当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

【動画あり】モスクワに広がる闇の地下都市!「メトロ2」を大公開!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/12/30

sW387
モスクワには旧ソ連時代に作られた巨大な地下都市が存在しています。軍事的な目的で作られたとも言われていますが、実態ははっきりしていないのです。これらの忘れられた地下空間は犯罪などの問題を引き起こしています。

モスクワの地下に広がる闇社会

ロシアの首都モスクワは人口1150万人のヨーロッパ最大の都市です。歴史的な建築物を持つ魅惑の街であり、世界で最も美しいと言われる地下鉄を持っています。モスクワは旧ソ連時代から地下空間の開発がどんどん進められてきました。

この地下には軍事要塞としての重要な役割があったのです。ドイツやアメリカから祖国を守るため、モスクワは大切な要所だったのです。そのため、モスクワの地下開発は秘密裏に行われた部分も多いのです。

1991年の旧ソ連崩壊で、社会体制が社会主義から資本主義に激変します。無政府状態のような混乱の中、過去に築いた地下空間の存在は忘れ去られてしまいます。

この頃からモスクワには中国人が取り仕切る巨大闇市、チェルキゾフスキー市場が誕生します。当時はアジア系移民が10万人以上働くロシア最大、ヨーロッパ有数の規模だったんです。2009年に閉鎖されるまで続きました。

ある報道では、モスクワの犯罪の7割に外国人労働者が関わっていると言われています。違法外国人労働者の数もハンパじゃありません。モスクワでは25万人の外国人労働者が登録されていますが、実際の外国人労働者の数は数百万人とも言われています。

ロシア政府もモスクワ市も地下空間の実態を把握していません。「メトロ2」と呼ばれる秘密の地下鉄網の存在もうわさされています。放置された地下空間には多くの違法外国人労働者が住み着き、当局の知らない別の街を作り上げているんです。

この摘発が時々ニュースになります。チェルキゾフスキー市場跡地では2011年と2013年に大掛かりな地下犯罪の摘発がありました。

2013年の摘発では269人の違法外国人労働者が一斉検挙されました。この地下都市には住居はもちろん、工場、カフェ・レストラン、映画館、カジノ、そして養鶏場までありました。122台のミシンのある縫製工場では、偽ブランド品が製造されていたんです。

01

02
このモスクワの地下社会の実態を報じているインターネット上のニュースや動画には多くのコメントが寄せられています。

ロシアには違法な外国人労働者が多いのさ。しっかり管理して受け入れなきゃ駄目だよ。政府が無能。
表面上に見えている社会だけが現実という訳ではない。ただ我々が知らないだけの現実も多く存在するんですよ。
ロシアの最高機密の地下社会だって?うわさは多いけど、ホントにあるの??
つまりソ連からロシアに変わっても情報公開は進まないね。
ソ連は何のためにこんな秘密の地下都市を作ったんだ!?政治的それとも軍事的な目的で??
ああ、移民の人たちはかわいそうね!同情しちゃうわ。
地下で違法に生活をしている人たちを警察が一斉逮捕しているけど、最低限度の人権は保証してあげてね。
ロシアの警察が無能なだけ。こんな大掛かりの地下社会に気が付かないなんて・・俺はかつてモスクワのスラムにいたから、モスクワ警察のことはよく知っているよ。
それにしてもスゴイ地下空間を作ったもんだね。でもこの存在を忘れてしまうなんて・・・ウォッカの飲み過ぎじゃないの。
いや~この穴掘りはロシア人の仕事じゃなくて趣味なのさ(笑)
モスクワのマクドナルドはこの地下都市に開店する許可を申請したらしいぞ(笑)
ははは~ モスクワの地下都市限定メニューもあるのかい(^^)
モスクワの地下空間を違法移民じゃなくて、ネオ・ナチが利用したらどうするんだ!もっと政府は用心しろよ。
もう既にネットワークが出来上がっているかもよ(^_^;)
今はまだ極秘扱いだけど、いつの日か西側のNATOや国連が作った秘密の地下空間を観光で楽しめる時代がくるかも知れないね。
ロシアは本当に秘密が多い国ですね。
核の冬に備えているんだよ。我々もロシアを見習って地下都市への移住を進めたほうがいいかも。
面白いな~。俺って地下トンネルの話にとっても興味があるんだ。
スターリン時代に作られた地下空間がこうして残っているなんて凄くない!?
ソ連は本気で第3次世界大戦に備えていたんですね。
一体どれだけのトンネルがモスクワの地下に眠っているか想像がつきませんね。
スゴイ穴を掘ったんですね・・・どこからか天然ガスも出てくるんじゃないの(^_^;)
モスクワの地下都市は下水道管みたいですね。雨などで水没しなかったのが不思議です。
「メトロ2033」(最終戦争後のモスクワの地下世界を描いた小説)を思い出しちゃった。
同感だね。ロシア人はその最終戦争に備えて、この地下都市を準備しているのさ(笑)
モスクワの地下都市で生活している人にはアジア系が多いね。彼らは世界中のどこにでもいる。
私もモスクワの地下社会で働いていたことがある。給料は特に悪くなかったよ。そして週末には酒やドラッグを振る舞ってくれたので、ほとんどの労働者は幸せだったよ。
私たちの中国にも闇社会はあるよ。でもそれは堂々と地上でやっているのが違うかな。
モスクワの知られざる地下空間で200人以上の違法労働者が一斉摘発されるなんて凄いよ。地下が凄いのか、警察が無能なのか・・・
違法労働者だから地上の公権力から隠れてひっそりと生活していたんだよ。
どこがひっそりと!?カジノまであるじゃん。

放置された地下空間は犯罪の温床になるだけでなく、大きな陥没事故などにもつながります。(余談ですが、モスクワの地下陥没をテーマにしたパニック映画「メトロ42」はオススメですよ)

東京にも地下鉄などの広大な地下空間が広がっていますが、海外と比べて地下空間はかなり正確に把握・管理されているのです。郊外の廃坑跡の陥没が話題になることもありますが、世界的には優等生なのです。

例えば、お隣の韓国の首都ソウルでは地震がほとんど無いにも関わらず、東京の100倍の確率で道路陥没事故が発生しています。日本はソウル市に地下の空間調査技術を無償提供しているんです。

自然災害の多い日本で陥没事故が少ないのは、日本人の几帳面な性格と土木技術の高さのおかげなのです。

(参考)http://www.rt.com/news/moscow-underground-migrant-city-287/
http://www.ibtimes.com/moscow-police-discover-underground-town-illegal-
migrants-280047

そんな大きなものを作っておいて、忘れてしまうなんて信じられない。モスクワは寒いので、地下都市を発達させても将来的に使える機会はいっぱいあると思うので、計画を進めてもいいかも。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年12月31日 12:24 AM

    ロシアは地下文明になるのか?

  2. 日本の名無しさん
    2015年12月31日 1:07 AM

    アルチョム

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.