当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

池田銀行カードローンってどうなの?審査やサービスを比較しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/12/23

カードローンにはたくさんの消費者金融会社や銀行があって、申し込みするのに迷ってしまいませんか?

数ある地方銀行の中でも、池田泉州銀行は、近畿地方において安心感が高く人気のある銀行です。

そんな人気の高い池田泉州銀行のカードローン、気になりませんか?カードローンを選ぶ大事な決め手は、「サービス」「金利」「審査」です。

さあ、これらを大手消費者金融会社や都市銀行と比較してみましょう。

その結果、池田泉州銀行のカードローンがあなたにとって最高のカードローンだったら、申し込みして損はありませんよ。

池田泉州銀行カードローンは申込しやすいの?借り方チェック!

最近のカードローンは、インターネットの力を利用して、どの会社も銀行も申し込みしやすくなっています。

地方銀行も、大手消費者金融会社と同じくらいの申し込みやすさを売りにしているところもどんどん増えています。池田泉州銀行のカードローンの申し込み方法を確認してみましょう。

池田泉州銀行のカードローンはカンタンに申し込みできる!

池田泉州銀行には、いくつかのカードローンの種類があります。その種類については、またあとで解説しますね。

ここでまずお伝えしたいのは、池田泉州銀行のカードローンは大変借りやすいということなんです。池田泉州銀行カードローンの借りやすいポイントを以下に挙げます。

  • 24時間申し込みオッケー
  • インターネットでオッケー
  • 収入証明書不要

地方銀行のカードローンや、中小の消費者金融会社の中には、店頭に行かなくては申し込みや審査が出来ないところもあります。

そんな中で、池田泉州銀行は、インターネットで時間を選ばずに申し込みできるのでとてもスピーディーですね。

また、収入証明不要というのもうれしいです。ただ、条件はあります。100万円以下の借り入れの時限定で、収入証明不要なので注意しましょう。

とはいえ、おまとめローンでもない限り、多くの場合は収入証明不要で借りられるはずです。

どっちがラク?池田泉州銀行と大手都市銀行とを比較してみよう

しかし、残念ながら、池田泉州銀行にも他の銀行と比較すると借りやすさにデメリットはあります。以下、ポイントを比較してみましょう。

銀行名 カードローン名 融資までの時間 最短のカード受取方法
三菱東京UFJ銀行 バンクイック 最短30分~即日 テレビ窓口
三井住友銀行 三井住友銀行カードローン 最短30分~即日 ローン契約機
りそな銀行 プレミアムローン/クイックカードローン 10日間 郵送
みずほ銀行 みずほ銀行カードローン 最短即日~1ヶ月以上 WEB完結
池田泉州銀行 パッとサッとカードローン 1週間~10日 郵送

いかがでしょうか。

これを見ると、池田泉州銀行は大手都市銀行に比較すると、素早く借り入れするのには向いていないことがわかります。

りそな銀行など、池田泉州銀行と同じくらい時間がかかる銀行はありますが、大手都市銀行のほとんどは即日融資がメジャーです。

池田泉州銀行はインターネットでの申し込みができるため、審査はパッとできるのですが、審査に通ってからカード受取にまで時間がかかるのが、即日融資できない理由なのです。

借りられる地域や条件を確認!

池田泉州銀行は地方銀行なので、全国展開している大手都市銀行に比較すると借りられる条件や地域が限られます。池田泉州銀行で借りる条件は以下です。

  • 20歳以上70歳未満の方
  • 営業エリア内にお住まいの方
  • 安定した収入がある方
池田泉州銀行の営業エリアとは、大阪・兵庫・京都・和歌山です。東京やインターネット支店では、カードローンを借りることはできません。

また、安定した収入さえあれば、専業主婦でもパートやアルバイトでもさらに年金受給者でも借り入れできるのが、池田泉州銀行カードローンのメリットです。

銀行のカードローンは、総量規制対象外なのも大きな魅力です。池田泉州銀行のカードローンも、もちろん総量規制対象外なので、収入の少ない専業主婦やパート・アルバイトでも借り入れできる可能性があるのです。

