当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

便利な消費者金融のニチデン!ニチデンで対応しているサービスは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/01/11

ニチデンは消費者金融として、人気のカードローンを販売しています。ですが、商品内容について詳しく解説しているサイトが少ないので、今回はニチデンで販売している商品を中心として、詳しいサービス内容を案内していきます。

案内の中では、ニチデンのみで対応しているサービスについても解説しているので、良ければこちらも参考にしていただければ幸いです。

ニチデンのカードローン!初心者でも使いやすいサービスが充実

ニチデンのカードローンは、大まかにまとめてしまうと「誰でも使える」という魅力があります。

カードローンというと、年収を気にされて審査を受ける人が多いでしょう。ニチデンのカードローンは、年収以外の要素も含めて審査を行うため、そのような不安を抱えている人とも相性が良い消費者金融です。
業者名 クレジットのニチデン
商品名 振込ローン
融資限度額 50万円
金利(年率) 7.30%~17.52%
審査対象者 会社員、自営業、パート、アルバイト
遅延損害金 20.00%
返済方式 元利定額リボルビング方式
返済回数 最長5年(1回~60回)

スピード審査に対応!ニチデンなら24時間いつでもローン申込が可能

現代ではスピードが求められていますが、ニチデンのカードローンもそのスピードの要求を満たしてくれます。

というのも、ニチデンのカードローンはネット対応となっているからです。

ネット対応と聞くと、ネットから公式ホームページを見れる程度のものを想像してしまいますが、ニチデンのカードローンではさらにネット審査まで対応してくれます。

ネット審査とは

主にWEB審査としてサービス提供されているもので、ネットを通じてカードローン審査が行えるサービスのことです。

これにより男性だけでなく「女性の利用者」も多くなりました。

また、ニチデンのカードローンは「女性の会社員、女性のパート」でも申込が可能です。

これらの人達は、「身バレ」を防げる金融機関を探していることが多いので、ニチデンのカードローンといった、身バレしづらいサービスに定評がある金融機関を高く評価しています。

身バレとは

カードローン申込、契約していることがバレることを身バレと言います。

家族、会社の上司、同僚にバレてしまうケースが身バレするケースでは多いのですが、利用する金融機関によっては、身バレに対する配慮が無いこともあるので注意が必要です。

なぜ、他の金融機関では身バレを防ぐことが難しいのか?というと、以下のような問題が発生しやすいからです。

  • 営業の電話が定期的にかかってくる
  • 営業の自宅訪問が定期的に発生する
  • 郵送通知で身バレするリスクが高まる

個人情報に注意!金融事故のある人はニチデンで融資対象者になれない

ニチデンは、他の消費者金融と比較して審査がゆるいと評価されています。ですが、個人情報を無視してカードローン審査を行っているわけではありません。

個人情報とは

個人信用情報のことを個人情報というのですが、ローン審査の際に用いられる情報のことでもあります。

個人情報には、現在までの金融に関する利用情報が記録されているので、過去の金融事故などを偽ってカードローン審査を受けることはできません。

なので、ニチデンのカードローン審査がゆるいからといって、自己破産などでブラックリストに登録されている人も融資対象者になる・・・ということはありません。このような情報はインターネットで見つかることもあります。

ですが、ニチデンを含む金融機関全体で、ブラックリスト(過去に金融事故を起こした人)ではローン審査の対象者とならないのです。なので、インターネットで見かける審査がゆるい業者はブラックリストもOK・・・という情報は、根も葉もない噂程度の情報でしかありません。

ニチデンは、男性だけでなく女性からも利用されている消費者金融です。

サービスの質が高いだけでなく、身バレといった問題に対しても対処してくれるため、女性から高く評価されている一面もあります。ただし、カードローン審査が甘いわけではないので、審査基準を満たす人でなければ審査に通りません。

ニチデンの事業者ローン!個人事業主も利用できるローンとして有名

金融機関でカードローン探しをされてみるとわかりますが、事業者ローンに対応している金融機関はあまりありません。

その理由ですが、ニチデンのカードローンのように柔軟な対応を心がけていないからです。金融機関によっては、固くお断りしている金融機関まで存在するので、探し方によってはまったく見つからないこともあります。

