当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

合成写真?メキシコの格差社会はこんなにはっきり分かれている!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/05/29

mexico
以下に紹介する写真はメキシコの都市で撮れたもので、いかに貧困と富裕が肩を並べながら存在しているかをよく示しています。

堂々とした現代的で、豪華なマンションでは住民たちが屋上からの景色を楽しんでいるように見えますが、ある一方向にはその景色を見せないよう大きなガードがあるのがわかります。

そのガードを乗り越えてみてみると、その外にはスラム街のような荒れたコンクリートの建物たちが迷路のように張り巡らされています。これは決して加工された写真ではありません。すべて事実をとらえたものです。

zaza

zaza1

zaza12

世界銀行が算出した、国の所得格差を示すジニ係数(0%に近いほど平等で、100%に近いほど格差があることを示す)を見てみると、1番平等といえるデンマークは2005年に24%という数値を得ていますが、メキシコは2012年の時点で47%でした。

これは中国と同じ数値です。日本も近年格差が広がっているといわれていますが、それでも2002年時点で38.1%と、メキシコからは10%近く離れています。

アメリカの経済紙フォーブスが毎年発表する長者番付で、あのビル・ゲイツを抑え2009年から2013年まで4年連続で世界一の称号を手にしているカルロス・スリム・ヘルを輩出しているのもメキシコですが、国の平均時給が0.61ドル(約62円)しかないのも、同じメキシコです。

日本の平均時給が8.32ドル(約844円)ということを考慮すると、この数字がどれだけ低いかがよくわかります。

所得の差は生活の質だけではなく教育の質にまで影響し、それがまた所得格差を広げることになってしまいます。

メキシコ政府も、子供たちが貧富の差に関係なく教育を受けられるよう支援したり、病院での治療費を援助したりして格差をなくす努力をしていますが、この問題は簡単には解決できないもようです。

以下にこの写真に対する海外の反応を紹介します。

2つの写真を合体させたものかと思ったよ。本当に狂っている。
イギリスでも同じ光景だと思うけどね。
↑キャメロンとオズボーンがいるかぎりイギリスも同じようになる可能性があるよ。
↑一度フィリピンのマニラに来てみなよ。これよりももっとひどいから。この写真とは比べ物にならないよ。彼らが言う極貧層はここでは中級層だよ。
アメリカもこうなりかけているよ。
もしメキシコの写真だって知らなかったらアメリカの写真だと勘違いすると思う
だからってなんだというんだ?贅沢できる人がいればできない人がいるものだよ。
これスラムっていえるのか?ただの古いビルじゃないか。
残念ながらこれが私たちの暮らしている国だよ。人口の60%が貧困層だからね。
南アフリカのヨハネスブルクやソウェトでも全く同じことが起きているよ。ソウェトも決して貧困層だけが住んでいるわけじゃないからね。
移民と不法入国者たちのせいでイギリスのスラウでも同じような状況だよ。
↑移民が来る前からこうだっただろ。移民たちがまだきてない南部でも今はこんな状況だよ。
↑貧困の責任を移民に押し付けるなんておかしいよ。アメリカは移民によって建国された国で、地球上で一番強大な国だ。なんでもかんでも移民に責任を押し付けるのはやめろよ。
↑移民に問題はないよ。問題があるのは不法に住んでいる人たちだ。彼らは移民ではない。
イギリスを含め世界各国で同じようなことが起こっているよ。まったく不思議な光景ではないよ。
メキシコだけじゃない。イギリスでも同じ光景がみられる日がすぐくるよ。
メキシコには中級階級がいないからね。裕福層と貧困層しかない。
「隣の芝生は青くみえる」っていうのはたしかに本当だな。
金持ちはもっと金持ちになり、中級層が減っていく環境にあるアメリカもなにか手を打たないと同じ事がここでも起こるよ。中級層と裕福層の格差が広がって、メキシコのように中級層がなくなり、残るのは裕福層と貧困層だけになってしまう。
↑それはこの国でも起こっていることだよ。金持ちはどんどん金持ちになって、残りはどんどん貧しくなっている。
↑目を覚ませよ。もうすでに起こっているよ。
第三世界といわれる国は「ミドルクラスがない国」と同じ定義だね。欧米の国々も同じような道を進みそうだな。
↑それは違うね。正しくは「冷戦時にアメリカともロシアとも同盟を組まなかった国」だよ。
カリフォルニア南部もゆっくりだけど確実に同じように二層の構成ができているよ。メキシコから移民がきたら、メキシコがこの国に乗り込んだと同じことだな。
↑君はカリフォルニアから出たことないみたいだね。インディアナポリス、セントルイス、シカゴ、ニューヨークとかに行ってみなよ。この写真と同じだから。
たとえお金を払ってくれて飛行機もファーストクラスを予約してくれても、メキシコにはいかないよ。今メキシコに行くことは命をさらすことと同じだよ。
↑たとえお金を払われてもアメリカになんかいかないけどね。
前からこうだったよ。1960年代にアメリカとメキシコの国境付近に住んでいたけど、その時からこんな状態だった。今でも鮮明に覚えているよ。
犯罪と貧困のせいでメキシコにいこうとは全く思わないね。
↑メキシコの全部がそういうわけではないけどね。中にはすごく美しい場所もあるよ。
↑バカなコメントだな。私はカナダ人だけど、トロントでいつものようにおきる犯罪のニュースみてるか?カナダも犯罪はたくさん起こっているよ。
でもこういうことは歴史上でいつも繰り返されているよね。ナチスが占領していたころのポーランドだってそうさ。ワルシャワのスラム街で餓死している人いる中、反対側ではドイツ兵が楽しく生活していた。世界は変わっていないよ。

(参考)http://www.dailymail.co.uk/news/article-2631333/Mexico-divided-Stark-photos-urban-wealth-poverty-side.html#comments

土地の値段はどうなっているのだろう?高低差があるようなのでそこで土地の値段が違うのかな?

これだけの格差が多い社会では、貧困層の妬みも多そうで犯罪数にも関係していそうな気がするので、どうにか格差をなくして欲しい。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.