当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

ワンランク上のブランドカード!ダイナースで借りる!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/11/25

ダイナースカードを知っていますか? 一般的なカードよりもワンランク上の認識をされている、憧れのクレジットカードです。

アメリカで産まれたダイナースカードは、世界で初めてのクレジットカードとして日本に進出し、当時としては目新しいシステムが大注目されました。

今では知らない人がいないほどのステータスカードですが、実はキャッシング機能もついていることは、なぜかあまり知られていません。

ダイナースカードでお金を借りるには、何が必要なのでしょうか。また、ダイナースならではの特徴もチェックしてみましょう。

ダイナースクラブって何?利用者に求められるステータス

ダイナースクラブは1950年、アメリカで誕生したクレジットカード会社です。そのステータスはとても高いものとして評判です。現在は世界各国に進出し、日本でもハイステータスの人が愛用しています。

ダイナースクラブから提供されるクレジットカードは、ダイナースカードという名称で、一般的なカードと比較すると、やはり、簡単に入手するのは難しいと言われています。

それなりに社会的地位がある人、資産を手にしている人でなければ、申し込みすら躊躇ってしまうことが多いのではないでしょうか。それほどまでに、ダイナースカードのブランドパワーは強いようです。

サービス充実!文句なしのクレジットカード!

ダイナースカードは利用者の生活レベルに適したサービスを提供しています。

  • 利用限度額なし
  • 海外・国内旅行サポートの充実
  • レストラン予約サービス
  • ゴルフ関連サポートサービス

利用限度額は個別に設定されますが、限度額なしという原則が、利用者の社会的信頼度を裏付けています。一般的なクレジットカード会社では難色を示すような高額の買い物でも、便利に利用できるでしょう。

旅行サポートサービスは特に力を入れている部分です。補償金が最大一億円という桁違いの金額であったり、国内外の空港のVIPクラブラウンジを利用することができます。マイレージサービスの充実や、手荷物サービスもありますので、よく旅行をする人は嬉しいですね。

レストラン予約、ゴルフ関連のサービスも、ハイステータスならではのサービスと言えるでしょう。快適にスムーズに行動できるよう、ダイナースカードがサポートしてくれますよ。

審査の厳しさは想像以上!銀行よりも厳しい!

ハイステータスの象徴のようなダイナースカードは、やはり審査の厳しさが有名です。一般的に、銀行の審査が厳しいと言われていますが、ダイナースカードはその上を行く厳しさだと言われています。

一般的なカードの審査は、年収や過去のクレジットヒストリーに問題がなければ、大抵OKだとされています。しかし、ダイナースではそれだけではないようなのです。

年収やクレジットヒストリーがしっかりしていたとしても、社会的地位や資産が基準に達していなければ、審査に通ることができないと言われています。だからこそ、ダイナースのステータスが高いと言われ、憧れのカードブランドとして君臨しているのでしょう。

申し込むならどっち?プロパーカードと提携カード!

ダイナースクラブには以下の種類のカードが存在します。

  • プロパーカード(二種類)
  • 提携カード

プロパーカードとは、ダイナースクラブが単独で発行しているカードです。「ダイナースクラブカード」、「ダイナースクラブプレミアムカード」の二種類があり、どちらも高いステータスを誇っています。

種類 審査基準 特徴
ダイナースクラブカード 勤続10年以上の役職者
持ち家必須
年会費2万2千円
限度額なし
ダイナースクラブカードプレミアム クラブカード利用者
クラブの招待必須
年会費13万円
限度額なし

どちらのカードも審査基準が高く、特にプレミアムカードの方は、いきなり申し込もうと思っても無理であることが分かります。まずはクラブカードの方を堅実に使っていくことが必要ですね。

とはいえ、一般的な若い世代では、クラブカードを持つことも難しい条件であることが分かります。そんな人はプロパーカードではなく、提携カードを選んでみてはいかがでしょうか。

比較的気軽に申し込めそう!生活密着の提携カード

提携カードとは、各企業と提携し、提携先の得意なジャンルのサービスを充実させて提供するクレジットカードです。提携先は実に多岐にわたり、旅行やエステ、グルメなど、生活に密着したジャンルが広く提供されています。

正確にはあくまで「ダイナースクラブカードと提携している企業のカード」という扱いになります。しかし、受けられるサービスの中には、ダイナースクラブならではのものもありますので、ダイナースクラブとの縁が深いと言えるでしょう。

プロパーカードと比較すると、申し込み資格はそこまで厳しくないとされています。提携カードの審査はダイナースクラブではなく、提携先の企業が行うことになっているからです。

ダイナースクラブカードに申し込む自信がない人は、提携カードを狙うと良いでしょう。また、その際、特に提携先にこだわりがなければ、「シティゴールドカード」に申し込むことをお勧めします。

  • ダイナースクラブカードと発行元が同じ(シティカードジャパン)
  • シティゴールドの利用実績がダイナースクラブカードの審査に反映される

こういった理由から、提携カードで利用実績を積み、本家のダイナースクラブカードに申し込んでみるのも良い手ですね。もちろん、提携カードでも充実したサービスを受けられますので、そこは好き好きと言えるかもしれません。

何が必要?キャッシング機能でお金を借りる!

