当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

外国人にとって海外旅行は贅沢?!身近になった海外旅行

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/06/14

travelling
ひと昔前と比べると、日本人にとって海外旅行は非常にかなり身近なものになってきた。カレンダーで大型連休がある月には、社会人が一人旅や家族旅行に、そして学生までもが、卒業旅行や、休みの時期を利用して海外に出かけている。

またシルバー世代も、国内旅行よりも「安くて近い」隣国の海外へ遊びにいくようになった。年間およそ1700万人と言われる日本の海外旅行者数だが、昨今のLLC(ローコストキャリア)の日本への乗り入れでさらに拍車がかかり、海外旅行者数は増加の一方だ。

そういったことから、日本の場合、海外旅行は富裕層だけに限った特権ではないということがうかがえる。

海外の掲示板では、簡単に海外旅行に出かけれるのはどうして?どう費用を工面しているのか?と問いかけていた。

「一人で旅行する人や、学生などが頻繁に海外旅行で、ヨーロッパ、南アメリカ、オーストラリア、アジアの複数国へ長期で遊びに行っている人をよく目にするけど、なんでそんなに頻繁にできるのか? 経済的にどう工面しているの?」

と海外の掲示板では、旅のエキスパートたちがこぞって自分たちの経験を披露している。

格安チケットを買って、ホテルに滞在しない。タクシーやシャトルバスは使わない。たいていの観光客が使うようなものに金を払わないようにする。

そんでもって、欲しい物はおもいっきり買い物する! いわば、無駄なものにお金をかけないってことかな、オレは。

↑ えっ?でもオレ、イタリア旅行でホテルに滞在したとき、ユースホステルに泊まるよりは安かったけど、なんかおかしい?
↑ 安いホテルはユースホステルと同等ランクの場合がほとんどで、自分用に部屋があるってことだけの違い。(三ツ星ホテルって言われても、大手のホテルチェーンでない限りは、三ツ星ランクじゃないケースが普通)
自分の経験から言わせてもらうと、夏のヨーロッパ行きは避けた方がいいな。だって、ビジーシーズンで部屋が取れないよ。

数年前に6月頃にヨーロッパに行ったときは、安いホテルがとれたしね。7~8月は、通常の3~4倍はとられるからね、ゼッタイに注意すべき。

↑ ユースホステル? そんなの高すぎる。オレなんて常にどこでもカウチサーフィング(空いたカウチを渡り歩く)ですませるけど?

たまに、現地の人と知り合って、地元の人しか知らないような場所を教えてもらったりするね。 それもタダだしさ。

オレは節約家だから、一ヶ月に1500ドル~1800ドル(15万~18万)ほど貯金できるから、それを2~3ヶ月続ければ、旅費(30万~60万)は旅費の心配ないけどさ。
↑ すぐに旅行用に貯金できる金を用意できるってのが、大事な点だな。オレ、いっつも文無し状態でどこにそんなに旅行できるほどの金銭的余裕があるんだ?それも頻繁に行ってるじゃないか、って良く友達に言われる。

でも、正直、周りの友達は稼ぎもいいけど、選択が悪いんだよな。BMWを8年ローンで買ったり、マンション買ったりしてさ。そんな目くじらたてて、節約するほどのことでもないと思うけど?

旅行すること自体、お金が問題じゃないと思うんだよね。仕事から解放してもらえる時間と、その間の責任から逃れることができるのか?って話。

そうでおなきゃ、ほとんどが20代やシルバー世代しか旅行してねーじゃん。

旅行できるようになるのは、1)貯金する(数ヶ月の間でも両親と同居する)、2)物価の違いを利用して、物価の安い国へ行く。例えばオーストラリア、ノルウェーを例にとれば、物価高な国。だから、通貨や給料も通常の旅行者と比べると2?3倍の旅行資金があると考えれるから、長期間旅行が可能になる。

3)海外で仕事を探す、または海外に駐在するような会社に就職する。海外駐在員の場合、会社が家賃払ってくれるケースもあるしね。4)教会などが無料で行うミッショントリップへ参加、ボランティア団体で海外へ行けるボランティア団体に参加する、大学の交換留学生のようなプログラムを利用する、

5)クビになって、退職金をがっぽりもらって癒しのヨーロッパの旅へ出る。6)予算をうまくたてて計画する。ま、色々この中にあるものに近いこともやったよ。幸運にも仕事柄、海外へ行くことが多いけど、仕事が絡む分、楽しみが半減するのは間違いないね。

