当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

奈良中央信用金庫で借りたい!得をするローンプランの選び方!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/08/12

奈良中央信用金庫は、個人向け借り入れである「カードローン」と「フリーローン」で、非常に充実した種類のサービスを展開しています。

確かに、種類が増えて目的別の希望に沿いやすくなったのも事実ですが、一方で、どれも似通っていてどれを利用すれば良いのかわからないという人も増えてしまいました。

選び方がわからないから、「とりあえず金利が低いものを選ぼう」と考えてしまいますよね。でも低金利だからといって得になるとは限りません。金利よりも大切なポイントがあるのです。

今回は、そんな人に一番最適なカードローン(フリーローン)を知ってもらいます。そのために、奈良中央信用金庫のカードローンとフリーローンの特徴と違いを解説していきます。

基礎知識!カードローンとフリーローンって何が違うの?

借り入れをする時に、カードローンとフリーローンの両方の金融商品がある時、どちらを利用すればいいのかわからないという人が多いです。

どちらも利用用途が自由で、借りられる金額も同じようなものが多く、名称も金利も似通っているので、パッと見ただけではどう違うのか分からないのです。

銀行や消費者金融といった貸金業を展開している金融機関は、この2つを明確な別商品として提供しています。分からないまま適当に利用せずに、しっかりと違いを理解しておきましょう。

2つの違いは追加融資が出来るかどうかにあった!

カードローンとフリーローンの違いを一言で言えば、「お金を借りている間に、更に追加で借りられるか否か」という点です。例えば、100万円を借りて、50万円万円返済したところで、更に30万円必要になったとしましょう。

このとき、同じ金融業者から追加で30万円借りて、合計80万円の借金にまとめることが出来るかどうかということです。こういった行為を、金融業界では「追加融資」といいます。

カードローンは、この追加融資が限度額内であれば自由に出来ます。つまり、最初の審査で100万円まで借り入れが出来ると言われれば、返済中であっても100万円までは何度でも借り入れが出来ます。

フリーローンは、最初にまとめて借り入れをした後は、全額を返済するまで一切追加融資は出来ません。100万円を借りたなら、100万円全てを返済しきるまで、新たに借りることは出来ないのです。

もしフリーローンを利用していて、カードローンと同じように追加融資をしたいという場合は、再度審査を受け、「別の債務契約」という形で借り入れをするしかありません。

カードローンとフリーローンの長所と短所の比較

カードローンとフリーローンの法律的な区別という意味では、この2つの違いは追加融資が出来るか否かという点しかありませんが、この2つの商品の特徴の違いは他にもあります。

その違いとは、「貸金業者が各自で設定する金利の違い」と、「貸金業者がどの客層を顧客として見ているか」という点です。こうした違いが明確にあらわれるのは、契約審査です。

カードローンは、その借り入れ行為の自由度の高さから、顧客に信頼性が求められ、その結果、契約者に求められる基準が高くなるのが常です。そのため、少し前まではカードローンのほうが審査が厳しいものでした。

ですが、近年この特徴は変化してきており、フリーローンは審査に求められる条件が多いかわりに、借り入れ金額と金利が低い金融商品として変わりました。カードローンもそれに合わせるように、簡単に借りられる代わりに、金利が高い金融商品になりました。

両者の違いをまとめておきます。

  • カードローンは追加融資が自由にできるが、フリーローンは再契約が必要
  • カードローン審査は本人確認だけで済むが、フリーローンは収入証明の他にも必要な条件が多い
  • 金利はフリーローンのほうが低くなりやすい

借り入れプランを選ぶ時に基準にすべきは金利じゃない!

