当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

大手と完全比較!きらやか銀行のカードローンは何が魅力?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/06/16

きらやか銀行は山形方面の地方銀行であり、お住まいの地域によっては有名ですが、逆に済んでいる地方によっては初めて聞いたという方も居るでしょう。

こうした地方銀行は、規模から見れば全国展開している大手銀行に比べて、やはり大きく差を付けられています。

ただし、きらやか銀行は規模では負けているかもしれませんが、取り扱うカードローンの評価は決して低くありません。

融資商品は銀行の規模=評価になりがちですが、そんな中でも支持を集めている『きらやか銀行のカードローン』を、大手と比較して魅力を再確認してみましょう。

銀行にも種類が?大手銀行ときらやか銀行の明確な違いとは

銀行と言えば、恐らくどんな人の生活にとっても、身近にある機関の一つと言っても過言ではないでしょう。

日常的に使っていると忘れてしまいがちなのですが、あなたが使っているのは地方銀行ですか?それとも大手銀行ですか?

銀行には主に2種類存在しており、大手銀行と地方銀行に分けられています。どちらも銀行としての役目は一通りこなせますが、定義が異なっています。

今回メインで説明するきらやか銀行は地方銀行、それ以外の銀行は大手銀行になり、その定義については以下の通りです。

●地方銀行の定義
一定の地方の区域内でのみ営業する銀行。主な業務はその地方に住まう人や企業への融資であり、地元への貢献を重要視した営業方針をとっている。
●大手銀行の定義
都市部を拠点とし、全国的に営業基盤を持つ銀行。主な業務は大手企業への融資及び全国の顧客の預金や投資業務等。国内だけでなく国外でのサービス提供も可能としている。

以上を踏まえ、きらやか銀行と大手銀行の、カードローンに関わる比較を始めていきましょう。

一目で分かる!きらやか銀行と大手銀行を徹底比較!

やはりカードローンの比較基準として最たるものは、金利と限度額による差ですね。

地方銀行でもあるきらやか銀行と大手銀行の違いを表にまとめましたので、ご確認下さい。

銀行名 限度額 金利
きらやか銀行 最大500万円 4.8%〜14.6%
三菱東京UFJ銀行 最大500万円 4.6%〜14.6%
三井住友銀行 最大800万円 4.0%〜14.5%
みずほ銀行 最大1000万円 4.0%〜14.0%

大手銀行というのは、実は法的な根拠がありません。人によって、どこが該当するか変わる事もあります。

そこで今回は、メガバンクと呼ばれている日本を代表する存在であり、もちろん大手銀行としてもカウントされている三行を比較対象とします。

規模に関しては大きな違いこそあるものの、この比較表から、皆さんは何を感じましたか?

単純な条件なら大差無し!?きらやか銀行は十分便利です!

カードローンに必要な要素というのは、融資を受ける人によって異なっています。

しかし、お金を借りる以上は限度額と金利、この二点だけは絶対に外せません。

そう考えた場合、比較表を見る限りでは、きらやか銀行のカードローンは決して大手銀行に劣っているわけではありません。

限度額で言えばみずほ銀行の1000万円の半分となっているものの、同じくメガバンクである三菱東京UFJ銀行とは同じ限度額ですし、カードローンでは500万円もあれば大抵は事足ります。

また、金利について三菱東京UFJ銀行と比較すると、下限金利が0.2%の差しか無い等、金利でも大健闘しているのが分かります。

一部の銀行には大手銀行に比べて若干劣っていたり、ともすれば消費者金融並みの金利設定をしている場所さえある中で、きらやか銀行は地方銀行とは思えない存在です。

従って、きらやか銀行のカードローンを大手と比較して検討している場合、限度額や金利では決定的差にはなり得ません。

嬉しい事ではあるかもしれませんが、その分より一層悩ましい事でもありますから、他の要素でも比較を進めていきましょう。

制限に注意!きらやか銀行が使える場所って?

続きまして、カードローンではどうしても気になってしまう、使える地方や主なATMについて比較してみましょう。

●きらやか銀行が対応しているATM
・自社ATM(山形、宮城、新潟、秋田、福島、埼玉、東京)
・セブン銀行ATM
・ゆうちょ銀行ATM
●大手銀行が対応しているATM(共通)
・自社ATM(全国に支店あり)
・セブン銀行
・ローソンATM
・イーネットATM(ファミリーマートなど)
・ゆうちょ銀行

その他にも対応しているATMが存在していますが、主に使う事になる規模が大きな提携ATMについては、以上のようになります。

また、きらやか銀行のカードローンに関しては、作れるかどうかも地方に関係しています。

地方銀行は、取引を行う為には原則として、その営業区域内に住んでいる事が必須です。きらやか銀行の場合、山形県か宮城県に住んでいないと、そもそもカードローンが契約できません。