ただし、いくら総量規制対象外とはいえ、収入と借入のバランスが悪い場合は借りてはなりません。返済できる収入のある方ではないと、サービスが豊富な池田泉州銀行でも借り入れすることはできません。

インターネットでスピーディーに申し込みできることが、池田泉州銀行カードローンの大きなメリットです。また、多くの職業の人に開かれているのも安心ですよね。

ただ、審査スピードの点では、大手カードローン会社には劣るので注意が必要です。

あなたはどれを選ぶ?池田泉州銀行の豊かなカードローンメニュー

池田泉州銀行には、いくつもの種類のカードローンがあります。大きく分けて、キャッシュカードと一体になっているカードローンと、専用のローンカードが発行されるものとの2種類があります。

各々の種類に分けて比較してみましょう。

キャッシュカード一体型カードローン

カードローン名 最大限度額 金利 特徴
一体型カードローン 300万円 14.5% 専業主婦でもオッケー
マックスファイブ 500万円 5.95% 取引・年収など条件あり

キャッシュカード一体型カードローンとは、あなたのもともと持っている池田泉州銀行のキャッシュカードでそのままローンが使えるというものです。

メリットは、新しくカードを持たなくていいので、お財布の中がスッキリするということと、カードローンを利用しているというイメージを周りから持たれづらいということでしょう。

ちなみに、キャッシュカード一体型カードローンは、地方銀行カードローンにはよくあるタイプです。 特に池田泉州銀行ならではのサービスというわけではありません。

「マックスファイブ」というローンは非常に低金利でお得ですね!この5.95パーセントという低金利は銀行の中でもそうそうあるものではありません。

ただし、借りるための条件はあります。ひとつは、池田泉州銀行と2年以上の取引があり、さらに、定期預金や公共料金の引き落としなどで池田泉州銀行を利用している方という条件です。

もうひとつは、年収が400万円以上で、同じ勤務先に2年以上勤めている方です。池田泉州銀行の「お得意様」であれば、低金利でサービスしますよ、ということなのですね。

もうひとつの「キャッシュカード一体型カードローン」は、主婦でも配偶者に安定収入があれば申し込みオッケーという安心のカードローンです。ただ、金利は銀行のカードローンとしては一般的な金利です。

以上の二つとも、池田泉州銀行の営業エリア内である関西でのみ利用できることも押さえておきましょう。

ローンカードが別にあるカードローン

さて、次は、カードローン専用のカードを必要とするタイプのご紹介です。

カードローン名 最大限度額 金利 特徴
パッとサッと/td>

10万円・30万円 14.0% 全国の金融機関で使える
モビットキャッシング 30万円~300万円(50万円刻み) 14.7% 営業エリア内限定

「パッとサッとカードローン」は、全国の金融機関でキャッシングできるのが特徴です。ただ、10万円または30万円の2種類のみであり、大口の借り入れはできません。「パッとサッと」は、どちらかというと、クレジットカードのキャッシングサービスのイメージが近いかもしれません。

一方、モビットキャッシングは、インターネットでカンタンに申し込みできることが評判のお手軽なカードローンです。金利は銀行では一般的な金利で、そこまで低金利とはいえません。

また、営業エリア内でのみ利用できることは、キャッシュカード一体型と同じです。

都市銀行・ネット銀行のカードローンとの比較

池田泉州銀行と比較して、大手都市銀行のカードローンの特徴は、全国的に利用できることと、限度額が高いことです。

以下は、都市銀行のカードローンの比較です。

銀行名 カードローン名 金利 最大限度額
三菱東京UFJ銀行 バンクイック 1.8~14.6% 500万円
三井住友銀行 三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 800万円
りそな銀行 プレミアムローン/クイックカードローン 3.5~12.475% 800万円/100万円
みずほ銀行 みずほ銀行カードローン 3.0~14.0% 1000万円

中には1000万円という限度額もあり、大口の契約もできるようになっています。ただ、この高い限度額はあくまで信頼を得てからのことなので、最初から数百万円も借りられるとは思わない方が良いでしょう。

