当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

女性が丸刈り?!究極の男尊女卑が残るナイジェリアの文化

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/06/09

nigeria-women
女性の権利が主張され尊重されるようになってきた現代においても、まだまだ男尊女卑を思い出させるような文化や習慣の名残が世界各地には見られます。

アフリカのナイジェリアを一例に挙げてみると、この国において女性は25歳から30歳の間に結婚することが求められており、30歳を過ぎても独身でいる場合この女性は一家の邪魔者とみなされてしまいます。

男性が結婚したい女性を選ぶ場合、女性にはプロポーズを受け入れるほか選択肢はありません。男性は家族に女性を紹介し、結婚後は一生涯をともにすることが求められます。

さて、結婚できてハッピーエンド…と思ったら大間違い。結婚後の女性の扱われ方は、女性の権利が主張されるこの時代には少し受け入れられ難いものでしょう。

えっ?全部女性の仕事?

ナイジェリアでは子供の世話はすべて女性の仕事とみなされています。子供を育てる過程で生じるすべての仕事は女性が責任をもち、一方で男性は子供の教育や世話に関して一切責任がありません。

もちろん女性は夫の身の回りに関しても一切を引き受け家事を果たし、しかし家族のことに関して決定やその他意見を言う権利は全くありません。

つまり男性が妻と子供の所有者であり、家族の成員はすべてに関して男性の決定に従わなければなりません。

仕事ばかりで権利は全くない…

結婚が高く評価されるナイジェリアでは、結婚の成功は女性の責任です。どういうことかというと、もし結婚関係が破たんした場合責任をとらされるのは女性で、男性側には全く責任が追及されません。

つまり女性だけが恥をかくということです。夫婦間の性関係においても女性は拒む権利が全くありません。

妻は夫に一生忠実であることが求められますが、男性は結婚外の関係をもつことが普通とみなされます。

皮肉なことにこの習慣の弊害としてエイズが蔓延しており、夫が妻にウイルスをうつす危険が大変高くなっています。

夫が死んだ後も悪夢は続く…

ある女性の夫が亡くなった場合、他の文化と同様故人を追悼する儀式が行われます。これによって故人が他界に旅立つことが容易になるとナイジェリア人は考えています。

しかしこの儀式、そして儀式後の生活は残された妻にとっては苦痛と言っても過言ではないでしょう。この儀式においてまず行われるのは妻の頭にカミソリをあてること、つまり髪がすべて剃られるわけです。

その後地元の医者が、この女性が見境のない性交渉をもったことがないかを確かめる手術を行います。この時に用いられる道具はほとんどが消毒殺菌されていないため、感染症や病気をひきおこす結果になってしまいます。

この儀式の後、残された女性は強制的に故人の親族との結婚を余儀なくされます。

これはナイジェリアの結婚制度の一部にすぎませんが、考えるだけで背筋が凍るような感覚を覚えます。文化や習慣として片づけられないこの現状に、世界からは疑問の声が上がっています。

いくら邪魔者扱いされたって結婚しないほうが絶対幸せだろ。
女を何だと思ってるんだ…。信じられない。
一夫多妻じゃないだけましかと思ったけど、そのほうがまだ覚悟ができてるから楽かもしれないね。
ナイジェリアの女性は恋愛とか愛とかを知らずに死んでいくんだろうね。女性の権利が主張されている世の中で、こんな閉鎖的な国に生まれてしまった彼女たちを本当にかわいそうに思うよ。
生まれる国は選べない。不公平だ。
結婚は地獄って、こういう国のことを言うんだな。
何のために生まれてきたんだろうってなるだろ、普通。でもこれが普通の中に生まれて育ったらそれすら疑問に思わないんだろうな。
ほかの国はこの制度を変えるために介入できないのか?
せめて旦那の死後くらいは解放してあげようよ。
男性は外にいくら女がいても許されて、女は夫が死んだ後もふしだらなことがなかったかって調べられる。これってどう考えてもおかしいでしょ。
男性は子供の世話を全くしなくていいって、何のために家族があるの?そのくせに男が言うことが絶対で女は意見も出せないなんて、アメリカの女だったらこんなのすぐに裁判にするね。
プロポーズされて、でもどうしても嫌だったらどうするの?自殺するしかないとか?
お願いします、力ずくでも改革してください。
アフリカはひどい結婚制度がいろいろあるとは聞いていたけど、まさかこんなにひどいとは思わなかったよ。国連とかそういう機関が入って変えることはできないのか。
旦那が外に女がいるってことは、その女も家ではひどく扱われてるってことか?そりゃ悪循環だろ。女の気持ちも分からなくもないな。でも結局責任とらされるのは女。納得がいかない。
もうこの際結婚制度自体なくしちゃえば?だいたい意味なしてないから。
旦那が死んだら旦那の親族と結婚?結局家の名前残すことかよ。昔のアジアだな。
エイズで死ぬか、ストレスで死ぬか。
こんなのが許されていいのか。同じ世界に住んでることが残念だ。
ナイジェリアの男性のメンタルを根本的に変えないとこれは解決しないだろう。でも現実問題一つの国の考え方を変えるなんて不可能だよな。

国際的に人権の保障が叫ばれる時代ですが、世界のあらゆるところにはまだまだ文化や習慣として片づけられてしまっている様々な人権侵害があるようです。

まずはその存在に気づくこと、そしてそれをおかしいと勇気をもって声を上げることが求められているように感じます。世界のこの声が届き、ナイジェリアの女性が本当の幸せと安心感をつかめるようになることを心から願うばかりです。

女性の人権的に大きな問題だと思うが、宗教や地域の仕来りが優先してしまうのが悲しい。

良い文化は引き継ぎつつ国際化が進み、人権に対する理解が得られればと思う。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. coupons India
    2014年11月2日 9:52 PM

    Dang, the perfect ideal section of post which has been see throughout extended established. Perform on top of that pay a visit to this internet page.

  2. 日本の名無しさん
    2015年1月25日 1:44 AM

    私はナイジェリアに住んで居ますがこれは昔、昔の話すぎますね。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.