当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

信用金庫のカードローンはどんなもの?【多摩信用金庫】の場合

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/12/30

銀行と信用金庫。その違いを知っている人は意外に少ないようです。

信用金庫は、近隣住民の身近な存在として地域に根差した金融機関になるのですが、多摩信用金庫もまた地域住民に親しまれ、よく利用されている信用金庫の一つです。

ローンも多種多様にあり、カードローンは2種類、それ以外にも借換専用の個人支援ローンもあります。

急な出費が必要になった場合、今の借金が上手く返済できない場合、多くの方に親しまれている多摩信用金庫のローンを活用してみてはどうでしょうか。

信用金庫と銀行は似て非なるもの!その違いは地域との関わり方

一般的にお金を預けると言うと、銀行や信用金庫がまず挙げられます。それ以外にも、金融商品の内容によっては保険や郵便局もありますが、大よそはこの2つがメインになるでしょう。

その銀行と信用金庫ですが、同じ様でいて非なるモノだということをわかっている人は、意外に少ないようです。では、どう違うのでしょうか。

信用金庫 地域住民が利用したり会員となり、相互扶助により地域の発展・繁栄を目的とした協同組織としての金融機関になります。
銀 行 株式会社であり、株主の利益が優先されます。

業務としては同じと言っていいのですが、その前提にある会社(組織)としてのあり方や、考え方が全く違います。

そもそも該当する法律が、銀行…銀行法、信用金庫…信用金庫法と別れていますし、銀行…営利、信用金庫…非営利、主な取引先も銀行…大企業、信用金庫…中小企業や個人となっています。

ですので、似て非なるモノなのです。実際・・・、じゃあ、お金の預け方が変わるのかと言えば、そんなことはありません。ただ、知識として知っておいて損は無いでしょう。

地域密着と言ってもどんなことをやっているの?

信用金庫の、銀行と違った特徴の一つとして「地域密着」が挙げられるのですが、どんなことがあるのかピンとくる内容はあるでしょうか。

たいていの方が浮かぶのは、「そう言えば、お祭りに信金の人が一緒に踊っていた。」「ロビーでコンサートをやってくれた。」など、ちょっとした内容だったり、それこそ目の当たりにした内容かもしれません。

間近に目にするような内容の他にも、金融機関としての役割を果たすような活動も、もちろん行っています。

財政面での支援として

  • 町おこしとして起業する人や地域の新規法人の資金面での支援
  • 中小企業から地方公共団体やNPO法人など、さまざまな企業や団体の財政支援
  • 若手経営者育成の支援  など

財政面で支援と言っても、ここに挙げたことでわかるように、大手都市銀行ではなかなか支援の手が届かないような規模の小さな地元の団体や企業を中心として行っています。地元金融機関としてできる地域貢献と言えます。

もちろん、最初に挙げた些細なイベントや企画も地域住民にとっては信金を身近に感じる機会になります。

  • 地域の祭りやイベント・スポーツ大会などの参加・協賛・開催
  • 物産展の開催やアンテナショップの設置
  • 店舗内でのイベント など
  • 年金などや生活に関する相談会開催

ざっくりと書きましたが、それこそ地域の会社や団体の財政支援や地域住民のイベントのお手伝い、相談会などでくらし環境をサポートする制度やサービスを整えています。
また、広報誌を発行して身近に感じてもらっている信用金庫もありますし、地域の調査を行って情報提供しているところもあります。

信用金庫はこのような様々なことを行い、多くの活動を通して、地域に貢献していると言っていいでしょう。

その中で、ローンも地域住民にとっては必要な金融商品として信金でも扱っているのです。

ローンもまた銀行と信用金庫で違いはある!

