当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

利用前にチェック!みずほ銀行カードローンの3つの強みとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/10/22

みずほ銀行はご存じの通り、日本有数のメガバンクなので大企業との取引も活発ですが、一般向けのサービスも充実しており、カードローンの人気も高いです。

「やっぱりみずほ銀行だから…」と安定感で選んでも良いですが、その銀行ならではの強みを理解しておくと、カードローンを選んだ後の不満も出にくいでしょう。

そうした視点で考えると、みずほ銀行のカードローンには、主に3つの魅力があります。その3つの良さについて説明しますので、契約する前にぜひチェックしてください。

まずは知りたいみずほ銀行カードローンの基礎情報!

それではまず、最低限知っておきたい『みずほ銀行カードローンの基本条件』について確認しましょう。

商品名 限度額 金利 特徴
みずほ銀行カードローン 最高1000万円 4.0%〜14.0% 申込時に返済用の口座開設が必要

カードローンを使うなら意識したいのが、『最低でも金利と限度額は見ておく』ことで、この部分に納得していれば後悔しにくいです。

しかし、どうせなら後悔しないだけでなく、そのカードローンを最大限活かしたいですよね?みずほ銀行カードローンの場合、信頼性だけでなく3つの独自性も持ち合わせるので、それらを掘り下げて見ていきましょう。

圧倒的な限度額!みずほ銀行は最高1000万円まで借りられます

カードローンで重要となる『限度額』についてですが、みずほ銀行は最大で『1000万円』を貸し付け可能です。

「銀行だし余裕があるからそれくらい普通でしょ?」とカードローン未経験者は考えますが、実は銀行の中でも相当多く、それは他行のカードと比較すればすぐに理解できます。

銀行名 内容
みずほ銀行 最大1000万円
三井住友銀行 最大800万円
三菱東京UFJ銀行 最大500万円

表の銀行は全てみずほと同じくメガバンクですが、三井住友銀行よりは200万円も多く、三菱東京UFJ銀行との比較に至っては、2倍もの差を付けています。

一般的に1000万円もあれば、カードローンとしては十分過ぎる限度額でしょう。そこまで借りるなら相応の収入と職業も必要ですが、長く持つ一枚として最適ですね。

もちろん金利も高水準!安心の低負担なみずほカードローン

限度額も大事ですが、カードローンでは金利にも注目され、人によっては「限度額はそこまで要らないから、金利を安くしてほしい…」と考えるでしょう。

幸い、みずほ銀行カードローンは金利も低めであり、大金を長く借りたとしても、大きく負担を軽減できます。

銀行名 内容
みずほ銀行 4.0%〜14.0%
三井住友銀行 4.0%〜14.5%
三菱東京UFJ銀行 4.6%〜14.6%

数値のインパクトは限度額ほどでもありませんが、みずほ銀行は金利面でも他のメガバンクに差を付けています。『カードローン』で絶対に欠かせない基礎が優れているのは、疑いようのない事実ですね。

大金が欲しい人から低金利で借りたい人まで、多くの融資希望者に対応できるのが魅力の一つでしょう。

どっちが欲しい?選べる2つのカードを比較!

銀行によっては複数のカードローンを取り扱っており、利用者のニーズに合わせて提供内容を変えています。みずほ銀行もそれは同じで、2つのカードから選択可能です。

みずほ銀行のカードローンで注目したいのが『キャッシュカード兼用型』で、この商品だと多機能性がウリでしょう。

  • 口座の入出金などのキャッシュカード機能
  • 融資を利用できるカードローン機能

名前の通り、みずほ銀行の『キャッシュカード兼用型カードローン』では、通常のキャッシュカードとしても利用できます。他の機能と一体化したカードは他社も扱いますが、良く考えてください。

みずほ銀行の口座はインターネットバンキングに対応し、都市銀行なので他県にも支店が多く、口座単体を見ても優秀です。そんな便利なキャッシュカードとカードローンが一体化しているのは、既に存在自体が利点でしょう。

なお、もう一枚のカードは『カードローン専用型』ですが、単一機能ということもあって、ぱっと見は地味かもしれません。

実は便利!普通のカードローンは安全性に優れます

「もしかして、みずほ銀行の口座があると必ず兼用型になるの?」と不安がる人もいますが、ご安心ください。みずほ銀行ではカードローン希望時に自分で選べるので、口座があっても『カードローン専用型』が自由に選択できます。

