当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

中堅なのに即日融資!?セントラルのカードローンは持っておくと便利!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/01/11

愛媛県の松山市に本社を置くセントラルは、中堅規模の消費者金融です。規模と所在地からしても知名度はあまりないように見えますが、地域ではかなり知られた消費者金融であり、評判もかなり良いようです。

理由については、中小規模の消費者金融ではまだまだ対応しきれていないところが多い、即日融資が可能だという点が大きいでしょう。もちろん、他にもあります。

まだまだ大手のようにはいかない部分もあるのですが、地域でも好評のセントラルについて見てみたいと思います。

セントラルは四国と中国地方で展開している中規模の消費者金融!

株式会社セントラルは、昭和48年に愛媛県で黒河商事として創業した消費者金融です。その後、株式会社セントラルに社名変更して今に至っています。

会社概要

商 号 株式会社セントラル
創 業 昭和48年
本 社 愛媛県松山市
店舗数 支店2 自動機12
登録番号 四国財務局長(6)第00083号
日本貸金業協会第001473号

地方ということもあり規模は決し大きくはないのですが、そもそも規模が小さな消費者金融は、通常、数年で経営が行き詰まってしまうパターンが多くあります。

特に貸金業法の改正があった折り、過払い金の対応に会社の体力がない金融業者は次々と倒産して行きました。そんな中、生き残っているだけでも強い金融業者と言えます。

とはいえ、確かに貸金業登録の番号で見ても20年経っていないことになるのですが(それでも規模からすれば、かなり実績があると言えますが)、営業地域の区分で登録先が変わります。県を跨いだ場合、登録先が変わり、登録年数を表す数字も1からやり直しになります。その為、実際の営業年数とは変わってきます。

セントラルになる前も含めて実際には40年以上続いていると言う点で見ると、中小消費者金融でここまで続くのは老舗消費者金融と言えるのではないでしょうか。ただ単に地方の小さな消費者金融に収まらない実績と実力を持った会社と言えます。

実際、全国版ではなくともこの地方ではTVやラジオのCM、新聞広告等で多くの方に知られています。

自動契約機は12機と、多くのお客へのサービスも充実している!

ただ広告に力を入れて世間に知られているだけでなく、お客へのサービスにも努力を惜しまない会社です。

その一つとして、まず自動契約機が多く設置されていることが上げられます。しかも、県内のみならず他県にも設置されており、全国的には無理でも地域に広く展開していると言えます。

地方の小さな消費者金融では、その資金力により、自動機設置にまでなかなか事業展開することができない企業は多くあります。もちろん、人件費を考えれば機械の方が経費を抑えられるという一般的な経費の話はあるかもしれませんが、それが12機ともなると、維持費も大変なはずです。

その自動機が地域に多く設置されているという点では、申し込みという点でもお客が便利なように経営を行っていると言えるのではないでしょうか。

企業理念でもお客を第一にしていることがわかる会社

企業理念を見てもお客を中心に考えられており、恐いイメージばかりある消費者金融とは違います。

従業員も多いとは言えず、また社員の年齢層も平均29歳と若いため、一見、心配になる点も感じられるかもしれませんが、その分、社員研修に力を入れていると会社のホームページにも謳っており、実際、対応についても良い評判が多いようです。

特に会社の思想として

  • Communication(ふれあい)
  • Confidence(信用)
  • Challenge(挑戦)

の頭文字を取って、3つのCを掲げています。この言葉からもお客を大切にする姿勢が伺えます。

地方の場合、中堅以下の規模の消費者金融は数多くあります。しかし、その多くは年数もまだ新しく、知名度も評判もまだまだと言える企業の方が多いと考えられています。

しかしそんな中、四国にある「セントラル」は、40年以上の実績と、それに伴う利用者の評価や評判を得ることができている老舗の貸金業者と言えます。

それは会社の理念を見てもわかるように、顧客を大事にしているからこそできると言えるのかもしれませんね。

一番の魅力は即日融資!中小ではこの対応はほとんどない!

