを申請する際に必要なもの

  • 代表者ご本人様を確認できる書類
  • 登記事項証明書
  • 決算書 原則2期分
  • その他、必要に応じて提出を指示された書類

◆個人の事業主さまがローンを申請する際に必要なもの

  • ご本人さま確認書類
  • 確定申告書 原則2年分
  • その他、必要に応じて提出を指示された書類

他のサービスとの併用、過去のキャッシング履歴の取り扱い

ビジネクストのローンは原則として、同社や他社が展開する他のローンサービスと併用する形で申請することはできません。また、本審査の結果によっては、利用者が希望した額の融資が不可能な場合もあります。ご留意ください。

また、利用者の過去のキャッシング履歴に瑕疵がある場合、本審査で指摘を受け、融資が受けられない可能性もありますので、その点についても併せてご留意ください。

ビジネクストのローンを申請する流れ

ビジネクストのローンを申請する流れは、原則として他のサービスを申請する手順と共通しています。ただし、ローンの申請に際して別途、スタッフからなにか指示があった場合は、それに従ってください。

◆ビジネクストのローンを申請する流れ

  • まずはwebサイトへアクセスし、申込フォームに必要事項を記入
  • 来店不要で仮審査
  • 仮審査をパスしたら、必要書類を郵便orファックスにて送付
  • 来店不要で本審査 結果はメールor電話で連絡
  • 本審査の結果に応じて限度額が決定。融資・利用開始

「不動産担保ビジネスローン」なら、最大の融資額はなんと一億!

続いて紹介するのは、不動産を担保にしてローンを組む「不動産担保ビジネスローン」です。豊富なローンのプランを展開しているビジネクストにおいても、当ローンの規模は最大級のものとなるでしょう。

本審査の結果にもよりますが、不動産を担保にすることで、当ローンではなんと最大1億円もの融資が可能になります。借入金の利息についてですが、他のローンサービスとは少し異なり、5.0パーセント~15,0パーセントに設定されています 

「不動産担保ビジネスローン」の特徴を総ざらえ

当ローンが他のサービスと大きく異なる点は、まず一つ、先述の通り最大で一億円もの融資額を誇っていること、そしてさらに、ビジネクストが展開する他のローンサービスとの併用が可能である点です。

その他、当ローンの特色、申請の際の条件などをリストアップしておきます。他のサービスとは異なるところや共通するところがあり、少しややこしいので、確認の際はご注意ください。

◆「不動産担保ビジネスローン」の特徴は次の通り

  • 融資可能な額は最大で一億円(要審査)
  • 金利は5パーセントから15パーセント
  • 遅延損害金は年率で20パーセント
  • 他のローンサービスとの併用が可能
  • 満年齢が20歳以上~69歳未満の法人・個人の事業主なら申請可
  • 保証人は原則不要だが、担保提供者は連帯保証が必須
  • 法人契約なら、代表者との連帯保証が必須
  • 担保となるのは所有する土地や建物で、順位は不要
  • ローンの契約にかかる費用は、印紙代と根抵当権設定費用のみ
*その他、ローンの返済形式について、元金一括返済の形なら、ローンが適用される期間は最長で1年間、そして分割払いの限度は12回まで。それに対して元利均等返済なら、ローンが適用される期間は最長で30年間、そして分割払いの限度は360回までとなります。

こちらの要件も、ローンの申請に先んじてご留意ください。

「不動産担保ビジネスローン」の申請に際して、必要な書類などは?

「不動産担保ビジネスローン」の申請に際して必要な種類は、他のローンサービスを申請する際に必要なものと共通する場合も多いです。この点については、先述の通りですね。

「不動産担保ビジネスローン」に関する記事を集中的に確認している利用者のために、情報を抜粋の上、再掲いたします。

◆法人の事業主さまが「不動産担保ビジネスローン」を申請する際に必要なもの

  • 代表者ご本人様を確認できる書類
  • 登記事項証明書
  • 決算書 原則2期分
  • その他、必要に応じて提出を指示された書類

◆個人の事業主さまが「不動産担保ビジネスローン」を申請する際に必要なもの

  • ご本人さま確認書類
  • 確定申告書 原則2年分
  • その他、必要に応じて提出を指示された書類

不動産を担保にカードローンができるのはビジネクストの強み!

