当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

【動画あり】命がけの建築現場!職人がまるで曲芸師のように働くペルー

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/12/06

W372
日本の建設現場では、大工、土方、とび職、鉄筋工…それぞれの専門職に分かれて作業をしています。アメリカでも、ブロックはブロック職人、タイルはタイル、屋根は屋根、水道関係は水道関係…。

しかし、専門職に分かれておらず、ひとりの職人が建設関係の仕事の全てを請け負う国もあります。

曲芸師?いえいえ、ただの職人さんです

ひとりでどんな仕事でもしてしまうので、すごい!と思いますが、特に詳しい専門教育や安全教育を受けているわけではないので、出来上がりに問題があったり、作業中の危険度も相当高くなったりします。

(この記事では、専門職にとらわれずに建設関係全般の作業をする方々を「職人」と表現します)

ペルーの職人の動画をご紹介します。どの現場でもこの方法で荷物を運ぶわけではないですが、こういう行為も容認されてしまうほど、現場には安全基準というものがないのです。

職人の安全基準とは

どんな仕事も請け負う職人は、安全に働くための道具、ヘルメット、手袋、ブーツ、ハーネス安全ベルト…といった基本的な道具もなしに作業します。作業服といえば、汚れてもいい服、ジーパン、日差しよけの帽子だけ!

02
マスクも使わないで作業するので、セメントや土などによる塵肺も相当です。こちらはセメントをバケツリレーで送る画像です。

03
ヘルメットや安全ベルトを支給されても、「身動きにくくて邪魔になる」と使いたがりません。従業員の安全を守るのは雇い主の責任ですが、職人各自も安全策を取る必要性を感じていないのが現実です。

これは、建設作業員じゃなくて、「命をかける大事な仕事」だね。こういうことをしていると、いつまでもペルーが後進国だって言われちゃうんだよ。かわいそうに、この職人には、誰も命の貴さを教えてあげたことがないんだよ。命は給料をもらうよりももっと大事だっていうことを、ぜひ教えてあげたい。
これは…スパイダーマン?いや、バッドマン?いやいや、クレイジーマンだ。
3階から飛び込むなんて…すごい、スーパーマリオブラザーズの気分なんじゃないの!?
こういう動画が海外の人に見られたらさすが後進国、と言われちゃうよね。恥ずかしい。
↑心配するなよ、こういう動画を見るだけで外国人が後進国、遅れてる、とか、そんなにすぐ結論づけないよ。この職人はまじめに仕事をしてるだけ。本当に恥ずかしいのは、強盗に入ったり、人を襲ったりして金を稼ぐ奴。奴らのことは、外国人に見られたら恥ずかしい、って思うよ。
本当の男、男の中の男は何も怖いものはないのさ。死と隣り合わせが、この男の生き方なのさ。
きっとこの職人は楽しく仕事をしてるだけなんだよ。だって、わざわざ上まで登らなくても、下にいながらにして紐を引っ張ればもっと簡単じゃない?

それにしてもこういう状況が許されているのは、オーナーに責任があるよね。電動の機械を設置するとか、もう1人職人を雇って、上でこのバケツを受け取る人をつけるとか。いろいろやることはあるだろう。

僕の4階のアパートにもブロックを届けて欲しい!この職人さんは本当に天才だよ。
頭いいと思う!安く済むしね…!下にクッションを敷いておけば完璧なんじゃないの。
ペルーにはタレントが揃ってるでしょ!
面白い!…けど、バカだね、命を危険にさらしてさ…。
みんな、命を危険にさらす職人のことをバカにしてるけど、自分の家を建設するときには、絶対職人たちの安全なんて気にもかけないで、どうやって安く済ませるかを真っ先に考えると思う。そういう私も同じ。

安全対策とか安全のために費用を掛けるっていう文化がないんだよ。だけど、安全のためにお金をかける文化もあるっていうことを知っておかないと。そういう国が先進国なんだよ、やっぱり。

資本主義の結果。貧しい人は、普通の人以上に働かないといけない。
この人が命をかけて働いても、ほんのわずかな給料しかもらえないんだよ。この人がもうちょっと頭が良ければ、階段を使ってゆっくり登るんじゃないの。
職人には、先を見る目がないから、これをしたら事故に遭うかも、事故に遭ったらどうなるだろう、っていう考え方ができないんだよ。
この動画を見ながら、気が付いたらあまりのことに体が固くなって、キーボードを握り締めてた。この職人さん、落ちなくて本当に良かった。
ここまで命をかけて仕事をする職人はさすがに見たことないけれど、グアテマラでも安全ベルトなしで足場や屋根の高所作業を平気でしているよ。事故を予防するっていう考えがないんだね。
オーナーが見たら、職人の行き過ぎた行為に、さすがに注意するよね。これはきっと、個人事業主が請け負ってるんだと思う。そういう小さな会社は、職人に安全教育をしないから、自覚がないんだと思う。各個人が自分を大事にしないと、誰も守ってくれないよね。
ラテンアメリカの、男らしさを見せたいっていう悪い文化だよね。みんなに「すごいね」って言われて、喜んでるんだよ。筋肉で仕事するけど、頭では仕事しないっていう。

先進国なら、安全対策をしたり、仕事をもっと楽にする機械を設置したりするよね。それなのに、いつまでも原始的なやり方を貫こうとして。そういう意味で、「後進国」というか「進まない国」だよね。

職人の仕事は本当に重労働なんだ。もしもっといい給料で安全に働ける環境があれば、もっと楽に暮らせるのに。彼らの仕事をもっと尊重すれば、こんな環境には置いておかないよね。この状態を変えるには、国全体で考え方を変えないと。つまり、不可能だっていうこと。

何でもありな、無秩序な現場の様子に、驚きました。こういった意識の低さのせいで死亡事故が絶えないのは、なんとも悲しい現状です。それぞれの職人にも、無事に帰ってくるのを待つ家族がいることを忘れないで欲しいです。

(参考)http://planoinformativo.com/nota/id/388717/noticia/sin-seguridad-y-
poco-sueldo,-la-realidad-del-albanil.html
http://peru.com/mundo-latino/inmigracion/eeuu-albaniles-latinos-son-que-
sufren-mas-muertes-laborales-noticia-353629
http://www.cuanto-gana.com/cuanto-gana-un-albanil/
http://encuestam.info/notas/sector-obrero-el-mas-castigado-por-prolongada-
crisis-economica/

いったい何をし出すのかと思ったら、そんな高さからジャンプするなんてwこれを何回繰り返すか知らないけど、なんかベルトコンベア的なものを作ったほうがいいんじゃないかと。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.