当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

フィリピンに子供が多いのはナゼ?離婚も許さぬ教会の強い圧力

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/04/04

W234
毎年、出生率の低さが話題になる日本ですが、その一方で同じアジアのフィリピンの出生率は3.54と日本の3倍近い数字になっています。これは世界でも最高レベルの数字です。なぜこんなに高いのでしょう?フィリピンの人は子供好き?

絶大な力を持つ教会

実はフィリピンでは長いこと、離婚も避妊も許されてこなかったのです。その理由はあまりに強いカトリック教会の社会への影響力でした。人口の8割がカトリック教徒であるこの国では、教会の権力は絶大です。

かつて不人気だった2名のフィリピン大統領の退陣においても大きな役割を果たしたこの勢力は、政治に対しての発言力も非常に強く、議会で立法に関わる権利があると豪語しています。

離婚を認めていないのは世界でフィリピンとバチカン市国だけだという点をみてもフィリピン社会におけるカトリック教会の強さがうかがわれるでしょう。

嫌な相手だったとしても離婚できず、ひっきりなしに妊娠することになるかもしれない・・・これではフィリピン女性にとって結婚は本当に人生の一大事です。日本社会での結婚の自由や女性の身軽さも、世界では当たり前ではないのでしょうね。

貧困の悪循環

親の収入で養えないほどの子供の多さは、貧困を深刻にしています。貧しい家ほど子供が多い傾向があると言われており、首都の住民の3分の一はスラム暮らしなのです。

また毎日15人ほどの女性が出産にからむ合併症で死んでいるという調査結果も出ています。日本の場合だと多い年でも年間50人程度であることを考えれば大変な数ですね。

そこで議会は人口を抑制し貧困を減らそうと、2012年に国民に避妊具を無料提供するなどの法案を可決しました。しかしカトリック教会団体はそれを認めず、すぐにこの法律は「邪悪」だと抵抗運動を始めました。

そしてアキノ大統領をカトリックから破門すると脅し、最高裁判所に違憲であると訴えました。結果、最高裁の判決が出るまで法律は宙吊りになってしまったのです。

こうした紆余曲折の末、ようやく今年、フィリピンの最高裁判所はこの法律が合憲であるという結論を出しました。法律の決定のニュースは世界でも広く報じられ、フィリピンと関わりの深いアメリカの掲示板でも多々の反応や応援の声を呼びました。

用紙の上では良いことに見える。でも宗教と社会問題を切り離すまでの道はまだ半分ね。
フィリピンに一年あまり住んでいたとき、避妊具を買うのは本当に大変だった。種類はほとんどないし、ほとんどの薬屋はカウンターの後ろ側で売っている。

宗教に熱心な客が、避妊具がオープンに売られているのを見て、その店でものを買わなくなることを恐れているんだ。国民の多くは避妊具を使う人を周りで見たことがないから、それを不自然なものととらえる社会を変えていくのは難しい。でも貧困と戦う上で歴史上の大きなステップだ。

↑良いことだよ。わずかな一歩だ。
実際に住んだことがある一人としては、最高裁判所が正当な決定をしたことが嬉しい。メディアや政治に影響力を持っている巨大なカトリック教会が立ちはだかっていたとしても。
フィリピン人とのハーフです。いとこがセブにある政府機関で働いていてこうした反乱を起こそうとしているわ。母はカトリックだけど政治的にはリベラルよ。母がこのマニラの決定について何を言うか聞いてみたいわ。
これは素晴らしいニュース。特にフィリピンみたいに人口が多すぎる国では。
素晴らしいことだ。人口が多すぎることはこの国の大きな問題だ。うまくいけば将来、離婚も法律で認められるかもしれない。
いいことです。ココナッツ農園以外に収入のあてがないこうした人たちの隣に住んでいます。子供が五人いる私たちよりたくさん子供がいて、ひどいものです。
すばらしい。私が最後に訪れたとき、10歳以下のたくさんの子供たちが夜間通りをうろつきながら食べるために何でも売っていた。
カトリックはいやなものさ、大部分は退屈で断定的だよ。聖職者は同性愛者だし持つべきでない土地を持ちすぎている。迫害と虐殺、腐敗の千年。そのすべてを洗い流すために彼らはあえて人々にこうした個人の身体的なことをどうすべきか説いている。人生の大部分の間カトリック教徒だった自分がソースさ。
↑罪人の集まりだね。他のみんなはちがうって?学校もたいくつなものさ。同性愛者もいるし、彼らも財産を持ちすぎている。子供を導き、子供を学校に来させる。退屈な学校に。
教会のばかやろう。
↑法王はちょっとは良い奴なのだろう。
信じられない。国の多数派はキリスト教徒だしカトリック教会の影響力はほとんど国の何事にも及んでいる。これは驚くべきできごと。彼らがやりとげるまで教会相手に戦うなんてほとんど不可能だった。
フィリピンでたくさんの立派な人たちと一緒に働いている。これは彼らにとって素晴らしいニュースだ。一旦フィリピンの人口が安定すれば生活の質は向上するし、移民した人たちの身に降りかかった苦労話は過去のものになるかもしれない。
変化に向けての良いニュースだ。
カトリック教会がもっと産児制限に進歩的になってくれたらと思う。禁欲は役に立たない。教会がこの背景に早く気づくほど、人口が多すぎる問題を早く終わらせることができる。
もっとたくさんの国がそうすべきだね。
その効果が見え始めるまでに数十年かかるでしょうね。
↑それでも、どこかで始めなきゃ。
アキノ大統領への尊敬でうずうずするよ。
法王が絶対に背後にいるね。

いくらカトリック教徒が多く、教会の力が強くても、国民の生活の苦しさは現実です。最近の調査では国民の84%がこの法律を認めているという結果が出ています。

かつては教会の聖職者の言葉を通してしか広い世の中のことを知ることができなかったフィリピン国民が、経済発展によってインターネット等で情報を得ることが多くなり、彼らの意識が変わっていった結果だという説もありますが、そのとおりかもしれません。

法律を支持してきた人々は、これで高すぎる出生率を引き下げ、貧困から多くの人々を救い上げることができるようになると期待しています。

(参考)http://www.reddit.com/r/worldnews/comments/22i6jd/philippine_
top_court_approves_birth_control_law/
http://www.bbc.com/news/world-asia-27537943
http://www.jaog.or.jp/all/document/67_130710.pdf

フィリピンは離婚を認めていない国だったなんて知らなかった。宗教のせいで無理が多くて本当に幸せのための宗教か気になるところ。結婚も出産もよく考えないと。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年4月4日 11:41 PM

    ローマ法王も認めてる数少ない避妊が、オギノ式だって習ったなあ。

  2. 日本の名無しさん
    2015年4月5日 2:54 AM

    フィリピン人は怠け者で無能だからなぁ

  3. 日本の名無しさん
    2015年4月5日 7:24 AM

    日本も人口増やしたいならこれくらいしないと無理だろうな

  4. 日本の名無しさん
    2015年4月5日 8:31 AM

    >>2うちの母親はあんたみたいな日本人より働き者だけどね

  5. 日本の名無しさん
    2015年4月5日 9:40 AM

    あれ、離婚してるフィリピン人いるけどなー?
    避妊も堕胎も禁止がカソリックのせいで、望まぬ子供が多くて教育の機会も与えない社会問題が酷いとは聞く
    あと、国内じゃ食いっぱぐれて海外出稼ぎになるから家族バラバラとかも

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.