セントラルでのキャッシングは、自動機と振り込みとで対応が若干変わる為、コースも「自動機セントラルくん」、「振込キャッシング」と別れます。

ただし、借り入れの条件などのキャッシング概要は同じになります。

そして、どちらにしても即日融資が可能という点は、大きなオススメポイントとなります。

自動機セントラルくん・振込キャッシング概要

条 件 満20歳以上70歳以下
安定した収入のある方
(パート・アルバイト可)
融資額 1~100万円
利息(実質年率) 4.80%~18.00%
遅延損害金(年率) 20.00%
返済方式 残高スライドリボルビング
元利均等・元金均等返済方式
返済回数 1~60回(最長5年)
返済方法 セントラルATM・店頭
銀行振込
担保・保証人 不 要
必要書類 本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)
※所得証明書類が必要な場合あり

自動機セントラルくんと振込キャッシングの主な違いは、申し込みと手続きの方法と考えていいでしょう。

それぞれ、自分にあった方法で申し込みをするといい!

2つのコースですが、どう違うのかは言葉で一目瞭然です。それぞれ、どのような方向けなのか、確認しましょう。

自動機セントラルくん 自動契約機にて契約のため、自動機設置場所まで出向ける方。
急ぎですぐにカード発行希望の方。
忙しく、申し込みが昼間になかなかできない方。
振込キャッシング 遠方のため、自動機まで出向けない方。
急がない方。(即日融資も可能だが申込時間が限定される)
自宅などで手間なく借り入れしたい方。

「自動機セントラルくん」は、要は無人契約機です。最初にも触れましたが、県内にとどまらず12機設置されています。(ATMのみの所も含)中堅どころの消費者金融として見ると、充分な数と言えると思います。また、当たり前に思うかもしれませんが、ATMも一緒に設置されているので、すぐにお金を引き出すことができます。

もちろんこれ以外にも、電話や直接店舗に行ける方は、細かい話や相談がしやすいのでそちらに出向いた方が早いでしょう。中堅ならではの、相談に乗ってくれて、なお且つ、相談内容によってはそれが融資額に反映してもらえる可能性があります。

急ぎで自動機まで行けるのなら「セントラルくん」がオススメ!

「自動機セントラルくん」の場合、県外含めて多く自動機が設置されています。こちらは、自動機まで出向けるにはおオススメです。

手続きまでの手順はこのようになります。

自動契約機「セントラルくん」に出向く
※本人確認書類、また、念のため、所得証明書類も持参するようにする

ガイダンスに沿って、書類に必要事項を記入
タッチパネルで申し込みをする

審査(在籍確認含)

その場で、オペレーターが審査結果を回答
審査後、契約する

契約後、その場でカード発行される

カード発行後、併設のATMにて借り入れ可能

自動機の場合、営業時間が店舗よりも長い為、忙しい人にはこちらの方が向いていると言えます。

営業時間
自動契約機 9:00~21:00
併設ATM 8:00~24:00
年中無休

ちなみに店頭窓口の営業時間ですが。

平日 9:00~18:00
土曜 9:00~15:00
第三土曜・日曜・祝日・年末年始は休み

となっています。

セントラルくんの場合、窓口と比べてはるかに受付時間が長く、曜日に関しても年中無休になっています。

もちろん店頭での申し込みも可能ですが、こうやって見ると、店頭窓口の手続きよりも時間の融通がきき、そして誰にも会わずに手続きができるという面も考えると、自動機の方が、便利がいいでしょう。

また、融資までに掛かる時間ですが、30分で借り入れができるとあります。

審査の内容によってはもう少し掛かるかもしれませんが、この対応の早さは大手並で、急ぎの人に向いています。

自動機まで行けない人には振込キャッシングがある!

自動契約機まで出向けない人は、振込キャッシングでの手続きが便利です。

電話、またはインターネットで申し込み

セントラルから折り返し電話があり、内容説明と審査

審査結果回答

指定口座に振込
(可能ならば、自動機に移動し、契約する方法もあり。)

後日、送付された書類を記入し、提出

自宅での申し込みが可能ですので、自動機が遠い方にはオススメです。もちろん、最終的に自動機まで行ける方は契約を自動機で行う事も可能なのは、慎重にことを進めたい人にもいいかもしれません。

また、自動機よりも時間がかかるイメージがある振込ですが、こちらも14:00までに申し込みの受付ができれば、即日融資可能となっています。

それ以降の場合は、後日の振込になります。急ぐ人は早めに申し込む方がいいでしょう。

セントラルのキャッシングは、無人契約機「セントラルくん」で申し込む場合と、電話やネットを使って振込の手続きを行うのが、主な申し込み方法みたいですね。

申し込みのタイミングはあるとはいえ、振込も即日対応してもらえるようだし、セントラルくんでもすぐにカード発行が可能とあるのは、大手消費者金融と大差ない対応の早さと言えそう。

こうやって見ると、セントラルくんと振込キャッシングは商品の内容としては同じなので、自分の申し込みしやすい手順を選ぶという感覚でいいのかな。

セントラルの魅力は即日融資だけではない!他にもまだまだある!

