当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

どれを選べば安心?きのくに信用金庫の5種類のカードローン

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/11/27

安心して手間をかけずにお金を借りたいあなたへ。信用金庫で気軽にお得に借り入れできるということを、ご存知ですか?

きのくに信用金庫は和歌山県の歴史ある信用金庫です。大阪にも2店ありますが、和歌山県が中心です。信用金庫のカードローンというと、まだまだメジャーではないようですが、きのくに信用金庫のカードローンはお得と評判なんです。

その理由のひとつは、なんと、5種類ものカードローンが選べるということです。それだけあればあなたに合ったローンが見つかりそうですね。

しかし、5種類もあると、迷ってしまうのも事実。あなたに最適なカードローンを選ぶため、きのくに信用金庫カードローンのポイントをわかりやすくご紹介します。

やっぱり低金利重視?金利の違いを比較して選ぼう

カードローンで大事にするのは低金利かどうか、という人は多いですね。お得に借り入れするなら、カードローン会社に支払う金利は非常に重要です。

きのくに信用金庫で低金利なカードローンはどれなのでしょうか?ランキング別でご紹介します。

第一位!プラチナカードローン

第一位は、「プラチナカードローン」です。その低金利はなんと年率7.8パーセント。しかも一律7.8パーセントなので、審査結果によって思ったよりも高い金利になってしまうリスクもありません。

一般的な消費者金融会社の金利は年率18パーセント。大手都市銀行でも12パーセント前後なので、プラチナカードローンは一桁のかなりの低金利と言えますね。

しかし、低金利というだけあって、多少、借りる条件は厳しくなります。後で詳しく見て参りますが、本ローンを利用するのにもっとも厳しい条件は、年収や勤続年数の条件です。

また、住宅ローンのお得意様には高額の限度額でご融資します、というのも、プラチナカードローンの特徴です。

第二位!しんきんカードローン

プラチナカードローン以外は、どの種類も金利はさほど変わりません。そんな中でも、最大金利が低いのは、「しんきんカードローン」です。

その金利は一律13.5パーセントです。最大金利が14パーセントを超える銀行カードローンが多いですから、比較的低めといえます。金利を比較する時は、最低金利ではなく、最大金利を比較するのが基本です。

しんきんカードローンは、プラチナカードローンのようには「超・低金利」というわけではありませんが、利用条件がそこまでは厳しくないので利用しやすいでしょう。

守らなければならない条件は、きのくに信用金庫の営業地区内に住んでいる・働いているということです。その他は、他社のどのカードローンとも同じように収入が安定しているということです。

第三位!ふれあいネットカードローン

複雑な金利はイヤだ!という方にもオススメなのは、「ふれあいネットカードローン」です。カードローンには、限度額によって金利がバラバラなプランも多いですね。

ふれあいネットカードローンも同様なのですが、その金利は以下の3段階です。

  • 7.5パーセント
  • 11.00パーセント
  • 14.00パーセント

最低金利を見ると、なんと7.5パーセント!第一位のプラチナカードローンよりも低金利ですね。最大融資額が多ければ多いほど、金利も低くなります。

しかし、カードローンの金利を比較する時は、なんといっても最大金利で選ぶのが鉄則。ということで、最大金利を見てみると、14パーセントです。

この金利は、銀行カードローンの中では一般的ですが、消費者金融会社と比較するとずいぶん低金利ですね。

安心借り入れ!審査に不安なあなたはこのカードローンを選ぼう

低金利なローンをいったんチェックしたところで、もっと深く、きのくに信用金庫のカードローンを見てまいりましょう。

急いでいる時、審査に不安な時は、カードローンの審査が恐ろしく感じてしまうこともありますよね。きのくに信用金庫で借りるには、どのカードローンに申し込めば審査の不安が減るのでしょうか。

スピーディーに借りるならキャッスル

きのくに信用金庫の中で最もラクに安心して借りられるのは「キャッスル」です。なんと、主婦やパート・アルバイトの方々も申し込みできるのですから、安心ですよね。

気になる金利は、以下の5種類。

  • 5.8パーセント
  • 7.5パーセント
  • 9.5パーセント
  • 12.0パーセント
  • 14.5パーセント

限度額によって金利が変わります。なんと、50万円~500万円までという幅があるので、高額の借り入れも狙えます。ただ、50万円~100万円までは14.5パーセントという金利なので、まずは最大金利からスタートと思っておいた方が安心です。

