当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

15歳って早くない?ラテンアメリカの成人式はちょっと違う?!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/09/09

0909
二十歳を迎えた新成人が慣れない振袖やスーツを身にまとって成人式に向かう様子は、一月の日本ではお決まりのシーンです。

しかしところ変われば習慣もがらっと変わるもので、ラテンアメリカには日本の成人式に代わるともいえるちょっと興味深い式典があるのです。

何がどう興味深いかというと、まず15歳の誕生日に祝われることが挙げられます。それに女の子だけなのです。

一斉に15歳を集めて祝うわけでなく、個人の誕生日=この大事な式典ということになります。さてどんな起源がありどんな祝い方をするのでしょうか。

15歳の誕生日に行われる儀式の起源

始まりはというとなんとアステカ人の歴史にまでさかのぼります。当時の少女たちは、15歳になった時点ですでに円熟した大人とみなされていました。

この歳ですでに家族の成員からも地域社会からも、その成熟に伴う責任や能力を徐々に伝授されていたのです。このような理由から「15歳の祝い」が始まりました。

最初は「感謝のミサ」から始まり、15歳を迎えた少女はフォーマルな服に身を包み、聖職者や付添人そして両親に見守られこの式を迎えます。

この式典で重要視されるのが聖書です。これからの人生すべてにおいて聖書がガイドブックになるとみなされ、ミサの間少女は常に聖書を手離しません。

この式典にかかわる様々な文書や歴史には、「聖書はこの少女が高潔な女性へと成長し家族に誇りをもたらす」と書かれています。

このフレーズからわかるように、この式典はかなり宗教色が強く、少女はロザリオ(カトリック教徒が祈りの際に使う数珠みたいなもの)、十字架、そして新しい聖書を持参します。

少女が式典に準備する大事な詩

しかし少女はこの式典に出席するだけでいいわけではありません。だいぶ前からある準備をしなければならないのです。

「この15歳の祝いが彼女にとって意味すること」を表現する詩を作るか選ぶ必要があるのです。

この詩には家族、通っている教会に対する愛情、将来に対する信仰と希望が反映されていなければなりません。この難しい課題をこなすために、一般的に少女たちは親に助言を求めます。

またそれまでにしてくれた特別な思いでをその機会に思い出して一緒に共有することも習慣になっています。

この詩によって、少女がどのような人へ成長しているかということが明らかになるそうです。

現代の「15歳の祝い」もこの型に倣っているのか

ラテンアメリカでは今でもこの15歳の祝いが盛大に行われます。しかし上に挙げたような起源を知ってこの式に参加している人は残念ながら多くはないでしょう。

というのも最近の祝い=大きな会場を貸し切って盛大なパーティーという概念になっています。

もちろん招待客も普通の誕生日祝い(ラテンアメリカでは誕生日祝いもかなりの規模で盛大)より特別な日とあって断然多く、少女はまるでウエディングドレスのような装いで現れ、みなが食べて飲んで盛大にダンスを楽しむ、これが最近の型になってきています。

もちろんこれを開催するのは両親、ということでかなりの出費に頭を悩ませる人もいるほどです。

オリジナルの式典とはだいぶかけ離れてきた最近のこの祝い、世界の反応はどうなのでしょうか?

何回も行ったことあるけど、普通の誕生日祝いの盛大なパーティーよ。高級なホテルとかいい会場で食事もダンスも楽しんで、すごく楽しいわよ。
すごく宗教色強かったんだな…ミサとかそんな歴史正直聞いたことなかったよ。まあ今の時代そんな堅いことやっても流行らないだろうけどね。
昔は大人になるのが早かったと思う。環境も教育も今とは全く違ったからね。
今15歳でそういう深い詩を書けって言われて書けるやつがどれだけいるんだろうね。いや、いないだろう。
どこの国でもそういう文化ってあるんじゃないかな。たまたまラテンアメリカだからカトリックで聖書だけど、中国とか韓国に行けば儒教とかそういうのじゃないの。結局宗教はいろんなベースになってるけどそれだけだからね
パーティーは楽しければ楽しいほどいいのよ!
起源ってそこまで大事じゃないと思う。
これを祝ったからって大人になりましたってわけじゃあるまいし。
女の子がいる親は大変だな、金が。
男はなんでしないのか?男のほうが責任もたないといけないのに、ラテンアメリカは女がもてはやされるの?
伝統はちゃんと引き継ぐものだと思う。どういう由来かとか起源を知ってからこそ本当に祝う意味があるんじゃないだろうか。
親が式を取り仕切ってる以上子供はあくまでもゲストだから何も学ばないでしょ。ただの誕生日と一緒じゃない。
今15歳で大人ってなったらひどい世の中になるな。
やる意味あるのか?金の無駄遣いだろ。子供は金かかるのに。
昔はその歳で家庭もってちゃんとしてたんだろうな。今は子供だけできて家庭ももってない若い人が多くて、そんなお祝いするくらいならもっと教育ちゃんとしようよ。
パーティーとかお祭りとか好きだな。
俺が行ったのはすごかったぞ、花嫁みたいなのが階段から降りてきて。花婿が足りないだけだったな。結婚式の予行演習みたいだな。
中身があるのにしたほうがいいんじゃないか。
せめて18歳か20歳に変えようよ。今の時代15でやったって意味ないよ。
本当に聖書にそって生きてる人がどれだけいるのか。
そんなことするより家庭での教育しっかりしてください。

世界中ほかの国々を見てみても似たような習慣はありますが祝い方は様々です。一つだけ言えるのは、若者が健やかに育って責任ある大人になってほしいという願いは今も昔も変わらないようです。

それを達成するのにこの習慣が役に立っていることを願うのみです。

(参考)http://www.ehowenespanol.com/tradicion-escrita-quinceanera-

誕生日を盛大に祝うのはいいけど、15歳は海外の反応でもあったように早い気がする。

現在は15歳での式典はなくなったようだが、大きな会場を貸しきってのパーティーというのはお祭り好きなラテン民族らしいお祝いの仕方で良いと思う。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.