当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

キャッシングするなら低金利の千葉興業銀行カードローン「リリーフ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/12/30

キャッシングするならどこで借りるのが、一番便利だと思いますか?金融業者を選ぶポイントは、目的や用途によって使い分けることです。

日本全国には、様々な金融業者がありますから、どこを利用しようか迷いますよね。その結果、手っ取り早く感じる、大手企業を選びがちです。

しかし、良く調べてみると、地元にも良い企業があるのを知っていましたか?特に地方銀行に多いのが、地場に居住、就職している人をターゲットにした、金利やサービスが充実した商品を取り扱っている場合があります。千葉県近郊に、居住、就職している人なら、地元密着型の千葉興業銀行が狙い目ですよ!

ここでは、千葉興業銀行の良さを詳しくご紹介します。

千葉興業銀行なら、素敵なキャッシングライフが実現可能!

キャッシングするなら、金利が抑えられて、「借りる、返済する」が、自分の思い通りにできるのが良いですよね。千葉興業銀行の商品なら、自分の思い描く「素敵なキャッシングライフ」が実現できるのです。

千葉興業銀行には、様々なカードローン商品があります。

ここでは、利用しやすい使途自由の商品を、ピックアップしてみました。

  • カードローン「リリーフ」
  • フリーローン
  • サポートローン

この3商品の簡単な概要を、ご説明しましょう。

千葉興業銀行の中心となるのが、カードローン「リリーフ」

千葉興業銀行の数あるローンの中で、よく利用されているのが、リリーフです。

借入期間が1年間と短期ですが、再審査の上、自動更新されるので、実際は長期で利用可能です。

変動金利を採用しており、景気の悪い時等は、金利も下がる傾向にあり、利用しやすいので人気があります。

「フリーローン」は、利用条件が分かりやすく、幅広い年齢層で人気!

フリーローンは、勤続年数や収入による借入制限をしていないので、収入が低めの人でもキャッシングできる可能性が高いので、人気があります。

利用対象年齢については、20歳以上、(最終返済年齢が)満75歳以下の人までが借入できるので、高齢者の方でも気兼ねせずにキャッシングを利用する事が出来ます。

満75歳までに完済できる人が対象ですので、年金生活者の方でも利用できるか?と言うことを考えていきましょう。商品概要説明には、安定収入がある人という条件はありますが、年金生活者は不可にはなっていませんので可能性はあります。(リリーフでは、年金生活者は不可になっています)

年金を収入とみなすかどうかは、銀行によって判断が異なりますので、直接確認するしかありませんが、このローンの場合はアルバイトなども利用可能ですので、高齢者の方でも定期的にアルバイトなどをされていれば、申込みは可能となります。

銀行ローンの最大のメリットである、総量規制対象外(※)であることも、千葉興業銀行の人気を後押ししています。

総量規制対象外とは

借り過ぎ防止の為、個人の借入総額を、年収3分の1までに制限する仕組みを、総量規制と言います。総量規制の対象から外れるものを「総量規制対象外」と言い、銀行ローン、住宅ローン、自動車ローン等がこれにあたります。

これらは、年収3分の1の制限を受けない為、消費者金融のみを利用する場合に比べ、希望する金額で融資を受けられる可能性が高まります。ここで紹介している、千葉興業銀行の商品はすべて総量規制対象外となります。

既に取引があるなら、サポートローン利用でおトクを実感!

既に千葉興業銀行で、住宅ローンの取引がある人は、サポートローンがかなりおトクです。金利が一般的なものに比べて10%以上低いので、利用を検討している人で、住宅ローンの取引がある人は、迷わずサポートローンを申込むのが良いでしょう。

コスモスクラブ会員(※)になれば、さらに金利優遇が受けられるので、超低金利でのキャッシングが実現可能です。

コスモクラブ会員とは

ちば興銀利用者なら、だれでも入会でき、利用が増えるたびに、お得な特典が受けられるポイントサービスです。

総量規制対象外でも、返済能力がなければ借入できない

先に、千葉興業銀行のカードローンは総量規制対象外なので、年収3分の1の制限がないとお話しをしました。これは、銀行ローンであれば年収3分の1を超える借入ができる「可能性がある」と言うことになります。

ここで重要になってくるのが、返済能力ですが、一般的に借入金(ショッピング、住宅ローン、自動車ローン、今回借入するキャッシング)の返済総額が、年収の25%~35%程度以下でないと、融資は難しいと言われます。

実際に生活していくとわかるのですが、年収の25%~35%の返済って結構大変です。既に、カードローンを持っている人は、年間の総支払額と、今回借入したい金額の年間支払額を合算してみましょう。今回借入することで、年間の総支払額が年収の25%をオーバーする様であれば、キャッシング申込は控える必要がありそうです。

