当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

低金利のカードローン!大和ネクスト銀行は即日審査にも対応している

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/01/01

低金利で知られているカードローンは多く存在しますが、その中でも低金利と噂されているのが大和ネクスト銀行のカードローンです。

今回は、そんな大和ネクスト銀行カードローンの魅力として、低金利だけでなく即日審査といったサービスについても検証していきます。

大和ネクスト銀行の利用を検討中の方は、良ければ今回の記事を読んで検討を進めていただけると幸いです。

金利は10%未満!大和ネクスト銀行は低金利カードローンを販売

大和ネクスト銀行カードローンは低金利で知られているカードローンです。

このような低金利を謳っているカードローンは、インターネットで調べてみると多く見つかります。ですが、大和ネクスト銀行カードローンのように、良く金利比較の対象となるほど低金利のカードローンは、それほど多くは見つかりません。

低金利についてですが、細かい定義に基づいて金利が設定されているわけではありません。

実際に以下の金利設定でも低金利と言われることがあります。

  • 三菱東京UFJ銀行:14.6%
  • みずほ銀行:14.0%

※ 上記は上限金利を表しています

大和ネクスト銀行カードローンの上限金利は9.5%です。

他と比較しても低金利である大和ネクスト銀行カードローンですが、「口座開設」など契約条件が細かく決められてもいます。

大和ネクスト銀行カードローンの契約ですが、以下の条件を満たすことで契約が行えるため、他のカードローンと比較すると、「契約までに時間がかかる」という弱味があるのです。

  • 口座開設が完了している
  • カードローン審査に通過
  • 契約書類を交わす

銀行カードローンは低金利?他のカードローンと比較してみると?

銀行カードローン以外にも低金利のカードローンは存在すると言われています。

ですが、何かしらの条件付きで低金利となっているだけで、実際はそれほど低金利と言い切れるカードローンは少ないです。

実際に比較を行ってみたところ、結果は下の表のとおりとなりました。

業者 金利(年率)
大和ネクスト銀行 4.0%~9.5%
大手銀行 4.0%~14.5%
中堅銀行 4.5%~15.0%
消費者金融 4.5%~18.0%
街金 5.0%~18.0%

大和ネクスト銀行カードローンでもそうですが、金利は「上限金利」で比較したほうが良いです。

上限金利とは

4.0%~14.0%の金利設定では14.0%が上限金利となります。

「借入額が最低であった場合の金利」が上限金利のため、一般の人が実際に利用することとなる金利は上限金利なのです。

上限金利の逆を「下限金利」と言います。

融資限度額500万円の大和ネクスト銀行カードローンでは、500万円(融資限度額の最高)で借りる場合に下限金利が適用されます。

ただ、年収を前提にしてカードローン審査が行われるため、ほとんどの人は500万円で融資を受けることができません。

年収がそれほど多くない人の場合、100万円以下の借入で審査通過となりやすいため、金利についても上限金利が適用されやすいのです。

ネットバンクの利用方法は?大和ネクスト銀行は即日融資も可能!

大和ネクスト銀行カードローンでも、ネットバンクや即日融資には対応しています。

ですが、以下の条件を満たさないと即日融資を受けることができませんので、そのことに注意してカードローン審査を申込むようにしましょう。

  • 14時までに契約
  • 15時までに振込先を指定する

まず14時までに契約というのは、「他の銀行と同条件」となっています。

意外と素早く契約しないといけない・・・と思うかも知れませんが、午前中に審査を申込むようにされるだけで、14時までに契約できる場合が多いです。

昔のように、審査そのもので1時間以上かかってしまうということはありません。

次に15時までに振込先を指定というのも簡単です。

振込先は任意の振込先で問題ありません。つまり、当行でも他行でも問題なく対応してくれるというわけです。

大和ネクスト銀行カードローンでも、「キャッシュ振込」に対応しているので、カードを用意してATMからキャッシュを引き出す必要はありません。

現代のカードローン利用では、中堅銀行以上であればこのようなキャッシュ振込に対応しています。

次にネットバンクの利用方法ですが、インターネット接続環境がある場合はネットバンクをネット上で利用するだけで問題ありません。借り入れ、申し込みを店舗を訪問することなく無料で行えるようになっています。

