当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

大手消費者金融より長野銀行で借りたほうが得するのはどんな人?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/11/15

ちょっとお金を借りたい時に、すぐに利用できる金融業者といえば、大手の消費者金融が候補に挙がります。銀行などの他の業者よりも、比較的どこにでもあり、小さな金額であれば、本人確認書類だけで契約できる高い利便性を持っているためです。

一方、消費者金融ではなく銀行を利用するメリットは、金利の低さがポイントです。消費者金融で少ない額を借り入れする場合、法定金利上限の高い金利が発生しますが、銀行では同じ額の借り入れでも、消費者金融よりも低い金利で借り入れできます。

このような違いを踏まえたうえで、長野銀行と大手消費者金融を比較します。大手消費者金より長野銀行を利用した方がいいのはどんな人か解説します。

消費者金融が業界で最も借り入れに優れていると言われる理由とは

貸金業界で、現在最も宣伝に力を入れているのは消費者金融でしょう。テレビCM、雑誌広告、チラシ、インターネット媒体での宣伝のいずれを取り上げても、消費者金融以上に宣伝をしている業者はないと言っても過言ではないほどです。

特に、大手消費者金融はその資金を惜しげもなく広告費に投入していると言われるほど、 知名度を上げる事に専念しています。何故大手消費者金融は、既にかなりの知名度を持ちながら、ここまで宣伝に必死になるのでしょうか。

その理由は、貸金業者同士の利用者の取り合いという過酷な状況にあります。特に最近は、景気の影響もあり、むやみにお金を借りようとせず消費自体を抑えようという利用者が増えたため、業界内の顧客獲得競争に拍車が掛かっています。

大手でも楽じゃない?消費者金融の厳しい現実とは

私達利用者が大手消費者金融に抱いているイメージは、「業界内でもトップクラスの資産と顧客数を持ち、安定した経営を行っている大企業」というようなものではないでしょうか。

消費者金融の中でも大手は最も業績が安定していますが、のんびり経営していられるほど、この業界は甘くありません。貸金業は利用者のイメージとの戦いであり、私達が「借りにくそう」という印象を少しでも抱けば、即座に顧客離れにつながってしまう厳しい経営を迫られているためです。

そうしたマイナスのイメージを極力持たれないように、消費者金融は、宣伝に力を入れ、企業体質を透明化し、貸金業者がどうしても持たれてしまうイメージである「一種の胡散臭さ」を極力無くそうと努力しているのです。

消費者金融の強みと利用者の借り入れ金額分布

消費者金融が業界で強い最大の理由は、広く浅くという顧客の取り込み方にあります。消費者金融は一人ひとりの顧客の借り入れ利用額が、銀行融資に比べてかなり低く、その大半が100万円未満の少額借り入れで占められています。

業者もそのニーズに合わせて、借りやすさをアピールすることが多く、申し込みから融資までのタイムラグをできるだけ減らすことに注力しています。その結果、「小さな額をすぐに借りることが出来るのが消費者金融」というイメージを作り上げたのです。

私達利用者の立場からすると、ちょっとした借り入れなら審査にほとんど時間を取られずに済む消費者金融はありがたい存在になります。高額の借り入れをする人は絶対数が少ないので、消費者金融を利用する人は多くなり、多くの口コミや評価を集めることが出来ます。

消費者金融はインターネット上での宣伝が主流になりましたが、ネット上に利用者の体験談があると顧客集めに有利に働くのです。結果的に、薄利多売のような経営体質が消費者金融の間で定着するようになりました。

知っておこう!長野銀行の借り入れプランはどんなもの?

さて、消費者金融の戦略と業界での立ち位置を簡単に解説したところで、今回のテーマである長野銀行の借り入れプランについて解説していきたいと思います。

長野銀行のカードローン「リベロ」は銀行カードローンの中でも、比較的審査が容易な部類で、消費者金融カードローンに近い性質を持っています。このカードローンの概要を知ったうえで、消費者金融との違いを理解して、自分に合った方を利用しましょう。

カードローン「リベロ」の概要と利用資格を知ろう!

