当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

罰金が高すぎる!!シンガポールのおかしな法律まとめてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/02/17

w158
シンガポールでガムを路上に吐いてはいけないことは世界的に有名ですが、実はこの法律、思っている以上に厳しいもののようです。しかも昨年、イギリスのとある町で同様の法律が導入され、話題となっています。

さてシンガポールのこの法律、最初に導入されたのは1992年でした。遊歩道やそこから見える景色を保護することが当初の目的だったようです。

持っているだけでも罪!!

しかし20年を経た今、こうした法律が、観光客や海外投資家を誘致する際の障害になっているのではないかと言われています。ガムによるゴミの被害や、器物の損害を防止するのには役立っているようですが。

この法律により、シンガポールではガムの輸入・製造・販売が全面的に禁止されています。所持しているだけでも違法行為とみなされるので、旅行者でさえも、ガムを持ち込んではいけません。

ただし2004年に一部法改正が行われ、医療目的で使用されるのであれば、販売が許可されるようになりました。とは言え、あくまで医療のためだけなので、薬局でしか手に入らないんだそうです。

ちなみに医療用のガムとは、キシリトールなど健康に良いとされる成分の入ったガムのことのよう。違法行為が発覚した場合には、鞭打ちの刑に処される可能性もあるんだとか。

通常は罰金刑ですがシンガポール・ドルで1万ドル(日本円で約80万円)というのですから、結構な額です。密輸をした者に関しては、最長1年間の禁固刑と約2万1000シンガポール・ドル(日本円で約170万円)の罰金が科されるんだそうです。

シンガポールでは、特に宗教や人種問題、ドラッグの密輸や所持など、公衆を乱すような行為に関する法律が厳しいと言われています。

ガム禁止は、シンガポールだけじゃない

ところでこの法律、シンガポールだけだと思ったら大間違い。昨年、イギリスのとある町で、これと全く同じ法律が導入されました。ガムをかんでいることが見つかった場合には、その場で罰金を支払います。

導入のきっかけは、路上や壁のガムをはがすために使われる費用が相当な額だったからだとか。ひどいときには、たった1スクエア・フィート(約0.0929平米)しかない石畳の上に、22個ものガムが吐き捨てられていたというのですから、これは捨てる方が悪いですよね。

さてこの2つの都市の法律について、世界の人々はどのように感じているのでしょうか。

法律ってのはこれくらい厳しくないと意味がないよね。適切な場所で適切に何かをする分には何も問題ないんだから。タバコだって同じ。
シドニーじゃ、路上のそこかしこにガムが吐き捨てられているよ。気持ち悪いったらありゃしない。オーストラリアでも、シンガポールと同じような法律を採り入れるべきだね。
ガムをかませて欲しい。絶対に吐き捨てたりしないから。ガムをかむためだけに、しょっちゅうマレーシアに行ってるんだよ、俺……。
素晴らしい決まりだね。カナダにも導入すべき。
シンガポールは罰金国。自分の国だからよく分かる。
ガム嫌いだから、まあ別にいいや。
夜中まで遊んで帰って来ると、いつも靴の裏はガムだらけ。笑えないって……。
ガムの禁止は、そんなに悪い法律でもない。
ガムをかむことを禁止するんじゃなくって、吐き捨てる人を適切に取り締まればいいだけの話なんじゃないの?
ガムに高い税金かければいいんじゃない?
こんなバカらしい決まり聞いたことない。ガムを吐き捨てたから罰金ってのは理解できるけど、かんでただけで罰金ってのはおかしくない?
ツバの吐き捨ても禁止すべき。
散歩から帰った犬の足にガムが付いていたときは、取るのに一苦労だった。吐き捨てた奴を恨んだわ!
この法律自体が違法なんじゃないかと思うんだけど。まあ、ガムをかんでるのが見つかっちゃったときは簡単。飲み込んじゃえばいいんだから。
店で買える限り、禁止しても意味がないんじゃないかと思うけど。
「ニコレット」もダメなの?ガムとタバコ、どっちが許されるんだろう。
また「禁止リスト」の項目が増えたよ……。問題が起きるたびに、何でもかんでも禁止すればいいってもんでもないだろ。
この法律って果たして機能するのかな?結局、イギリス政府が、町のゴミ箱と清掃要員を増やして終わるだけのような気がするんだけど。
どこかの企業が「分解性」のあるガムを開発すればいいんだよ。何年も道路に残らないようなやつをさ。
でも実際ガムのせいで、美しかった町が見る影もなくなっちゃったってことはあるしね。
この法律は素晴らしいと思う。できればこういう法律がある町に引っ越したい。
シンガポールだからこそ機能する法律。だって鞭打ちの刑だろ?

