当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

無宗教は禁固20年?!サウジアラビアのテロリストに対する認識がすごい

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/02/18

w160
サウジアラビアと聞いて、どのようなイメージを思い浮かべますか。青い空、歴史的な遺跡とモダンな建物のコントラスト。どこまでも続く広大な砂漠……。

ちょっとミステリアスな感じもあって心は惹かれますが、そこはやっぱりイスラム教国家。われわれ日本人にとっては、やっぱり怖い一面があるようです。

無宗教はテロリスト?

サウジアラビアがこのほど、反テロリズム法に新たな条項を追加しました。「今後、特定の宗教を持たない者についてはテロリストと見なす」というものです。テロリストと見なされた者については、最長20年間の禁固刑が科されます。

この法律は、元々、内戦が続くシリアへの志願兵を規制するもので、戦闘に参加する者に対して罰則を与えるというものでした。それが特定の宗教を持たない市民にも適用されることになってしまったという訳です。ちなみにサウジアラビアに住む外国人にも適用されます。

ただし刑罰の対象となるのは、特定の宗教を持たない者で、かつイスラム教(同国の宗教)の根底を揺るがすような思想を持っている者なんだとか。

この法律の下、テロリストとされてしまった場合には、一種の思想犯と捉えられるようで、アルカイダなどと同じカテゴリーの犯罪者として扱われるとされています。

この件について、ある人権団体は「宗教と過激主義とは何の因果関係もない」と主張しています。一方、世界の人々のコメントは次のようです。

自分とは異なった見解を持つ人を取り締まろうとするあたり、この国の奴らは自分たちの信念が不安定なことに気付いてるんだろうね。
サウジアラビアに住んでたけど、アメリカナイズされた国だよ。もちろん完全にではないけど。すっかり裕福になって、文化だけが残ってるって感じ。何か寂しいね。
この国の政治を見ている限り、後10年持てばいい方。
サウジアラビアの国民は、こんな自分のことしか考えてない奴ら(政府)の転覆を図るべき。奴らは人間の姿をした悪魔だね。
サウジアラビアに行ったことのある奴は、1度脳の検査を受けた方がいい。空っぽじゃなきゃいいんだけど。
政府の奴らは一体何を恐れてるんだ?
今こそ、宗教を禁止するべき。
こんな国に住みたい人っているのかしら?
テロに立ち向かった初めての中東の国じゃないか。頑張ってくれ!
イギリスって、何でこう石油大国に弱いんだろう。いつも何も言えないんだから。イギリス政府の新しいモットーは「石油が手に入る限り、自国民を苦しめよう」よね。
お気の毒に!
欧米諸国とは大違いだ。欧米じゃ宗教の強要はしないよ。
彼らの判断は正しいよ。論理的思考ってのは、信心深い人間にとって脅威でしかない。
次の休暇はサウジアラビアに行ってみよう。で、神なんか存在しないんだってことをずーっと考え続けてみる。奴ら、俺の思考に気付くかな?
宗教ってのは、権力を維持するためのものではないと思うんだけど。
この国の権力も、そう長くは続かないでしょう。革命が起きて、国は崩壊すると思う。
人はそれぞれ、自分の信じたいものを信じるべき。それが自由な社会ってもんじゃないのかな。見る限り、サウジアラビアは自由な国ではなさそうだね。
サウジアラビアには何らかの制裁を加えるべき。まず武器の輸出は禁止ね。それからこんな非民主的な政権は転覆させるべきだから、軍事介入が必要ね。
裕福になったからって賢くなるわけではないのね。
何て弱い国で、何て弱い宗教なんだ。法律や威嚇、暴力に支えられなきゃ、信仰を貫き通せないなんて。こんなくだらない法律で、すべてが解決するわけじゃないだろう。

さて今回、新たな法律を導入したサウジアラビアではありますが、一説によれば、この国に成文化された法律は存在しないんだとか。

『コーラン(イスラム教の経典)』の内容を、その状況に最も適切な方法で解釈して利用するんだそうです。何ともいい加減な気がしてしまいますが、そんなサウジアラビアで禁止されていることを、いくつかご紹介しましょう。

サウジアラビアでやってはいけないこと

★ バレンタイン・デーに赤い色を身に着けてはいけない
また「赤い物」の販売も禁じられているので、花屋がバラを売ることもできません。赤い色を禁じる理由は、「赤」を目にすると良いムードになってしまう可能性があるからなんだとか。男女が「その気」にさえならなければデートをすることもありませんし、犯罪も起こらないという考えのようです。