ですが、ニチデンのカードローンでは以下の条件を守れる相手であれば、事業者でもローンを組めるようになっているのです。

  • 当社基準に従える
  • 保証人が必要な場合は保証人を付けられる
  • 不動産担保が必要な場合は不動産担保を付けられる
業者名 クレジットのニチデン
商品名 事業者ローン
融資限度額 50万円~1億円
金利(年率) 7.30%~14.60%
審査対象者 自営業主
遅延損害金 20.00%
返済方式 相談次第で下記の返済方式のどれかが適用
・元金一括払
・元利均等払
・ボーナス併用返済
・元金据置自由返済
返済回数 20年以内(1回~240回)

通常のローンとなにが違う?事業者ローンで提供されているサービス

事業者ローンも、ニチデンであれば審査に通ることで利用できるようになると案内しました。

ですが、利用する側にとってなにがメリットなのか明らかにしていないので、今回はその要素を明らかにしていきます。

簡単にまとめると、以下において得をすることが多いため、ニチデンのカードローンを通じて事業者ローンを組んでいる人が多くいます。

  • 長期借入が実現できる
  • 大きな借入が実現できる
  • 借りられる可能性がある

カードローンでもそうですが、ローンは「総量規制の対象」になりやすいので注意が必要です。

総量規制とは

年収を基にして借入限度額が設定される規制を総量規制と言います。

年収の3分の1以上は借りられない規制でもあり、ノンバンク系(消費者金融)では必ず適用される規制でもあるのです。

つまり、大きな借入を実現したい場合は「銀行を利用しないといけない」わけです。

しかし、特例も存在します。通常のローンとは違った特殊なローンであれば、ものによっては特例として扱われるようになっているため、総量規制が適用されない「総量規制対象外」として融資を受けられるのです。

今回の場合はニチデンの事業者ローンがそれに該当します。

ただし、ニチデンの事業者ローンには以下のデメリットも発生しますので、そのことにも注意して利用を検討したほうが良いでしょう。

  • 金利が高い
  • 長期借入のため返済計画を立てるのが難しい
  • 申込者によっては審査にかなりの時間がかかる

どうしても大きな借入が必要・・・、もしくは銀行カードローンの審査では良いお返事をもらえなかった・・・、という人に向いているローンです。

ニチデンは、個人事業主に対するローンも販売しています。

ですが、通常のローンより審査に時間がかかるので、通常のローンより審査面で得をするわけではありません。しかし、融資面においては大きな融資に対応しているので、多くの人が申込んでいるニチデン独自のローンでもあります。

銀行と消費者金融!比較した場合でもニチデンは使いやすい?

銀行では銀行カードローン、消費者金融ではカードローン、キャッシングの販売が行われています。

ですが、これらは同一に近い商品内容なので、商品名で比較をしてもあまり意味がありません。

例えば、銀行カードローンは「金利が安い、審査が厳しい」という定評が存在しますが、消費者金融は、「金利が高い、審査のノウハウが多い」という定評が存在するのです。

そのため、まずは銀行カードローン、消費者金融のカードローンで人気の高い商品を確認したほうが良いでしょう。

業者名 三菱東京UFJ銀行
商品名 三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」
融資限度額 500万円
金利(年率) 1.8%~14.6%

上の表は、三菱東京UFJ銀行のバンクイックというカードローンです。

国内で人気の高いカードローンとして知られていますが、ニチデンのカードローンと比較すると金利が安いことに気付きます。

ですが、ニチデンのカードローンは「柔軟な対応」も心がけているので、以下の職種のためバンクイックの審査に通らなかったという人は、ニチデンのカードローンと相性が良いかも知れません。