同時に、金利も、最初は最大金利からのスタートが一般的です。最低金利で比較するのはあまり意味がないといえます。

次に、ネット銀行の人気の高いカードローンを集めました。

銀行名 カードローン名 金利 最大限度額
楽天銀行 スーパーローン 1.9~14.5% 800万円
イオン銀行 カードローンBIG 3.8~13.8% 800万円
オリックス銀行 オリックス銀行カードローン 3.0~17.8% 800万円
住信SBIネット銀行 Mr.カードローン プレミアムコース 1.99~7.99% 1000万円

ネット銀行の特徴は、限度額も高く、金利も低いことです。インターネット上の銀行なので、場所を選ばずに借りたり返したりできるのが大変にお得です。

池田泉州銀行カードローンには用途によって選べるカードローンの種類があります。都市銀行やネット銀行と比較しても、低金利なプランもあります。

営業地域に住んでいるあなたはぜひ検討してみましょう。

低金利で選ぶならオススメはこれ!キャンペーンと共に比較

以上でも、金利を比較してきましたが、低金利といえば銀行ばかりではありません。消費者金融会社や一部の銀行では、「無利息期間キャンペーン」という魅力的なサービスがあります。

借りるのならできるだけ低金利がうれしいですよね。あなたに合った低金利カードローンを探しましょう。

低金利が自慢のカードローン

まず、金利を選ぶ時には、「最低金利」ではなく「最高金利」を見るということを押さえておきましょう。

なぜなら、最低金利はめったに手に入るものではないからです。相当な高年収と、長期間の信頼がなければ無理でしょう。

大抵の場合は、申し込みしてすぐは最高金利でのスタートです。ですので、まずは最高金利を比較した方が現実的です。純粋に低金利のカードローンを並べてみましょう。

銀行名 カードローン名 金利 最大限度額
りそな銀行 プレミアムローン/クイックカードローン 3.5~12.475% 800万円/100万円
イオン銀行 カードローンBIG 3.8~13.8% 800万円
住信SBIネット銀行 Mr.カードローン プレミアムコース 1.99~7.99% 1000万円
池田泉州銀行 マックスファイブ 5.95% 500万円

池田泉州銀行のカードローンで最も低金利なのは、条件付きで利用できる「マックスファイブ」ですね。全国展開のカードローンと比較しても、とっても低金利で驚きます。

ただ、これらのカードローンは、低金利な分、審査も厳しくなります。

審査が厳しいということは、お金が必要な時にすぐには借りられないかもしれないということです。

無利息期間キャンペーン中!お得なカードローン

カードローンは低金利というだけではなく、総合的に考えることが重要です。

今から見る無利息期間キャンペーンのカードローンを利用すれば、低金利カードローンよりもお得に借りられるかもしれないからです。

銀行/提携銀行 カードローン名 金利 無利息期間
三菱東京UFJ銀行 アコム 3.0~18.0% 30日
三井住友銀行 プロミス 4.5~18.0% 30日
新生銀行 レイク 4.5~18.0% 30日間/180日間
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング 2.5~18.0% 30日間

無利息期間とは、その名の通り無利息で借りられてしまう期間のことです。0円でお金が借りられるのですから、これ以上のお得はないですよね。

無利息期間がある銀行や消費者金融会社は、金利こそ一般的ですが、30日以内の短い借り入れであれば、どの低金利のカードローンにも負けないほどお得に借りられます。

しかも、ネット銀行や消費者金融会社なので、即日融資で審査もそこまで厳しくはないと言えます。ただし、30日の無利息期間を一日でも過ぎてしまえば、割と高めの金利がすぐにかかりますので、心に留めておきましょう。

「マックスファイブ」の超・低金利は大変お得です。ただ、その分、審査も決して甘くはありません。短期間での借り入れなら、他の消費者金融会社や銀行のカードローンも検討してみましょう。

お得に借り入れするためには、金利のみならず、キャンペーンも含めて比較検討することが大切です。

審査が不安な方へ。池田泉州銀行カードローンは厳しい?甘い?