★ ショッピング・モールでは女性同伴でなければならない
多くのショッピング・モールやレストランでは、女性同伴でなければ入ることができません。ただし女性は女性のみの同伴でOK。男性は女性を同伴してなければ中に入ることができません。男性が1人で、または男性が男性のみのグループで入ろうとすると警備員に止められます。またマクドナルドなどで並ぶときには、男女別々の列を作って並ぶ必要があります。

★ 音楽の授業がない
公立の学校に音楽の授業はありません。国が音楽を禁止しているわけではないのですが、イスラム教徒は音楽に触れることを禁じられています。ショッピング・モールやレストランでも音楽がかかっていることはなく、これはイスラム教徒の気分を害さないためです。

★ イスラム教以外の宗教について
イスラム教徒以外が、公共の場で祈りを捧げることは禁じられています。

★ 女性の仕事
サウジアラビアでは、男性が就く仕事に女性が就くことを禁じています。特に工業分野に多く、例えば女性はエンジニアにはなれません。女性が就く主な仕事は、教育や医療の分野です。

★ 女性は許可なく旅行してはいけない
女性の1人旅には許可証が必要です。ただしこれは45歳以上の女性のみに適用され、45歳以下の場合には、夫、父親、または保護者(男性)の署名を付した許可証を持つ誰か、の同伴が必要となっています。

ところでこの国、最も厳しい死刑制度を維持している国であることでも有名です。人口当たりの死刑執行数は世界で最も多いそう。

そう言えば、もう何年も前のことになりますが、友人の1人が旦那さんの仕事の関係でサウジアラビアへ転勤することになりました。「向こうでは『アバヤ(アラビア圏で女性が着用する民族衣装)』を着なくちゃいけな

いんだよね」と話す友人に、「いいなぁ」「羨ましい」と何度も言っていたものですが、今になってみると、自分はサウジアラビアに行く機会がなくて本当に良かったなぁと思うのです。

(参考)http://www.dailymail.co.uk/news/article-2594139/Saudi-
Arabia-declares-atheists-terrorists-new-laws.html
http://listverse.com/2012/11/12/top-10-everyday-things-
banned-in-saudi-arabia/

テロリストで最高20年の禁固刑って。。無宗教よりイスラム教の人のほうがテロリスト多そうだと思うけどww海外のコメントにあるように、それこそ宗教なくせばいいのに。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年2月18日 10:36 PM

    日本人やばいな。無宗教って答えちゃう人いるだろ…。

  2. 日本の名無しさん
    2015年2月18日 10:40 PM

    信仰心がない方の人間を迫害するって新しい発想だな

  3. 日本の名無しさん
    2015年2月18日 11:10 PM

    むしろテロリストってなんらかの思想信条を強く持ってないとなれないだろ

  4. 日本の名無しさん
    2015年2月18日 11:33 PM

    アメリカも無宗教な人間は異常者扱いされるよね。
    サウジとアメリカは気が合うね

  5. 日本の名無しさん
    2015年2月18日 11:38 PM

    油が出るトコは頭使う必要がないから土人のままだね。羨ましい。

  6. 日本の名無しさん
    2015年2月19日 1:28 AM

    とりあえず、神道って答えておくことにする。

  7. 日本の名無しさん
    2015年2月19日 5:51 AM

    ※3
    共産主義の赤化テロリストは「宗教はアヘン」として無宗教を自称していていた。
    まぁ共産主義自体が宗教のようなもんだけどw

    インドネシアが無宗教を禁じているのは、このためだったと思うけど、
    でも、サウジアラビアが今になって無宗教を禁じるというのは、また共産主義の脅威が生まれつつあるのか?

  8. 日本の名無しさん
    2015年2月19日 9:10 AM

    つか今現在イスラム教が一番テロリスト排出してんじゃないか?

  9. 日本の名無しさん
    2015年2月19日 6:11 PM

    インドネシア憲法の無宗教禁止は対共産主義対応のため。
    サウジのは管理人の言うようなご都合主義の解釈ではなくコーランの厳密適用だ。そしてイスラム創世記のムスリムの生き方に一番なのがイスラム国だ。
    イスラムに最も忠実な盟主を自負するサウジとしてはイスラム解釈上の弱みを突かれての対抗処置だよ。しかし教義でイスラム国に対抗すればするほど原理主義に嵌って行く。
    イスラム創世記を再現しようとしているイスラム国にサウジは対抗できる言論を持た無い。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.