ダイナースクラブカードにはキャッシング機能がついています。最大300万円までの利用が可能です。

借入限度額 金利 保証人・担保 特徴
300万円 15%~20% 不要 海外のATMからも利用できる

金利は決して低いとは言えませんが、海外のATMでも利用できると言う点が、ダイナースクラブカードを利用する層の人たちには嬉しい部分でしょう。これも手厚いサービスの一環と言えますね。

返済は全部で二回までとなっています。元金を一回で支払い、利息を二回で支払う内容です。一般のカードのように、何回もの分割を希望する人には向かないサービスですので、利用の際にはよく考える必要があります。

利用前に申し込み!簡単登録ですぐに手続き!

利用には、事前に申し込みが必要です。郵送でも可能ですが、一番手軽なのは、オンラインサービスからの申し込みでしょう。

ダイナースクラブカードを提供しているシティカードが運営する、シティーカードオンラインから申し込みが可能です。必要情報を送信し、後日送られてくる案内に従って、必要書類を用意しておきましょう。

  • 収入証明書(直近の年収が分かるもの)
  • 身分証明書

身分証明書は運転免許証やパスポート、住基カードで充分ですが、年収が分かる収入証明書の準備には手間取る人がいるかもしれません。納税所や源泉徴収票などを手元に置いておくようにしましょう。

自由に使える!カードローンも提供中!

ダイナースクラブカードでは、キャッシングだけではなく、カードローンも提供しています。こちらもキャッシングと同様、事前に申し込みが必要です。

借入限度額は300万円ですが、キャッシングサービスを利用している場合、合計しての限度額となりますので、利用の際には注意しましょう。

借入限度額 金利 担保・保証人 返済方式
300万円 13.8%~18.0% 不要 定額返済(月1~8万円)
申し込みの際に必要な書類や流れなどは、キャッシングの申し込みとほぼ同じとなっています。増枠の申し込みも可能なので、限度額の設定に迷ったら、最初は低額に抑えておいても良いかもしれませんね。

使い方次第でお得!年会費以上の価値がある!

ダイナースクラブカードはハイステータス人向けのカードであるため、年会費がとても高いことに驚く人もいるかもしれません。特にプレミアムカードになると、13万円という、一般の人からすれば、ポンと出すのが躊躇われる金額です。

しかしその分、思った以上にキャッシングやカードローンのサービスが揃っていることも事実です。銀行や消費者金融と違い、クレジットカードと全て一体化しているという部分も便利なポイントですね。

特に、クレジットカード機能にキャッシング機能を付帯している商品は数多くありますが、カードローンまでをカバーしているものはそれほど多くありません。分割払いをすることが多い人は、ぜひとも欲しい機能です。

特典たくさん!年会費分は充分ペイできる!

年会費が申し込みを躊躇う理由のひとつだとすれば、見方を少し変えてみましょう。ダイナースクラブカードにはたくさんの特典があります。旅行などもそうなのですが、普段の生活で使える特典も盛りだくさんです。

  • レストラン予約サービス(2名以上で1名無料など)
  • スポーツクラブ優待サービス(フィットネス、スパ割引など)
  • 公演チケットサービス(優待価格や簡単予約など)

このようなサービスがずらりと揃っているダイナースクラブカードですが、この特典の数々を利用したと考えてみましょう。年会費分の金額を軽く超えている計算になると思いませんか?

特に努力することもなく、カード特典を普通に利用しているだけで、ネックの年会費については気にならなくなるのではないでしょうか。生活の充実の一助としても、ダイナースクラブカードは大変お勧めです。

極秘情報…審査基準が少し緩めに?まずは申し込みを!

審査基準が厳しいことで有名なダイナースクラブカード。特にプロパーカードは難しいと言われています。しかし近年、このプロパーカードの審査基準が微妙に緩くなりつつあることをご存知でしょうか。

  • 27歳以上(以前は33歳以上と言われていた)
  • 年収500万円以上(以前はもっと上のラインだと言われていた)

この二つをクリアしていれば、審査で無慈悲に振り落とされることが少なくなってきているようです。他にも名の通った企業に勤めている必要があったりするかもしれませんが、それでも以前よりは緩和されていることが分かります。

提携カードから実績を積んでプロパーカードを手に入れる方法を先にご紹介しましたが、もしもある程度の自信がある人なら、ダイレクトにプロパーカードを狙ってみても良い時代かもしれません。

持っているだけでステータスが分かるダイナースクラブカード。チャンスがあるならぜひ、手に入れてみてはいかがでしょうか。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.