さらに、うれしいことに審査が即日。平日15時までに申し込みした時には、当日中に審査結果が出るということで、急いでいるあなたにも最適ですね。

携帯電話・インターネット・電話でかんたんに申し込みできるので、仕事で忙しい時でもラクです。

主婦でもオッケー!ふれあいネットカードローン

主婦でも審査オッケーで、かつ、低金利!ふれあいネットカードローンはきのくに信用金庫の中でもかなりオススメのローンです。

ふれあいネットカードローンは、限度額によって金利が変わります。限度額は以下の4種類です。

  • 30万円
  • 50万円
  • 70万円
  • 100万円

主婦やパートの方は、一番低い30万円のプランのみ申し込み可能です。ということは最大金利の14パーセントではありますが、主婦でもオッケーというカードローンの中では低金利なのがお得です。

このローンを利用する条件でおさえておくべき特徴は以下。

  • 満20歳以上・62歳以下
  • 勤続年数1年以上
  • 年収150万円以上

年収に条件があると、ちょっと臆してしまうかもしれませんが、150万円ということならば確かにパートやアルバイトでも稼げない金額ではないですので、審査に通る可能性は高いです。

また、一般的に、勤続年数2年以上という審査条件のカードローンが多い中で、1年というのは短くて審査に通りやすいといえます。

年金受給者も大丈夫!ナイスポケット

主婦やパートのみならず、年金受給者でも審査オッケー、しかも、収入のある学生でもオッケーというカードローンが「ナイスポケット」です。

金利は以下の3種類。

  • 6.8パーセント
  • 9.8パーセント
  • 14.5パーセント

限度額は10万円~200万円です。パートやアルバイト・主婦・学生・年金受給者でも可能なのは、限度額10万円~100万円で、金利は14.5パーセントのコースです。

収入さえあれば、消費者金融会社よりも4パーセント近く低金利で借りられるのですから、かなりお得と言えるでしょう。

また、審査に不利と言われる自営業の方でも、200万円という高額の枠で借りられるチャンスがあるのも、ナイスポケットの特徴です。

ナイスポケットは、フリーダイヤル・FAX・来店での申し込みが可能です。インターネットは利用できませんが、受付から契約まで最短30分!というスピーディーさは見逃せません。

職業別。得しちゃうカードローンのオススメはこちら

収入と職種によって、お得なカードローンの種類は変わります。あの人に最適のカードローンが、あなたに最適とは言えません。職業別(収入別)に、きのくに信用金庫のカードローンを選んでみましょう。

年収が安定しているあなたはプラチナカードローン

低金利第一位のプラチナカードローンは、条件が厳しいので、選ばれし方のためのカードローンと言えるかもしれません。

収入が安定していて、かつ、きのくに信用金庫と取引のある方は、大変にお得なローンです。改めて、利用条件をチェックしてみましょう。

  • きのくに信用金庫の営業地区内に住んでいる・働いている
  • 前年度税込年収が150万円以上
  • 安定した収入がある満20歳以上・60歳未満
  • 株式会社セディナの保証が受けられる

この他、以下2つの条件のどちらかを満たすと、150万円・200万円の融資額をゲットできる可能性があります。

  • 勤続年数1年以上できのくに信用金庫の審査基準を満たす
  • 住宅ローンの取引を1年以上している

住宅ローンを組めるということは、ある程度は年収がしっかりしていなくてはなりません。年齢も60歳未満までということで、現役でバリバリ働いている方用のカードローンというイメージですね。

主婦やアルバイトの方はキャッスルがスピーディー

かんたんにラクラク申し込みできるというのも、カードローンのメリット。それに加えて、主婦やアルバイトでも、初心者でも審査に通りやすいのは、「キャッスル」がオススメです。