組織として銀行と信用金庫は違うということがわかりました。

では、それぞれで扱っているローンというものもまた、違うのでしょうか。

借りる側からすれば、限度額や金利などは、銀行であろうと信用金庫であろうと違いはないように思っている人は多いかも知れません。見方によっては、銀行だからとか信用金庫だからとか関係なしに個々での違いがあると言えばそれまでになってしまうのも確かにあります。

しかし、全体的に見れば、やはりそれぞれの特徴があり、それにより違いはあるのです。

主にどういった点が違うのでしょうか。銀行と比べて、信用金庫で見られるポイントを挙げてみます。

信用金庫のローンの主な特徴

条 件 地域住民(勤労もOK)が対象になっている
会員(信用金庫を利用している)が必須
年齢条件が銀行よりも厳しいことが多い
金 利 消費者金融より低めだが、大手銀行より高め
(固定金利が多い)
審 査 消費者金融より厳しく、大手銀行より甘い所が多いと言われている
店頭に行く事が必須の所もある

この中でも特に特徴的とも言える点として、地域住民が対象となっていることが挙げられます。例えば住んでいなくても勤労地が営業エリアになっていれば問題ないことが多いのですが、どちらにしても、ここでもまた金融機関として地域住民のニーズに応えた地域貢献の一つと捉えることができます。

これらが銀行と比べていい点と感じたり、悪い印象を受けるなどは、人それぞれかもしれません。

大抵の人は、銀行と信用金庫の違いについて知らなかったかもしれませんが、こうやった改めて比べてみると、同じ金融機関でも数字では出てこない大きな違いがあると言えます。こう言ったわかりにくい部分でも、大切なことはたくさんあるのでしょうね。

地域に貢献している金融機関として改めて信用金庫を見てみると、もっと身近な存在として感じるようになるかもしれませんね。ちょっと、信用金庫のイベントにも参加してみたいと思うかも・・・。

こんなにある!多摩信用金庫が扱っているローンは多種多様

銀行と信用金庫は基本理念をはじめとして違うことは当然ですが、金融商品に関してもそれが反映されてくることになります。

また、単体でも特徴を持っている信用金庫は多くあります。地域密着とはいえ、顧客にとってどの金融商品を選ぶのかは、それぞれのメリット・デメリットを見て決めるのですから 特徴を持ってアピールするのは当然と言えましょう。

ローンも例に漏れず、それぞれに特徴を持つことになります。

多摩信用金庫は多摩地区を中心とした地域にある大きな信用金庫

全国にある信用金庫の一つ、多摩信用金庫ですが、東京の立川市に本店があり、多摩地区を中心とした広い地域で多くの住民に活用されている信用金庫です。

元は立川信用組合から始まり、長い歴史があります。立川信用組合は多摩中央信用組合に改組、その後、多摩中央信用金庫に改組し、2006年には多摩中央信用金庫は、太平信用金庫、八王子信用金庫の3社の合併となって、現在の形へとなりました。

預金額がそのまま信用金庫の規模に直結するわけではないですが、現在の多摩信用金庫は預金額で言えば、全国TOP10の中に入り、また店舗数も多く、大きな信用金庫になります。

多摩信用金庫概要

創 立 昭和8年12月 有限責任立川信用組合として設立
平成18年1月 合併により多摩信用金庫
金融番号 1360
店舗数 本支店76
出張所4
店外キャッシュサービスコーナー60

利用できる対象地域、いわゆる営業地区ですが、これらになります。

東京都(杉並区・世田谷区・練馬区・中野区・渋谷区・新宿区・豊島区・港区・目黒区・立川市・昭島市・府中市・三鷹市・調布市・小金井市・小平市・武蔵野市・東村山市・国分寺市・国立市・西東京市・八王子市・日野市・町田市・青梅市・福生市・清瀬市・狛江市・東久留米市・東大和市・武蔵村山市・稲城市・多摩市・あきる野市・羽村市・西多摩郡)
神奈川県(相模原市・川崎市の内多摩区・麻生区・高津区・宮前区)
埼玉県(所沢市・入間市・狭山市・新座市・飯能市)

ローンもいろいろあるのは多摩信用金庫の特徴の一つ

多摩信用金庫の扱っているローンに関してですが、信用金庫が一般的に扱っているカードローンとどこか違うかと言えば、特に大きな違いはありません。ただローンという大きな括りで見ると、多種多様に商品コースがあります。

これもまた、地域住民が活用しやすいようになっていると言っていいのではないでしょうか。

住宅ローン・リフォームローン(6コース)
教育ローン(1コース)
カーローン(1コース)
フリーローン(1コース)
提携社員ローン(1コース)
カードローン(2コース)
個人支援ローン(1コース)
その他ローン(3コース)

