当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

話題沸騰!少額借り入れに強い消費者金融エースの魅力とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/12/04

神奈川県の横浜にある「エース」という消費者金融は、大手ではないものの、ここ2~3年で着実に良い評判を獲得し、顧客を増やしてきた貸金業者です。

エースの借り入れで特筆すべきことは、初回契約時の融資額が非常に低いかわりに、契約の際に店頭に行く必要がなく、それでいて審査で求められる条件が緩いという点です。

そもそも、銀行に比べて消費者金融の審査は全体的に緩いのですが、その中でもエースの審査は、他の消費者金融で断られた人でも借り入れが出来ることが評判になっています。

今回は、そんな消費者金融エースの魅力と、この業者を賢く利用するために知っておいてもらいたいことを解説していきます。

他とは違う?消費者金融エースの経営理念とその魅力

消費者金融には大きく分けて、知名度の高い大手消費者金融と、一般には広く知られていない中小の消費者金融があります。

大手の消費者金融は、資金力が高いので、広告費で最もかかるテレビのCMや、新聞の広告を出すことが出来ます。結果、消費者金融を利用したことが一度もない人でも名前を知っているというほどの知名度を獲得できます。

一方、中小の消費者金融は資金が少ないので、こうした大々的な広告は打てません。ではどこで宣伝するかというと、営業所近辺に向けて、専用の広告チラシを作成したり、インターネット上にサイトを作り、SEOを駆使して利用者の目に留まるように工夫するのが主流です。

今回紹介するエースは、後者の中小消費者金融に分類されます。その中でも特に、利用者に求めるハードルが低いのが特徴です。

エースの最大の魅力は、「本来であれば借り入れ自体できないような人であっても、少額の借り入れを許可している」ということです。また、拠点が横浜という貸金業の激戦区にあるため、他の業者と差別化するため、特に審査の基準がゆるいのが特徴です。

そもそも大手と中小の顧客の好みはどう違うのか?

大手消費者金融は、その知名度から、利用者の幅が広く、特定の誰かのニーズに合わせるというようなことをしません。言ってみれば広く浅くの顧客戦略になるため、一人ひとりから少しでも多くの借り入れをしてもらうことを念頭に置いた経営になります。

反対に中小消費者金融の場合は、ある利用者層のターゲットに絞り、その人がいかに利用しやすいかを追求した経営になります。悲しいかな、中小の場合は資金が乏しいため、あれもこれもと顧客を広く取り込もうとするとサービスの質の低下に繋がってしまうのです。

中小消費者金融の強みは、こうした一点特化型の経営による顧客満足度の高さです。利用者の目的と業者側のターゲットが一致する場合においては、大手消費者金融よりも優れたサービスを受けることが出来るのです。

要注意!エースの最初の借り入れ希望は少額にしよう!

さて、それでは肝心のエースはどういった消費者金融なのかという点に話を進めていきます。エースを利用するのに最も適しているのは、収入が低く、銀行や大手消費者金融で取り合ってもらえない人です。

例えば、多くの銀行や大手消費者金融の利用資格を見ると、「(安定した)継続的な収入がある方」という一文が書かれています。

継続的な収入というのは具体的には、企業に勤務していて給料を確実にもらえている人、非正規雇用者であっても、契約期間が残っている人、自営業者であっても業績が黒字の期間が2年以上ある人です。

これらの条件を満たしていない人が銀行などでお金を借りようとしても、何らかの制限を受けることになります。消費者金融のエースは、こうした人達を顧客のターゲットに据えているのです。

返済能力と借り入れ限度額の関係

「信頼できる人には沢山のお金を貸せる」、企業でも個人間でもこの原則は不変です。消費者金融エースは利用者の返済能力という点だけ見れば、決して優良な利用者が申し込んでくることはありません。

しかし先ほども言ったように、中小の消費者金融は、借り入れのハードルが低いということを強みにして大手に対抗しています。つまり、こうした優良とはいえない利用者をどうやって顧客として固定させるかが重要な戦略になるのです。

企業が考える信頼できる人というのは、「返済能力が高い人」です。例えば、長期間同じ職場に勤めていて、収入が途切れる可能性が低い場合。借り入れ金額に比べて年収が非常に高く、返済中に職を失ったとしても返済を完了できると判断される場合などです。

エースの利用者は、こうした返済能力の高い人よりむしろ、不安定な収入で他の貸金業者から弾かれた人が利用しに来るケースが圧倒的に多いです。

その時に、エース側が取れる対応としては、審査の基準を大きく引き下げる代わりに、顧客一人あたりの貸し倒れリスクを下げるために、融資額を引き下げるほかないのです。ですから、エースを最初に契約する場合は、借り入れの希望額を少額にしたほうが良いのです。

審査は緩いけど長い?エースで確実に借り入れするポイント

銀行に比べて、消費者金融は契約を申し込んでから借り入れが出来るまでの時間が短いと考えられています。これは、審査が簡略化されている代わりに、金利が高い要因にもなってるのですが、エースはこれとは少し毛色が違います。

エースの借入審査は、銀行よりも長いと言われるほど時間がかかります。電話での申込の場合、何十個も質問に答えなくてはならなかったという体験談もあるほど綿密に利用者のことを調べます。

この理由は、店頭に行かずに契約ができるエースの利点と対になっている欠点でもあります。本来、借り入れの際に店頭に行く必要があるのは、そこで審査の一部分が行なわれるためです。

しかし、それがないということは、その過程で本来調べるべき情報が欠損しているということであり、それを補うために時間を掛けて審査をしているのです。

審査が長いのと審査が厳しいのは別物!

審査が長いと聞くと、「借り入れしにくいんじゃないか?」という疑問が湧いてきますが、そんなことはありません。聞かれる内容が多くて不安になりがちですが、求められるハードルが高いわけではなく、知りたい項目が多いというだけのことです。

面倒臭がらずに、きちんと質問に回答していけば、借り入れできる可能性はグッと高まります。逆にしてはいけないのは、答えをはぐらかしたり、曖昧な答えを返したり、嘘をついたりすることです。

貸金業者にとって、顧客の情報というのは借り入れを決定づける非常に重要な要素になります。それを知る過程で嘘をつかれると、「嘘の内容より嘘を言われた事実」の方が問題になり、借り入れは極めて困難になります。

自分にとって都合が良くない質問が来たとしても、必ず正直に答えるようにするのが、借り入れで失敗しないポイントになります。

他の消費者金融と併用する時にエースは利用すべきなのか?

最後に、消費者金融エースと他の消費者金融を併用して利用するのはどうなのかという説明をしておきます。貸金業者の併用は、複数の借金を同時管理する手間はありますが、目的別に借り入れを分けられるため、上手く活用すれば便利な方法です。

しかし、エースを併用に利用するのはおすすめしません。その理由はエースの顧客ターゲットが、借金の併用などが出来るような人ではないからです。

エースを利用した方がいい人は、「借り入れ自体が出来るかどうか分からないほど返済能力が低い人」であり、そもそも複数の消費者金融で借り入れできる人ではないのです。

エースには金利的メリットではなく、借り入れできないような人でも利用できる可能性があるという受け皿的な側面が強く、複数の貸金業者の利用候補には向いていないのです。

とはいえ、単独での利用難易度の低さは業界でも随一なので、どの消費者金融にも断られて困っているという人ならば、役に立つでしょう。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.