いつまでも私たちを不安にさせるもの・・・それがカードローンの審査ではないでしょうか。池田泉州銀行カードローンは審査が厳しいの?甘いの?解説します。

地方銀行はライバルが少ないのでチャンスが高い

池田泉州銀行のような地方銀行の審査は、正直に言いますと、比較してそこまで甘くはありません。

しかし、都市銀行のカードローンに比べると、地方銀行の方が審査に通る可能性が高いといえます。なぜなら、ライバルが少ないからです。

池田泉州銀行のカードローンは、基本的には営業エリア内でのみ申し込みできるということになっていますよね。ということは、全国からお客さんの集まる都市銀行カードローンに比較して、ライバルが少ないと言えます。

ライバルが少なければ同じ年収や職業の人でも池田泉州銀行の方が審査に通りやすくなりますよね。また、池田泉州銀行は即日融資ができません。

今は、即日融資できるカードローンが主流ですので、即日融資できないというと人気が少し減ると考えられます。

しかし、即日融資できなかったとしても、今すぐお金が必要というわけでなければ、安心感が高い池田泉州銀行カードローンを利用するのはメリットが多いです。

即日融資よりも安心感が重要で、しかも、池田泉州銀行がメインバンクであれば、池田泉州銀行の審査はコワイものではありません。

安定した収入があることが何より大事

どんなカードローンでも、収入の安定はとても重要なポイントです。池田泉州銀行も例外ではありませんので、アルバイトやパートよりも正社員の方が審査に通りやすくなります。

ただ、池田泉州銀行は、専業主婦でも申し込みオッケーとなっているのは魅力的です。銀行の中には、専業主婦だと、配偶者に収入があっても審査には通らないというところも多くあります。

さらに、パートやアルバイトでも申し込みできるのも大きな魅力です。ただ、パート・アルバイトだと、大口契約は難しく、せいぜい10万円くらいの枠をゲットできたら良い方だと思っておきましょう。

都市銀行や消費者金融会社の審査基準

都市銀行・消費者金融会社のカードローンの審査はどうなのでしょうか。

都市銀行カードローンの審査は、カードローンの中でも最も厳しいと言われています。知名度があるので人気が高くサービスも充実しているからです。また、都市銀行という安心感で選ばれることが大変多いので、とにかくライバルが多いです。

一方、消費者金融会社のカードローンは、大手消費者金融会社だとそれなりに審査は厳しめですが、銀行に比べると審査が甘いと言われています。

金利も銀行と比較すると高めですし、銀行に比べると数も多くあるので、お客さんが一点に集中しづらいのでしょう。

ただ、おかしなもので、同じ収入で職業の二人が同時期に同じ消費者金融会社に申し込みしても、片方が落ちて片方が通るなんていうこともあります。

あなたの都合のみならず、会社都合で色々と変動があるのが消費者金融会社の特徴です。

池田泉州銀行の審査で重要視されることは何か

池田泉州銀行のような地方銀行の審査でも、安定した収入があるかどうかということが他のカードローンと同様最も大事になるのですが、地方銀行ならではの審査基準もあります。

それは、池田泉州銀行と取引があるかどうかということです。

池田泉州銀行のカードローンの中で最も低金利なのは、池田泉州銀行と取引が2年以上あるという条件がついていましたよね。

「おなじみさん」「お得意様」だと、池田泉州銀行のような地方銀行では審査に通りやすくなると言えるでしょう。

池田泉州銀行で借り換えはできる?

もうひとつ、審査が気になるのが、借り換えですよね。池田泉州銀行カードローンは低金利で安心感もあるので、他のカードローンから借り換えするのにも魅力的です。

他の銀行のカードローンの中には、たとえば楽天銀行など、借り換えオッケーと宣伝しているものがあります。しかし、池田泉州銀行カードローンには、借り換え専用のものはありません。

借り換えという目的でローンを借りてしまうと、それ専用のローンならともかく、一般的なフリーローンでは審査が厳しくなります。とくに100万円以上の大口の借り換えでは、よほど収入に余裕がないと危険です。

ですので、少額の借り換えならともかく、池田泉州銀行のカードローンでは、借り換えのためにはけっこう厳しめの審査だということを覚悟しておいた方がよさそうです。

池田泉州銀行カードローンの特徴について、おわかりいただけたでしょうか。低金利でサービスも充実しています。銀行のカードローンなので、安心感もありますよね。

池田泉州銀行は地域密着型で、かつ、お得意様だと優遇してもらえます。大手カードローンとよく比較しながら、利用を検討したいものです。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.