種類別にしても、これだけのローン商品があります。これもまた多摩信用金庫の特徴の一つと言っていいでしょう。顧客は、多くの中からそれぞれ自分にあったローン商品を選ぶことができるのは、ありがたいことだと思います。

地域密着の信用金庫とはいえ、多摩信用金庫の場合は、規模が大きいと言えます。それだけ、金融機関としての力量もあることが想像に難くないでしょう。

実際ローン商品を見ても、種類別にしているものの、他の信用金庫では扱っていないようなタイプのローンもあり、全体的に見ても多くの商品があると言えます。これは規模の大きな多摩信用金庫の大きな特徴と言えますね。

2種類のカードローンはどう違う?「2WAY」と「CITY」

では、カードローンに関してはどうなのか。

多摩信用金庫のカードローンに関しては、「2WAY」と「CITY」の2種類あります。

カードローンが2種類あるということは、それぞれ顧客の状況によって選べることになるのですが、パッと見どちらを選んだらいいのか、わからないでしょう。

もちろん自分にあった方を選べばいいのですが、2つの違いを理解しないことには悩んでしまうと思います。

それぞれの商品概要を比較しながら見ていく中で選択していく必要はあるでしょう。まずは共通項目から確認していきましょう。

「2WAY」「CITY」の共通事項は多い

「2WAY」と「CITY」の商品概要で共通事項

申込条件 満20歳以上65歳未満
固定電話、または携帯電話の契約がある
一般社団法人しんきん保証基金の保証が得られる
勤続2年以上で安定継続した収入がある(融資限度額100万希望者)
使い道 自由
(ただし事業性資金は除く)
融資額 20万
(融資期間後、申し込み審査によっては50万・100万円に増額可能)
利 率 14.5%
(保証料含)
返済方法 定例返済(自動振替)
臨時返済(ATMまたは窓口)
※ATMの場合、返済は元金のみになる
保証会社 一般社団法人しんきん保証基金
保証人
担保
不 要
保証料
手数料
融資利率の中に含まれている。
申し込みの際の収入印紙代200円も必要。
必要書類 本人確認書類として運転免許証
(ない場合は、パスポート、健康保険証・顔写真付住民基本台帳カードのいずれか)
在留カードとして外国人登録証明書など
(日本国籍以外の場合)
年収確認書類として源泉徴収票、確定申告書、公的年金等の源泉徴収票など
(融資限度額100万円の申し込み・100万円の増額の場合)
返済用預金口座の届出印と通帳
申込方法 インターネット(仮審査)
窓口

※金利は金融情勢により、変動する可能性あり。

補足ですが、必要書類とは少し違うのですが、「犯罪収益移転防止法」の改正の関係で、新たに融資の取引を行う場合、本人確認以外にも職業や取引を行う目的等についても確認が必要とのことです。

これは融資だけでなく、口座開設の際や10万円を超える現金振り込み等、他の場合にも確認が必要となっています。少し面倒ですが、「オレオレ詐欺」などの振り込み詐欺が溢れている今は仕方がないのかもしれません。

上記の通り商品概要の項目を見ても共通項目が多く、ほとんど同じではないか、という印象が拭えないと思います。

しかし、共通項目が多いのは、考えようによってはわかりやすいという点もあります。

あとは、違う点を比べることですが、まだ商品概要以外にも共通項目があります。

「トータルサービス」として自動融資が使えるのもどちらも同じ

カードローンに付き物としてあるサービスの中に、自動融資があります。これは、どこでも、どの商品でも付いているとは限りません。しかし、オプションとして付随している場合が多くあり、多摩信用金庫も同じ様に「2WAY」「CITY」に付いています。

「2WAY」「CITY」では、「トータルサービス」が自動融資サービスのことになります。

自動融資サービスとは
公共料金等の自動引き落とし、及び、預金の引き出しの際に残高不足になっていたら、不足分をカードローンから自動的に融資を行ってくれるサービスです。