ATM自体は県外にもいくつかあるだけに、契約に必要な住まいが設定されているのは、多少残念ですね。

移動があるなら注意を!地方銀行ならではの欠点を知る

きらやか銀行のカードローンは、幸いにも対応ATMにセブン銀行やゆうちょ銀行があるおかげで、使える場所は比較的多く存在していると言えます。

ただ、住んでいる地方から移動の予定がある場合、地方銀行の使い勝手は大きく変化する事になり、そういう意味では大手銀行の方が良いです。

例えば、以下のような状況を想定してみて下さい。

  • 急な出張で県外に行く事になった
  • 旅行が多く旅先でカードローンを使う事が多い
  • 引っ越しを視野に入れている

出張や旅行でもそうですが、仮に引っ越しなどをする予定がある場合、きらやか銀行のカードローンは大手に比べて、どうしても利用出来る場所が減ります。

セブン銀行とゆうちょ銀行があれば、旅先や出張くらいなら何とかなるかもしれませんが、やはり支店が無い事での総合的な使い勝手低下は否めません。

その点大手銀行は県外にも支店がありますし、対応しているコンビニも多い為に、あらゆる移動の目的に応えてくれます。

一年中対応!?きらやか銀行の人気の理由は対応力にあり!

金利や限度額の条件が互角なら、やはり使える場所が多いカードローンが欲しい…そう考えるかもしれません。

ですが、きらやか銀行には、大手銀行にも存在しないような強みがあります。

実はきらやか銀行のカードローンへの申し込みは、365日体制で受け付けているのはご存知ですか?

ある程度きちんとした会社やサービス業以外だと、当然ながら週に二日は休日があるものですし、長期休暇も設けられていますよね?

特に、皆さんの身近にある銀行の支店を想像してみましょう。恐らく多くの場合、土日祝日は支店が休みで、振り込みなどの取引が停止しています。

もちろん、きらやか銀行に関しても支店や振り込みのお休みはあります。しかし、融資というのは急に受ける事になりやすく、通常の休み通り融資も止まっているのは不便です。

多くの銀行は融資の実行に関しましても、自社の休日とリンクしており、土日祝日では審査を受ける事も難しいです。

その点、きらやか銀行のカードローンの場合、融資部門だけは365日対応しています。銀行の休日も、強く意識する必要がないのです。

申し込みも簡単!きらやか銀行にいつでも対応してもらう方法

365日対応だと別途何か必要な物が増えそうですが、そんな事はありません。

きらやか銀行のカードローン発行を365日受け付けてもらいたいなら、申し込み方法を少し意識するだけでOKです。

きらやか銀行にカードローンを申し込む場合、以下の方法で申し込む事になりますが、電話以外は365日受け付けてくれるのです。

  • 電話
  • 郵送
  • FAX
  • インターネット

365日いつでも対応しているだけでも凄いですが、その審査結果の連絡の早さも、非常に秀でています。

何と原則として即日中、それも最短1時間で返事をくれるという、銀行らしからぬフットワークの軽さも持ち合わせているのです。

銀行というと規模がそのまま利便性に繋がっている印象が強いものの、きらやか銀行の特徴を見ると分かるように、地方銀行ほど独自性が強いサービスが多いのです。

大手では不可能?365日対応が凄い理由を再確認!

それでは大手銀行はどうなのかと言うと、実は『受付だけなら』365日いつでも対応できます。

ただ、問題はその処理です。基本的に銀行の多くは、土日は審査が停止してしまっており、受付だけならともかく結果はすぐには出ません。

さらに、大手の銀行は年末年始といったタイミングで長期休暇に入り、その時はさらに結果まで時間が空きます。

大手の方が一見して土日対応に強そうに見えますが、むしろ大手ほど福利厚生の関係上、休みはきっちり取っているという感じですね。

それに比べてきらやか銀行は、365日を公言しているだけあって、融資の申し込みについては全く不安がありません。

ただ、きらやか銀行への申し込みであっても真夜中に行えば、その返事は翌日にもつれ込む事が考えられます。

それでも休日対応の心配が無いというのは大きく、きらやか銀行は良い意味で、型破りな銀行カードローンを提供していると言えるでしょう。

やっぱり地元向け?きらやか銀行を使うべき人の条件

以上で大手銀行との比較を終えますが、軽くおさらいしてみましょう。

  • 地方銀行は特定地方でしか使えない
  • 金利や限度額では劣らない
  • 365日対応はきらやか銀行ならでは

また、そこに『地方銀行は特定地域への貢献を重視している』と考えると、きらやか銀行を使うべき人というのが見えてきます。

地方制限という縛りに引っかからない場合、きらやか銀行を使えば十分なカードローンが早く作れるだけじゃなく、将来の融資にも役立ちます。

カードローンが早く作れるという点については省略しますが、地方銀行というのはその地方の顧客を獲得する為に、地元に住む人への対応が柔軟になりやすいのです。

例えばきらやか銀行でカードローンを作り、ずっと営業区域内に住み続けて、そして融資もちょくちょく使っていたとしましょう。

そうなるとお得意様という事となり、ずっとその地方に住んでもらいたいと願いますよね?

そしてもっとサービスを使ってもらう為に、住宅ローンなどの審査に通りやすくしてたりするのです。

これは信用金庫でも似たような傾向がありますが、信用金庫よりも使える範囲や内容が充実しており、大手銀行にも劣らない金利と限度額を備えていると考えると、答えは一つです。

山形か宮城に住む人であるのなら、ほぼリスク無しで大手銀行以上の融資を受けられるのが、きらやか銀行なのです。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.