当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

【悲報】豆料理を出したら殺された!でも躾だから悪くないって通用する?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/02/03

w126
「食事の用意を間違ったから、躾のために殴っただけ。自分は悪くない」

66歳の妻が75歳の夫に殴り殺されるというショッキングな事件の裁判が、5月21日開始されました。事件はニューヨーク市ブルックリンのアパートに住むパキスタン移民の家庭で起こりました。

殴ることが文化の国!?

夫の弁護士は、「夫が妻を殴るのはパキスタンの文化」であるとして、殺人の意図はなかったと主張しています。5月21日から始まった法廷では、ノア・フセイン被告(75)に対し、殺人の意図があったのかどうかが争点となっています。

ノア被告は、被害者である妻のナザーさん(66)を躾ける権利があると主張していますが、検察官によれば、ナザーさんは単に食事の用意を間違ったという驚くべき理由で殺害されました。

ノア被告は、ヤギ肉の料理を作るようナザーさんに言いましたが、彼女はヴェジタリアン向けであるレンズ豆の料理を用意しました。このため、夫婦の間で口論が起こり、ナザーさんが激しくノア被告を罵りました。

そのため被告は彼女を躾ける目的から洗濯物をかき混ぜる木の棒で彼女の腕や口を殴りつけたと言います。ナザーさんは激しく打たれ、血まみれの状態で発見されました。被告側の弁護士ジュリー・クラークは、冒頭陳述で次のように述べています。

「被告は、妻を殴り躾けることを適切な方法として認める文化を持つ国からやって来ました。確かに被告は彼の妻を殴りました。しかし、これは彼の母国であるパキスタンの独特の文化なのです。

2人はパキスタンで出会い、結婚後にブルックリンに移住しました。妻を殺す意図などないのは明白なのですから、今回の件は単なる過失致死に過ぎません」

これに対し、サビーハ・マドニ地方検事補は「これは妻を躾ける夫のすることではありません」と述べ、近隣住人からナザーさんが被告から長年に渡る虐待を受けていた証言を得ていると指摘しました。

マドニ検事補は、被告が彼女をベッドに寝かせた状態で頭部や腕、肩などに深い裂傷を負わせ、脳出血を引き起こしたと述べました。被告は息子に電話で助けを求めるよりも先に、ベッドルームの床や壁に飛び散った血液を拭い隠そうとしたといいます。

夫による妻への家庭内暴力が法廷内で文化論にまで発展したこの事件に、世界からは厳しい非難の声が寄せられています。

お前はもうパキスタンにいるわけじゃないんだが…。
彼はアメリカに住んでいるんであって、パキスタンじゃないんだよ。些細な事で恐ろしい事件を起こしたというのに、文化を言い訳にするなんて、とんでもない恥知らずだよ。
文化か。イスラム文化ってわけじゃなくて、アラブ文化ね。本当のムスリムは善良な人たちだよ。宗教にも過激派と先導者がいるものさ。僕はクリスチャンだけど、多くの神を信じているし、ムスリムの友達を愛しているよ。
文化革命中のイギリスにようこそ。ニューヨークで起こることは、イギリスにも起こりうるよ。
このバカヤロウを吊るし上げろ!正当防衛でもないのに、女性を殴る権利なんかあるわけねーだろ!
殺人鬼のパキスタン人を長期間牢屋にぶち込む、これが俺たちアメリカの文化さ。
ヤギのようにこいつの喉を切り裂いちまえ!
おいおい、そんなにこの男を責めるなよ。とんでもない犯罪だとしても、イスラムの中ではこれが許されてるんだからさ!
こんなバカはベーコンの油で溺れさせてしまえ!
ああ、俺はレイシストだ。すげーレイシストだから、隣に住む黒人の婆さんの家の芝を毎週刈ってやっている。雪が積もるたんび、彼女の家の前の道を雪かきしている。思うに、この男は単に真実の見えてないパキスタン人なだけだろ。
妻にこの記事を送ったよ。
↑今日の夕食はレンズ豆かよw
ケダモノだな。目玉のあるクソだ。
イスラムは自由な世界に対するテロリズムだろ。マジでくだらねぇ。
奴の食べたいメニューはこうだったんだろw。ベーコンエッグ、豚肉のスープ、フライド・ポーク・リブ、豚肉のパイ。
(注)イスラム教では豚肉を食べることが戒律で禁じられている。
↑やべぇうまそう、そりゃ”俺の”文化だな!
これはアメリカでの出来事だけど、ムスリムは世界中に散らばって、無知蒙昧な我々にこの ”文化” を広めてくれてるってわけだ。
本当に問題ばかり起こす人種だな!答弁の内容は結構なことだけど、こいつが住むと決めたアメリカの文化じゃねーんだよ!こいつらには、時代遅れな法が適用されない国があるってことがわかんねえんだろうな。あ、腰抜け国家イギリスに来るんなら別だけどなw
神よ、ムスリムの国に住む女性として生まれなかったことに感謝します!2014年だというのに、イスラムでは何百万もの女性が男に脅かされているなんて!
そんなに母国の文化が好きなら、なんでってアメリカに移住するんだ?アメリカに来てから、どうしてアメリカの文化に馴染もうとしないんだよ。なんで妻を殴るなんて文化にいまだにしがみついてるんだ?
我がイギリスなら彼を受け入れられるよ。そうじゃなきゃ、レイシストだって言われてしまうからねw

女性にはつらい国、パキスタン

パキスタンでは人権に関する様々な問題がありますが、その中でも男性から女性への暴力は非常に大きな課題として認識されています。

パキスタン政府は、人権へ配慮した法律を作ることで対外的なアピールを行っていますが、そのような法律が現実的に効力を示しているとは言い難い状況が続いています。

ドメスティック・バイオレンスに悩まされている女性たちへ弁護士を派遣する活動も行われていますが、派遣される弁護士がイスラム過激派に襲撃されるなどの事件も起こるために、解決が非常に難しい問題だと認識されています。

今回の件も、単なる家庭内暴力事件ですら法廷では異文化として語られてしまうという、移民大国アメリカならではの事件と片付けることもできますが、日本でも移民の受け入れが国会でも取り上げられている昨今、人事として語ることの出来ない将来が待ち受けているかもしれません。

女性の人権が保護される、住み良い日本で良かったと私達が思えるよう、単なる労働力確保といった経済の問題として移民問題を取り上げるのではなく、日本という国柄を踏まえたより深い議論が求められるのではないでしょうか。

(参考)http://www.liveleak.com/view?i=5fd_1401402653

「夫が妻を殴るのはパキスタンの文化」ってwwこんな文化だと知ったら誰もパキスタン人と結婚しなくなるぞ!66歳はしつけの必要な年齢じゃないし、ただの苦し紛れの言い訳にしか聞こえない。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年2月3日 8:51 PM

    韓国以外にもそんなヤバイ国があるんだな

  2. 日本の名無しさん
    2015年2月3日 11:59 PM

    金目当ての移民が移住先の法や文化を守るなんて期待できない

  3. 日本の名無しさん
    2015年2月4日 10:05 AM

    躾の為なら夫が間違えた時は妻がボコボコにしていいんだな。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.