当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

ゴキブリが人間を救う?ロシアで生まれた軍も注目するゴキブリ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/02/09

W424
ロシアで人命救助のために有望なロボットが開発されました。小さな身体でどんなところへも素早く入り込み、目標に向かって突き進む!その姿はまるで本物のゴキブリ。

最新の生物工学、どうぶつの動きを研究し実用化する技術の成果です。ロシアのカント大学で開発されました。研究者のすべてが純粋なロシア人です。

使い方はそれぞれでしょうが、兵器としての使用は希望していないといいますが、軍も注目しているといいます。スパイ活動などにぴったりです。

なにもゴキブリ型にしなくても

ゴキブリソックリな姿、動きのロボット製作は困難を極めたといいます。これまでもさまざまな国で挑戦しましたが、今回ロシアが開発に成功しました。余りにもゴキブリに似ているので、5メートルほど離れれば、誰もがホンモノと信じてしまう!

ヨーロッパやロシアには巨大ゴキブリがいないので、2ヶ月にわたり、世界一大きい10センチ以上もの大きさのマダガスカルのゴキブリを観察しました。スローモーションカメラでゴキブリの動きを観察し、触角で物体を知覚し、動けるようにしました。

この小さなロボットを製作することが一番の挑戦だったといいます。最小のパーツを組み合わせて作られています。ロボットとしては世界最小サイズです。しかも10グラムのものまで運ぶことだって出来ちゃいます。

バッテリーの耐久時間は20分間。将来的には3時間を目指しています。6本足で光センサーが入っています。秒速30センチで動けますが、本物のゴキブリは世界一早く動ける昆虫で、その3分の1に過ぎないそうです。

生きている人を見つけ、センサーで報告し、写真を撮影することで、人命救助に役立てる予定です。本当に活躍できるかどうかは、実践してみないといけないとのことです。

おもちゃとして使いたい、ビデオ撮影に使いたい、音声録画に使いたい、探し物を見つけるために使いたい、など、オファーが殺到しています。

きっと、この科学者たちが発明したのは、ゴキブリを見た人が「ギャー」って叫ぶことなんじゃない。その叫び声を聞けば、要救助者が生きているかどうか、分かるもんね。ロシアの発明、すごいな。
私が地震の被害者で、がれきの下に埋もれていたとしたら…ゴキブリが突然現れたら、きっと心臓マヒで死んじゃうと思う、地震のせいじゃなくて。
みんなゴキブリが怖いなんてどうかしてるんじゃない。僕が子供の頃は、ゴキブリなんて平気で殺して、バラバラに解体したもんだけど。
↑もし君が災害の被災者だったら、そこにゴキブリロボットが来てくれたら、それも解体しちゃうのかい?そのときはグッとガマンして、センサーで救援部隊に生存者の報告をしてもらって、それから殺しなよ。
私もゴキブリロボットが欲しいわ。そして、スパイ活動に使うの。いつもフラッと出て行く夫の居場所確定に使ってやる。
↑浮気は証拠を残さないが鉄則、ゴキブリロボットにも見つけられないでしょう。
なんて素晴らしいこと。がれきの下で苦しんでいる被災者たちが、生き残ることができるようになるね。テクノロジーの進歩は、こういうところに使われてこそ。
どんな動物でもよかったんじゃないの、見た目は。なのになんでよりによってゴキブリの姿にしないといけなかったんだよ。
メキシコの民謡にゴキブリの歌があるけれど、その歌によると足が一本たりなくなって歩けなくなる、っていう歌詞があったね。だからこのゴキブリロボットには6本も足をつけたんだ。
ゴキブリの形が採用されたのは、自然の摂理なんじゃないかな。ゴキブリは、どんな自然災害も生き延びて何万年も生息してきた生き物だからね。人間がこれまで発明してきたものは、たいていが自然に存在するものを模倣してるんだもんね。例えばクレーン車も、昆虫にヒントがあるみたいだよ。
科学者は頭がいいんだから、何もゴキブリ型にしなくても良かったのに。きっとほかの形にもできたはずだよね。
ゴキブリは核戦争さえ生き残ると言われている動物だよ。ゴキブリじゃなくて、ほかに何を模倣すればいいんだよ。ゴキブリってすごいよね。
これからゴキブリを見たら、「きっとこれはゴキブリロボットよ」って自分に言い聞かせよう。そうしたら、恐怖心が少しは和らぐ気がする。
絶対、軍事に使うのが目的だよ。結局、頭のいい科学者のせいで、兵器はどんどん性能が上がって、地球はどんどん破壊されていくのよ。
まだまだ開発途中よね、実用化されて、人命救助してこそ、名をあげるのよね。
ゴキブリじゃなくて、アリにしたらよかったのに。もっと小さいし、ゴキブリほど怖くない!
みんな、なんでゴキブリ型なのかって文句ばっかりいって。もっと調べたら、ゴキブリ型ほど有効なものはないんだってわかるんだから。
人類は、研究して、発明してこそ。頭を使わないとね。そうやって問題を突き詰めていくことで、犯罪も減少するからね。
ナノテクノロジーって、こういうところに使われているんだね。
本当に災害の被災者救助のためだけにこれだけの発明を、ロシア人がしたなんて、ちょっと信じがたいね。
地震のあと、がれきのしたをはいまわるゴキブリロボットの発明をするよりも、倒れない都市づくりを先にしたほうがいいのに。
汚らしいゴキブリみたいな議員なら、うちの国にあふれてるけどね。
がれきの下に埋もれた被災者救助には、災害救助犬がいるんじゃないの。

気持ち悪いロボットですが、ゴキブリって本当にすごいんだな、ということがよくわかる発明だと思いました。世界中の人がゴキブリが怖いんですね。

(参考)http://www.rpp.com.pe/2015-09-25-crean-una-cucaracha-robot-para-
localizar-vidas-humanas-tras-un-terremoto-noticia_839001.html
https://www.facebook.com/rppnoticias/posts/10153985996131754
http://www.acuariogallego.com/de-todo/cucaracha-de-madagascar-
(gromphadorhina-portentosa)/

こんなの簡単に作れそうな気がするけど、ニュースになるほどすごいことだったのかな?これより日本の二足歩行ロボットのほうがすごいと思うけどなぁ。今度対決して勝者を決めてみよう!

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年2月9日 8:18 PM

    スマホで開いて画像にビックラこいた

  2. 日本の名無しさん
    2016年2月10日 1:12 AM

    さすがロシア
    この国はこういうところが凄い。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.