安い航空券を探すかな。シアトルから日本向けに10月だと往復650ドル(約6万5千)、7月にシアトルからニューヨークだと往復で158ドル(約1万5800円)。

オフシーズンに旅行するようにする。 あとは、マイレージ加算が提携されているクレジットカード使ってエアラインのマイルを貯めるようにしてる。

以前日本に行ったときは、ホステルに泊まったけど、ほとんどの場合は、安くて清潔な宿泊先を探して泊まるようにしてるよ。

あとはちょっとした移動も、地下鉄、バスなどの公共交通機関を使うようにしてできるだけ歩ける距離は歩いて移動するようにしてる。

食事に関しては、贅沢せずに安く済ませられるようなお店やスーパーで買い出しするように工夫してるよ。でも、やっぱり一番大事なのは日頃から無駄遣いしないように心がけることじゃないかな。

誰でもそうだと思うけど、いろんなサイトにいって長時間、リサーチするっきゃないね。ラッキーなのは、仕事柄休む時期に関してはフレキシブルだから、料金が安い時期を選んでるよ。
↑ そうそう、安い料金が出てるときはホントにラッキーだ。ポートランドからマウイ島まで往復で256ドル(約2万5600円)ってのもあったよ。これ、超安くない?
スペインとアイルランドへ夫婦で旅行したときの話。オレ(夫)はスペインに行く前にクビ。嫁はアイルランドに行く前にクビ。予想もしてなかったけどね。

もちろん夫婦そろっての旅行諦めるつもりなかったから、格安航空券でホテルと航空券がパッケージになってる旅行探したさ。

あと節約の意味でも、ホテルにはコンチネンタルブレックファーストの朝食がついているものにしたし、アイルランドではビュッフェで食べ放題朝食、スナックもついてたからラッキーだったね。

夜はまともなディナー食べても、お金が余るくらい。スペイン7日間でトータル2000ドル(約20万)、スペイン9日間で2500ドル(約25万)。

あとは、アトラクションやオプショションツアーもタダで回れるやつか、ほんと安いやつで十分楽しめたね。

今までで、一番高い夫婦での旅行でもノルウェーに行ったときの、トータル4500ドル(約45万)くらいかな。地道に安いパッケージを探しまくるしかない!

日本に行ったときは、航空券だけで2000ドル(約20万)、それもエコノミー。ただ日本に飛行機に行くだけでこんなにかかるなんて信じられない! だから、宿泊代浮かせるのに、仕方なしに、夜は公園のベンチで寝ることも、数日あったな。
東京で、初夏の夜は公園のベンチで寝てるも人多いぞ。 ばかばかしいくらいの通勤時間かけて家に寝に帰るだけより、気候も良い(初夏だから)ので寒くはないし、第一日本は安全!だから平気さ。

昼間だってスーツ来たビジネスマンがベンチで寝てるくらいなんだから。こりゃいい!真似できるって思ったね。

どこに旅行に行くにも、どう旅行するのかによるんじゃないの? だって5つ星ホテルに泊まって5つ星レストランで食事するようなら、そりゃ当然うなるような金もってないといけないだろうけど。

でも、99.9%の一般人は、貯金して安く済むように工夫してるはず。あとは物価の安い国に行けば、それなりに贅沢もできるんじゃないの?

確かに、最近1ドル103~105円の間をウロウロしている為替市場だが、まだまだ日本円は優位に立っている。もともと物価高の日本から、物価の安い国へ旅行すると当然メリットがある。

国名 平均月収
タイ 約3万円
中国(北京) 約3万円
中国(上海) 約4万円
インド(ムンバイ) 約2万5000円
シンガポール 約11万円
香港 約9万円
メキシコ 約9万円
香港 約4万円
フィリピン 約1万4000円
アメリカ(ニューヨーク) 約28万円

この表からも読み取れるが、タイ人や中国の平均月収は日本に比べてかなり低い。
例えば、タイ人が日本へ海外旅行に来るとすれば、3~5泊の滞在ツアーでだいたい高くて5万バーツ(約16万円)ほどかかるものが多い。

タイ人の平均手取り月収が約9500バーツ(約3万円)とすると、月収のほぼ5~6倍かかる。貯金もほとんどできない状態だと海外旅行への敷居が非常に高くなる。

その反面、日本に暮らす日本人として、恩恵を受けていることを実感せざるをえない。海外でのショッピングにエネルギッシュに行動するのもよし、日常とはかけ離れた時間を満喫しながら思いで作りするのも良い。

海外旅行は文字通り、海外に行くことなので、日本文化と異なるものを発見する機会も多い。日本を離れ、外から客観的に見ることができる良い機会でもある。

多くの人が「日本の良さ」をあらためて認識して帰ってきてほしいものだ。

(参考)http://www.reddit.com/r/travel/comments/j8sk7/i_see_people_who_travel_all_of_the_time_and_i/

海外旅行は価格破壊で航空券もかなり安くなった。韓国や台湾など近隣諸国なら日本国内旅行より安い場合もあるので、これも日本人の海外旅行者が増えた大きな原因だろう。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. find our coupons
    2014年11月2日 11:25 PM

    Seriously, would be to ideal amount of write which I have obtain for huge lifetime. Execute equally surf to excellent online site.

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.