大きな特徴として、先に説明した借り入れまでの早さが一番に挙げられますが、それ以外にもセントラルの良さが多くあります。

それは、大手消費者金融並みの金利の安さです。

これは大きな魅力になるでしょう。そして、審査についても申し込み者にとっては、借入先を選ぶポイントの一つになります。

即日融資だけでない?金利も審査も顧客に優しい内容になっている?

自動機にしろ振込にしろ、即日融資が可能なのは、中堅消費者金融ではまだまだ多いとは言えません。そうやってみるとセントラルは、大手に負けないサービスの良さがあると言えます。

もちろん、即日融資だけではありません。金利は大手並みともいえるほどの低さになっています。

特にセントラルなど中小規模の消費者金融の場合、低い方の金利でも10%をきる所はまだまだ少ないと言えます。また、限度額との関係から見ても、銀行の金利よりも大きく高い数字と言うほどではないはずです。

細かい区分けは概要には記載がないので一概には言えないのですが、場合によっては、よその金利設定と遜色ないと言えるのではないでしょうか。これは、かなり好条件です。

魅力の一つには審査も?顧客に柔軟対応とも言える評判の良さがある

人によっては審査が緩いという声もあり、魅力の一つとして捉えられるようです。

大抵の中小消費者金融によくある特徴の一つに「ブラックでもOK」なる文言がアピール内容としてあります。

申し込みした人が、実は過去債務整理をしていたり延滞していた場合、それがすでに終了し今はきちんと返済できるような人でも、大手消費者金融では一律判断(最初はコンピューターによる判断をしている所が多数)で審査に落ちてしまう所がほとんどです。

対して中小規模の消費者金融は、そんな人達の受け皿的な存在としてブラックと言われる人にも融資を行っている場合があります。そうやって業界で存続する方法の一つになっているのです。

もちろん、現時点で返済の見込みができない人は審査に落ちるので、100%誰でもと言うわけではないのですが、大手消費者金融や銀行と比べれば、かなり審査が柔軟な対応になっていると言えそうです。

セントラルの場合も、これに当てはまります。本当に誰でもと言う訳ではないので「ブラックOK」の表記はもちろん表立ってないのですが、自動機での申し込みでも、オペレーターが対応して相談に乗ってくれれば、過去ブラックだったとしても融資への道が開く可能性があります。

小口融資で終わらない?最初が小額でも増額は可能!

規模の小さな消費者金融だと、どうしても融資額が小口になってしまいます。限度額が100万円でわかるように、セントラルも他と同じ様に小口融資が基本です。

しかし、必ずしもこのままという言うわけではありません。

増額の可能性もあるのです。

増額申し込みはインターネットでも可能です。もちろん電話で問い合わせもできます。最大300万円まで可能となっています。だからこそ、金利も4.8%という数字が出てきているのかもしれません。

ただし、増額に対しての審査もありますし、延滞等をおこしていると増額の可能性も難しくなります。とはいえ他で新たに借り入れを考えるくらいならば、増額を検討材料の一つにしてもいいかもしれません。

地方の業者なのに全国からの申し込みに対応してくれる!

これもセントラルに限ったことではないのですが、地方の消費者金融として存在しつつも全国からの申し込みに対応してもらえる点は、特徴の一つと言っていいでしょう。

というのは、やはり地域の中小規模の消費者金融では、まだまだその地域限定での対応しかしていない業者も多いからです。

インターネットの普及で数は減っているものの、資金力の関係でネット環境が会社として整っていない業者はまだまだあります。

そう考えると、セントラルはこの規模ではかなり進んでいると考えていいと思います。

対応も良い?クチコミから見えてくるセントラルの評判

それ以外にも良い面がまだまだあります。それは年齢が70歳まで可能という点です。大抵は、60歳後半で申し込み不可になる所が多いのですが、かなり高齢まで対応してくれるのは、珍しいです。もちろん安定した収入が原則なので、そこは忘れてはいけないのでしょうが。

