当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

ガム販売で投獄!小さないたずらが大事になってしまったガム禁止令

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/05/26

gum
私たち日本人が何気なく行っていることがほかの国に行くと法律違反になる?実はそんな驚くべきことが意外と簡単に起こってしまうのです。

例えばガムを噛むという何気ない習慣です。お昼ご飯のあと、ちょっとすっきりしたいときにさりげなくガムを取り出して口に、なんていう光景はごく普通に見られるでしょう。

コンビニエンスストアでも、スーパーでも、どこにでも手に入るガム。しかしこのガムの所有並びに消費が法律違反になり罰則を科せられる国があるのです。

ガムの輸入・販売を禁止したシンガポール

そもそもいつこの法律が制定されたのでしょうか。元をたどると、1992年シンガポール政府がガムの輸入と販売を禁止したことがきっかけです。

もし販売しているのが見つかった場合には罰金が科せられ、ガムを噛んでいるのが見つかった場合でも同じ措置になります。

ちなみに旅行などで持ち込んだことが発覚した場合、最大1万シンガポールドル(約81万円)の罰金が科されるのです!観光客にも容赦ありません。

実はこの法律が制定されるきっかけになった一つの出来事があります。それは、ある地下鉄にまつわる事件です。

地下鉄のドアにガムが貼り付けられて(吐き捨てられていた)センサーが反応しなくなり電車が遅れたことがあり、一歩間違えば大事故になっていた。

ガム禁止に対する厳しい法規制

この事件からこのガム禁止の法律制定に至りました。また、シンガポールは景観を大事にする国として有名なだけに、ポイ捨てされたガムが地面に貼りついてそれが人にも景観にも害を及ぼしていたという状況からこの法律が作られたわけです。

ちなみに2004年にはこの法律に少しの変更が加えられ、薬局など許可を得れば医療用ガムの販売や広告が条件付きで認められるようになりました。

しかしここもまた規制は厳しく、販売できるのは薬局だけ。そして購入する側にも消費者としての登録が義務付けられ、もし登録していない消費者に販売した場合、販売者は2年間の投獄に科せられるそうです。ちなみにこの体制は現在も残っています。

ということで多大な罰金を払いたくなければ、シンガポールに入国の際はガムは絶対に持っていかないという鉄則です。

景観を大事にするゆえにガムまで禁止されてしまったシンガポールですが、この国の現状を世界の人々はどのような目で見ているのでしょうか。

シンガポールは景観がとても美しい国。こういう厳しいコントロールがあってこそきれいに保たれているんだろうな。

シンガポール国民にとってはちょっと厳しい法律かもしれないが、観光大国としてそれで観光客が来て経済が成り立っているならそれくらい法律で規制してもいいんじゃないかな。

結局は国民が恩恵を受けているわけだから。

この法律知らないで旅行したらかなりの致命傷だな。
そもそも悪いのはガムじゃなくて、ガムを吐き捨てることだろ!
ゴミのポイ捨て禁止の法律は筋が通ってると思うけど、ガム自体を禁止するってちょっとやりすぎじゃないかな。だって大事なのはマナー教育だろ。
シンガポールはとにかく色んな規則が細かくて厳しいって聞いたことあったけど、まさかそんな個人の自由な分野まで規制されるとは。ガムを知らずに育ったならまだしも…。
ちょっと大げさじゃないか…。
医療用のガムってまずそう…。シンガポールはますますガム離れが進むな。
ガムがだめだったら口がさみしいとき何食べるの?
ガムを買うために消費者も登録しないといけないの?申込用紙みたいなのにいろいろ書いて手続してってことか、たかがガムのためにそんなことはごめんだね。
つまりはガムために医者の処方箋が必要ってこと?ありえない。
購入する人も登録するって、どこかの国のタバコ買うときに必要な制度に似てるな。
本当に知らないで悪気なしに旅行とかで持ち込んでしまったらえらいことになるんだな。もうちょっとその辺の規制緩和してもいいんじゃないか。
景観を守りたい気持ちはわかるけど、なんか要点がずれてる気がするんだよな。なんでも罰則設けて取り締まればいいって問題じゃないだろ。
国民信用されてないな。
ガムに罪はない!
この地下鉄にガム貼り付けたやつ、一生恨まれるな。
こんだけ綺麗な国だったら、学校とかで小さい時から景観を守りましょうっていう教育をするのが根本だと思うけどな。罰金や刑罰を恐れて綺麗にしますって、動機がおかしくなってこないか。
僕の国なんか仕事中も普通にガム噛んでるけど問題ないよ。
まあ確かにガムが吐き捨ててあるのは汚いけどな。結局はマナーの問題でしょ。
旅行するときはポケットにガムひとつ入ってないようにしないといけないな。
法律で人が変えられるといいけど、そう簡単にはいかないだろうね。罰則を厳しくして景観を守る、なんだか皮肉な話に聞こえるよ。
それでも観光客が減らないのが不思議だな。
人間普通に考えればポイ捨てがいけないとか公共の場所をきれいに保つとかわかるだろう。ここまで法律で規制しないといけないなんて、なんか残念だな。(韓国)
ガムの代わりになるような代替品を作ったら意外と売れるかもしれないぞ。

このようにシンガポールに旅行の際は綿密な下調べが欠かせないといえます。景観を大事にするがゆえに様々な規制が設けられているので、例え外からの観光客であってもその国にいる間はその国の法律を守る必要があります。

日本のように規制ではなくマナー教育によって清潔さが保たれているのは、案外普通のようで特別なことなのかもしれません。

“公共の福祉”や“マナー”に重きが置かれ学校などで教育が十分になされ続け、シンガポールのように規制を設けなくても清潔さが保たれるように願うものです。

(参考)http://elpais.com/diario/1992/01/03/sociedad/694393204_850215.html

たしかにポイ捨ては景観に悪いけど、地下鉄のドアに貼り付けるのも全部マナーの問題で販売禁止はやりすぎだと思う。

禁止も一つの例だけど、他にもっといい方法があるのでは?

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.