当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

ケンファイナンスなら借入可能!他で断られた人は要チェック!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/10/08

今は世の中全体が不景気ですから、お金のことで全く心配せずに生活できている人は少ないと思います。いざというときのために、経済的な不安を軽くする意味でも、借り入れ可能な金融機関の存在を知っておくのは重要なことです。

しかし、金融機関とは誰にも同じようにお金を貸してくれるわけではありません。借入の前には必ず審査がありますし、例えば過去に金融事故を経験しているなど、ちょっと訳ありの人であれば審査云々を抜きにして門前払いを喰らう、ということも珍しくないようです。

ケンファイナンスの最大の魅力は、柔軟な審査体制です。他でキャッシングを断られた人もあきらめないでください。ここなら十分に希望があります!

融資を断られた経験のある人も、ケンファイナンスなら大丈夫!

金融機関からお金を借りるといっても、誰でも同じようにお金を借りられるわけではありません。これは当然のことです。どのような金融機関に融資を依頼する場合でも、キャッシングに際しては必ず審査というものがあります。

審査の基準がどのようになっているかについては、それぞれの企業ごとに特色や違いがありますが、その中でも共通しているのはやはり、何らかのマイナス要因を持った人は、キャッシングの審査をパスすることが難しいという現状です。

審査の際、利用者の年収はとても重要

ここで言う、なんらかのマイナス要因にはいろいろなものがあります。例えば最も多いのが、利用者の希望する融資額に対して、年収が低すぎるというパターンでしょう。金融業界の重要なルールとして、「総量規制」というものがあることについては、すでに多くの人がご存じだと思います。

総量規制について念のため説明しておきましょう。これは、金融機関からお金を借りようとする人に対し、利用可能な限度額を顧客の年収の3分の1までと規制するもので、金融機関の利用者が多重債務を抱え込まないように、2010年の6月に成立した決まりです。

このルールがあるおかげで、例えば年収が300万円の人であれば金融機関から融資を受ける際には、最大で100万円までしかキャッシングできないということになっています。

例えば銀行系カードローンを利用する際など、総量規制の対象外となるケースはありますが、基本的に金融機関からお金を借りる際には、この規制を頭に入れておくべきでしょう。

複数の金融機関から同時に借り入れを受けるのは危険!

すでにほかの金融機関からお金を借りている状況というのも、キャッシングを受ける際にはマイナスの条件になってしまいます。他社から借り入れがあり、さらにその返済が滞っているなら、それだけで融資をお断りするという金融機関も少なくありません。

すでにほかの金融機関からお金を借りている状態で、その借金がかさんで返済が難しくなり、定められた返済日などにきちんと借金が返せなくなると、金融事故を起こしてしまった状態になります。金融事故とは基本的に、借金の返済ができなくなる状況を表すのです。

審査の際に不利となるマイナスの要因をまとめると

前述した「キャッシングを受けるにあたっての何らかのマイナス要因」をまとめると、以下のようになります。

  • 希望する融資額に対して、年収が不足している
  • ほかの金融機関からすでにお金を借りている
  • 金融事故を起こしたことがある(*)
(*)金融事故とは、金融機関からキャッシングを受けた顧客が、諸事情によってその借金を返せなくなったり、あるいは大幅に返済が遅延しているなどの問題を表す言葉で、これが原因となり、金融機関からお金を借りることが難しくなる場合が多い。

これらが基本的なマイナス要因です。繰り返しますが、これらを抱えていると、金融機関からお金を借りることが難しくなるのが普通ですが、ケンファイナンスの場合、多少のマイナス要因を持った顧客に対しても、柔軟な審査の姿勢で対応してくれます。

このあたりが、中小規模ながら、ケンファイナンスが多くの人から信頼され、評価されているゆえんなのです。以下の項目では実際に、ケンファイナンスでキャッシングサービスを受けるにはどうしたらいいか、またその際の注意事項などをわかりやすく解説していきます。

ケンファイナンスのキャッシングサービスはこんな感じ

ケンファイナンスが展開しているキャッシングサービス、その最大の魅力は、なんといっても審査の体制が非常に柔軟であることと、サービスの形式がシンプルにつかみやすいということです。これまで金融機関からキャッシングを受けたことがないという人でも、気軽に利用しやすいのです。

以下に、ケンファイナンスのサービス全容について、分かりやすくまとめておきますが、一覧の項目に目を通していただければ、そのサービスがシンプルかつ充実していることがわかってもらえると思います。

キャッシングサービスの詳細をリストアップ

融資可能な限度額は300万円、利息は年率で7パーセントから20パーセント。担保や保証人の類は原則として不要。これが基本ですが、それ以上に細かい点に関しては以下にリストアップしておきました。

  • 融資可能な限度額は最大で300万円(要審査)
  • 利息は年率で7パーセントから20パーセント
  • 遅延時の損害金は年率で15パーセント~20パーセント
  • 借金の返済方式は、元利均等分割払いか一括払いを選択
  • キャッシングの契約期間は最大で三年、分割払いなら最大で36回
  • 担保や保証人の類は原則として不要(審査の状況などによって必要な場合も)
  • キャッシングの審査に際して必要なものは、本人確認書類など(後述)

不安な人へ、実際のキャッシング申込み手順を解説!