返済能力とは、借入金額の額面だけでなく、返済履歴に遅延が無かったかどうかも審査の対象になります。たった1回の遅延であっても不利になりますから、キャッシング、ショッピング、携帯電話料金などのウッカリ忘れなども普段から注意しておきましょう。

千葉興業銀行のローンは、総量規制の対象外なので、消費者金融での借入金額とは合算されませんので、気軽に利用できると考えがちです。しかし、合算されなくても返済能力が無いと判断されれば、ローンを組むことが出来ないということを理解しておきましょう。

利用可能な人であれば、金利優遇などもありますので、他社と比較しても好条件で利用できると思います。

おトクな金融商品!カードローン「リリーフ」をご紹介

千葉興業銀行のカードローンの中で、私が一番おススメしたいのが、「リリーフ」です!「リリーフ」の特徴と言えば、他銀行でも数少ない、変動金利(※)を採用しているので、利息が全体的に低めと言うことです。

30万程度の少額キャッシングであった場合でも、14.6%となっており、平均的な金利が18%とすると、3%以上安く設定されています。

変動金利とは

固定金利は、常に一定利率なのに対して、変動金利は、金融情勢によって、その都度変更される可能性があります。メリットは金利が低く抑えられることで、デメリットは利率が固定されていない為、予定していた返済計画(金額)が、変わる事があるという点です。

千葉興業銀行では、金利以外にも、オトクなサービスが満載です。それでは、とっても気になる、「リリーフ」の商品スペックをご紹介しましょう。

項目 内容
利用可能者 千葉興業銀行営業地域内の居住者、又は勤務者
利用可能年齢 満20歳~60歳未満
限度額 500万(借入額に対し2倍の年収必要)
金利 4.5%~14.6%(変動型)
金利優遇 住宅ローン利用者は▲1.0%
その他条件 安定収入がある事 年金受給者は対象外

利用対象者は、千葉興業銀行の営業地域内に居住か、就職している事が必須となります。

借入限度額は希望金額に対して、2倍の年収が必要となっていますが、500万まで申込みできますので、大口を希望する人には、利用しやすい商品だと思います。

千葉興業銀行で住宅ローンを利用している人は、さらに金利優遇も受けられますので、益々、おトク感がアップしますよ。

今借り時なの!?ズバリ、変動金利はおススメです!

キャッシングの借り時ってあるのでしょうか?ズバリ、あると思います。変動金利は、景気に左右されます。金融情勢は、2008年頃のリーマンショックを境に世界的に低迷しました。日本もその影響を大きく受け、5年以上経過した今でも、目覚ましい景気回復には至っていません。

それに準じて、金利もさほど上がらず、現在もほぼ据え置き状態です。

現在の金利は、かなり低めの金利と考えて良いと思います。

今、キャッシングを検討している人には、特に「リリーフ」がおススメの時期であると言えますね。

変動金利は、固定金利に比べて変化するリスクがある為、時に高い利息を払う事もあります。しかし、ここ近年では、景気も低いままなので、しばらくは融資の金利も上がる可能性は低そうなので、利用価値はありますね。

地元の人(千葉興業銀行営業所管内)のみが利用可能なので、地域密着型で、安心感があります。

スッキリ審査!他社と比較してみても融資条件は明確!

銀行のローン審査と言うと、一般的に消費者金融より複雑なイメージが有りますよね。では、実際のところ、千葉興業銀行はどうなのでしょうか?千葉興業銀行の商品概要説明書に明記されている内容で、重要な点はココです。

  • 借入希望金額の2倍の年収がある事
  • 保証会社の保証が受けられる事

千葉興業銀行の審査は、実を言うと、取り上げて「手続きが簡単」と言うわけではありません。しかし、借入希望金額に対する必要な年収などが、ハッキリ明記されているので、

自分に見合う金額で申込みをする人が多い=審査がスムーズに通過できる人が多い

と言うことが、審査手続きが簡単がと言われる理由の一つの様です。

また、保証会社の保証を受ける事が、融資条件となっていますが、これは返済不能になった場合に、保証会社に弁済を肩代わりしてもらう仕組みです。

当然、保証会社でも審査は行われます。審査基準は、会社によって異なりますし、我々個人が安易にわかるものではありませんが、保証会社も銀行と同等程度の審査は行っていると想定出来ます。基準が明確になっていなくても、はっきりしている事として、返済遅延などの事故を起こした人や、自己破産者などは、まず審査は通りません。

