当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

花嫁の価値はいくら?ナイジェリア発の花嫁診断アプリがすごい!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/02/22

w167
花嫁価格診断アプリからナイジェリアの結婚式の驚きの習慣を見る!
結婚や結婚式に関する習慣はそれぞれの国や文化、それぞれあって本当に興味深いですね。そんな中でもナイジェリアの花嫁料の文化がいま注目を集めています。

というのも、ナイジェリアのAnakle社によるBride priceというアプリがナイジェリアをはじめとするアフリカ、アメリカ、イギリスなど180カ国でリリースと同時に2、3週間で2百万のダウンロードがある、爆発的人気アプリになっているからです。

花嫁の価値が分かるアプリ

このアプリは、女性を将来の花嫁としての価格を計算するアプリ。価格決定基準は以下のとおりだそうです。

体重、身長、脚の形、スタイル、顔や料理のレベルなどを選択肢から一番近いものを選ぶ。
例えば、太り過ぎだと60パーセントの価値減少、ビヨンセのように美しい脚なら123ドル(20,000ナイラ)増額。夜遊び好きかどうか、夜遊び好きだったら264ドル(40,000ナイラ)の減額。
肌の色や人種、カーストも入力する。中等のカーストならば308ドル(50,000ナイラ)の増額。

見た目を重視した内容から、性差別的だという批判も出ています。

それだけではなく人種、肌の色を質問することにも物議を醸し、アプリを削除するよう署名運動も始まっています。開発者によると「娯楽に過ぎない。僕の妻も早速使って遊んでいるし、開発者のメンバーのほとんどは女性である。ナイジェリアの文化とは全く関係ない」とのことです。

このゲーム、開発者はナイジェリアの花嫁の家族が新郎に花嫁料を要求する習慣をもとにアプリ作成したのではないかと注目が集まっています。

ナイジェリア人やアフリカ文化の研究者によると、「花嫁に対してお金を求める習慣は結婚の象徴的な、大切な習慣。家族や地域社会に対する敬意を表すためのもので、お金が欲しいとか女性を品定めする意味合いということではない」と擁護しています。

ナイジェリアは200以上の部族のいる大きな国で、それぞれの部族で渡す金額や物は異なるがほとんどの場合花嫁料を新郎側が払うようになっているようです。

ただ、金額が少なすぎたら花嫁の両親は返金し結婚を受け入れないということもあるといいますから、本当に象徴的なものなのか、と言われると必ずしもそういうわけではないのかもしれません。

インターネット上のコメントは以下のとおりです。

この記事を書いた人は何にも知らない。私はナイジェリア人。アフリカの一つの国よ。BridePriceはアフリカの習慣で、身長とか体重とか全く関係ない。男性が女性を買うものでもない、ただの習慣。金額は部族ごとに決まってて、どの部族もどんな花嫁でも300ドル以上になってる、アフリカの習慣。
↑花嫁料、結局お金を払うの、払わないの。アフリカの習慣かどうかとかどうでもいい。「男が女を買うためのものじゃないけどお金を払う」ってどういうこと。お金を払うときって、何かを買うときでしょう。りんごとみかんで説明して。僕はだまされないぞ。
ハハハ、結局払うんでしょう。ありがとう、はっきりさせてくれて。
アメリカやヨーロッパ、アジア女性がこの記事を見てなんで驚くの。女って結局男に買われるのよ、プレゼントとか貢がせるでしょ。そして結局はワタシのこと養ってくれる人かどうかっていうことをみて結婚する。お金がなくても愛があればなんて言わないで、全ての女性は男の地位やお金を見てるのよ。
結局、お金持ちだけいい女を手に入れることができる、っていうことがわかりました。
女のオツムの軽さを調べるアプリはどこかにあるのかな?
女性に値段を付けるのが男の習慣。男どもは何の価値もないのに。
ビヨンセのような美脚に増額、ってどういう意味よっ、趣味悪い。女性は男の価値を計るアプリを作ったらどうかな、夫がメタボになったり頭がハゲてきたら返品するオプション作ってさ。
そのアプリ、離婚する時の慰謝料計算もしてくれるの?
週間でも遊びでもない、最低。女性は動物じゃない。
なんて便利なアプリ!世界中に広まったら、我々男にとってすごい節約になる。
それぞれの文化があるよね。古代メキシコでは、存在しない神々に男や女を犠牲として捧げていた。なんでそんなことしていたのか誰も知らなかっただろう。ここでああだこうだ言っても、そういう文化や習慣は誰に何を言っても変えることができないんだ。
このアプリ使ってみたけど、歯並びのオプションにロナウジーニョってあった。
黒人は女性を尊重しない。物だと本気で思ってる。
奴隷制度の続き。アフリカの彼ら自身が奴隷制度、人種差別を促進しているんだ。
高級コールガールを選ぶのと一緒、美人ほど高くなる。ここでも同じこと、美人はいい仕事が見つかる、お金持ちと結婚する、ベッドにいけば欲しいものをもらえる。
私が聞きたいのは:あなたたちは何が一番大事なの。世界中の文化をひとつずつ調べて、知らないことに口出ししないで欲しい。無知な人たち。
遊び、冗談?けっこういいね、このアプリ!
嘘ばっかりこのニュース。花嫁料は古いアフリカの習慣よ。男は女性を買うわけじゃない、誰も強制しない。古い習慣で、1~50ナイラを払うだけ、1ドルにも満たない金額。女性を尊重している。アフリカの女性は売り買いされない。アフリカの結婚式は盛大に祝う。結婚式は忠実な愛を捧げるもの。苦しい時も健やかな時もともにいて死ぬまで一緒、聖書にあるように。
結婚相手の欠点を右、美点を左に書いた紙を準備して、結婚式の時にその紙にサインして誰と結婚するかはっきり知っているように使ったらいいんじゃない。あ、そうそう、その紙の裏には姑の欠点と美点もはっきり書いておかないと。
男にも金額を付けるアプリを作って、僕に男二人買えるか調べたいな。
アフリカ女性は本当に美しい。なんで男どもがそんなことするのを許されているのか理解できない。

女性の価値をアプリや部族の習慣で決めて欲しくはありませんね。世界中の女性が、偏見なく心から愛し愛される相手と結ばれる結婚ができるような社会になるよう、世界のあちこちで意識改革が必要だということを知るニュースでもあると思います。

(参考)http://cnnespanol.cnn.com/2014/06/15/bride-price-la-
aplicacion-africana-que-calcula-el-precio-de-una-mujer-para-una-boda/
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10152118840587644
&set=a.132943482643.103334.89613772643&type=1&theater

このアプリは面白そう!人気出るのがわかるwバッシングも受けやすいから話題になるにはちょうどいい。日本版もあるのかな?でもカーストってひどいww

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年2月22日 10:40 PM

    欧米人の自分は正義!って考え方嫌い。
    中東とか日本もだけど、子育てを自分でしたい事は悪いみたいな。
    ベビーシッターにお金払って、子供の極少ない時期を共に過ごせない。

    時は巻き戻せない。お金で買えない事もあるのです。

  2. 日本の名無しさん
    2015年2月23日 3:49 AM

    ふむふむ、、、ようは結納の事ね。

    ギャグアプリだろう、でも人種の項目はまずかったかもね。

  3. 日本の名無しさん
    2015年2月23日 9:59 AM

    しかしよくわかるには、欧米人どもの価値観の押し付け。
    こりゃあ宗教戦争なくならないわけだ

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.