長野銀行カードローン「リベロ」(以降リベロと呼称)は通常の銀行融資のような面倒くさい手続きを大幅に省略したカードローンです。店舗に行く必要もなく、長野銀行に口座を作る必要もなく、収入を証明する書類を提出する必要もないという、一見すると消費者金融カードローンのような内容です。

勿論、銀行カードローンならではの特徴を持っています。借り入れ金額が50万円未満であっても、金利は14.5%が上限になります。通常、消費者金融の50万円以下の借り入れにかかる金利は、約18%から法定上限の20%程度です。消費者金融に比べて、低額の借り入れにかかる金利がかなり低く抑えられます。

銀行のカードローンは必ず求められる条件が一つあります。それが、「安定した継続的な収入があること」です。これはこのリベロも例外ではありません。パートでもアルバイトでも職種は問われませんが、この条件を満たしていないといけません。消費者金融との最大の違いです。

消費者金融は収入が安定していなくても借り入れができます。しかし、銀行は収入が不安定な人(日雇い労働者や無職)を絶対に審査で通しません。金利が消費者金融よりも低いのは、この条件が原因なのです。加えて、多くの銀行カードローンは在籍確認を行います。職業歴の嘘は通じないことも知っておきましょう。

制度別解説!クイック申込みと通常申込みの利点と欠点について

リベロに実際の申しこむ時に、ホームページを見ると2種類の申込方法があります。「クイック申し込み」と「通常申し込み」という2つの方法のどちらかで契約を始めることになります。

どちらを選んだからといって金利に差がでるということはありません。しかし、自分の返済能力(収入)や現在の目的(時間がなくて早く契約したいなど)に合った方を選んだほうが得になるでしょう。ここでは、リベロの申し込みにおける、それぞれの方法の長所と短所について比較していきます。

時間を優先するクイックか?借りやすさを求める通常申し込みか?

クイック申し込みはインターネットから申し込み簡易審査の典型とも言えるものです。入力する情報は本当に最低限です。氏名、生年月日、性別、電話番号、そして、契約手続きを進めるための連絡希望日だけです。

入力事項が本当に簡単なものしかなく、重要な個人情報をほとんど入力しなくていいので、パソコンのセキュリティが不安な出先などで利用しやすいです。時間がなくて、申し込みだけでも先に済ませたいという場合にも便利です。

これを登録すると、入力した連絡希望日に銀行担当者から連絡があり、そこで改めて審査を行うというものです。その際に口頭で個人情報を伝えることになるので、情報の間違いが起こりにくいというメリットがあります。クイック申し込みのデメリットは、通常申し込みに比べて、二度手間になるということです。

通常申込は、クイックに比べて、インターネット上で入力する項目が多く、調べないとわからない内容もあります。ですが、その分内容が条件を満たしやすく、希望した借り入れ額を貸してもらいやすくなります。

リベロを利用する際には、特に問題なければ、原則的に通常申し込みを利用した方が良いと筆者は考えています。クイックに比べて当初の手間はかかりますが、必要書類を郵送するまでの時間は通常申し込みのほうが早くなることが多く、申し込みからカード発行までを、少ない手間で終わらせられるためです。

こんな人は特にオススメ!長野銀行の借り入れを利用した方がいい人

お金を借りる必要があって、長野銀行のリベロを利用する場合、他の候補になるのは消費者金融と他の銀行カードローンでしょう。その数ある選択肢の中から、長野銀行を選んだほうがいい人は、300万円以下のカードローンを利用したいと思っている人です。

300万円を超えると収入を証明する書類を用意しなくてはならず、金利も他の銀行に比べて特筆して低いものではなくなるため、リベロをわざわざ利用する必要性がなくなってしまうのです。

銀行カードローンを利用する最大のメリットは、低額の借り入れであっても、消費者金融よりもかなり低い金利で利用できる点にあります。そのメリットを活かすためには、借り入れ金額が少ないほうがいいのです。

「長野県に住んでいて、安定した収入があり、100万円未満で低金利のちょっとした借り入れがしたい」、このような人こそ、リベロの恩恵を受けるのに適した人です。

カードローンの注意点!希望額と限度額のギャップ

カードローンは審査が大幅に簡略化されているため、契約申し込みの際に希望した金額を借りることができないケースが多々あります。例えばリベロの場合、安定した収入があって、何の問題もなさそうな人であっても、初回の希望額がいきなり300万円でそのまま審査が通るか言うと、そうはなりません。

よほど年収があれば別ですが、カードローンの限度額は、希望額が100万円を超えると、要求の8割前後に限度額が設定されることが多く、返済をして実績を積み上げることによって、本来の額を借りることが出来るようになります。

銀行の借り入れでは、総量規制はありません。しかし、収入と借り入れ希望額の釣り合いがとれていないと判断された場合は、限度額を引き下げられたうえで契約が完了することがあるので注意が必要です。

また、返済が滞ったり、契約後に別の複数の貸金業者から借り入れした場合、契約途中であっても限度額を引き下げられる可能性があることも知っておきましょう。これは消費者金融カードローンにも言えることです。

重要なのは、申し込みが終わってカードが発行された後も、貸金業者は利用者である私達の動向を観察しているという点です。カードローンを利用するときは、カードが実際に届いてからが契約の本番だということを忘れてはいけません。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.