  • 自営業主
  • アルバイト
  • パート

人気の消費者金融と比較!プロミスのフリーキャッシング

下の表では、プロミスのフリーキャッシングに関する商品内容を掲載しています。

フリーキャッシングといっても、一般的なカードローンと商品内容は変わりません。

過去の名残で、キャッシングという名称が今でも使われているだけです。

業者名 SMFGグループのSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
商品名 フリーキャッシング
融資限度額 500万円
金利(年率) 4.5%~17.8%

上の表はプロミスのフリーキャッシングです。

ニチデンのカードローンと比較すると、ほとんど大きな差がないため同一の商品に見えるかも知れません。ですが、ニチデンであれば自営業主、事業者であってもローンを申込めるチャンスがあります。

プロミスの場合は「要相談」となっていますので、絶対に審査に申込めるわけではありません。

ニチデンは、サービスの質において高い評価を得ています。

そのため、金利面では銀行に劣るものの、融資の受けやすさで評価されていることが多いです。ニチデンは、個人事業主のような人でも融資を受けられるので、消費者金融内でもサービス面が充実しているという魅力もあります。

ニチデン独自の商品?ニチデンカードローンだけの魅力を解明!

ニチデンのカードローンが使いやすいと評判になっている理由ですが、「審査が柔軟」であるという理由が挙げられます。

審査の柔軟さは他の金融機関にもあるように思われますが、年々で審査の柔軟さが減っている状況です。

銀行の審査も柔軟さが減っているため、以下の面で審査落ちになってしまう人もいます。

  • 年収が100万円以上必要
  • 借入件数は3件以上で審査が厳しくなる
  • 銀行以外からお金を借りていると審査に通りにくい

銀行カードローンの審査は昔に比べると甘くなったと言われていますが、実際は厳しいままです。

消費者金融でも、以下のように似通った面でカードローン審査が厳しいままとなっています。

  • 安定継続した収入が必要
  • 借入件数は4件以上で審査が厳しくなる
  • 借入未経験者に対して審査が厳しい

消費者金融は、今まで借入をしたことがない人でも審査が厳しくなりやすいです。

銀行や消費者金融は、今では「個人信用情報」を元にして審査を行っているため、個人信用情報上のローン履歴が少ない人では審査に通りづらくなります。

このような個人信用情報の問題に対しても、ニチデンのカードローンは審査を柔軟に行ってくれますので、今までカードローン利用をされたことがない人は、もしかするとニチデン以外では中々審査に通らないかも知れません。

ブラックは通らない!審査が甘いという情報に騙されないようにしよう

今では知られるようになりましたが、人によっては「ブラック」という立場でカードローン審査を受けている人もいます。

ブラックは事故者を表す際に用いられていますので、本来であれば、ほとんどの金融機関でお金を借りられなくなります。

そのため、ブラックでは銀行や消費者金融でカードローン審査に通りません。

今では厳しいマニュアルによる審査、本人確認が行われているため、数多くの業者でカードローン審査を申込めば通る・・・というケースも少ないです。

ブラックに関する情報は、「個人信用情報機関」に登録される仕組みになっています。なので、ブラックではないと偽ってカードローン審査を申込んでも、カードローン審査に通ることはありません。

個人信用情報機関とは

国内ではCIC、JICCが有名となっている個人信用情報を取り扱う機関のことです。

個人信用情報機関に加盟している銀行や消費者金融は数多く、そのため、嘘の情報でカードローン申込をされても、すぐに見抜かれるようになっています。

このような仕組みになっているので、ニチデンのようなカードローン審査が甘いと噂されている業者であっても、ブラックでは審査に通らないということを覚えておきましょう。

ニチデンは、男女に関係なくローンサービスを受けられる消費者金融です。

ネットからのカードローン審査申込にも対応しているので、誰にも知られずにカードローン契約を組めるようになっています。

このようなサービスだけでなく、ニチデンではその人に合ったカードローンも提供しています。なので、パートやアルバイトといった収入の人でも、カードローン審査の審査基準を満たせるようであれば、カードローン審査を受けられるようになっているのです。

契約後は収入に見合った借り入れとなるので、借り入れ後にトラブルになる心配も少ないという利点まであります。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.