専用型だと融資にしか使えないので、兼用型に比べて劣化していると思われがちですが、実は『紛失時のリスク』を考えると専用型が上です。

例えば、以下のケースを見てみましょう。

☆キャッシュカード兼用型のカードを落とした場合
早期に利用停止手続きを取らない場合、口座からお金を引かれた挙げ句、カードローンまで悪用されてしまい、損害が大きくなる。
☆カードローン専用型のカードを落とした場合
早期に利用停止手続きを取るべきだが、預金口座には一切ダメージがないため、悪用されても損害を最小限にできる。

外出などの際にカードを持ち歩くと、どうしても紛失のリスクがあります。そんなときに使う方のカードだけを持ち歩けば、落とした際のリスクが軽減されるので、安全第一な人にとっては魅力でしょう。

もちろん、通常の融資機能はどちらも遜色ないので、借入れ用途で差が付くことはほぼありません。

カードローンをもっと便利にする3つの自動機能とは?

何でも自動化が進んでいる現代、融資に関しても一部の操作を自動化することで、さらなる利便性を追求しています。カードローンは特に人気の融資プランなので、進化も非常に早いですね。

そして大手のみずほ銀行カードローンは、便利な自動機能が3つも用意されており、操作の簡略化に大きく成功しています。

その機能とは以下の通りです。

  • 自動貸越機能
  • 自動振替サービス
  • 自動融資サービス

具体的な機能内容に触れてみましょう。

☆自動貸越機能について
キャッシュカード兼用型のカードで預金を引き出す際、残高が足りないなら融資機能で不足分を補い、指定した金額をちゃんと引き出せる機能です。預金が6万円しかないのに10万円引こうとしたら、残り4万円を自動で融資してくれるような感じですね。
☆自動振替サービスについて
カードローンの返済時、カードによる入金で多めに支払った場合、余剰分を自動で返済用口座へ返してくれる機能です。45000円の返済時に5万円支払うと、5000円を自動で返金してくれると思えば良いでしょう。
☆自動融資サービスについて
公共料金やクレジットカードの引き落としで、みずほ銀行の口座残高が足りない場合、不足額をカードローンの融資分で補う機能です。7万円の引落時に5万円しか残高がなかった場合、自動で2万円を融資して間に合わせてくれます。

どれも本来は人間がするべき操作を、カードローンが自分で判断して行えるため、うっかりミス防止にもうれしい機能ですね。

機能は付けなくてもOK?欲しいものだけ追加してみよう!

こうした自動機能は便利な反面、「勝手に融資されると計算が狂うから、できれば外したい…」と思う人もいるでしょう。みずほ銀行カードローンは、そんな要望にも応えています。

みずほ銀行では作るカードローンにより、以下のように機能の絞り込みが可能です。

商品名 自動貸越機能 自動振替サービス 自動融資サービス
キャッシュカード兼用型 最初から利用可能 最初から利用可能 自分で有無が選べる
カードローン専用型 利用不可 自分で有無が選べる 自分で有無が選べる
一応注意しておきたいのが、『自動貸越機能』です。こちらはキャッシュカード兼用型でしか付帯できず、もしもこちらの機能を希望するなら、必ず兼用型を作ってください。

また、この表で見れば分かるように、『カードローン専用型』の方が自由度が高いです。「余分な機能は一切不要!」と考えるなら、通常のキャッシュカードとカードローン専用型の二枚持ちがベストでしょう。

即日融資以外は満点!?総合力が高いみずほ銀行カードローン

以上がみずほ銀行カードローンの魅力でしたが、「こんなに良いところばかりだと、逆に裏がありそうで不安…」なんて考えていませんか?

実際、基礎が優れたみずほ銀行のカードローンでも、欠点になり得る要素はあります。それは、『即日融資に関わる条件』ですね。

みずほ銀行のカードローンで即日融資を受けるなら、既に口座を開設している必要があります。もともと融資を受ける際には口座が欠かせませんが、この口座を作るには時間も必要で、先に用意していないと素早い借入れは難しいでしょう。

みずほ銀行のユーザーでなくとも魅力的なカードローンですが、ふだんから口座を利用していないと、唯一この点だけがネックです。先ほども説明したように、口座単体も非常に優秀なので、融資が気になるなら先に作っておくと損はしません。

もちろん既にみずほ銀行の口座があれば、その日にお金を用意してもらえます。そうなると弱点はほぼありませんから、安心して利用を開始しましょう!

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.