保証会社の保証を受ける事ができる人ならば、銀行の貸付リスクは無いのですから、その時点で銀行の審査通過もほぼ約束されたと考えて良いと思います。

保証会社の保証を受けられる人 = 銀行ローンがほぼ利用できる人

その点も、審査手続きが簡単と言われる理由です。

審査通過のカギ!商品概要をバッチリ把握するべし

キャッシングを希望する時って、割と急いでいる時が多いと思います。そんな時に、商品概要を把握するって、面倒だし、時間かかるし、出来ればやりたくないと考えるのが普通でしょうね。

しかし、借りる金額によっては、長い付き合いになるカードローンですから、「借りて失敗した!」とならない為にも、商品概要は把握しておきましょう。

また、商品概要を読むことで、自分が借入できるかどうか、おおよそ見当をつける事が出来ます。借りられそうであれば、申込みをすれば良いし、ダメそうであれば他の金融業者を検討してみたり、何が原因かを把握すれば良いのです。

スムーズに審査を通過したければ、商品詳細を読むことをおススメします。

商品詳細を把握することが、審査通過のカギとなります。ホームページのトップに表示されている内容だけでは、情報が不十分です。

自分が借入できる条件に当てはまっているかを理解するには、商品詳細を知っておくことです。商品詳細は、ホームページを読み進めていくと、必ず明記されていますので、面倒くさがらず読んでみて下さい。

自分が利用するキャッシング商品の内容は、正確に理解した上で申し込む事が大切です。ホームページのトップなどに記載されている内容は、大まかなことしか書かれていません。

申込をする前に商品概要を熟読することが、上手なキャッシング術と言えます。

商品内容が充実!そして便利さが魅力の千葉興業銀行

「リリーフ」を中心にご紹介してきましたが、千葉興業銀行カードローン商品の魅力を感じてもらえましたか?近年では、消費者金融も、銀行ローンも、商品内容に大きな違いが無くなりつつあります。特に金利においては、ほぼ同じと言っても良いぐらいです。

これは、貸金業法の規制により、金融会社の経営が年々厳しくなっており、顧客獲得の為に、各社サービス向上合戦が繰り広げられた結果です。

千葉興業銀行もサービス向上には力を入れており、地方銀行ながら利用できるATMが全国にあります。千葉興業銀行のローン商品が利用できる、ATMはこちらになります。(千葉興業銀行以外)

  • セブン銀行
  • コンビニATM
  • イオン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 提携先金融機関

これだけ網羅していれば、逆に利用できないATMを探すのが難しいぐらい、どこでも利用できる強い味方となるでしょう。

余裕ができたら、好きな時に返済もできるから、ウレシイ!

借りるのは、コンビニATMを始めとして、いろんなところで利用できるから、超便利!返済は毎月1回が基本で、随時返済は手続きが面倒な会社が多い中、千葉興業銀行のATMで入金するだけで、随時入金として取り扱ってくれるから、自分のペースで返済できるのが、ウレシイ!

一括返済をする場合も、一括返済予定の連絡をする必要が無いので、無駄な手続きがいらず、返済めどがたったらすぐに返済できるのが、とっても便利です。

口コミであった印象的な意見が、「余裕ができた時に簡単に返済できたので、うまく前倒し返済ができ、ヤル気になれた!」という意見でした。

「借りる」「返す」がスムーズにできると言うことは、金利負担も、心理負担も軽減されるので、キャッシング初心者の人でも、利用しやすい商品だと言えますね。

キャッシングするなら、いろんな会社をチェックした方がイイの?

キャッシングを利用したことがある人ならば、会社によっていろんなサービスがある事を知っている人も多いでしょう。初心者の人は、最初に目に入った会社(目につきやすい大手会社が多い)を選びがちです。

でも、せっかくキャッシングしようと考えるならば、一社だけで決めずにいろんな会社と比較すると、より自分にあった金融会社を見つける事ができると思います。キャッシングって、ころころ会社を変えて利用するものでは無いのですから、利便性、サービスなどを考慮して慎重に選びましょう。

地域密着型の地方銀行には、サービスの高いローンが結構ありますから、中小の銀行も要チェックですよ。千葉県エリア近郊に居住、就職している人は、比較する際に、千葉興業銀行のカードローンも見逃さないでチェックしてみて下さいね。

きっと満足のいくキャッシングができると思います。

銀行ローンと消費者金融の両者を利用した場合、理論上で考えれば、年収3分の1を超える金額を借入できる可能性があります。しかし、実際には返済能力を考えると、貸付額は年収3分の1をわずかに超えるぐらいが限度だと思います。よって、審査も簡単には通らないと心得ておく事が大切です。

初めてのキャッシングであれば、消費者金融よりも、千葉興業銀行の様な地域密着型のカードローンを利用すると、各種サービスが充実していますので、使いやすく便利だと思います。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.