当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

アイクの社名が変更!CFJ合同会社になってからなにが変わった?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/01/11

消費者金融のアイクは、今では社名がCFJ合同会社に変更となっています。

近年では、このような合併などによる社名変更も珍しくない時代なのですが、社名変更によって、昔利用していたカードローンが使えなくなるという事例は少ないです。そのため、継続してアイクの時に契約したカードローンを使っている人もいます。

今回は、そんなCFJ合同会社に社名変更となってなにが変わったのかを、どのようなサービスに変更点が含まれているのかを中心として案内していきます。

アイクからCFJ合同会社へ!社名変更してもそのまま利用できる

アイクの社名ですが、今ではCFJ合同会社となっています。

社名統一のためにCFJ合同会社と変わっているだけなので、カードローンの内容については大きな変化がありません。返済などについてもATMなどの利用部分で変化がある程度です。

実際にアイク以外のカードローンでも、カードローン内容が社名変更で大きく変わる・・・ということはほとんどありません。

その代わり、以下のような部分で変化が見られることはあります。

  • プランの数
  • プランの種類

アイクでは上記のような変化もあまり見られないため、大きな変化はないと案内させていただきました。

意外と多い!?アイクのように社名が変わっている業者

社名が部分的に・・・もしくは分かりづらい範囲で変わっている金融機関は多く存在します。

意外と知られていない金融機関では消費者金融があります。

消費者金融の場合、以下の部分で社名変更が見られるようになりました。

  • ○○グループであることが強調されている
  • ○○出資であることが強調されている
  • 社名の前に○○銀行が付く

○○グループというのは、「三井住友銀行グループ」のような形で確認することができます。

出資の場合、複数から出資が発生している際には、「出資が大きい」業者のみ抜粋して紹介されていることが多いです。

社名の前に○○銀行というのは合併で多く見られるのですが、有名な例では新生銀行レイクが挙げられます。

このように社名変更と言っても、社名変更に至るプロセスは同じではありません。

近年では、「利用者側に対する配慮」も含めてこのような合併・提携を結んでいるケースも増えてきました。

借り入れのメリットは?CFJ合同会社になってから発生したメリット

消費者金融で良く見られる合併ですが、合併は契約者側にもメリットがあります。

例えば、自分がカードローン契約を行ったという情報は、合併した後も残るようになっているのです。他にも、借り入れといった融資関連のサービスでは、以下のような形で情報が統一されるため、継続して利用しやすくなるというメリットが発生します。

  • サービスが統一される
  • カードローン審査の対象者が多くなる

サービスに関しても、CFJ合同会社になってからは良いサービスを残す形で、ローン販売などを行うようになります。合併前と比較してサービスの質、量が増えるため、利用者にとってメリットとなる変化です。

また、複数の金融機関が合併することで新会社が誕生するので、カードローン審査の対象者が多くなるというメリットもあります。CFJ合同会社の場合、昔より年齢制限がゆるい状態でカードローンを販売するようになったので、これも合併によって発生したメリットでしょう。

アイクは合併により、社名がCFJ合同会社に変わりました。これにより複数の業者のサービスも統一されるようになったのです。

合併後も過去の情報を元にして、継続して新会社でカードローンを利用できます。そのため、新規でカードローン審査を受ける必要もありません。

社名変更の注意点!社名変更の時に発生しやすい整理屋トラブル

アイクの利用でもそうですが、整理屋トラブルに巻き込まれる事例は年々増加傾向にあります。

この問題はアイクのみで多発しているわけではありません。というのも、年々巧妙化している犯罪の1つでもあるため、正確な特定が難しい問題として扱われているためです。
整理屋トラブルとは

整理屋という業者が存在するのではなく、整理屋と名乗る悪徳業者から迷惑をかけられることを、整理屋トラブルと言います。

整理屋トラブルで最も多いのは、特定の業者を装った悪徳業者からのダイレクトメール、もしくはチラシを通じて悪徳業者と連絡を取ってしまうケースです。

整理屋が直接訪問してくるというケースはありません。

被害についても間接的な形で発生するものばかりなので、そのことを理解して整理屋トラブルに遭遇しないよう注意しましょう。

整理屋トラブルですが、トラブルに見舞われた場合は以下のような損失を伴うことが多いです。

  • 手数料を必要以上に取られる
  • 家族や知人などに迷惑をかける
  • 悪徳業者のリストに載る

整理屋と名乗る悪徳業者の手口!巧妙化している手口の詳細を案内

整理屋というのは、アイク以外の業者でも注意を呼びかけている悪徳業者のことです。

様々な迷惑を被ってしまうことが多いのですが、手口については共通点も多くあります。

  • メール、チラシの内容は借金の整理関連
  • 借金の整理を特定の業者の代わりに行っているという嘘の内容が目立つ
  • 今だけ!のように今しかチャンスがないように訴えてくる

注意を払っていれば防げないこともない問題が多いため、重要となるのは安易にこのような通知を信じないことです。

そもそも借金の整理というのは、CFJ合同会社のような業者と相談する形で進めていくものなので、整理屋を通じて借金返済という対応自体を信じてはいけません。

具体的な方法では「返済支援制度」を利用し、長期返済でローンを組み直すのが一般的です。

返済支援制度とは

借換・おまとめローンという形で、借金返済できることを返済支援制度と言います。

このような返済支援制度に則って借金返済される場合、通常より安い金利でカードローン契約を組むことが可能です。

返済支援制度を利用すると、以下のような借金でも審査に通ることがあるため、整理屋を通じて借金返済をするより、返済支援制度からの返済を意識したほうが良いのです。

  • 長期借入が認められやすい
  • 100万円以上の借金が認められやすい
  • 契約前に何度でも無料で相談可能
社名変更の影響で、整理屋トラブルに巻き込まれることもあります。ですが、借金の整理は自分と業者の間で行えるものなので、整理屋に頼む必要が無いことを理解しておきましょう。

整理屋からのメールも見ないで削除することで、整理屋との付き合いを無くすことができます。

架空請求に注意!良くわからない架空請求はスルーしたほうが安全?