そのため、店舗を訪問したくない女性のほうが、男性よりインターネットサービスを良く利用しているという状況です。

大和ネクスト銀行カードローンは、低金利で知られているカードローンです。

他にも、即日審査、インターネットサービスに対応しているので、男性だけでなく女性も使いやすい銀行として有名となっています。このような魅力があるため、今でも大和ネクスト銀行は人気が高いのです。

審査は厳しい?大和ネクスト銀行の審査に通るコツを知っておこう

大和ネクスト銀行カードローンの審査は厳しいと言われていますが、審査基準を理解されている方であれば、通常の審査よりやや厳しい程度です。

どのようなことでカードローン審査が厳しくなっているのか?というと、主に無職(専業主婦含む)では審査に通らないため厳しいと評価されています。従来の銀行カードローンでは、無職であっても保証人を通じてカードローン契約できる場合が多いです。

そのような審査基準を設けているのですが、「パートやアルバイト」は大和ネクスト銀行カードローンを利用できます。

この部分は、他の銀行カードローンと大きく違っているので注意してください。

重要なのは、以下の条件を満たせる人物であればカードローン審査を通過する可能性があるということです。

  • 年齢が満20歳以上満60歳以下
  • 安定した収入がある
安定した収入とは

銀行カードローンの審査基準では、「安定した収入がある方」でなければ審査に通りません。

安定した収入とは、「継続した収入である、不定期に発生する収入ではない」という条件を満たしている収入のことです。

そのため、以下のような収入を得ている人の場合、銀行カードローン審査では通らないことが多いでしょう。

  • ギャンブル
  • 発生見込みの副収入など

審査が甘い場合のデメリット!審査の甘さとローン審査の関係性を検証

大和ネクスト銀行カードローンの話ではなく、他カードローンの案内です。

他カードローンは審査が甘いという面では、大和ネクスト銀行カードローンより好条件となっています。

そのため、「○○銀行より使いやすい!」という評価をインターネットでは良く見ます。

ですが、実際にカードローンの業者選びを進めていく場合、審査が甘いというだけで選ぶのはもったいないでしょう。

というのも、大和ネクスト銀行カードローンのような魅力あるカードローンとは言えないからです。

下記の内容について確認してみると、意外とカードローン内容が悪いカードローンも見つかることがあります。

  • 借入額が少ない(50万円にも満たない)
  • 融資限度額が100万円以内
  • 提出する書類量が多い

つまり、審査が甘い場合は多くの条件を満たさなくてはならないのです。そのため、本当に審査が甘く、誰でも簡単にカードローン審査に通るケースというのは存在しません。

他の金融機関と比較して、カードローン審査が甘いかも知れない・・・という広告が多いだけで、実際の審査に関しては申し込みを行ってみるまで不透明なのです。

大和ネクスト銀行はパートやアルバイトでも審査可能です。そのため、他の金融機関に比べて多くの人が利用している銀行なのです。

また、大和ネクスト銀行以外の金融機関の中には、審査が甘いと噂されている金融機関も存在します。ですが、本当に審査が甘い金融機関は存在しないため、このような噂は真に受けないほうが賢明でしょう。

事前の口座開設で余裕が違う!大和ネクスト銀行の上手な利用方法

大和ネクスト銀行カードローンを持つためには、「口座開設が必須」となっているので注意しましょう。

口座開設は完全に口座の開設が終了するまで、カードローン審査の申込を行えません。

他の銀行カードローンでは「同時申込」が可能となっています。

同時申込とは

口座開設と、カードローン契約を同時に申込むことを同時申込と言います。

同時申込が可能となっている場合、口座開設にあまり時間がかかりません。カードローンの契約を行うと、ほぼ同時に口座開設される場合が多いです。

このことに関しては、他の銀行カードローンより使い勝手が悪いと理解しておきましょう。

補足となりますが、大和ネクスト銀行カードローンでは口座開設に「2~3週間」ほどかかります。

口座開設がすぐに行えない・・・ということも理解して、「前倒しで口座開設」しておいたほうが、スムーズに銀行カードローンの契約も行えるようになるでしょう。

焦って申込まない!問題を起こさずカードローン申し込みする方法

大和ネクスト銀行カードローンといった、「口座開設に時間がかかる」カードローン申込を検討されている方は、口座開設の間に他のカードローンの申込も行うか迷っている場合が多いです。

