当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

忙しいあなたほど池田泉州銀行でお金を借りるべき理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/11/08

お金が必要な時って、いつも突然やってくると思いませんか?

一分・一秒でも早くお金が必要なのに、仕事は休めず、時間は作れない・・・。

そんな時、あなたならどうしますか?

いくらスピーディーにお金を借りられるといっても、危険なところから借りるわけにはいきませんよね。

毎日忙しいあなたでも、安心してスピーディーにお金を借りたい。そんな理想の借入先は、池田泉州銀行かもしれません。

忙しいあなたも、今すぐお金が必要なあなたも必見!池田泉州銀行でお金を借りるメリットをご紹介します!

池田泉州銀行にはどんなカードローンがあるのか

池田泉州銀行には、2種類のカードローンがあります。

ひとつは、キャッシュカード一体型のカードローン。もうひとつは、カードローン専用のカードを発行するタイプです。

くわしく見てまいりましょう。

キャッシュカード一体型のローン

キャッシュカード一体型のローンには2つのタイプがあります。それぞれを比較してみました。

カードローン名 金利 最大限度額
キャッシュカード一体型カードローン 一律14.5% 300万円
マックスファイブ 一律5.95% 500万円

同じ池田泉州銀行のカードローンであっても、限度額も金利もずいぶん違いますよね。

対象としているお客さんがこの2タイプのカードローンでは分かれているので、このように差があるのです。

「キャッシュカード一体型カードローン」は、専業主婦の方も申し込みできるのがポイントです。

定職にはついていない専業主婦でも申し込みできるというのは、かなり審査のハードルが低いということですので、

パート・アルバイトの方も申し込みできますし、年金受給者の方もオッケーなのが有り難いですよね。

一方、「マックスファイブ」は、金利が低く限度額も高い、収入の安定している人のためのカードローンです。

マックスファイブを利用できる方は、「池田泉州銀行と2年以上の取引がある方」という条件が付けられています。

その「取引」とはこちら。

  • 住宅ローン
  • 給与振込
  • 貸し金庫
  • 定期預金
  • クレジットカード(所定のものに限る)
  • 公共料金の口座引き落とし

これだけではなく、マックスファイブを利用できる方の条件は厳しく定められています。

  • 満20歳以上満60歳未満
  • 年収が400万円以上
  • 勤続年数2年以上
  • 営業エリア内に住んでいる

これだけの条件を満たし、さらに審査に通れば、マックスファイブを利用することができます。なかなか厳しいと思う方も多いかもしれませんね。

この厳しさの理由は、後ほど詳しく解説します。

専用カード付きカードローン

続いて、専用カード付きのカードローンです。

こちらも同様に2タイプのカードローンがあります。

カードローン名 金利 最大限度額
カードローン パッとサッと 14.0% 10万円・30万円
池田泉州モビットキャッシング 14.7% 30万円~300万円

「パッとサッと」は、地方銀行によくあるタイプの、限度額が少なく気軽に使えるカードローンです。

利用できる条件もそこまで厳しくはなく、満20歳以上満65歳未満という年齢の制限と、安定した収入があるという二つの条件において審査されます。

返済方法は、一定金額を毎月10日に自動引き落としということです。

ですので、イメージとしては、クレジットカードについているキャッシング機能、という感じでしょうか。

一方、池田泉州モビットキャッシングは、もっと幅が広いローンです。

モビットキャッシングの限度額の種類は以下。

  • 30万円
  • 50万円
  • 70万円
  • 100万円
  • 150万円
  • 200万円
  • 250万円
  • 300万円

ただし、250万円・300万円は、初めての申し込みでは適用されず、利用し続けて限度額が上がった場合のコースです。

モビットキャッシングは、24時間365日インターネット上で申し込みできることが魅力のカードローンです。

金利は安い?ほかのカードローンと比較してみよう

さて、池田泉州銀行のカードローンは、金利はお得なのでしょうか。

他のカードローンと比較しながら、チェックしましょう。

金利が低い!マックスファイブと他のローンの比較

池田泉州銀行のカードローンの中で最も金利が低いのは、「マックスファイブ」です。

5.95パーセントという激安金利ですが、他のカードローンに比べるとお得なのでしょうか。

都市銀行のカードローンと比較してみましょう。

銀行名 カードローン名 金利 最大限度額
三菱東京UFJ銀行 バンクイック 4.6~14.6% 500万円
三井住友銀行 三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 800万円
りそな銀行 プレミアムローン/クイックカードローン 3.5~12.475% 800万円/100万円
みずほ銀行 みずほ銀行カードローン 4.0~14.0% 1000万円

どの都市銀行カードローンも、最低金利は、マックスファイブよりも低いですね。

ということは、他の都市銀行の方が池田泉州銀行よりもお得!と感じるかもしれませんが、実際は、池田泉州銀行の方がお得なのです。

金利に幅があるカードローンは、最低金利が適用されるのはかなり難しいからです。

ふつう、初めて申し込みした時は、最大金利からのスタートになります。

ということは、どのカードローンも、マックスファイブの2倍以上の金利になる可能性が高いということですね。

マックスファイブの、一律5.95パーセントという金利は、破格の低金利だということがわかります。あらゆる条件が付いていて、審査は厳しめですが、この低金利ならば納得ですね。

キャッシュカード一体型カードローンは低金利?

