当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

運賃はあなた次第!サモア航空の画期的な運賃制度はお得?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/05/07

samoa

あなたが航空券の値段を決めます

そう自社ウェブサイトにて発表したのはアメリカ領サモアを拠点とするサモア航空。同社は、航空券を座席ごとの料金でなく、乗客の体重と荷物の重さに応じた料金で販売するという運賃制度を導入し、すでに販売を開始しているというのだ。

飛行路線にもよるが、1キロあたりアメリカドルで0.93~1.06ドルと設定されている。日本円に換算すると、およそ1キロ100円前後となる。

例えば、アメリカ人の平均体重87.7キロに荷物を15キロとして考えると、総重量が102.7キロとなり、単純に1キロ100円で計算すると10,270円。運賃制度改定前とほぼ同じ料金となる。

サモア航空の最高責任者ラングトン氏は「飛行機の運営にとって“重量”というのは非常に重要な問題であるということを乗客にも認識してもらいたい」と語っている。

「さまざまな角度から見ても、このコンセプトは乗客にとってフェアだ」とラングトン氏はあわせて発言している。

”飛行機はある一定の重さしか積載することができないし、その重さに対して料金が支払われるべきだと考えます”

サモア航空は小さな航空会社で使用している飛行機の機体も小さく、乗客の体重が飛行機の飛行に影響してくる可能性が大型ジャンボなどより高いといえる。

さらに運賃制度の変更後は、快適さを保証するために1座席以上のスペースが必要な乗客には必要なだけの座席を提供するとしている。

「例えば、大人の半分ぐらいの体重の12歳の子供が搭乗するとしよう。当然その子供は大人と同じ料金を払う必要はない。しかし、これが今までの運賃体制であれば、12歳以上の子供は大人同じ料金を払わねばならないことになる。」

とラングトン氏は新しい運賃制度の平等性を述べている。

この新しい運賃制度が、増え続けている肥満問題への新しい認識や取り組みのきっかけとなれば…との考えもあるそうだ。

サモアの肥満人口は世界でワースト4

実は、サモアの肥満の割合は意外と高く、世界保健機関(WHO)の調査によると86%が平均体重を上回っているとか。

この数値は世界でワースト4だそう。ちなみに、肥満大国ともうたわれるアメリカで平均体重を上回っている人の割合は69%、日本は22%となっている。

そして驚くことに「この運賃体制は成功を収めている」とラングトン氏は語っている。理由としては、多くの人が今までより安い金額で航空券が買えるようになったからだと考えられている。

これを機にダイエットを心がける人もいるかもしれない。理由はなんであれそのひとが健康に近づくのであれば、それはそれでいいのかもしれない。

物理的にとても明確なシステムだと思う。体重の重い人を乗せて飛行機を飛ばすにはそれなりの燃料が必要になるし、燃料は飛行機代の多くの部分をしめているから。
理論はわかるけど、太っている人を社会から迫害しようとしているようにとられてもおかしくないと思う。
わたしはやせているほうだけど、これはちょっと侮辱的な気がするな。
これは意味のある改革だね!僕が若かった頃、飛行機に乗ったら、僕は55キロしかなかったのに、となりの人は100キロ以上ありそうな人で、彼と同じ料金を払ったのかって考えたら荷物1個分ぐらい余分に料金を払ったような気分になったのを憶えてる。
病気のせいで肥満になってしまって苦しんでいる人だっているでしょう。だからこれはフェアじゃないと思う。人種差別です。
一般的にみて、これはいいアイデアじゃないかな。だってこれで自分が太り過ぎてるかどうかって自分の健康を見直すきっかけになるでしょ?

でも病気で肥満の人には、医師の診断書があれば特例を認めるとかするべきだと思う。そうすればフェアって言えるんじゃない?

小柄な体型でジムに通っててよかった!これなら好きなだけ飛行機に乗れる。
郵便と同じように考えてみたら?重さと届け先までの距離によって料金が変わるでしょ。えこひいきでもなんでもない。常識の範囲内だよ。

もちろん中にはこのシステムに反対する人もいると思うけど、体重っていう数字はいちばんフェアな方法じゃないかな。

ボディービルダーとか、健康だけど体重は重いよね?料金を、脂肪に対してと筋肉に対して分けたらどう?
子供を持つ親にとってはいけれど、ピザ好きのアメリカ人にとっては災難だね。
単純に太った人を差別しているようにしか聞こえない。
一席で収まらない人たちに追加料金を求める航空会社もあるくらいだし、妥当な考えだと思う。
アメリカの航空会社は乗客に肥満が多いから赤字って噂を聞いたことがあるけど…ほんとなら、アメリカも同じシステムに替えたほうがいいんじゃない?
そりゃそうだ!重ければその分燃料が必要だもの。正当な意見。
こういう差別的な考え方は人として恥だ。
画期的な案だ。太った人の隣に居心地悪そうに座っている細い人を見れば納得できるだろう。
アメリカのみなさん、これについて文句を言うのをやめましょう。そして、これ以上太るのをやめましょう。
当然のことでしょ?超過重量にはそれだけの燃料がかかるもの。
この運賃体制が他の航空会社でも簡単に導入できるとは思わないけど、悪い案じゃないと思う。そして、病気が原因じゃなくて太っている人たちは自分の健康のためにも、懐のためにも、ダイエットをすればいいんだ。そしたら全てうまく納まる!
わたしは太っているから、飛行機に乗る度に恥をかくことなりそう。だって、体重がばれちゃうし、デブってはっきり言われているようなものだから…

(参考)http://www.npr.org/blogs/thetow-way/2014/05/29/317160595/husband-of-woman-stoned-to-death-in-pakistan-killed-first-wife

日本の航空会社も是非取り入れてほしい制度だと思う。

サモアの人で今まで多くの人が安い運賃で利用できているなら、日本でもより多くの人が航空運賃を安くできるだろう。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.