さて、借り入れのプランを実際に選ぶ時に多くの人が最も重要だと考えるのは、「返済時にかかる金利」の高さでしょう。金利が低ければ、お金を借りることの抵抗も減りますし、長期間借りても損をしにくくなるのですから、重視するのは当然です。

しかし、金利ばかりに気が向いてしまい、他の内容を疎かにしてしまっては本末転倒です。一見すると、とにかく金利が低いものを選んだほうが、得になると考えがちですが、そうではないことを知っておきましょう。これを理解すると、損をする危険性がグッと減ります。

奈良中央信用金庫の金融商品は、カードローン・フリーローンともに非常に沢山の種類があります。金融に詳しくない人だと、どれを選んでいいのか分からなくなりがちです。

「どうせ良く分かんないから、とりあえず一番金利が低いのに申し込むか」と適当に決めてしまうことは避けましょう。そうならないように、ここでは、重要な基準を解説していきます。

重要なのは金利ではなく借り入れ目的と金融商品のマッチ性!

借り入れを考えていて、カードローンやフリーローンを利用するときには、当然、お金が必要な理由があるはずです。何に使いたいのか、いくら必要なのかといった基本的なことです。

それと同時に、お金を借りる貴方が貸金業者側に提供できる情報も必要です。いつまでに返済できるのか、収入はどのくらいで、その収入は安定しているのかといった返済能力のことです。

確かに金利の低いローンプランは私達利用者側にとっては魅力的です。ですが、それはあくまで一面的な考えであることを忘れてはいけません。金利以外にも重要な要素があるのです。

例えば、すぐにお金が必要な時に、長期金利が一番安いローンプランを選ぶ人はいないでしょう。他にも、アルバイトで不定期な収入を得ている人は、いくら金利が低い金融商品を厳選して申し込んでも、審査で落とされてしまっては意味が無いのです。

こうしたことからも分かるように、重要なのは金利ではありません。本当に重要なのは、「自分が審査通過から返済までを問題なくこなせる金融商品を選ぶこと」と、「借り入れの目的に合っているローンプランを適切に選択できる判断力」ということです。

賢く借りよう!ローンを組む前に必ずやっておきたい事

ここまでは、お金を借りる時に重要なのは金利ではなく、自分の返済能力を見極め、目的に合った借り入れ候補を選ぶことだということを説明してきました。分不相応な低金利の借り入れを申し込んでも、得をするどころか、審査で弾かれるのがオチです。

ここからは、「自分がどのくらい金融業者に信頼してもらえるのか?」は、どうやって分かるのかという話になってきます。具体的な自己評価の基準を説明していきます。

借り入れで損をしないためには、「金融商品の内容」と「自分の借り入れ目的」と「返済能力」の3点の釣り合いが取れていなければいけないのです。このうち、金融商品は店頭で確認でき、借り入れ目的も分かっていると思います。

契約審査の際に求められる返済能力を自己評価しよう!

実際にローンを組む前に必ずやっておきたいことが、この「返済能力の自己評価」です。これをするのとしないででは、借り入れ契約の成功確率が大きく変わってきます。

返済能力とは、銀行や消費者金融があなたにお金を貸すかどうか審査する時に、「この人ならこのくらいのお金を貸してもちゃんと返してくれるだろう」と評価する採点基準のことです。

具体的な評価項目を挙げておきます。自分で簡単に確認できることなので、内容だけでも、ざっと見ておきましょう。

  • 収入の安定性(不安定な収入の場合は約7割掛けで評価される)
  • 収入の額(問題無いと判断されるのは年収200万円以上が一般的)
  • 債務実績(借り入れ経験が全く無いとマイナス評価)
  • 他社からの借り入れ状況(何もない・2社以内で返済に問題なければOK)
  • 就労形態(公務員・正規雇用者・非正規雇用者・自営業者・無職の順で評価)
  • 住居形態(一戸建て持ち家・一戸建て借家・マンション持ち家・マンション借家の順で評価)
  • 過去の金融事故歴(5年以内に滞納延滞や債務整理経験があるとNG)

この中で特に重要なのは、収入の安定性です。収入の額よりも、毎月確実に収入を確保できるという方が信頼が高く評価されます。金融業者はこれらの項目を総合的に判断して、審査の合否、借り入れの限度額設定を行っています。

ちなみに、非正規労働者であっても、持ち家に住んでおり(家族でも可)、過去に借り入れを何度も返済した実績があれば、正規雇用者と同等の高い評価を受けらることもあります。

