当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

医者が1週間以上もストライキ!病人をほったらかすペルーの病院

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/12/11

w63

時々、鉄道会社や飛行機のストライキの影響を受けることがあります。それでも顧客第一の日本企業のストライキはできるだけ市民生活に影響が出ないよう、ダイヤを調整するなどして影響が最小限に抑えられるようになっています。

ストライキとは労働者と使用者が労働条件の合意に至らない場合に、抗議する意味で行われるものです。日本では公務員のストライキは禁止されていますが、認められている国もあります。

医者がスト!病人はどうしたらいいの?

しかし、たとえ公務員のストライキが認められている国でも、お医者さんたちがストライキを起こしたらどうなるでしょう。病気や事故は不意のことで、お医者さんたちの都合で我慢できるものでも延期できるものでもありません。日本のお医者さんたちがストを起こしたことがないことに感謝できる事件がありましたよ。

ペルーの公立病院、保健所の医師たちが職場環境の改善を求め、ストライキを起こしデモ活動を行った。ストライキは1週間以上も続いている。

それぞれの主張が食い違っているので真実は定かではありませんが、政府によれば前年度の労使合意により1.5倍の給料の増額に既に応じているとのことです。今回はそれに加え、誕生日、建国記念日、クリスマス、新年のボーナスの新設も要求しているということで、批判が高まっています。

要求は何であれ、日本と違い国民健康保険の制度が違うペルーでは、医療費は自己負担です。そのため盲腸のような簡単な手術でも何十万、何百万円もの費用がかかることになります。

しかし公立の病院、保健所等の医療機関では無料で医療行為を受けられる制度があるため貧しい人でも最低限の医療は受けられるようになっています。つまり公立の医療機関は市民生活になくてはならない大切な機関です。政府や軍はどういった対応をとるのでしょうか。

医療機関関係者のデモを解散させるため、軍はデモ隊に催涙弾を投げつけ鎮静した。

政府の強硬策にデモ隊は態度を強めるばかり、状況はこう着状態のようです。この件についての国民、また外国人の反応を集めました。

ペルーは医療機関に支払う給料が最も少ない国の一つ。それにも関わらず人々は最良の治療を求める。
ストなんて、恥ずかしくないのかよ!それでも医者か!
嫌なら辞めればいいのに。いつも嫌々ながら仕事していて、患者を人間らしく扱ってくれない、嫌々ながら仕事すんな。
病人に何の罪があるって言うんだ。医者になる時に「患者のために尽くす」って誓ったはずじゃないか。カネ目当てで医者になったからって患者を悪く扱う権利があるっていうのか。
親身になって接してくれる医者もいる。そういうお医者さんの給料は上げて欲しい。だけどデモやストしている奴らはそういう立派な医者たちじゃないだろ。まず、患者を丁寧に扱ってから給料アップを求めろよ。
給料が少ないって文句言うならなんで勤務医を続けてるの。独立してクリニック作ったほうが儲かるって。
公立病院は6時間勤務のはず。だけどたいてい、4時間だけ診察してその他の時間はチャットしたりしてる。
↑そんなことない。本当の医者は8時間以上働いて、給料が少ないからクリニックにバイトにも行かないといけないんだ。
不公平には不公平を。低いサービスには安月給を。働かない奴はデモでもして時間をつぶせ。
90パーセント以上の医者は患者を蹴散らしてゴミのように扱う。それって給料の問題じゃなくて、人間性の問題だ。
こういうのは給料の問題じゃない。病院数が少ない、設備が整ってない、患者に必要な薬も取り扱ってない…いくら給料を上げて医者が常駐しても全く意味がない。それだけじゃない、汚職も蔓延してる。
普通なら尊敬されて儲かる職業なのに、医者になる国を間違えたね。
催涙弾て…どこの国が医者を犯罪者のように扱っているの!?
↑それは、ペルーです。医者の給料が低い唯一の国で、静かにデモをしてるだけなのに爆弾を投げ込まれるんです。
医者のデモに催涙弾を投げ込むのに凶悪犯罪人を押さえ込むためには何も使おうとしないんだね。
医者や学生のデモには強気に出るくせに、本当の犯罪者には怖くて手を出せないんだ。
催涙弾を投げた警官が病院に行ったとき、担当医は催涙弾を投げられた医者だった…っていうすごい感動の映画が作れるね。
医者は命を救う尊い仕事でよい給料をもらえるのは当然。医療設備の改善の要求も当然。事故に遭って病院に行ったけど「CT撮影の機器が4か月前に壊れちゃって」とか言われて、病院のたらい回しとかされたっけ。一方で厚生省の官僚の給料はどんどん上がっているらしい。
↑官僚たちの給料アップにはデモをする必要なかったんだね。お医者さんたちは官僚たちよりは市民のために働いているのにね。
この医者の給料はどこから出るの、国民の税金からだ。刑務所にいる悪人はどうやって養っているの。国民の税金からだ。一体何のための税金なんだろうね。
警察が催涙弾を投げ込んだ現場は、幼稚園前だよ。医師たちも特に危険行為をしていたわけでもない。もっと考えて催涙弾投げろよ、警察。
権利を要求するのは当然だ。だけど契約社員とか派遣医師とかのためにもデモをすべき。彼らの給料は本当に少ない。
ここは悪徳医師がいる唯一の国です。だから僕は公立病院には行きません。行けば治してくれるかわりに殺されちゃう。ま、例外もあるけど。

公立病院が全国的にストで機能しない…そんなことが起きたら大騒ぎ、患者は危険に遭い、誰が責任を負い、賠償問題はどうなるの!?と思ってしまうのはやはり日本人的な考え方でしょうか。

海外のニュースを見ていると驚くような事件がありますが、そんな生活が普通の国に住んでいると国民も「慣れているので」大事件も「なんとか」なるのかもしれませんね。たくましく生きていくのに必要な力ではないでしょうか。

(参考)https://www.facebook.com/rppnoticias/photos/
ms.10152533079271754.10152532776096754.
10152531872721754.bps.a.123284421753.125472.
32813056753/10152533079271754/?type=1&theater
https://www.facebook.com/hashtag/huelgam%C3%A9dica
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%
88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AD

ビジネス目的で医者になる人も多いかもしれないが、人の病気を治したいという気持ちで医者になる人がほとんどであってほしい。しかし医者の労働条件が悪いのは仕事にも影響してくると思うので、国も真剣に対策してほしいが、ストはやり過ぎだ。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2014年12月11日 4:16 PM

    アメリカ人が言うのか

  2. 日本の名無しさん
    2014年12月11日 11:16 PM

    日本も公務員の医師の環境を変えないと
    辛いものがある。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.