とまあ、賛否両論のようです。この他にもシンガポールには、日本ではあり得ないおかしな法律があります。

シンガポールのおかしな法律

■ トイレを流す
公衆便所では、きちんと流しているかどうかを、監視員がランダムにチェックしているそうです。

■ ゴミのポイ捨て禁止
ポイ捨てが見つかったら、初犯は罰金1000シンガポール・ドル(日本円で約8万円)、2回目は5000シンガポール・ドル(日本円で約40万円)と慈善活動、3回目以降は「私はポイ捨てするバカ者です」と書かれたものを身に着けなきゃならないんだとか。

■ 家の中でも裸は禁止?
シンガポールでは、ポルノ関連の行為は固く禁じられています。見つかれば罰金刑か禁固刑。同時に「衣服を身に着けていない」ということでもこの法律に触れてしまうそうです。家の中で裸になるときはカーテンを閉めましょう。

■ ハグをするには許可が必要
外で誰かにハグするときには、相手の許可を取りましょう。許可を得ずに抱き付いてしまった場合には、運が良ければ罰金刑、運が悪ければ禁固刑となります。

■ 無神論者であることは秘密に
無神論者であることは隠しておいた方が賢明です。なぜなら信仰を持たないということは、シンガポールでは大問題だからです。

■ フリーのWi-Fiには気をつけて
シンガポールで、発信元の不明なフリーのWi-Fiに接続してはいけません。犯罪者に仕立てられて罰金刑や禁固刑になることも。

さてこのガムに関する法律、シンガポールとイギリスとでは、政府の言葉に全く異なるものを感じます。シンガポールの政府は「ガムをかむという『自由』より町の美化の方が大切」と述べています。

一方のイギリスでは「こうした動きによって『ガムを吐き捨ててはいけない』という意識の人が増えてくれれば」と話しています。結果として目指すものは同じなのですが、根本的に何かが違うような気がするのです。

ガムやゴミを路上に投げ捨てるのはもちろん間違った行為ではありますが、シンガポールのやり方は何だか恐怖政治の一環のようで、気分の良いものではありません。

日本でも近年、路上喫煙を禁じる地域が増えていますが、それでも要所要所に喫煙所を作ってくれるのは優しいですよね。恐怖で国民を縛らなくても、人はちゃんと決まりを守れるのです。

(参考)http://www.weirdasianews.com/2010/03/13/sticky-
point-singapore-maintains-ban-gum/
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2290084/Chew-wont-
believe-Milton-Keynes-set-town-Britain-ban-chewing-gum.html
http://www.hotelclub.com/blog/singapore-weird-laws/

無神論者は大問題って。。シンガポールに行ったら絶対捕まっちゃうじゃんww綺麗な街はいいけど、ここまで規制を加えられて綺麗にするんじゃなくて、国民の意識を変えて綺麗にはならないのかな?自由が制限されていてかわいそう。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年2月17日 10:39 PM

    日本もシンガポールを見習って、
    観光地にはこういう法律を適用したほうがいいかもしれない

  2. 日本の名無しさん
    2015年2月18日 1:49 AM

    反自由の国。こんな法律にも従うなんてさすが儒教の中国人だな

  3. 日本の名無しさん
    2016年1月17日 11:57 AM

    ガムの吐き捨て、
    唾の吐き捨て、
    ゴミのポイ捨て、

    全て罰金にして欲しい。
    禁固刑は税金の無駄だから罰金刑のみで。

    その税収を清掃費にまわす。
    っていうのが、効率いいかも。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.