当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

お問い合わせ

golden.zipangu@gmail.com

【画像あり】不法投棄でさらし者!「汚い男」のレッテルまで貼られてしまうメキシコ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/02/13

W422
近代的な生活をしよう、便利な生活をしようと思えば思うほど増えていくゴミ問題、エコ問題は、いまや世界的に解決すべき、最重要課題です。

不法投棄の罰則

メキシコのヌエボレオン州のある街でもそれは同じ。あまりの不法投棄の量に頭を抱えた市が、ついにゴミを捨てたら厳しい罰則を課すことにしました。

なんと、巨大看板に顔写真を乗せられてしまうという罰則が、始まりました。さらし者にすることが何よりの罰則、と考えてのことです。

03

市長によると、この市では、毎日25トンもの不法投棄されたゴミが集まるというのです。ゴミ収集所に集められるゴミの量ではなく、道端などに不法に捨てられるゴミの量というのだから驚きです!

《不法投棄者への罰則》

  • 1回目の警告は警告カードの発行
  • 2度目に警告されれば、罰金25,000円~10万円程度の罰金
  • 3回目は刑務所に36時間拘留されるうえ、市内の大きな看板に顔写真と実名が載せられる。しかもその看板に、「汚い男」とレッテルが貼られてしまう屈辱も!

ちなみに上の写真の男性は、第1号目で、車の窓からゴミを捨てていた現行犯だったそうです。

メキシコの不法投棄の現状

まだゴミを分別してリサイクルする、という習慣がない、あっても始まったばかりという状態です。それで、分別もしないですべてのゴミを一気に収集所に持っていくだけ。

個人的にゴミを処理する意識がない上に、社会的制度もないので、行き場を失ったゴミは、「そのへん」に捨てられてしまいます。

04

ここ、ベネズエラでもこんな看板を立てる法律を作るべきだと思う。だけど泥棒とか、殺人犯といった、凶悪犯罪人の顔写真入りの看板ね!市民にも悪党の顔を知らせて注意を促さなきゃ。
はっきり言って、市民全員が汚い、ポイ捨てするような奴らだから、もうしばらくすると、看板を立てるスペースすらなくなるよ。
ワイロが当たり前の国、メキシコなんだぜ。ゴミ捨ての現行犯が、警官にワイロを渡すケースが増えるだけの話でしょ。それにしても、ワイロまみれのゴミみたいな存在の政治家が、市民のポイ捨てを監視してる、って笑えるね。
ちょっと大げさじゃない?とは言っても、このくらいのことはしないといけないのかな。少なくとも、ゴミを捨てることは悪いことだ、っていうことを市民が学ぶのには、役立つ法律かもね。
立ち小便する奴らに対しても、これくらい厳しい対処をして欲しいよ。だけどその場合は、政府側にも、公衆トイレを設置する、という責任が出てくるけどね。
この街だけじゃなくて、全国的に始めるべきだね、この取り組みを。
気に入ったのは、「汚い男」ってレッテルが貼られてるとこかな。
悲しいかな、我らメキシコ人は、ホントに汚いと思う。だからゴミがどこにでも落ちてるような国なんだ。
この罰則って、満場一致、100点満点のアイデアだね。
人間、根元から腐ってるよね。借金を返さない、税金を払わない、ゴミはポイ捨てする…しかもそういうのを注意すると、「政府の汚職が一番ひどい」って言い訳して、自分の犯す犯罪はなかったことにしてさ。
↑同感。「僕らのしてることは、政治家よりはマシ」って自分に言い訳して、自分も犯罪を犯してるんだよね。
この町の市長は、マフィアのボスの写真を、犯罪者として看板に載せる勇気もあるんだろうね?
果たしてこの男は、今後もう二度とポイ捨てをしなくなるだろうか。
スペインでこんな罰則ができたら、きっとみんなもっとポイ捨てをするようになるよ!なんてったってみんな、目立ちたがりやだからね、看板に載りたがると思う!
今日、公園で休んでいた時に、清掃係の人の様子を何気なく見ていたよ。ティッシュとかを、普通にポイ捨てしながら、掃除してるの。きっとこの清掃係は、自分の仕事は、「落ち葉を掃いてキレイにすること」だと思っていて、「紙くずを拾う」は自分の仕事の範囲外だ、と認識していると思われる。
平気でゴミを捨てる人って、罰則を受けて逆ギレするんだよ。
メキシコの首都でこんな法律ができたら、看板に載って有名になる人が増えるね!
スペインでも、犯罪人には同じように罰則をつけないといけないと思う。特に政府機関で働いてる政治家さんたち。
ゴミを捨てるといった軽犯罪者に対しては、こんなに強気に出られるけれど、本当の犯罪者に対しては誰も強気に出られないでしょう。復しゅうが怖いもんね。
ゴミ問題は、この街だけの問題じゃないよね。ゴミをゴミ捨て場に捨てる、といった基本的な教育がなされていないんだよ。親がきちんと子供に教えないから、ポイ捨てをするような人が育つんだ。だけどその親だって、その親からちゃんと教わっていないからそうなる。チェーンのようにつながってるんだよ。
ゴミは道端へポイ捨て、人間は道を歩くと、死体になって帰らぬ人になる、これがメキシコの、不潔で危険な現状。
僕はゴミを道端に捨てるのさえ胸が痛むけど、殺人犯は平気で、死体を道端に投げ捨てるよね。
アルゼンチンも同じ状況。ゴミが道を作っているっていうか。すごい恥ずかしい状況だよね。

日本人の皆さんは、不法投棄に対してこの罰則は、余りにも厳しいと思われましたか?それとも、当然だと思いますか?

豊かになればなるほど、増えていくゴミ問題。後進国と言われる国は、ゴミ処理に関しても後進国です。現代社会に生きる私たちは、地球規模でそれに対処していく必要があります。

(参考)http://internacional.elpais.com/internacional/2015/07/29/actualidad/
1438186894_770355.html

これはいいアイデアかもしれない。日本もゴミの分別や不法投棄で困っている人も多いと思うので、どこか一部の地域で試験的にはじめてもらえないかな。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年2月14日 3:28 AM

    大人への罰則と同時に、学校での教育も必要だと思う

  2. 日本の名無しさん
    2016年2月14日 8:44 AM

    >平気でゴミを捨てる人って、罰則を受けて逆ギレするんだよ。

    日本の喫煙者のことかな?

  3. 日本の名無しさん
    2016年2月14日 3:00 PM

    大人になってからじゃ遅いだろな。
    学校でちゃんと教育せねば無理だわ。
    日本だって子供の頃からの習慣として身に付けていってるだろ。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.