ケンファイナンスでキャッシングの申請を行う際は、webサイトからのアクションが基本です。公式サイトにアクセスすると、キャッシングの申請を行うためのフォームがありますので、そこに必要事項を記入してください。

どんな項目を書けばいいのかについては細かく指示が出ているうえ、もし何か入力に不備があったとしても、申請フォームのページを切り替えて先に進もうとしたとたんに警告メッセージが出て、不備を改めろといわれます。おまけに、すべての項目を記入し終えた段階で入力事項を確認できるのです。

だから、webからの申請に不安があるとか、もし失敗したらどうしようとか、過剰に気にかける必要はありません。それこそ胡粉もあれば十分に完了できる作業です。初めてキャッシングを申請する人だったら、多少は緊張することもあるかと思うのですが。

ケンファイナンスでキャッシングを申請する手順を、できるだけわかりやすく以下にまとめます。ご利用を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

ケンファイナンスにおけるキャッシングの手順、詳細

  • webサイトから、専用のフォームに必要事項を記入
  • 専用のフォームに記入した内容に基づき、キャッシング審査
  • メールあるいは電話にて、審査結果の連絡
  • 審査をパスした場合、店頭での申請か、郵送での申請かを選択できる

ここから先については、店頭でのキャッシング申請を希望するか、あるいは郵送でのキャッシング申請を希望するかによって、その手順が少しだけ変動します。

◆店頭でキャッシングの申請を行う場合

  • 最寄りのケンファイナンス店舗を確認後、必要なものをそろえて店舗へ
  • 審査の結果などについて説明を受け、申請書類を作成、押捺
  • 審査結果によって借入額の決定
  • 融資開始

◆郵送でのキャッシング申請を行う場合

  • フォームに記載した内容に従い、ケンファイナンスから審査結果について連絡
  • 審査をパスすると、契約に必要な種類が郵送されてくる
  • その書類に必要事項を記入し、郵送
  • 審査結果に従い、融資額の決定
  • 融資開始

(*)郵送でのキャッシング申請について、専用の書類を準備中とあるが、現在のところは使用不可。Webサイト上の専用のフォームに必要事項を記入するのが基本。

知っておこう!ケンファイナンスを利用する際の留意点など

上記の項目までで、ケンファイナンスの展開するキャッシングプランや特色などは簡単に説明してきました。ここからは最後の項目として、当社でキャッシングサービスの申請を行う際に知っておくべきポイントを、いくつかまとめて解説します。

キャッシング審査、および申請の際に必要なものは?

ケンファイナンスでキャッシングの審査を受ける際に必要なものは、まず本人確認のための書類。これにはいくつか種類がありますね。代表的なものは、運転免許証・各種健康保険証・パスポートなど。また、外国籍の方は、在留カードや特別永住者証明書などが必要となります。

そもそも本人確認とは、平成20年3月より施行された『犯罪による収益の移転防止に関する法律』を遵守するために必要となるものですので、ご理解のうえ、ご協力ください。

また、融資可能な限度額を決定するために、利用者の年収を確認する必要がありますので、源泉徴収票や給与明細書、あるいは確定申告書類の提出が求められます。すべて直近のもの、もしくは直近2か月のものが必要になりますが、詳しくはスタッフの指示に従ってください。

◆キャッシングの審査に際して必要なものをまとめると……

  • 本人確認書類(運転免許証・各種健康保険証・パスポートなど)
  • 直近のもので、源泉徴収票や給与明細書、あるいは確定申告書類の提出が必須
  • 外国籍の方は、在留カードや特別永住者証明書などが必要

利用者に、何らかの問題が指摘された際は……

冒頭で、ケンファイナンスでキャッシングを申請するメリットは、他社ですでにキャッシングを断られた人に対しても柔軟な姿勢で審査してくれることだ、というような説明をしました。

実際、ケンファイナンスでキャッシングサービスを受ける際、例えば即日融資に対応しているとか、そういうことは一切ないんです。基本的に、審査のスタンスはとても丁寧で、審査を依頼してから借入金を受け取るまでには、それなりの時間が必要となるケースがほとんどです。

しかしながら、ケンファイナンスはほかの金融機関なら門前払いを食らわせそうな顧客に対しても、できる限りの誠実さで融資を検討してくれます。じっくり検討された結果、たとえ少額であっても融資を受けられるというのは、利用者にとって何よりもありがたいことではないでしょうか。

金融事故を経験したとか、すでにほかの金融機関からお金を借りており、その返済が苦しくなっているとか、人によっていろいろと事情はあると思います。利用者に何かしらのマイナス要因がある場合、ケンファイナンスではひとまず、おまとめローンを提示されます。

おまとめローンという言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。これは、金融機関から普通に新規でお金を借りるのとは少し違って、すでに顧客が抱えている借金を少しでも楽に返すため、ケンファイナンスでの借り入れ分と他社での借り入れ分をまとめて、利氏を一本化するという考え方です。

こうすることで、利用者にとっては借金の返済が随分と楽になります。複数の金融機関に対して金利を二重に支払うようなことを続けていくと、それだけで過払い分の損が増えていきます。おまとめローンは、そういったピンチから利用者を救ってくれるのです。

金融事故を経験している(ブラックリストに載っている)あるいは、すでにほかの金融機関からお金を借りている……そんな悪条件を抱える人も、スムーズな借金返済をあきらめないでください。ケンファイナンスはきっと、あなたの力になってくれます。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.