例えば、「電気代が自動引き落としされるけど、給料日がまだ先だった。」「ショッピングでクレジットを使ったが、残高がないのに後で気づいた。」など、通帳の残高が足りない時に便利なサービスです。

この時に、普通ならば引落ができずにカードが止まったりする可能性もあったり、延滞扱いになってしまったりするのですが、自動融資サービスが付随していれば、そんな心配はありません。

これは、さまざまな引き落としを口座から行っている人には大変助かるサービスになります。

もちろん、限度額内での対応になるので、借入額が限度額ギリギリの場合は、注意が必要です。

ただし、場合によってはこの自動融資がかえって困ってしまうことがあるかもしれません。例えば、お金をATMでお金を下ろす時に残高がなければ、諦めたり日を改めたりするつもりだったが、気付かないうちに自動融資としてローン扱いになれば、手数料が発生することになります。必要以上の手数料は、困る人もいるでしょう。

そのような場合は、15:30までに口座に入金しておけば、自動融資が実施されずにすみます。また、このサービスが不要の場合は、申し出をすればいいでしょう。

「2WAY」と「CITY」の大きく違う点は融資期間!

商品概要を見ると、「2WAY」「CITY」、この二つに大きな違いはないという話もすでに出ました。

それこそ、カードローンの重要な部分である融資額、金利や返済方法などほとんど同じなのですから、そう思っても仕方がないかもしれません。

では、違う点はどこでしょうか。

2WAY CITY
融資期間 1年
(自動更新・最終更新年齢は69歳まで)
3年
(自動更新・最終更新年齢は69歳まで)
カード キャッシュカードと一体化 ローン専用

たった2点のみ?しかも比較してみると、違いとしてはさほど内容に差がないじゃないか、と思われるかもしれません。

僅かな違いに感じるかもしれませんが、年数だけで考えても1年と3年は大きく違います。自動更新なのでもちろんその先もあるのですが、毎年更新と3年ごとの更新と考えるとかなり違うのではないでしょうか。

例えば、限度額を上げたい場合です。限度額を上げる為の審査は当然どちらもあるのですが、商品概要にはそれぞれ「契約日より1年(3年)更新後、申し込みにより限度額がアップします。」とあります。早めに限度額を上げたいと思っても、「CITY」の場合、「2WAY」より時間が掛かってしまいます。

逆を言えば、申し込み時のような厳密な審査はないでしょうが、更新時に確認が入ることを考えれば、自動更新とはいえ、1年ごとよりも3年間あいた方が、手間が減ると言うものです。

カード機能という点では、「2WAY」は、キャッシュカードと一体化されているので、便利です。対して「CITY」は、「ローンはローン。」と区別したい人に向いているでしょう。

自分がどのようにカードローンを使うのか、どちらが向いているのかで大きく変わってきます。

2つのコース「2WAY」と「CITY」は、限度額や金利等を見ても基本的にほぼ同じと考えても問題なさそうです。とはいえ、やはりコースが分かれていると言うのは、それぞれのポイントとなる違いはあります。

この違いが気にならない人はいいかもしれないですが、その違いも人によっては大きなポイントともなるので、やはりしっかりと違いを把握したうえで、どちらのコースがいいのか、決めた方がいいかもしれませんね。

借換専用ローンもあるのは多摩信用金庫の特徴のひとつ!

よく多重債務に困っている人向けとして、おまとめローンや借換ローンを扱っているところがありますが、多摩信用金庫も同じく、借換ができるローン商品があります。

たましん個人支援ローン「リンク」が、それに当たります。

「リンク」商品概要

条 件 営業地区(多摩地域およびその周辺)に在住、または勤務している
申込時に満20歳以上満65歳未満で約定最終返済時満75歳以下
貸金業法の改正によって、やむを得ず資金が必要
借換により健全な社会生活ができると見込まれる
使い道 借入債務の借換資金
借入に伴う繰上完済にかかる手数料
多重債務の整理に必要な資金
(弁護士費用もOK)
融資限度額 500万円以下(1万円単位)
融資期間 原則として10年以内
利 率 多摩信用金庫所定の金利
(変動金利)
返済方法 元利均等返済
保証会社 不 要
(保証料が不要)
保証人 原則として法定相続人1名
(必要に応じて返済能力のある第三者保証人でも可)
担 保 原則として不要
(必要に応じて必要)