また、よくある対応についてですが、中小規模の消費者金融の場合、クチコミでは賛否両論となっている場合が多くあります。

これは、審査の可否に関係しているのでしょうが、セントラルの場合、ほとんどのクチコミで評判が良いとされています。会社の理念がここに反映されている証拠なのでしょう。

たまに悪評があるのですが、これは、どうやら似た社名の会社が紛れているようです。セントラルは似た社名が結構あるようです。

ですので、クチコミもですが、申し込みの際には、きちんと会社名を確認して申し込みをする必要があります。

先に、商品概要と合わせて、セントラルの代表的な良い面は即日対応が可能という話はしたのですが、どうやらそれだけではないようですね。

増額もですし、年齢的な点でも消費者のことを考えて条件が決められているのでは?と思わせる内容と言えそうです。

審査においても、口コミから見るに、誰もが通過するという意味での「ブラックでもOK」とはいかないまでも、それぞれの個人に配慮をした対応と言えそうなのは、ちょっと心惹かれる感じですね。

女性にも優しい!「マイレディス」は女性専用のカードローン

これも、お客のことを考えてでしょう。女性専用のコースが用意されています。「マイレディス」になります。このコースの大きな特徴は、対応する担当者が女性という点です。

正直に言えば、他のコースとの違いはここだけです。融資額や条件、借り入れや返済など、内容は他のコースと同じです。

そう聞くと、「え?」とがっかりされる方もみえるかもしれませんが、女性にとって対応する人が男性か女性かということは、かなり大きい問題です。

消費者金融というと、それだけで恐いイメージを持つ人はまだまだいます。特に、規模の小さな所はそのイメージがまだまだ拭えません。

そう言った意味で考えると、女性が対応すると言うのは、同じ女性にとって、非常にありがたいことです。わからないことも聞き易いでしょう。

専用の電話番号があるので、こちらから問い合わせしてみてください。

もちろん、申込方法は電話だけでなく、インターネットでも可能です。だったら女性スタッフは必要ないのでは?と思っても、審査の回答や、その後の状況で担当者とやり取りすることは多々あるかもしれません。そんな時、女性専用とわかって話をするのとしないのとでは、やはり違うのではないでしょうか。

要注意!女性でも収入のない専業主婦の場合は申込みできない

なお、女性専用ということで、勘違いしそうな点としては、収入のない専業主婦では申し込みはできない、ということです。

そう言うと、ついつい差別的な印象を持ってしまうかもしれませんが、そもそも消費者金融では無職の人はキャッシングの申し込みはできないのです。専業主婦だって家庭の為に働いているのは確かなのですが、お金の貸し借りに関して、特に消費者金融では、本人に収入があるかどうかが大きなポイントなのです。

そもそも消費者金融は、「総量規制」という、年収の三分の一以上の融資は不可となっている法律を守らなければいけません。と言うことは、収入がない場合、三分の一という数字も0になります。

何かしらの職業についていなくとも収入があれば別ですが、当然、収入のない無職の人は、キャッシングはできないのです。ですので、残念ながら収入のない専業主婦は申し込みできないので、注意が必要です。

女性スタッフが対応というだけで、一見何の変哲もない商品に見えますが、それが女性にとっては大きな意味を持つことがあります。

昔のイメージが抜けていない女性からすれば、セントラルもキャッシングへの申し込みにかなり勇気がいる業者と言えるかもしれません。しかし、相手が同じ女性というだけで随分と心強いものです。

とはいえ、同じ女性でも収入のない専業主婦は申し込むことはできないので、注意が必要ですね。

大手に負けないサービスで遠方でもオススメのセントラルです!

こうやって見ると、セントラルは、地方の中堅規模の消費者金融で大手と比べればまだまだ規模は小さいと言えますが、サービスや内容に関しては、大手に引けを取らない消費者金融と言えます。

メリットもこれだけ挙げられる消費者金融もそうそうないでしょう。

確かに四国・中国地方を中心としていますが、全国対応にも力を入れていますし、ATMなどの営業時間もお客の声に応えて以前より長くしています。

営業区域内に住んでいる人は当然ですが、遠方に住んでいる人にもオススメの消費者金融の一つと言えます。

小さな地方の消費者金融だと、ついついその規模からデメリット的な事ばかり考えてしまいがちですが、セントラルの場合、大手消費者金融に負けないレベルのサービスがあると言えそうですね。

もちろん、キャッシングには審査があり、それに通過しないといけないのですが、それでも口コミを見て申し込もうという人はきっと多くいるでしょう。

インターネットが主流の今だからこそ、地方の消費者金融セントラルでも全国から申し込むことはできるし、そういう人たちにもオススメできる消費者金融と言えますね。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.