ですが、このようなケースで悩んでいる場合は、他のカードローン申込を行わないようにしましょう。

その理由ですが、カードローン申込というのは、申込まれた時点で「申込の記録」が行われるようになっているからです。

申込の記録とは

カードローンといったローン審査は、ローン申込を行った時点で業者が申込の記録を行うようになっています。

このような情報は、業者間で共有される情報の1つなので注意しなければいけません。申込が多数存在する場合は、業者の方も審査に対して慎重にならざるを得ない状況となるのです。

なので、大和ネクスト銀行カードローンのような、他の銀行カードローンと比べて審査が厳しい銀行を利用する場合、他の銀行より先に大和ネクスト銀行のみで審査申し込みしたほうが賢明です。

また、このような情報が目立って見られる場合、「審査拒否」されることもあります。

もし、複数のカードローンに対して審査申込をされたい場合は、なるべく「1週間以上で空きを作る」ようにしましょう。

1件申込をされた後は、1週間ほど間を空けてから次(2件目)の申込を行う・・・という感じで申込を行うのが、カードローン申込に対してのマナーだと理解してください。

大和ネクスト銀行でカードローン審査の申し込みをする場合も、礼儀正しいカードローン申し込みをしたほうが良いです。

現代のカードローン審査は、申し込みそのものを管理、記録しているので、同時に複数のローン申し込みが目立つ場合は審査に落ちやすくなります。

大和ネクスト銀行の魅力!他では味わえないサービスも充実している

低金利が魅力的な大和ネクスト銀行カードローンですが、審査基準を含めた商品内容は以下のとおりとなっています。

商品内容には重要な情報が多く掲載されているので、カードローン申込前に確認されておくことを推奨します。

商品名 大和ネクスト銀行フリーローン
融資限度額 500万円
金利(年率) 4.0%~9.5%
審査基準 以下の条件をすべて満たす必要あり
1.当行の円普通預金口座をご開設いただいている方
2.年齢が満20歳以上満60歳以下の方
3.継続して安定した収入を得ている方
4.保証会社の保証を受けられる方
お使いみち 自由
※ 事業性資金は除く
パート、アルバイトの申込
無職、専業主婦の申込 不可
担保・保証人 不要
保証会社 株式会社ジェーシービー

商品名が大和ネクスト銀行フリーローンとなっていますが、「カードローンと同じ商品内容」なので、あまり気にされないほうが良いです。

現代のカードローンは、「カードローン、キャッシングローン、フリーローン」に大きな差がありません。

過去の名残で、今でもフリーローンという名称が使われているだけです。

保証会社とは

ローン契約を結ぶ際に、ローンの保証を受け持ってくれる会社を保証会社と言います。

保証会社はローン審査を行っている会社でもあるので、大和ネクスト銀行でカードローン契約を結ぶ場合、保証会社の保証を受けられないと契約が結べません。

今では銀行が商品の販売を行い、保証会社がローン審査、契約の担当となっている場合が多いです。

こちらも要チェック!カードローン審査前に知っておきたいこと

カードローン審査の際に、忘れていると審査に落ちやすくなってしまう部分の案内を行っています。

カードローン審査で重要となる項目は借入希望額です。

銀行カードローンの場合、「他よりも多く借りられる」ため借入希望額がかなり大きい設定となっている人もいますが、そのような申込では審査に通らない可能性のほうが高まります。

希望借入額は、以下の条件を理解されて申込まれたほうが良いです。

  • 50万円以内
  • 収入が少ない(※)場合は20万円以内

※ 収入が年収で100万円を超えない

大和ネクスト銀行でもそうですが、希望借入額というのは収入に余裕がある人でない限り、参考にされることがありません。

そのため、「10万円~50万円の範囲」で借入額の設定が行われやすくなっています。初回借入分に関しては、厳しい設定額で審査を行っている銀行が多いというわけです。

そのことを理解し逆にその仕様を逆手に取って、少額で希望借入額の設定を行いましょう。このような対応をされるだけでも、銀行側はスムーズに審査を行ってくれる場合が多いです。

他より低金利のカードローンを販売しているのが、大和ネクスト銀行です。上限金利の設定が他よりも低いので、小さな借入から低金利を味わうことができます。

しかも、大和ネクスト銀行であればパートやアルバイトであっても、カードローン審査が可能となっているのです。そのため、今では女性も大和ネクスト銀行を利用しているケースが目立っています。

それだけでなく、大和ネクスト銀行ではインターネットサービスも充実しています。ネットからの申し込みだけでなく、細かい相談もネットを通じて可能となっているため、気を楽にして利用できる銀行という特徴もあるのです。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.