それでは、専業主婦でもパート・アルバイトでも利用できる、キャッシュカード一体型カードローンはどうなのでしょうか。

一律14.5パーセントということで、上記で見た都市銀行の最大金利と同じくらいですね。

でも、都市銀行のカードローンは、専業主婦やパート・アルバイトだと審査不可の銀行も多いです。

パートやアルバイトでも審査オッケーのカードローンといえば、消費者金融会社です。

そこで、大手の有名なカードローン会社と比較してみました。

提携銀行 カードローン名 金利 最大限度額
三菱東京UFJ銀行 アコム 4.7~18.0% 500万円
三井住友銀行 プロミス 4.5~17.8% 500万円
三井住友銀行 モビット 4.8~18.0% 500万円
アイフル 4.5~18.0% 500万円

各カードローンとも、最大金利は18パーセントくらいです。

モビットキャッシングやパッとサッとも含めて、池田泉州銀行の方が金利が低いですね。

専業主婦やパート・アルバイトの方も、池田泉州銀行ではお得な低金利で借りられそうです。

他の地方銀行と比べると?

都市銀行・消費者金融会社と比較しましたが、地方銀行同士で比較すると、池田泉州銀行はお得なのでしょうか。

以下、比較です。地方銀行はたくさんありますので、各地域からランダムに選んで比較しました。

銀行名/地域 カードローン名 金利 最大限度額
秋田銀行/東北 モビットネクスト/プライムカード 5.0~14.8% 500万円
千葉銀行/関東 ちばぎんカードローン 4.3~14.8% 500万円
静岡銀行/中部 しずぎんカードローン「セレカ」 4.0~14.5% 500万円
池田泉州銀行/関西 カードローン/マックスファイブ ~14.5/~5.95% 300/500万円
愛媛銀行/四国 ひめぎんクイックカードローン 4.4~14.6% 800万円
宮崎銀行/九州 おまかせくん/SaKuLa 6.6~14.6% 200万円/500万円

どの地方銀行も、似たような商品を売りだしていますので、消費者金融会社や都市銀行と比較するよりはその差がありません。

しかし、池田泉州銀行は地方銀行の中でも低金利ということが比較しておわかりになると思います。

池田泉州銀行でスピーディーにお金を借りるには

忙しい時には、手間をかけずにすぐにお金を借りたいですよね。いくら低金利の池田泉州銀行でも、スピーディーに借りられないのでは困ってしまいます。

どのような方法で借りれば、最速で借りられるのでしょうか。

ネットで審査オッケー

池田泉州銀行のカードローン「マックスファイブ」「キャッシュカード一体型カードローン」は、インターネット・FAX・郵送で仮審査を受けられます。

お急ぎの場合は、インターネットが便利ですね。24時間、ラクに申し込みできるので、忙しいあなたにも時間を選ばず最適です。

仮審査後、電話やメールで審査結果が来ます。池田泉州銀行の場合、2~3日で結果が出るそうです。

実際にお金を借りるには、正式な手続きが必要です。その手続きを、池田泉州銀行ならウェブ上でできるのです。

一般的に、地方銀行では、銀行に行かなければ契約の手続きができません。その点、池田泉州銀行ならば、インターネット上でできるのでラクですよね。

ただし、希望額300万円以下で、インターネット上で申し込みした方限定です。300万円とは余裕があって便利ですね。

申し込みするのに必要なものは?

申し込みするのに、多くの書類が必要だったら、いくらスピーディーに申し込みできたとしても書類を揃えるのが大変!

どんな書類が必要なのでしょうか。

まず、多くのカードローンがそうであるように、保証人や担保は必要ありません。ちなみに、保証会社の保証を受けますが、その保証料は金利に含まれているので安心ですね。

必要な書類は以下。

  • 身分証明書(免許証など)
  • 所得証明書(マックスファイブの場合)

たったこれだけなのです。しかも、条件があるマックスファイブの場合のみ、所得証明書が必要なので、低額の借り入れ希望では、身分証明書だけで大丈夫です。

これなら、スピーディーに準備ができますね。

どこで借り入れできるのか

契約完了後、実際にお金を借りるのにも、スピーディーに済ませたいものです。

大手都市銀行では、コンビニでも手軽に借り入れができますが、池田泉州銀行の場合はどうなのでしょうか。

まずは、関西に134店舗ある、池田泉州銀行の店舗での借り入れです。窓口でもATMでもオッケーです。

その他、駅にあるATM「Patsat」でも借り入れ&返済ができます。

大手消費者金融会社や都市銀行のようには、色々な場所での利用ができませんが、関西で利用するのには銀行の数も駅のATMの数もたくさんありますので、大変便利です。

安全・安心にお金を借りるには池田泉州銀行がオススメ

忙しい!急いでお金を手に入れたい!そんな時こそ、気をつけなければならないことがあります。

それは、怪しいカードローンに関わってしまうこと。忙しい時にこそ池田泉州銀行を利用するべき理由は、そこにあります。

ヤミ金融に気をつけよう

急いでいる時は、余裕がありませんので、ふだんなら引っかからないようなサギに引っかかってしまうこともありえます。

ヤミ金融は、急いでお金が必要な人ほどグッとくる宣伝文句を使ってお客さん集めをします。

「審査不要」「即日融資で審査甘い」など、煩わしい審査をパスできるような言い回しには要注意です。

実際には、審査がないどころか、あなたの大切なお金を奪い取られることになってしまいますので、そのようなうたい文句には乗らないようにしましょう。

大手の銀行がやっぱり安心

とくに、カードローン初心者のあなたは、まずはよく名前の知られたカードローンを利用するのが安心です。

サービスがわかりやすいですし、借りられるATMも多いからです。

これまで見てきた通り、大手都市銀行にも負けないサービスがあるのが池田泉州銀行です。

関西にお住まいのあなたなら、ぜひ、池田泉州銀行のカードローンを利用してみてくださいね。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.