「リンク」の特徴として、よくある保証人不要の商品と違って、保証人が必要なローンにはなっています。そこがハードルになってしまうかもしれませんが、借り換えすることにより現状よりも負担が減り、なおかつ返済をきちんと進めたいと考えている人には、向いているのではないでしょうか。

特に2010年の貸金業法の改正による「総量規制」で、消費者金融では(申込者の)年収の三分の一以上の融資を禁止しています。その為、状況によっては困窮している人もいます。銀行は貸金業法の対象外なので、審査に通れば年収の三分の一以上の融資は可能です。

借り換えに関しては、借りる側に有利になる貸付けということで、多重債務のおまとめローンの場合は、消費者金融でも年収の三分の一以上でも「総量規制」の例外にはなるのですが、他社の返済額そのままの余裕を持った額を借りることはできない場合が多いです。

銀行の方が多少なりとも必要額よりも余裕を持った額を借りることが可能です。もちろん審査はあるし、借り換えの場合は、通常のカードローンとは審査の厳しさやチェックポイントが違うので必ず審査に通るとは限りません。

しかし、今までに延滞もなく真面目に返済をしている方で、これ以上の負担は辛いという方には、相談の余地があるはずです。

どうしたらいいのか分からない時は相談するのも有!

上記でも触れたように貸金業法の改正により、メリットと共にデメリットを抱えてしまった方もいます。今の借金返済に対して不安のある方は、先にあった「リンク」で借り換えすることにより1ヶ月の返済件数や返済額の減少の可能性があるのならば、検討の余地があるはずです。

しかし、改めて審査を受けることに対しての不安や、どうしたらいいのかわからない人も多くいます。

そんな人向けに、多摩信用金庫では相談窓口を設置しています。また場合によっては弁護士会への紹介も行っています。

「消費者ローン相談窓口」時間帯

各店舗     平日9:00~15:00
すまいるプラザ 平日9:00~19:00
        土日10:00or11:00~17:00or19:00 
       (店舗により違いあり)

特にすまいるプラザでは、土日でも対応しています。また、ファイナンシャルプランナー、社会保険労務士、税理士や弁護士等によりセミナーや相談会も開催しているようです。

まずは、相談窓口にて、相談してから借り換えを考えるのも一つの手です。

借り換えローンは多くの金融機関で取り扱っているけど、多摩信用金庫では「リンク」がそれに当たります。とはいえ、保証人の点は少し面倒に思うかもしれません。

とはいえ、「すまいるプラザ」等の相談窓口があり、土日も相談できる場があるのは嬉しいことです。専門家のセミナーもあるようですし、まずは相談することから初めてもいいかもしれませんね。

地域住民ならぜひ利用したい!多摩信用金庫はそんな金融機関

銀行と違って信用金庫はその特徴とも言える、地域住民のための金融機関でもあります。

  • ローン商品の条件に「営業地区内に居住、またはお勤め・・。」とある。
  • ローン商品の種類が多い。
  • カードローンも2種類ある。
  • 借換ローンもある。
  • 相談窓口を設置している。

こうやって見ると、多摩信用金庫は、地域住民や会員などの顧客のニーズに答えて、様々なローン商品を展開していることがわかります。

ローン一つとっても地域密着という信用金庫ならではのポイントをしっかりと捉え、顧客の声に答えようとしている多摩信用金庫は、近隣に住んでいる方にはオススメの金融機関と言えるでしょう。

信用金庫は都市銀行よりも規模が小さいことが多い為、数字の上や商品の内容だけで見ると、銀行と変わらなかったり、銀行よりも手間を感じる部分はあるかもしれないのですね。

とはいえ、紙面上では見えない部分では、やはり信用金庫というだけだって、地域住民のニーズに応えようとしている点もあるし、地域密着と言えるだけの身近なサービスも行っているのがわかります。

そんな地元に根付いた多摩信用金庫のカードローンも、検討の余地があるローンではないでしょうか。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.