逆に審査で落とされる可能性が高くなる項目は、「年収評価が100万円未満」・「他の金融業者3社以上から現在借り入れをしている」・「無職、または住所不定」・「5年以内の金融事故歴、または10年以内の自己破産経験者」です。

このどれかに該当する場合は、審査の甘い中小の消費者金融に相談するのが、最も借り入れできる見込がある方法でしょう。

貴方に合う奈良中央信用金庫ローンプランの選び方

最後に、これらを全て踏まえた上で、奈良中央信用金庫の各ローンプランの特徴と、その利用に向いている人を紹介してきましょう。この金融機関には、カードローン商品とフリーローン商品が多数あり、この2つを利用目的別に使い分ける必要があります。

フリーローンは1回だけ借りればそれで目的を達成できる場合です。カードローンは、生活費の補填や雑費など何度も借り入れと返済を繰り返す必要がある場合です。

奈良中央信用金庫のフリーローンを選んでみよう!

まず、フリーローンの方から行きましょう。フリーローンは、「しんきんローン」・「フリーローンエース」・「フリーローンファイン」・「フリーローンモアプラス」・「スーパーフリーローン」の5種類があります。

しんきんローンは、商品案内上に8つある優遇項目を2つ以上満たせる人でないと恩恵を受けられません。これを満たせる人で、かつ、低金利の契機状態で変動金利型を選択できる場合に真価を発揮します。

フリーローンエースは、まとまった事業資金を急いで確保したい人が最も役に立つプランです。フリーローンの中では審査が緩い方で、個人事業主やアルバイトなどの、フリーローンでは審査に落ちやすい人に優遇されているのも特徴です。

フリーローンファインは、なんといってもその金利の低さが売りでしょう。年利3.9%は同じ条件の他の金融商品と比較するなら、圧倒的に得です。自宅所有者で条件を満たし、利用目的が一致するなら、これ一択と言ってもいいでしょう。

フリーローンモアプラスとスーパーフリーローンは、上記3つに比べると、用途や金利面では特筆すべき利点は多くありません。ですが、借りやすいという点では、この2つを利用するのが賢い選択でしょう。

モアプラスは、審査で要求される項目が最も甘く、スーパーフリーローンは、100万円以下の低額借り入れに本人確認書類だけで審査を通過できます。収入に自信がない人は、フリーローンエースよりもこちらの利用が適しているでしょう。

奈良中央信用金庫のカードローンは何が違うのか

次に、奈良中央信用金庫のカードローンについて見ていきます。カードローンには、「ミニカード50・100」、「かがやき50」・「かがやき」・「きゃっする300」・「プレミア」・「ドリーム」があります。

フリーローンと違い、カードローンはそれほど特徴に大きな違いがあるわけではありません。カードローン商品同士で違うのは、借り入れが出来る最大金額と、審査における収入の基準です。

カードローンは借り入れが簡単な順に紹介していきます。カードローン商品の中で特殊なのは、女性のみが利用できる「ドリーム」と、当信用金庫の住宅ローンを併用している人のみが低金利で利用できる「プレミア」だけです。

最も簡単に契約できるのが「ミニカード50・100」です。本人確認書類のみでいいというのは、消費者金融と同じぐらい緩い審査内容です。

次に、安定した収入さえあればいいというのか「きゃっする300」です。これが一般的な銀行カードローンの審査基準に該当します。これを契約できる人は、他の銀行や信用金庫のカードローンも契約できるでしょう。

最後に最も審査が厳しいのが、「かがやき」と「かがやき50」です。とくに「かがやき50」は、年齢制限・継続収入期間・収入額・住居歴・保証会社というように、返済能力基準の全ての一定レベル以上で満たす必要がある金融商品です。

自分の返済能力に応じて、目的に合った相応しいものを選ぶようにしましょう。得をするか損をするかは金利だけでは決まらないということを理解した上で、便利な借り入れを活用しましょう。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.