きのくに信用金庫が、「初めての方にもオススメ」としているだけあって、気軽に借りられるのがキャッスルの特徴です。以下に利用条件を並べました。

  • きのくに信用金庫営業地区内に住んでいる・働いている
  • 満20歳以上65歳以下
  • 信金ギャランティ株式会社の保証が受けられる

信用金庫での借り入れは、営業地区内に住んでいるまたは働いているという利用条件は基本的ですが、「キャッスル」の場合、パートやアルバイトの場合は営業地区内に住んでいることが条件になります。

借り入れ可能年齢も65歳以下なので、定年した後の主婦の方でも余裕を持って借入できそうですね。また、自営業でもオッケーです。

申し込みの時には、運転免許証や健康保険証などの身分証明書だけでオッケーなのは、気軽に借りられる第一条件です。ただ、申し込み限度額が300万円以上の時は所得証明書が必要です。

学生や年金受給者はナイスポケットが安心。社会人は低金利

学生だと、専用の学生ローンではないと借りられないと思っていませんか?実は、安心感のある信用金庫でも、学生が借り入れ可能なのです。

「ナイスポケット」は、100万円までの融資額ならば年金受給者も学生も借り入れ可能です。さらに、主婦の方も、パート・アルバイトの方もオッケーです。

しかも、借り入れ可能年齢は、満20歳から67歳までなので、かなり高齢まで借りられます。銀行だと70歳近くまで借りられるのは珍しいです。

さらに、年収400万円以上の社会人の方にも朗報です。ナイスポケットならば、その条件を満たせば、6.8~9.8パーセントの低金利で借りられる可能性が高いです。

勤続年数1年以上で、満20歳以上64歳以下の社会人の方なら、年収条件さえ満たせば低金利で借りられるのはうれしいですね。また、ナイスポケットも他のカードローンの条件と同じように、きのくに信用金庫の営業地区内に住んでいる・働いていることが条件です。

きのくに信用金庫はなぜ安心できる?他社と比較してみる

信用金庫のカードローンは、他の会社のカードローンに比べて安心感があると言われています。信用金庫を選んだことのない方は、今ひとつピンとこないかもしれませんね。

これまでで、5種類のカードローンを様々比較してきましたが、結局きのくに信用金庫のカードローンって何がいいの?という点を最後に解説します。

地域密着型だから安心

大手都市銀行や消費者金融会社と異なるのは、信用金庫は地域密着型の営業を行っているところです。カードローン借入条件にも、「きのくに信用金庫の営業地区内」というものが多くありますよね。

住んでいるところや働いているところが、きのくに信用金庫の手の届く範囲であれば、万が一延滞などの困ったことがあったとしても、連絡が取りやすいので安心です。

この理由から、全国展開している大手よりも審査が甘いと言われているのです。信用金庫という安心感があって、かつ、大手銀行よりも審査が安心なのは大きなメリットですね。

低金利で安心

大手都市銀行の金利がおおよそ14パーセント。消費者金融会社の金利はおおよそ18パーセント。それと比較すると、きのくに信用金庫の選べる5つのカードローンの中には、低金利の商品がたくさんあります。

年収の条件や居住地・勤務地などの条件はありますが、それでもその条件にさえあえば、大手よりも10パーセント近く金利が下がることも。

低金利だけを選べば、ネット銀行などもありますが、安心感・安定感は信用金庫の方が上と言えるでしょう。低金利で安心感もあるのが、きのくに信用金庫含む信用金庫カードローンです。

限度額が低い?それは勘違いかも

でも、いくら低金利で安心感があっても、限度額が低いような気がする・・・と思う方もいるかもしれません。確かに、テレビコマーシャルなどでも宣伝している大手銀行や消費者金融会社は、最大限度額が500万円や1000万円のところも。

それに比べては、主婦は30万円・年収の条件を満たしても200万円くらいという限度額は低いと感じるかもしれません。しかし、大手カードローン会社も、最大限度額を提示しているだけで、実際に申し込みしてみるととつぜん何百万円もの限度額をもらえる可能性はほとんどないのです。

一般的にいって、主婦やアルバイトは30万円程度が平均的ですし、年収がよほど高くないと200万円以上の限度額をもらったとしても返済できません。

ですので、一見限度額が低いように見えても、初めての申し込みや、急いで数万円程度のお金が必要な場合は、現実的な限度額で安心感のある信用金庫がオススメなのです。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.