カードローンのサービスといえば、競合他社も含めてたくさんの企業が展開している金融サービスですが、不動産を担保にカードローンができるのはビジネクストの強みです。

ビジネクストの「不動産担保カードローン」なら、不動産を担保に最大で2000万円の融資が受けられます。金利は年率で8パーセントから15パーセント。そして先述のカードローンと同じように、申請に際してカードの発行手数料や年会費は不要です。

「不動産担保カードローン」の特徴を総ざらえ

ビジネクストが展開する他のローンサービスと比較し、仕様などが若干に通っている部分もあります。混乱を避けるために、ここで改めて「不動産担保カードローン」の特色をリストアップし、まとめておきます。

◆「不動産担保カードローン」の特徴は次の通り

  • 融資可能な額は最大で2000万円(要審査)
  • 金利は8パーセントから15パーセント
  • 遅延損害金は年率で20パーセント
  • 他のローンサービスとの併用が可能
  • 満年齢が20歳以上~69歳未満の法人・個人の事業主なら申請可
  • 保証人は原則不要だが、担保提供者は連帯保証が必須
  • 法人契約なら、代表者との連帯保証が必須
  • 担保となるのは所有する土地や建物で、順位は不要
  • ローンの契約にかかる費用は、印紙代と根抵当権設定費用のみ

「不動産担保カードローン」の返済について

「不動産担保カードローン」の返済形式は、元金定率リボルビング方式になっています。ローンの契約期間は最長で5年、分割払いの限度は60回までというかたちで設定されています。カードローン形式ゆえ、」最寄りの提携先ATMからいつでも借金返済が可能です。

ビジネクストなら、医療機関向けのローンも充実しています!

ビジネクストが展開する金融サービスの魅力や強みはいろいろありますが、やはり、医療機関や介護従事者向けに特化したローン「医風堂々」の解説は欠かせません。

このローンは、診療報酬や調剤報酬、さらには介護給付費などを担保に、最大でなんと5億円もの融資を受けることができるプランです。

当ローンの金利は年率で5パーセントから15パーセント、返済の方式は元金一括返済および元利均等返済より選択することができます。借金の返済が遅延した際の損害金は年率で20パーセントです。

「医風堂々」の特徴を総ざらえ

  • 当ローンの融資資格者は、保険医療機関、調剤薬局事業者および介護事業者など
  • 満年齢が20歳以上~69歳未満の方なら申請可
  • 融資可能な額は最大で5億円
  • 金利は5パーセントから15パーセント
  • 遅延損害金は年率で20パーセント
  • 保証人は原則不要。ただし法人契約なら代表者との連帯保証が必須
  • 担保となるのは、診療報酬や調剤報酬、および介護給付費など
  • ローンの契約にかかる費用は、印紙代のみ

「医風堂々」の申請に際して、必要な書類などは?

「医風堂々」の申請に際して必要な種類は、他のローンサービスを申請する際に必要なものとは異なる部分も多いので、ここに改めてリストアップします。ローンの申請を検討中の方はご確認ください。

*前半部分は他のローンサービスと共通です

◆法人の事業主さまが「医風堂々」を申請する際に必要なもの

  • 代表者ご本人様を確認できる書類
  • 登記事項証明書
  • 決算書 原則2期分
  • その他、必要に応じて提出を指示された書類

◆個人の事業主さまが「医風堂々」を申請する際に必要なもの

  • ご本人さま確認書類
  • 確定申告書 原則2年分
  • その他、必要に応じて提出を指示された書類

◆法人・個人を問わず「医風堂々」の申請に際して必要な書類

  • 病院開設許可証
  • 各種免許(医師免許等)
  • その他、必要に応じて提出を指示された書類
  • 保険医療機関指定通知書
  • 支払決定通知書
  • 納税証明書
  • その他、必要に応じて提出を指示された書類

「医風堂々」を申請するにはどうすればいいの?

ビジネクストが展開するローンサービスの中でも、医療機関向けの当ローンは、融資可能な対象者、資金使途などがほかのプランと大きく異なります。必然的に、「医風堂々」を申請する手順も少し特殊ですので、以下に申請の手順をリストアップしました。

  • まず、先述の必要書類をビジネクストへ提出
  • 融資の審査、および申請者(代表者)との面談
  • 契約成立なら、金銭消費賃借契約および債権譲渡契約を締結
  • 支払期間(社保・国保など)に対し、債権譲渡通知を提出(必須)
  • 融資のタイミングは、原則として契約成立の当日です

なお、債権譲渡通知の提出については、利用者に代わりビジネクストが代行してくれます。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.