社名が新しい会社名に変わることで発生するトラブルの中に、架空請求に関するトラブルがあります。

架空請求と整理屋の大きな違いは、本来は発生するはずのない料金を請求してくるところです。

整理屋の場合、「サービスを受けるには手数料がかかる」と誘導してくるのですが、架空請求の場合は「指定の料金を支払わないようであれば・・・」と脅迫してくることが多いのです。

ですが、架空請求は名の通りで「存在しない請求」となります。つまり、実際に利用されたという履歴も一切無いため、支払いを命じられた側が支払う義務もありません。

しかし、現代ではこのような架空請求に対する知識がない人もいるため、以下のような形で架空請求に応じてしまう人も多くいます。

  • 家族などに借金をバラすと脅されたため
  • 有名な業者からの連絡だと信じ込んでしまったため
  • 返済に応じない場合は裁判で処理すると言われたため

架空請求は、「有名な業者からの連絡」を装っているケースが多いです。アイクの場合、CFJ合同会社からの連絡であると装っておき、相手が信用をして連絡してくる場合に、次いで架空請求に関する連絡を行うようになります。

架空請求の豆知識!架空請求は金融機関以外からも通知される?

アイクでもそうですが、架空請求というのは「金融機関限定の問題ではない」ので注意してください。

近年では、聞いたこともない業者から支払いを命じられることもあります。

定期的に発生する架空請求では、「債権を引き受けた業者」として架空請求を命じるものが多いです。

実際に債権を引き受けている業者ではないので、対応しないで放置していると連絡が来なくなります。つまり、このような詐欺行為は応じないことが肝要なのです。

このような業者は、「自宅に訪問する」ケースも多くあります。

人によっては焦って支払いに応じてしまうケースもありますが、借金返済というのは、大半の金融機関で自宅に訪問はしない方法を取っているため、知識がある人であればおかしいと判断するのは容易でしょう。

アイクのように、合併後にCFJ合同会社といった新社名を用いている会社では、悪徳業者から架空請求が来ることもあります。

ですが、CFJ合同会社のふりをしているだけなので、電話やメールによる対応を行なわずに放置すると良いです。対応してしまうと、かえって何度も連絡がくるようになり迷惑をかけられてしまいます。

安全な利用方法も学んでおこう!健全なアイクカードローンの利用方法

アイクカードローンですが、CFJ合同会社に変わっても今までどおりの利用が可能となります。

ですが、最低限で知っておいたほうが良い知識もあります。

簡単にまとめると以下のような知識があるので、継続利用を考えている場合は先に学んでおいたほうが良いでしょう。

  • 解約は新しい社名のほうで行う
  • 新規のカードローン契約は待つようにする
  • 通知は捨てずに保管する

社名変更によりサービス内容が変化した業者では、安易に「解約をしない」ほうが良いです。というのも対応が遅く、解約までに手間がかかってしまうことが多いからです。

1日、2日といった日数では対応してもらえないこともありますので、社名変更が完全に終わり、サービスが安定してから申込むのが無難でしょう。

社名の変更途中では、このような解約はすぐに受理されないことが多いため、人によっては強い不信感を募らせることもあります。

精神的にもイライラしてしまう人がいるため、あまりオススメできる解約方法ではないのです。

新規のカードローン契約についても同じです。カードローン申込をされても審査が遅いケースは、社名変更では多くありますので注意してください。

最後に、アイクやCFJ合同会社から通知されるメールや通知書は保管しておきましょう。

後になって「契約者の確認」で必要となることもありますし、どのような内容で連絡を行ったのかも明確にすることができます。

他業者でも使える借り入れの豆知識!社名変更による継続利用の注意点

アイク以外にも言えることですが、継続利用を検討する場合は注意点の理解も必要です。

意外と多いトラブルに、継続利用を踏まえてのカードローン再審査があります。

カードローン再審査の時に、すでに借金が目立っているようでは再審査で通ることが難しくなります。なので、借金は控えめな状況で再審査に望むようにしましょう。

後、「キャンペーンについても確認」しておいたほうが良いです。

以下のような使えるキャンペーンも多くありますので、以前と同内容のカードローンで再契約・・・とならないこともあります。

  • 低金利:金利が以前より低くなる
  • 無利息:一定期間のみ利息が発生しない
  • 増額:利用限度額が以前より多くなる

キャンペーンには「応募期間」もあるので注意してください。

短期、長期でキャンペーンが開催されているのですが、主に銀行や消費者金融の中堅や大手で開催されていることが多いのですが、金融機関の合併・提携後に開催されるものもあります。

アイクのように、社名がCFJ合同会社になってからも、継続して過去の契約を再利用できるケースはあります。なので、契約書などの重要な書類は大切に保管しておいたほうが良いでしょう。

また、CFJ合同会社といった社名変更で得られるメリットは、サービスの多様化にあります。過去では審査を受けられなかった人、審査に落ちた人も審査を受けられるので、合併後に多くのメリットが発生するケースもあるのです。

ただし、すでに借金が目立つ人では継続して利用する際に、カードローンの再審査で落ちてしまうケースもあります。カードローン審査が甘くなるわけではありませんので、このことにも注意しカードローンの再審査に申込むことも大事です。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.